FC2ブログ

御主人様と二匹の奴隷達の物語

レイが綴る牝奴隷ハルとレイの物語、、、、、。ほんの偶然が、私を、、、。

牝奴梅雨

今の季節の表現を検索していたら、
『男梅雨』 『女梅雨』が目についた。
ただ、男らしいとか女らしいとの言葉は男女差別になるので、
現在ではあまり使われなくなっているとの事。
なるほどなぁ、世の中、そんなものらしい。

けれど、御調教中の差別、不平等を是とする牝奴隷としては、
反骨精神で、ぜひ一句、詠んでみたくなった。



 後ろ指 さはさりながら 牝奴梅雨
                      レイ

  注)
   牝奴梅雨『めすどつゆ』 夏の季語。
   レインコートで露出調教を受ける牝奴隷の様子。
   牝奴隷の羞恥と屈辱と喜悦も表現。
   SM歳時記に掲載予定の新季語。

アホじゃぁ、、、、




**********

 お見舞
 記録的短時間大雨情報が発せられ、
 猛烈な雨が降った九州地方。
 地震に続いての大雨、
 ましてや、しばらくの停滞前線の情報、、、
 土砂災害や氾濫などありませんようお祈りいたします。


 

PageTop

蒲焼布団

ハルさんからメールがきた。


     
      蒲焼布団の牝奴隷



     
      ネギマ、スナギモ、牝奴隷



リビングに行くとハルさんがニヤニヤしている。
「ねっ、素敵な画像でしょ。どっちもレイさんよ。」
なによぉ、何を言いたいわけ?
「レイさん、今年のボーナス、上がるでしょ?」
うん、、そうらしいわ。
「増えたボーナスを貯蓄に回してしまったら、
 日本経済にとっては、なんの意味もなくなっちゃうのよ。
 増えた分、消費活動をしてこそ日本経済に貢献できるの。」
だから?
「もうコンビニでの予約始まったから知ってるだろうけど、
 7月30日は土用の丑の日よ。
 ボーナス増えたら、一流の鰻屋さんに行きたいでしょ。
 でもグズグズしていたら、予約でいっぱいになっちゃうよ。」
焼き鳥は?
「一流の鰻屋さんよ。
 そんなとこでビールをがぶ飲みできないでしょ。
 だから、ウナギの後は焼き鳥屋さんで生ビールよぉ。」
鰻とビールは別腹って事なのかぁ?
それにしたって、鰻屋さんなんてよく知らないわ。
御主人様なら、いろんなお店、ご存じなんだろうけど、、、、
「よっしゃ、それでいこう。」
私に送ったのと同じメールを御主人様に送るハルさん。

しばらくしてパソコンに着信があった。
本文無し、タイトルだけで、「アホ!!」って。
「ダメかぁ、、作戦失敗かぁ、、、」
すぐさま、もう一度着信。
「お前達の考えている事は丸見えだ。
 まぁ、去年はスーパーの鰻だったから、
 今年は、座敷で正座して食う鰻をおごってやる。
 調教の前がいいか? 後の方がいいか?」
ハルさんが返信。
「御調教、鰻、御調教、鰻、御調教、時々焼き鳥!!」
すぐさま着信。
「バーカ!!  海の日がらみの3連休あけておけ!」



とにもかくにも、海の日の3連休、御調教と鰻決定!!
ご馳走していただけるという事なので、
消費活動で日本経済に貢献するのは御主人様、、、、らしい。

御主人様はボーナスを払う側で、ご自身はボーナス無しだけど。



 

PageTop

VIO

毎年の季節ネタではあるけれど、仕事が終わった帰りの更衣室。
今頃になると、お盆休みに南の島に泳ぎに行くとか、
最新の水着を買ったとかの話が更衣室に飛び交う。
そしてこれも、確かに季節ネタに違いないけれど、
「Vゾーン処理はどうしてる?」
という発言から、話題がそこに集中して、
「ねぇねぇ、何を使ってる?」とか、
「IゾーンとかOゾーン処理なんかもしてる?」とか、
「自分でやると難しいし、剃り残しがあるわよね。」とか、
「サロンでやってもらう時は、全裸になるの?」とか、、
女性だけの会話だからこそ盛り上がって、、

