FC2ブログ

御主人様と二匹の奴隷達の物語

レイが綴る牝奴隷ハルとレイの物語、、、、、。ほんの偶然が、私を、、、。

フェンネル

デパ地下で買い物中、ハルさんが私に野菜を向けて、
「ファンネル、発進!!」 って。
おいおい、笑っちゃうけど手に持ってるのはフェンネルだぞ。
「へぇ、漫画、アニメに疎いレイさんが、
 どうしてファンネル、知ってるの?」
イタリア料理でフィノッキオって言うでしょ。
でも、英語がうろ覚えでさ、ファンネルだと思ってたのよ。
それでね、ネットで調べたら、なんと『ガンダム』だったわけ。
おかげで、フェンネルもファンネルもちゃんと理解したわ。


    


「ファンネルはサイコミュで遠隔操作するんだよね。」
サイコミュ?
「なんだぁ、理解したなんて言って、
 ガンダムを語るには、100年早いわ。」
うん、そうかもしれないわね。
じゃぁ、ハルさんはちゃんと理解してるんだぁ。

「いや、ちょっとかじっただけで、
 たぶん、68年早いくらいだと思う。」

まぁ、私もハルさんも 『ニュータイプ』 じゃないし、、、

 

PageTop

梅雨を詠む

「去年もそうだったけど、
 今年もJさんのお墓参りの時のブログに一句添えてるよね。」
うん、そうだねぇ、
まぁ、牝奴隷的一句だったとしてもさ、
なんとなく記事が締まって、落ち着くような気がしてね。
梅雨時の季語って、素敵な日本人の感性があるでしょ?

「じゃぁ、これで俳句作ってみてよ。」
なにこれ。
「梅雨の峠道よ。」
いや、そうじゃなくて、この女性は?
「解釈は自由だし、ここから発想を広げてもいいし。」

このところの画像物語じゃなくて、今回は俳句かぁ、、、

**************


    


    青梅雨の その色求め 彷徨いぬ

    傘傾げ 空見上げるも 梅雨の雲

    峠道 傘持ち去りし 黒南風の

    火あぶりの とろけし脂 梅雨あなご 

    ガリをのせ 口いっぱいの 鰯かな



    梅雨寒むを 股間に感じし 峠道

    峠道 梅雨浴び居たる 全裸牝

    調教の まだ先見えぬ 梅雨峠

    峠道 己を隠す 梅雨の傘 

    梅雨音に まぎれし主の 叱責よ

    異質なる 蛞蝓好む M女かな

    女梅雨 股間の縄も 縮み居り



**************

「わぁ~、さすがレイさん。
 サクサクってできちゃうんだねぇ。」
俳句としての良し悪しは別にしてね、、じつを言うとさ、
先日のJさんの記事の時に、梅雨時の季語を調べてね、
いろいろ試作してたわけよ。
「ノーマル俳句、アブノーマル俳句、どっちもいいねぇ。」
ハルさんはどの句が好き?
「まずは、梅雨あなご、だね。
 火あぶりと驚かせておいて、脂しっかりの穴子寿司。
 あとねぇ、己を隠す梅雨の傘、かな。
 誰かに見られるんじゃないかっていうM女のドキドキ感、
 しっかり表現できてるなぁ。
 レイさんは自分でどれが好き?」
うん、青梅雨かなぁ、、、
梅雨と新緑っていう風景なんだろけど、
雨にけぶって、緑でもない、白でもグレーでもない、、
それが青梅雨だって私なりに解釈してさ。
あとはぁ、うまく表現できなかったけど、蛞蝓(ナメクジ)かな。
ナメクジって気持ち悪いって嫌われるでしょ。
だから、他人とは異質のM女の心もち、って詠ったわけよ。


「ねぇ、気づいたんだけど、この画像の割には、
 私達、結構、高尚な会話をしてるんじゃね。
 生理中にこれだけ話ができれば、大したもんだわ。」

生理は、、関係ねぇ、、と思うけど、、、、


  

