FC2ブログ

御主人様と二匹の奴隷達の物語

レイが綴る牝奴隷ハルとレイの物語、、、、、。ほんの偶然が、私を、、、。

フィールドオブドリームズ

今年のお盆も、紗江さんの料亭で過ごす。

紗江さんと彩さんが東屋の前で迎え火を焚いていた。
東屋を見ながら、御主人様がおっしゃった。
落成記念やってからもう3年だなぁ。
 柱がちょっと痛んできたか?」
「えぇ、表面が色あせてきましたねぇ。雨ざらしですから。」
「表面を削ってニスを塗り替え、、、維持費が大変だな。」
「最近、各地に豪雨があって、裏山の土砂崩れを心配したからか、
 先日おかしな夢を見ましてね。
 裏山の樹が全部切り倒されて、芝生の平地になってるんです。
 その隅にこの東屋が移築されていて、、、、
 何の夢だったのかしら。」
「おぉ、それは夢のお告げさ。
 If you build it, he will come.、、、みたいにな。」
「あぁ、Field of Dreams、、でしたっけ?
 賢治さんがケビンコスナー?
 Hey,Dadd ! You wanna have a catch ?
 って、お父さんとキャッチボールするの?」
「まぁ、お盆らしくてシュンとさせられそうだが、
 俺はもっと即物的、現実的だな。
 俺は、he will come.の『He』だろ。」
「ジョー・ジャクソン?」
「バカ言え。とうもろこし畑の向こうから現れるのは、、 
 縄と鞭をかついだ伝説の縄師、、、、、だろ?
 この東屋の梁は、三匹吊るしても大丈夫だからな。
 よし、このお盆の調教は吊りと鞭なんてのはどうだ?」

  


こんな会話で、このお盆の御調教が決まったらしい。
とうもろこし畑の向こうからやって来た伝説の縄師御主人様と、
その助手紗江様、そして三匹の牝奴隷達、、、、、、
亡くなった父親とのキャッチボールの代わりに、
鞭と叫びのキャッチボールという事なのだろうか、、、、



            2017年8月11日の事でした。
 

PageTop

三牝三様

「三匹を吊るとして、全部同じじゃ面白くないわねぇ。」
「そうかぁ?
 俺はな、牝の叫びも好きだし、苦悶に耐える姿も好きだ。
 瞬間瞬間、苦痛と喜悦を往復してこそ、牝奴隷だ。
 三匹を同じ形に吊って、それぞれの苦悶や喜悦を比べる。
 そんな趣向がいいと思うが、どうだ?」
「賢治さんらしいわ。
 それぞれの牝の性質や成長を確かめるってわけね。
 三者三様で、おもしろいかもしれないわね。」
「正確に言えば、三牝三様、だけどな。」

バラ鞭から始まって、
御主人様のスネークウィップ、紗江様のベルト鞭、、、

スネークウィップが乳首をかすめたと思ったら、
背中に重いベルト鞭が、のけ反りを強要する、、、
三牝三様の叫びと体の捻りが繰り返される。


疲れたように大きく息を吐いて、
紗江様がどっかと椅子に腰を下ろした。
「さぁ賢治さん、牝達の叫びの評価は?」
御主人様は最後の鞭を私の背に振り下ろしてから、
「そうだなぁ、
 アヤはまだまだ鞭慣れしていないからか、
 逃げてばかりで、快感には程遠いだろうな。
 オマンコも濡れてないだろう。
 ハルはいつもどおりの奔放な叫びだ。
 叫ぶことによって、痛みを被虐の快感に変えてるみたいだ。」
「確かに、私、アヤに鞭を使う事少ないもんね。」
「でもな、紗江だって、渾身の鞭ってのがあるだろ。
 当たり所も、音も、鞭の抜けも決まったぞ、ってやつがな。
 レイはその良し悪しを、体で感じてるみたいに思ったぞ。
 まるで料理が美味いか不味いかを評価するみたいにな。
 鞭が綺麗に決まった時は、惚れ惚れするような叫びだし、
 打ち損ねた時は、くぐもった声だ、、、、
 俺達の鞭に的確に反応しているのはレイかもな。」


体の鞭傷を調べていただいた後、
芝生のスプリンクラーで体を冷やすのを許された、、、
今年は太平洋高気圧の張り出しが少なく気温が低めだ。
それでもスプリンクラーシャワーは気持ちいい。


自分で意識したことはないけど、
私って、鞭打ちを味わっているのかなぁ、、、、、
冷えてきたお尻で、そんな事を考えている。

PageTop