でも私は、話がこちらに向けられる前に退散する。

ちょっとお高いけど某電動シェーバーがいいよ、とか、
剃り残しは、5枚刃のシェーバーで処理するの、とか、
どちらにしても、事前事後の肌の管理は大切よ、とか、
一人でやらないで、ハルさんとやってるから、、とか、
羞恥に耐える事こそが牝奴隷の基本なのよ、、、とか、
永久脱毛にしたら御主人様のお楽しみが減るわ、とか、
いろいろ口走りそうだったので。


 

牝奴隷にとってVIOの処理は、季節ネタではありません。
まぁ、そんな結論、、、、

 

PageTop

棚の上の実力

買い物から帰ると、私達の股縄をはずしながら、
御主人様がしみじみおっしゃった。

「見慣れたおマンコでも、こうやってパンツ越しに見ると、
 これはこれで、格別だな。」
はい、、ありがとうございます、、って返事すべきなの?
「キャメルトゥなんぞと命名した奴は天才だよな。な?」
はい、私もそう思います、、って返事しなくちゃダメ?
「そういえば、レイは高校時代水泳部だったんだよなぁ。
 あの水着の下にはサポーターとか穿いていたのか?」
そこから来たかぁ、、、、
はい、練習の時はインナーを穿いてましたけど、、、、
試合の競泳水着では、何も穿かない決まりでしたねぇ。
「じゃぁ、キャメルトゥだらけか?」
あの頃は、今の競泳水着とは形が違っていましたけど、
右も左もキャメルトゥが水泳してるようなもんでした。
ってお答えすればいいのかしら、、、、

でも、、、
試合ですから、緊張してそんなの意識してませんでしたし、
純真な女子高校生がそんな事、考えもしませんよぉ。

「うん、それはいいことだ。
 純真とは、隙だらけと同義語だからな。」



私の高校がインターハイどころかブロック大会にも進めなかったのは、
あの水泳部のコーチが御主人様みたいなことを考えていたから?
うん、そうに違いない。


とりあえず、棚に上げた自分の実力の無さは別にして、、、

 

PageTop

吉田拓郎

ボールみたいなものをハルさんがポンと私に投げ渡す。
何? これ、、
「♪ ぼくの髪がぁ肩までのびて、君と同じになぁたらぁ~ ♪」
あぁ、セパタクローのボールかぁ。
これプラスチックじゃなくて、本物の籐の手編みみたいだね。
どうしたの、これ。
「インテリアにどうぞって、お土産でもらった。」
と答えながら、ハルさん、泣きそうな顔をしている。
何? どうしたのよ、そんな顔して。

「私ね、帰りの電車で吉田拓郎、何度も聞いて練習したのよ。
 私がレイさんにボールを渡す。
 レイさんが『なにこれ?』って言う。
 私が吉田拓郎の歌を歌う。
 レイさんは訳が分からず『なんじゃぁ、それ。』って言う。
 これは誰の歌でしょうか? って私が尋ねる。
 レイさんが、、『吉田拓郎、、タクロウ、、セパタクロー』
 って流れになるはずだったのにぃ、、
 レイさんには武士の情けってのがないの?」

いやぁ、、武士じゃないけど、情けはあると思うよ。
でも、ハルさんが描いたストーリーを私が知る訳ないじゃん。
情けをかける余地が見えなかったのよぉ。
ピーンって、セパタクローが出てきちゃったんだもん。


「♪ 人間なんてララーラーララララーラ
   レイさんなんてララーラーララララーラ
   人間なんてララーラーララララーラ
   レイさんなんてララーラーララララーラ  ♪ 」


やけっぱちのように、タクローを歌うハルさんです、、、

 

PageTop

UFOキャッチャー

ハルさんのバッグにぶら下がっている猫のキーホルダーを見て、
「私は牝犬奴隷、なんて言ってながら、
 お前、実は、犬派じゃなく猫派だったのか?」
そんな事をおっしゃる御主人様。
「あぁ、これですか? これ、友達にもらったんです。
 UFOキャッチャーで同じ物をとっちゃったからって。」
「クレーンゲームかぁ、昔は酒飲んだ帰りに遊んだがなぁ。
 最近はゲームセンター自体、見かけないなぁ。」
「アーケードゲームが下火になっちゃって、店舗数が減って、
 大規模店に集約されてるみたいです。」
「まぁな、スマホでも充分遊べる時代だからなぁ。
 それでもクレーンゲームは生き残ってるのか?」
「逆に、今ではそれがメインになってるみたいですよ。
 でも、それさえも、どうなる事やら、、
 ネットでリアルクレーンゲーム、なんてのもありますから。」