PageTop

鰻のポーズ

「いつもなら、Jの墓参りの帰りは和子の居酒屋で、
 鰹を食うっていうパターンだったけど、
 昨日は鰹を食い損ねたな。」
そう、今年は和子さんは町内会の旅行にお出かけだった。
「今日は鰹を食いに行くか?
 それとも鰻の蒲焼でも食うか?
 土用の丑は先の事だけどな。」
ハルさんと顔を見合わせる。
「はい、御主人様お一人では寂しいでしょうから、
 私達でよろしければ、鰻、お供いたします。」
御主人様の御贔屓のあの鰻屋さんは、最高においしんだよね。
「おぉ、いっちょまえに鰻を指定してきたか。
 もしや、ロハで食おうなんて、思っていないだろうな。」
? どういう意味?
「蒲焼はなぜ蒲焼というか。蒲焼の蒲とは何か知ってるか。」
あぁ、問題に答えれば、ご馳走になれるのね。
はい、存じています。諸説あるみたいですけど、
焼き上がりが樺の木肌に似ているとか
串刺しにして焼いた形が蒲の穂に似てるとか言われてます。
「おぉ、なかなかやるな。じゃぁ、次。」
えっ、まだあるの? もうこれ以上の薀蓄は、、、、
kiwotuke239.jpg
「牝奴隷、鰻のポーズ!!」
「はい、かしこまりました。」
すかさずハルさんが、両手をあげて腰を左右に振る。
「早く私を食べてください、、鰻はそう言っています。」
「う~ん、、、、なかなか色っぽい鰻だが、
 誰でも考えそうなポーズだ。
 即答だったから、それを評価して、まぁ60点。
 次、レイ! 合格点は75点以上だからな。
 合格点に至らなかったら、カップラーメンだ。」
カップラーメンが値上がりしたとはいえ、
鰻の蒲焼とカップラーメンじゃぁ、落差が大きすぎるぞぉ。
なんとか、御主人様の御満足を得ないと、、、


棚に手をつき、お尻を突き出し、脚を開く、、、


    kensa386.jpg


「意味不明だ。なんだそれは。
 どこが牝奴隷、鰻のポーズなんだ?」
関東風鰻の蒲焼は背開きです。
牝奴隷風鰻の蒲焼は、背開き、股開きなんです。
どうぞ、蒸してから、タレに浸して焼いてください。
「おぉ、そうきたかぁ、うまそうな牝奴隷鰻だ。
 よし、95点!!」

体を張って鰻の蒲焼をゲットした私達。
最高においしかったぁ、、、


でも、5点減点は何だったの?
「牝奴隷、蒲焼ポーズは、背開き、大股開きだ。」

股の開き方が足りなかった、、そういう事らしい、、、、


 

PageTop

梅雨めく

ばたばたばたって感じで、東北南部まで梅雨入り宣言。
早いものだ、もうこんな季節になった。
必要な量の雨だけ降って、災害の無い事を祈るばかりだ。

shiet211.jpg
命日には少し早いけれど、
今日は菱縄姿でJさんのお墓参りだ。


墓石の前で、そっと手をあわせる。

 Jさん、お久しぶりです。
 毎年の事ですけれど、
 御主人様は、ここで長い時間、祈りをささげています。
 Jさんを愛し続けておられるんだなって、
 嫉妬にも近い自分の至らなさを感じています。
 
 
 レイさん、それは違うと思います。
 現実に賢治さんを支えているのはレイさんとハルさんです。
 私こそ、何もできない歯がゆさから、
 レイさんハルさんに嫉妬しそうですよ。
 これからも、賢治さんをよろしくね。

そんなJさんの声が聞こえたような、、、



どんよりと曇った空から、パラパラと雨が落ちてきた。


 梅雨めきて 菱縄のシャツ 透けにけり
                     レイ



              2019年6月8日の事です。          

PageTop

乗馬クラブ

「レイさん、何してんの?」

うん、5月の連休にさ、乗馬体験した友達がいたから、
ネットで乗馬クラブを調べていたのよ。
乗馬体験ってどんなもんかなぁってさ。
「ブリティッシュスタイル?、ウエスタンスタイル?」
まぁ、初体験だから、カジュアルなウエスタンかな。
「でも、入会金なんか結構するねぇ。」
入会は無理でも、体験した後に、ビジターで何回か練習して、
とりあえずの目標はホーストレッキングなんてどぉ?




「うん、乗馬かぁ、、、、
 レイさんだったら、三角木馬の方が似合うと思うなぁ。」

なに言ってるのよ。
そんなんだったら、ハルさんだってお似合いだわ。
「じゃぁ、タンデムにする?」
タンデムって?
「二人乗り自転車をタンデムって言うでしょ。
 だから、二人乗り三角木馬よ。」
二人乗り専用の三角木馬なんてあるわけないじゃろ。
「まぁ、専用、ってのはないんだろうけどさ。」

話が逸れちゃってるよ。
私は爽やかな緑の草原を、トレッキングしてみたいのよぉ。

「緑の草原で乗馬ねぇ、、、、」

     

だからぁ、本当の馬に乗ってみたいと思ったんだってばぁ。
「本格的にやろうって思ったら、
 ブーツだってウェアだって、
 あれやこれやと出費がかさむと思うな。
 三角木馬だったら全裸だから、ウェアの心配はないわ。」


まぁ、車を持ってないから移動もできないし、
乗馬クラブの費用も大変、、という経済的理由と共に、
土日は御調教があるので、そんな時間もないし、、、
という結論。


 

PageTop