FC2ブログ

御主人様と二匹の奴隷達の物語

レイが綴る牝奴隷ハルとレイの物語、、、、、。ほんの偶然が、私を、、、。

女と牝

「牝奴隷に、いちいち説明するのもおかしな話だけどな、」
お酒を召し上がりながらの、御主人様の話はつづく。
「女と牝のモード変換をしっかりしろと言っているのは、
 お前達自身を守るって意味合いがある。
 Jのような不幸にあわせたくはないからな。
 だから、女と牝のモード変換だけは忘れるな。」
あぁ、モード変換の大切さは、
牝奴隷にしていただく時に、きつく言い渡されたな。

「そしてもう一つ、、、
 サドとしての楽しみはな。
 女が牝に変わる瞬間を見る時だ。
 貞淑な人妻が、聖職にある女教師が、
 とあるきっかけで千々に乱れて、牝に堕ちていく、、、
 ってななもんだ。
 まぁ、陳腐なエロビデオ的表現だがな。」
「私達はモード変換で、堕ちていくんですか?」
「堕落ではないにしても、堕ちていく、って言った方が、
 お前達のオマンコがクシュッとなるだろ。」
まぁ、当たらずといえども遠からず、、、かなぁ。

「もう一人のハル、もう一人のレイ、
 もう一匹のハル、もう一匹のレイ、
 二人の女、二匹の牝。
 女の陰に隠れた牝を引きずりだしたぞ、
 そんなサドの支配欲を満たすのさ。」
「では、、私達の羞恥は、
 御主人様の御不満じゃないんですね。」
「だから言ったろ、羞恥心をいたぶるのも俺の楽しみだ。
 お前達が羞恥心を忘れたら、最悪だ。
 慣れは牝の破滅だと覚えておけ。」



今、こうして全裸で御主人様にお酌していても、
時に鋭い視線を浴びると、ドキッとしてしまうから、
羞恥心もなくしていないし、慣れもないようだ、、、
まぁ、よしよしこれでよし、という事かな?

 

PageTop

ぐずぐず

御主人様のマンションのエントランスから、エレベーター、
エレベーターフロアーから御主人様のお部屋。
その間に、気持ちを牝奴隷モードに変換しているつもりでも、
玄関で、「脱げ!」と御命令されてると、
おずおずとしてしまって、すぐには脱衣できない。
いつもいつも、全裸をご覧いただいているはずなのに、
やっぱり恥ずかしい。
「ほら、ぐずぐずするな、早くしろ!」
そんなお叱りをいただく。


お部屋に入って、
「壁に手をついて、ケツを突き出せ。
 自分でケツを開いてみろ!」
そう指示されても、おずおずとしてしまって、
なかなか行動にうつせない。
やっぱりやっぱり恥ずかしい。
「ぐずぐずするな。遅い!」
バラ鞭や乗馬鞭がお尻に炸裂して、
そこで初めて羞恥心が砕ける。

鞭の痛みが牝奴隷モード変換の合図なのだろうか。
そこからはもう夢中になって、
御調教の内容も、ところどころ覚えていない。




夕食後のお酒の時、御主人様に謝った。
いつもいつもぐずぐずしていて申し訳ありません。
「いや、ハルもレイもそれでいい。
 牝の羞恥心を弄ぶのも、サドの悦びだ。
 いきなりカパッと大股開かれたら、こっちがしらける。」


女と牝のモード変換時期さえも楽しんでいただいてるのかぁ。
ぐずぐず、おずおずも、そう捨てたもんじゃないらしい。

 

PageTop

掌編縄雨捕り物控 捕り物其の八

************************

商人 槙次郎 

「浪人とまでは言わんでも、
 兄上が生きておれば、俺とて、部屋住みの次男坊。
 兄嫁お光の尻の丸みを、密かに眺めていたかもしれんな。」
「あの方の死を貶めるような言い方は、およしください。」
「貶めるつもりはないが、これが人の世の廻りというもの。
 お光とて、廻り廻って俺の女中になり、
 廻り廻って己の性の癖に気づいたのであろう。」
「いいえ、槙様に無理やり手籠めにされ、
 無理やり縛られたのでございます。」
「おぉ、そうか。それではそういう事にしておこう。」
「槙様は、お同心にならなんだら、何をされておられました。」
「そよなぁ、兄上とお光に子でもできれば、
 たちまち俺は厄介叔父になっちまうからなぁ。
 いっそのこと、剣を捨て商人にでもなったかな。」
「それでは、伊崎神道流が泣きまする。」
「しょせん剣は武士のたしなみ。
 剣で飯は食えんと申したであろう。
 同心なんぞ、二本ざしで偉そうな顔をしているが、
 一生このままの同心暮らし。与力になる事もありえん。
 商人なら、好きな事ができるっちゅうもんであろう。」

「商人なら、どんな御商売を。」
「そうよのう、、、、何がよいと思う。」
「商いは、飽きない、でございます。
 お得意な事、お好きな事をなさるのが一番かと。」
「そうじゃの。では、、、、『麻縄屋』でもやるか。」
「麻縄屋、、」
「弁柄で染めた赤い麻縄を売るのよ。
 頼まれれば、縄で縛ってやるのも商売になるやもしれん。」
「誰がそんな事を頼みますやら。」
「いんや、お光のような被虐の性を持つおなごもおろう。
 おぉ、山城屋お吟も、縄に酔うおなごであったろうが。
 秘密厳守ということで、人妻縛り、、、
 なかなかいい商売だとは思わぬか。」
「思いませぬ。
 できうれば、あたくしだけを縛って欲しく思います。」
「なんだ、妬いておるのか。
 いたし方ない。商人はやめにしておく。
 その代わり、お光を徹底的に縛る事にするか。」