「リアル?
 それは『リアル』の使い方を間違えてるんじゃないか?
 リアルといったら、、、、、
 逃げ回る牝奴隷を遠隔操作のアームで捕まえる、、、
 それこそがリアル、王道ってもんだろ。」


       

「まぁ、これができたらゲーム業界もしばらくは安泰なんだがな。」


極々少数派かもしれませんが、上記提案がありました。
業界の皆様、『牝奴キャッチャー』のご検討を、、、

ってがぁ、、、、

 

PageTop

サーカスの客寄せ

パソコンに向かっていたハルさんが、いきなり聞いてきた。
「ねぇ、点描の画家っていったら?」
テンビョウ、、、
さぁ、、グランドジャットの日曜日、、くらいしか知らないわ。
スーラ、、だったっけ?
「ジョルジュ・スーラかぁ、、、、」
いったい何してんの?
「画像ソフトでさぁ、ノイズフィルターをね、、
 点描的に使えないかなぁって思ってね。」



そんな話も忘れたころ、
「できたよぉ!!」って。
何これ。
「先日言ってたスーラの点描もどきよぉ。」

   

         ハル作  『サーカスの客寄せ 改』


ふ~ん、、絵画と画像を組み合わせるってのに無理があるけど、
画像のノイズが確かに点描っぽいね。
でも、サーカスの客寄せ、ってより、、、
「牝奴隷オークション?
 まぁ、原題がサーカス、、だから、あえて『サーカスの客寄せ 改』よ。
 ほら、原画と比べてみてよぉ。」


ねぇ、これ、素敵なアイディアの力作って事は認めるけど、
ハルさん、そんなに暇なの?
「いや、年度末ってほどじゃないけど、けっこう忙しいよ。
 でもね、忙しい時ほど、いろんなアイディアが出てくるのよ。
 もう一つ、まったく違う別なアイディアもあるんだ。
 いつか、作品にしてあげるわ。」

作品にしてください、、なんて頼んだことはないけど、
過日の『蒲焼』といい、今回の『サーカス、、』といい、
それなりに傑作(怪作?)だとは思うから、、、
まぁ、次の『作品』も、なんとなく期待してしまう、、かな?

 

PageTop

夢一夜

全裸で気をつけする私達を見ながら、
突然歌いだす御主人様、、、、

 ♪ 素肌に片袖 通しただけで 
   色とりどりに 脱ぎ散らかした 床にひろがる 絹の海
   着ていく服が まだ決まらない
   いらだたしさに 唇かんで 私ほんのり涙ぐむ
   貴方に逢う日の ときめきは
   あこがれよりも 苦しみめいて
   ああ夢一夜
   一夜限りに咲く花のよう 匂い立つ~   ♪

ユメヒトヨ、、、南こうせつさん? なんて思っていたら、

 ♪ 着せてく縄が まだ決まらない
   いらだたしさに 唇かんで 私本気で鞭を打つ~ ♪

それでも、『着せてく縄』が決まったようで、、、

 ♪ 鰻を食う日のときめきは
   快感よりも苦しみめいて
   ああ夢一夜
   一夜限りに咲く花マンコ 匂い立つ~   ♪




そんなこんなで、過日のお約束どおり
老舗の有名店に鰻を食べに行く私達です、、、、、


             2016年7月16日の事でした。
 

PageTop

痩せる思い

お昼時で鰻屋さんはそれなりに混雑していたけれど、
御主人様の予約のおかげで、すんなり奥の座敷に案内された私達。

ワンピースの下の縄をちょっと意識しながら、
それでもちゃんと正座して鰻ご膳をいただきました。

大きさ、身の厚さ、脂ののり、タレ、そして肝吸い、
どれをとっても、申し分がなくて、
ついでに、お漬物にまで感動してしまった私です。



「さすがにうまかったなぁ、
 よし、食った分のカロリーはしっかり消費しないとな。
 約束どおり、露出調教だ。」
約束どおり? 
それに、、露出でカロリー消費?

