FC2ブログ

御主人様と二匹の奴隷達の物語

レイが綴る牝奴隷ハルとレイの物語、、、、、。ほんの偶然が、私を、、、。

バレンタイン訓練

「2月は冬のスポーツめじろ押しだねぇ。」
うん、ピョンチャンオリンピックがあるもんね。
「そのまえに、御主人様にとっては大事なスーパーボール。」
あぁ、アメリカンフットボールかぁ。
2月の第一日曜、、日本時間では2月の5日だね。
「そう、それが終わってやっと平昌五輪よ。
 2月14日もあるしね。」
バレンタインデーは冬のスポーツじゃぁないよぉ。
「そこを何とかスポーツまで高めるのが、
 本当に心のこもったバレンタインプレゼントよぉ。」


ハルさんの提案で、スポーツバレンタイン訓練が始まった。
明治カカオ72%、86%、95%を食べて、
御主人様のお好みにあうだろうカカオ量を模索しながら、、、、

えっ、どんな訓練かって?
御主人様もこのブログをお読みになるので、
当日まで、秘密です。

まぁ、所詮はアホではありますが、、、、

 

PageTop

人妻レイと人妻ハル

「そうかぁ、レイは人妻だったのかぁ。」
そんなぁ、あれはハルさんに仕掛けられた妄想物語です。
「いや、『人妻レイ』は、
 妄想物語としては、適度に面白かったぞ。」
心を傷つけてしまった読者がいた事を、
ちょっと心苦しく思ってはいるけど、
まぁ、それなりにお喜びいただいたらしい。
「でもな、レイが人妻だとしたら、ハルは、なんなんだ。」
「私ですかぁ、画像屋さんで、陰の黒子ですよぉ。
 それとも、次はぁ、、、、
 『人妻レイとハルのビアン物語』にしましょうか?」
「おいおい、それじゃぁ、御主人様の俺が登場しないだろ。」
「じゃぁ、人妻レイの性癖を知ってしまった人妻ハルは、
 やがて同じ渦に巻き込まれて、、、にしましょうか。
 やっぱり、人妻レイのその後も、おもしろいかなぁ。」
おいおい、又、あれやるのかぁ? 堪忍してくれぇ。
とはいうものの、、ハルさん、密かに画像を用意しそうだ。
食事をしながら、ワイワイと前回の寄り道ブログで盛り上がった。



後手縛りで御調教の時、御主人様がおっしゃっる。
「ハル、レイ、しゃぶれ!」
まるで競争のように、御主人様の股間に向かう牝達。
不自由な後ろ手でベルトをはずし、口でファスナーを下し、
苦労しながら、ズボンとパンツを下げていく。

「おぉ、その真剣さがいいぞ。
 レイのブログ風に表現してやろうか。

  人妻奴隷ハルと人妻奴隷レイ。
  理性を失った二匹の牝は、
  一本の男根を奪いあい、
  争うように執拗な奉仕を繰り返す。
  代わる代わる怒張を頬張る牝達は、
  己が指名されることを願いながら、
  股間を濡らし、淫らな痴態を晒している。 

 ってな感じだ。」

御主人様のご指摘に、一瞬の躊躇があったけれど、
それでも、二匹の牝達は、淫らな痴態を晒し続ける、
のでありました、、、

 

PageTop

人妻ビアン

「おじゃましま~す。」
そう言いながら、ハルさんが会社から帰ってきた。
なんじゃぁそりゃぁ?
「わぁー、おいしそうな晩御飯。
 私もいただいていい? ちょうどワインを買ってきたんだ。」
おいおい、これは私とあんたの晩御飯だぞぉ。
いったい何を言ってんだぁ?
「レイさん、ご主人は?」
へっ????、、、、
あぁ、先日言ってた『人妻レイとハルのビアン物語』?
もう、お芝居が始まってるから、私も参加しろって事?


えぇ、主人は三日ほど出張でいないのよ。
だから、ちょっとさみしくてね。
あら、ごめんなさい。ハルさんのご主人は単身赴任中だったわね。
「慣れたわ。亭主元気で留守がいいって言うでしょ。
 でもね、時々疼いちゃうことはあるの。
 だから、今晩泊まっていってもいい?」
いきなり私に抱きつき、キッスをするハルさん。
ちょっと待って。そんな事、旦那さんとしなさい。
「私、まえからレイさんの事、好きだったの。
 きっと亭主より、素敵な夜を過ごせると思うわ。」

「レイさん、これからはご主人が出張の時は、
 事前に私に連絡してネ。
 毎日泊まりに来てあげるわ。」



アホなお芝居をしながら、
いつの間にか本気でビアンの夜でありました。


 

PageTop

平昌オリンピック

「御主人様、スーパーボールは、いかがでした?」
「あぁ、第4クオーターで、すげぇ盛り上がり。
 結局イーグルスが41-33で勝った。」
今年はずる休みせずに、録画で見たそうだ。

ピョンチャンオリンピックが始まりましたね、
どの競技が楽しみですか?
「スケート、ジャンプ、、もちろん女子だぞ。」
あらためて念を押さずとも存じております。
「バンクーバーの時のスケートレーシングスーツ、
 あれは話題になったな。
 ほら、紐パンとキャメルトウでさ。
 あれから8年、高木美帆も成長したな。
 今回のスーツはちょっと刺激に欠けるけどな。」
スーパーボールは真剣にご覧になったのだろうに、
女子スポーツに対する視線は、偏見と蔑視だぞぉ。
まぁ、御主人様らしいスケベオヤジ観点だけど、、、