 ******** つづく ********

**************************

ハルさんの要望的あとがき

「うん、槙次郎の人となりは見えてきたなぁ。
 次は、茂蔵を集中的に書くとか、
 推理小説的に捕り物を展開させるとか、
 あぁ、お光がマゾに目覚めるまでの過去を書くのもいいね。
 さりげなく五間掘りの居酒屋で飲んだ帰りに刺客に襲われた、
 なんて居酒屋賢兵衛とのつながりもできたし、
 そろそろ、お礼、お春とからませてもいいし、、、
 なんか、もっともっとおもしろくなりそう、
 期待して待ってるわ。」


まぁ、私なりに楽しんで書いているから、
ご期待は嬉しい限りでありますし、
色々なアイディアも参考にさせていただきますけれど、、
一番の問題は、これがSM掌編だって事であります。
推理小説的捕り物も考えたのではありますが、
なかなかSMシーンを盛り込めずに、
今のところお蔵入りしているというのが本当のところで、
はてさて、今後どうなりますことやら、
書き手自身、何も見えずに、
登場人物が勝手に動き出すのを待っている今の私であります。


じゃぁ、又。          レイ

 

PageTop

掌編縄雨捕り物控 捕り物其の七


***********************

抜かずの刀 槙次郎


「槙様、あたくし、心配でたまりませぬ。
 その後、刺客に襲われるようなことは、、、」
「ないな、
 ないが、奇妙な噂が飛び交っているようだ。」
「どのような、、」
「名のある流派の剣術士に手傷を負わせたと、
 自分の剣の腕を誇り、仕官の道を得ようとする輩がおると。」
「あの辻斬りも、仕官を望んだ狼藉だったと、、」
「そんな処かもしれんな。」
「たとえ、槙様に手傷を負わせたとしても、
 仕官なんぞできますか。」
「今の世の中、浪人の肩身は狭い。
 手だれの武士とて、田舎大名のお相手がせいぜい。
 剣で生きようと思えば、町の剣術道場か、、、」
「剣では、まともには生きていけませぬか。」
「権現様の時代ならともかく、今、戦乱があると思うか。
 武芸よりは、算術、学問が仕官の早道であろうが。」

「それでは、槙様はなにゆえに剣を鍛えておいでですか。」
「お役目がら、刀が必要な事もあるかもしれんが、
 俺は刀を抜かぬために、剣術をしておる。
 剣を極めれば、敵の息づかいを知り、間合いを見切り、
 素手でも戦えると信じておる。」

「刀を抜くことはありませぬか。」
「いんや、抜くこともあるかもしれん。」
「同心として、、」
「違うな、
 お光を縛った縄が首に掛かり、死にそうになった時に、
 その縄を素早く切り落とし助けるためじゃ。」
「あまりにそれでは、名刀が泣きまする。」
「いんや、俺の刀は血が嫌いなのじゃ。
 敵の血より、おなごの股ぐらの汁を欲しているのよ。」



 ******** つづく ********

 

PageTop

掌編縄雨捕り物控 捕り物其の六

************************

辻斬り 槙次郎 


「槙様、刀の柄巻がほつれております。」
八丁堀宅に帰った槙次郎から二本ざしを受け取りながら、
お光がそう言った。
「おぉ、五間掘りの居酒屋で茂蔵と呑んだ帰りに、
 辻斬りにあってな。」
「辻斬り、、、ですか。お怪我は。」
「怪我と言えば、その柄巻だけだ。」
「伊崎神道流の達人と知っての狼藉でしょうか。」


三河松平屋敷近くの暗がりであった。
「酒井槙次郎殿とお見受けいたす。お手並み拝見。」
夜目に切っ先が光る。
体を捻り一撃をかわした槙次郎、
刺客の二の太刀が来る前に間合いを詰め、抜刀の構え。
「したり、、」
このまま刀を抜けば、確実に相手は死ぬ。
しかし槙次郎は抜かなかった。
間合いの狂った刺客の切っ先を刀の柄で跳ね返す。
刺客は、たたらを踏んで、そのまま走り去った。


「俺も少しは酔ってたんで、追う気にもならんかった。」
「物取り、、、、」
「俺の名を呼んだから、物取りではなかろう。」
「それでは、遺恨、、、。槙様、なにか思い当たる節は。」
「小悪党や木端には恨まれてるかもしれんが、
 武士に命を狙われる覚えはないな。
 もっとも、どこぞの女が武士を雇って恨み打ち、、
 そんな事もあるかもしれんがな。」
「おなごに恨まれるような覚えはあると、、、」
「そう怖い目でにらむな。冗談だ。
 どれ、柄巻を巻き直すとするか。」

ほつれた柄巻を同じ黒糸で補修する槙次郎。
「なかなかの手際ですねぇ、」
「わけも分からず褒めるな。俺は職人じゃねぇぞ。
 世間様に恥ずかしくないほどには直さんとな。
 やがては柄巻師に頼まんといけんがな、、、」
「茶をいれます。」
茶を運んできたお礼の腕をつかむ。
「脱げ。柄巻きしていたら、おめぇを縛りたくなった。」



逆手の伸腕後手縛りで身動きがとれず、
肩の痛みと戦うお光を背後から犯しながら、
「辻斬り禁止のお達しがあったのは遥か昔。
 その御法度を破ってまで、辻斬りする訳が分からん。
 それに、、、」 
槙次郎の思見は長くは続かない。


お光の淫らな喘ぎが、槙次郎の思考をさえぎり続けている、、、、




 ******** つづく ********


 

PageTop