「牝奴隷の最高の美容法は、露出、だ。
 羞恥と恐怖、、、、
 痩せる思い、身の引き締まる思い、、
 それが牝を美しくさせるんだ。
 それに、お前達のワンピース、なんで前開きなんだ、、、
 まさか、授乳が楽です、、ってわけないから、
 当然、露出調教してくださいっていう、謎かけだろ?」
前開きの服は御主人様のお好みですから、、、、


裏通りの飲み屋街を通って、駐車場に向かう。
御主人様が、嬉々として私達の前ボタンをはずす。
さすがに「脱げ」とはおっしゃらなかったけれど、
ワンピースの前は、だらしなく広がって、、、、

誰かがいきなり顔を出す、、そんな恐怖と、そして羞恥、、
確かに『痩せる思い』、『身の引き締まる思い』、、
それでも、裏通りの飲み屋街。
まだ仕込みにはちょっと早い時間帯、、、、
きっとまだ誰もいないに違いない、、、、、

曇り空ではあるけれど、昨日の雨を引きずったような、
どんよりした高い湿度の重い空気が、
私達の歩みを押し戻そうとしていのるかと感じられるほど。



車に乗り込むまで、誰にも見られずに済んだ、、、と思う、
世の中の裏も表も酸いも辛いもご存じの飲み屋のご主人方。
じっと見つめていても、声をかけるような野暮はしなかった、
、、そういう事なのかもしれないけれど、、、、




辛く恥ずかしい美容法で、私達、
鰻のカロリー分は確実に消費してしまったに違いない。



             2016年7月16日の事でした。
 

PageTop

長い脚

爪先立ちで吊り上げられている私達。
乗馬鞭で乳房をいたぶるようにしながら、おっしゃった。
「お前達、自分のスタイルで気に入らないとこはあるか?」
「御主人様の御不満を教えてください。」
「質問しているのは俺だ。」
お尻で鞭が鳴る。
「もう少し、脚が長かったらなぁって思う事があります。」
「遺伝もあるだろうが、
 はるか昔から、欧米人とは食生活が違っていたからな。
 日本人は腸が長いらしいぞ、そのぶん胴も長いんだ。
 それでも最近は脚の長い娘が多くなった気がするな。
 数世代後には、もっとスタイルが良くなるんじゃないか。」
「数世代後まで待っていられません。」
「すぐには無理でも、努力すれば長くする方法もあるぞ。
 要するに、ここの位置が高くなればいいんだろ。」
乗馬鞭の先が股間を叩く、、、
「うん、確かにそうだな。オマンコの位置が高くなれば、
 俺も使いやすいかもしれんな。よし、そうしよう。」


脚を細くして長く見せる、、とか
ヒップアップで長く見せる、とか
高いヒールを履いて長く見せる、とかはあるのだろうけれど、
御主人様の方法は、御主人様らしく単純にして明快。

股縄が上に吊り上げられる、、、
思わず吸い込んだ息を吐き出せないままに苦痛のうめき、、、
時々揺らされる縄の振動も、、快感には程遠い。
「お股、、、裂けちゃいますぅ、、、」
「裂けた分、脚が長くなって、お前達の望み通りだな。」
そんな責めがしばらく続いた、、、、

「いい格好だ。
 オマンコが吊り上げられた姿勢を忘れずに生活すれば、
 自然に立ち姿が綺麗になって、脚も長く見えるだろ?
 物理的かつ精神的女体改造だな。
 それとも、お前達、三角木馬の方がよかったか?」


             2016年7月17日の事でした。
  

PageTop

ダークサイドプリンセス

ギャー、グァッ、アハァァン、、、

バーボンロックを飲んでおられる御主人様のパソコンから
奇妙なうめき声、喘ぎ声、叫び声が聞こえる。
夕食後の食器を洗っていた私達は、キッチンから体を乗り出す。

「御主人様、なにそんな卑猥な映画見てるんですか?」
「バーカ、お前達を木馬責めするシュミレーションだ。」
お昼の股縄御調教の時おっしゃっていた三角木馬?
パソコンを覗き込むと、

   