「最近おもしろいと思ったのは、カーリングだな。」
あぁ、氷上のチェスって言われてる、あれかぁ。
でも、ユニフォームは卑猥じゃないぞぉ。
「俺は真面目に話してるんだぞ。
 作戦の機微が分かると、なかなか面白いもんだ、
 わざと相手に1点取らせてそのエンドは負けても、
 次のエンドは有利な後攻をとれるとかな、、、
 と、もっともらしい話をしておいて、、、
 俺が考えたのは、ストーンの代わりに牝奴隷を使うんだ。
 あのサークルの中にたくさん全裸の牝が並んでいたら、
 それはそれで壮観だと思わんか?」
「背中で滑らせるんですか?」
「おぉ、膝を抱えるとか、大股開きとかでな。」
でもぉ、待機しているあいだに、氷に張り付いちゃいますよ。
「そうかぁ、じゃぁ、ストーンに座らせる事にするか。
 ストーンから落ちたら、もちろんそれは点数から除外だ。」
「あぁ、味方はブラシでスイープするけど、
 敵は鞭で牝奴隷を責めてもいいとかね。」
「だったら、あのストーンの取っ手をディルドゥにするか?
 股間でディルドゥを咥えながら、鞭打たれるんだ。」

     

でもぉ、ストーンって、各チーム8個必要なんですよね。
そんなに牝奴隷さんが集まるんですか?
「バカ言え、たとえストーンといえど、日本代表だぞ。
 M女は、喜んで参加するさぁ。
 国内でしっかりした選考会も必要だな。
 レイも応募したいだろ?」
いや~、、
全世界に裸体と痴態を晒す事になるんだぞぉ、、
ちょっと、考えさせてくれぇ、、、ってがぁ。



まぁ、アホ話はともかく、
オリンピック、パラリンピック代表の皆様、
最高のパフォーマンスを期待してます。


              2018年2月10日の事です。
 

PageTop

バレンタインスポーツ

ハルさんが提案したバレンタインスポーツとは、
一人がゴディバ夫人となり、もう一人が馬となる。

「発案者は私だから、当然私がゴディバ夫人よね。」
という事は、当然私が牝馬、、、らしい。
ゴディバチョコのトレードマークを再現しながら、
チョコを御主人様にお届けするという趣向だ。


ハル・ゴディバ夫人を背に乗せ、牝馬は部屋を四つ足で歩く。
ところが一向にチョコを渡す気配がない。
ハルさん、重いよぉ、まだなの?
「ゴディバ夫人は、全裸で町を廻ったのよ。
 一周くらいじゃ足りないわ。」
四周してやっと御主人様にチョコをお渡しした。
ゴディバチョコの68%ダークと85%ダークだ。
「おぉ、ご苦労。
 帰り道も大変だろうが、気をつけてな。」
なになに? どういう意味?
「はい、お気づかいありがとうございます。
 それでは失礼いたします。」
ハルさんはそう言うと、手綱を巡らすように肩を押し、、
私を逆に向かせた。
「さぁ、帰るわよ。」
帰るって、、、
逆回りで、又、この部屋を四周するらしい、、、、、

御主人様はダーク85%をかじりながら、
楽しそうに牝達の寸劇をご覧になっている。


       2018年2月11日ちょっと早めのバレンタイン
 

PageTop

なんでもない日

「あれ? 今日は何の休日なんだ?」
昨日が建国記念の日でしたから、その振替休日です。
「あぁ、不思議の国のアリスみたいなもんか。」
えぇ、『なんでもない日、おめでとう』ですね。
「よし今日は、いかれ帽子屋と3月ウサギの鞭と縄の祝いだな。
 お祝いだから、当然キャンドルも必要か。」


どちらが3月ウサギか、いかれ帽子屋かは別として、
私とハルさんが何でもない日にビアンパーティーをしていると、
そこに登場したチェシャ猫が麻縄を取り出して、
二匹をそれぞれに縛りあげ、お祝いの蝋燭を垂らし、
その蝋の塊りをバラ鞭で叩き落とす、、、、
床にへたり込んだ牝達のの腰を持ち上げ、ズンズンズン。

ってな一日でありました。

蝋カスのお掃除が大変だったけど、
なんでもない日、ありがとう、であります。

              2018年2月12日の事です。 

PageTop

猫の日

「レイさん、2月22日は猫の日だって知ってた?」
うん、ニャンニャンニャンで猫の日なんだっけ?
高齢化社会で、犬より猫のペットが増えてるって、
そんなニュースも見た気がするなぁ。
「そうよぉ、世の中ネコノミストの時代になっちゃったのよ。」
だから?
「牝犬奴隷の私達としては、断固戦わなくちゃ。
 ってそんなわけで、新着画像よ。」


     

          これ、餌なのかなぁ、



ハルさん、ごめん、
これ、ちっとも猫と戦ってないわよ。
猫に食べられるってストーリーじゃない?
「猫に食べられちゃう事にも快感を見出してしまう、、
 牝犬奴隷の悲しい性を表現したのよ。」

カナシイサガ、ときたかぁ。


ps.
フィギュアスケート羽生選手、金メダルおめでとう!!


 

PageTop