これ、なんですか?
「『影牢ダークサイドプリンセス』だ。
 様々なトラップを使って、人間をやっつけるゲームだ。」
人間を倒すんですか?
「そうだ。主人公は魔神で、堕落した人間に鉄槌を落すんだ。」
YouTubeには、おびただしい数のゲーム攻略画面がある。
目を背けたくなるような残酷トラップもあるけれど、、
「俺のお勧めは、これだな。」(注! 音がでます!)
三角木馬的屈辱トラップで、ひたすら股間を責めるという動画、、
途中で、お約束のように甲冑が融けて半裸状態。
それでもひたすら股間責め、、、、、

「御主人様、こんなゲームなさったんですか?」
「あぁ? 俺そんなに暇じゃないから、動画だけだ。
 それに男も登場するから、そんな場面はやりたくない。
 だから当然全クリアはあり得ないだろうな。」
まぁ、女性の屈辱責めだけをお楽しみなんだろう。

「よし、今年のお盆も、紗江の処に行こうな。
 お前達にしっかり三角木馬責めしてやるからな。」

えっ? 紗江さんの処で三角木馬?
まさか、、紗江さんが三角木馬を制作したの?
まさかそれはないだろうから、製品を購入購入したのかしら、、



どちらにしても、お盆の三角木馬責めは、あり、、らしい。




             2016年7月16日夜の事でした。
 

PageTop

尻尾の役割

今週末公開予定の映画『シン・ゴジラ』の予告編を観ながら、
御主人様がおっしゃった。

「このゴジラ、やけに尻尾が長くねぇか?」
あぁ、そうなんですか?
私達、あんまりゴジラなんて観ないから、、、、
「でも、確かに尻尾が長いですねぇ。
 なんか、特別の意味があるのかもしれませんねぇ。
 映画で初めてそれが明かされる、、的に。」
「そうだなぁ、、
 ところでお前達、尻尾の役割って、知ってるか?」

「チーターが疾走する時は尻尾でバランスをとってるとかぁ、
 ティラノサウルスも尻尾でバランスをとって二足歩行とか。」
「あぁ、それはあるだろうな。
 初代のハリウッドゴジラも、恐竜的二足歩行だったな。
 生物学的にはこっちが正解だ、とか言ってたよなぁ。」
猿なんかはさぁ、尻尾で枝にぶら下がったりするわ。
「うん、種類が違えばいろんな役割があるわね。
 鳥は、方向尾翼、、、かなぁ。」
ビーバーは尻尾で泳ぐって聞いたことがある。
「それこそ振りまわして武器って事もありますよねぇ。」
あんまり考えた事なかったけど、いろんな役目があるのね。




「よし、実際に試してみるか?」


一つ、忘れていました。
犬は喜びの感情表現で、尻尾を振ります。
牝犬奴隷は、羞恥と喜悦の感情表現で、尻尾を振ります、、、




 

PageTop

山の日

「ねぇ、レイさん。お盆休みいつから?
 私、力ずくで12日の有給とっちゃったわ。」
うん、私も12日、有給とれたよ。

「あのさぁ、会社関係のお休みって8月13日からが多いよね。
 どうして山の日は11日なの?
 12日なら、ちゃんと連休になるのにねぇ。」

初めはね、そんな意見が多かったらしいけど、
8月12日を祝日にするなんてわけにはいかなかったのよ。
ジャンボジェット機が群馬県御巣鷹の尾根に墜落した日よ。
「あぁ、そうかぁ。500人以上が亡くなったんだよねぇ。
 その中に坂本九さんもいたんでしょ。
 そんな日を祝日にしたらおかしいよね。
 軽薄な質問してごめん。」
うぅん、ご遺族には申し訳ないけど、30年以上前の話だから、
忘れていたり、知らない人も多いかも、だわ。


とりあえず私達は、11日からの連休かぁ。
御主人様の予定はどうかしら。メールしてみようか。

御主人様のお返事はいつもどおりシンプル。
  会社は休みにしたが、
  無慈悲な客あり。
  12日午前、打ち合わせ。
  紗江宅移動は、12日午後。


紗江さんの料亭に移動は12日午後としても、、、
私達は11日から、御主人様の処に行ってもいいのかなぁ、、、。


 

PageTop

そうだ、広島へ行こう

5月27日、オバマ大統領が広島に来た。
米国内の沢山のシガラミを乗り越えて、だったのだろうけれど、
その決断と勇気には敬意を表する。

    

近親者に被爆者がいるわけでもないけれど、
かつて広島を訪れて原爆資料館でその悲惨さに涙し、
毎年、八月六日には、西の空に黙祷を続けてきた私は、
大統領の演説を、ある感慨を持って見つめていた。
この演説が、核兵器の惨禍を知らない全ての人々に届けと。


そしてオバマ氏は一人の被爆者の肩を抱いた。
その被爆者こそ、森重昭氏。
捕虜として広島で被爆し犠牲となった12人のアメリカ人を、
長い時間をかけて調べ上げたその人なのだそうだ。
敵、味方ではなく、人間として犠牲者を悼み、
心の底から核兵器を否定したに違いないその姿勢が素晴らしい。
後追いではあったけれど、その記事を読み、
もう一度、映像を見なおして、感動してしまった私。


広島でのサミット開催には反対し、
「私は、自分の意志で広島に行く」と言ったというオバマ氏。
チェコのプラハ演説後から、
『そうだ、いつかは広島へ行こう、』と思っていたのか、、

大統領の演説はこう締めくくられている。
 「世界はこの広島によって一変しました。
  しかし今日、広島の子供達は平和な日々を生きています。
  なんと貴重なことでしょうか。
  この生活は、守る価値があります。
  それを全ての子供達に広げていく必要があります。
  この未来こそ、私たちが選択する未来です。
  未来において広島と長崎は、核戦争の夜明けではなく、
  私たちの道義的な目覚めの地として知られることでしょう。」



核兵器はもちろん、戦争も紛争も無い平和な地球になるように、
世界中の子供たちにとっての明るい未来がやってくるように、
オバマ氏の演説が単なるパフォーマンスで終わらないように、
ひたすら願う私であります。



  広島原爆の日、長崎原爆の日、終戦の日を前にして

                         レイ       

 

PageTop

リオ五輪

「いよいよ、オリンピックかぁ。
 レイ、お前のお勧めはだれだ?」

私は、競泳女子の事しかよく分からないんです。
前回のロンドンだって、ひたすら寺川綾選手でしたから。
今回のリオは200m平泳ぎの金藤理絵選手を応援かしら。
寺川選手と五輪決定が似てるんです。
寺川選手同様、8年越しの想いだし、
日本新記録での決定も、同じなんですよ。
2分19秒台ですから、世界とも十分に戦えます。
「お前、やけに熱く語るじゃないか。他には?」

他の選手なら、、、、池江璃花子選手かなぁ。
だって、日本選手権100mバタフライで日本新記録をだして、
その他、リレー3種目決定と思ったら、
なんと、自由形3種目も追加エントリーなんですよ。
4年後の東京五輪を見据えてかもしれないけれど、
日本水連は、いったい何を考えてるんじゃぁ、です。
もし、全種目決勝まで残ったら、8日間で18レースですよ。
いくら若いといっても、過酷過ぎます。

「池江璃花子かぁ、、まぁ、かわいいけど、ダメだな。
 まだ16歳だぞ。俺、淫行で捕まっちまうだろ。」
おいおい、そこかい。
「競泳なら、鈴木聡美は美人でいいな。」
おいおい、鈴木聡美選手は、ロンドンのメダリストだぞぉ。
見目形じゃなく、ちゃんと競技の内容で評価してくれぇ。

御主人様と話をしていると、
美人かどうか、スタイルがいいかどうか、、、
やがては、キャメルトゥにまで話が膨らんでしまいそうで、、

はいはい、御主人様流で、御存分に五輪をお楽しみください。
外国人選手はもっとスタイルがいいですよ。




現地時間で8月5日から、
時差が12時間あるので、日本時間では6日から、
リオデジャネイロオリンピックが始まる。

ジカウィルスの心配とか、
ロシアのドーピング問題とか、
選手村の窃盗事件とか、
街全体の治安の悪さとか、
政治的混乱とか、
テロの不安だって忘れてはいけない。

いろんな外的問題はあるだろうし、
背負っている、あるいは、
背負わされてしまった外圧もあるのだろうけれど、
最後は自分自身。
選手の皆さん、自分を信じて、集中して、
最高のパフォーマンスを私達に見せてください。

地球の裏側から、しっかり応援しますよ!!



 

PageTop

ステンドグラス

「できたよぉ!」
ハルさんが、パソコンの画像を誇らしげに掲げた。
なにこれ。
「見たまんまよぉ。」
ステンドグラス?

   

「なかなかいいでしょ?」
ステンドグラスっていうと、赤、青、黄、ってイメージだけど、
この色使い、なかなか素敵だわ。
もちろん、『吊り牝奴隷』っていう題材も含めてね。
だけど、礼拝堂に、って訳にはいかないわね。

「もちろんそれはそうよぉ。
 SM礼拝堂があったら別だけどね。
 これはね、御主人様のお宅の窓の装飾よぉ。
 御主人様が目を向けると、ね、
 いつでも、私とレイさんが吊られてるのよ。」

うん、まぁ、おもしろいけど、窓は大きすぎて無理ね。
透明フィルムに印刷して、ガラスとかプラ板に貼ってぇ、、、
フォトスタンドみたいにしたら?
「よしゃ、それいいアイディアだ。いただきぃ!
 だったら、SMステンドグラスのバリエーション、
 もっと増やさないとね。」



いつの日か、完成品をお見せできる日が来るかもしれない?

 

PageTop

精霊馬

夕刻、紗江さんの料亭にやってきた。
「いらっしゃい。
 一日早いかもしれないけど、迎え火、焚いてました。
 ちょっとでも早くあの人が来てくれるように、ってね。」
「だったら、精霊馬が必要だろ。」
「あぁ、そうねぇ、そこまで気がまわらなかったわ。」

ショウリョウウマ、、ってなんですか?
「なんだ、知らんのか? 茄子や胡瓜で作る牛と馬だよ。」
「早く来て欲しいから、お迎えは胡瓜の馬。
 お見送りはゆっくり帰ってほしいから、茄子の牛。
 そんな言われ方されてるみたいよ。」
「おぉ、ちょうどここに、牝奴隷精霊馬がいるから、
 迎えに行かせるか。」
「あぁ、そうねぇ。あの人と、Jさんだから、2頭よね。
 馬を引く馬子も居るしね。」
「よし、ハル、レイ、脱げ。当然アヤもな。」


馬子の彩さんが先導して、手綱を引かれているかのように、
2頭の牝奴隷精霊馬が、玄関先から東屋周りの芝生を歩く。

紗江さんのご主人とJさんの霊を、
無事お迎えすることはできたのだろうか、、、


一つだけ確かな事は、
玄関を入る前に、もうお盆の御調教が始まってしまった、
という事なのだろう、、、、、、、




          2016年8月12日 夕方の事でした。
  

PageTop

ツボ

「クアァァ、、、」とおっしゃいながら、
一気にビールを飲み干した御主人様の視線が、
茶箪笥の上で止まった。
「なんだ、紗江、又、ゴルフを始めたのか?」
「ゴルフはとっくに引退しましたよ。
 あぁ、このゴルフボールですか?。
 このボールは、ツボ押し用なんです。
 組合の役職になっちゃってから、事務仕事が多くて。
 普段の仕事は疲れないのに、事務仕事はどうもねぇ。
 肩は凝るは、背中は張るは、でね。
 アヤがいる時は、マッサージしてもらうけど、
 一人の時は、このゴルフボールで、セルフツボ押しですよ。」
紗江さんがそう言いながら、ツボ押しを実践してみせる。
椅子に腰掛けて、足裏でボールをコロコロしたり、
ボールを何個も入れたパンストで、背中を拭くみたいにして、
背中コロコロローラーにしたり、、
「ふ~ん、紗江はツボに詳しいのか?」
「いいえぇ、いろいろ調べましたけど、沢山ありすぎて。
 このコロコロローラーで、キクゥって所とか、
 気持ちいいわぁ、って所がツボだって勝手に決めてますよ。」

「ハル、レイ、気持ちいいわぁ、って所がツボらしいぞ。」
意味不明でぽかんとしている私を尻目に、
ハルさんが素早く動き出した、、、、
ゴルフボールコロコロローラーを股間に挟んで、
前後させながら、刺激する、、、
交代で私もさせられて、、、、
まぁ、クリの刺激が気持ちいいかもしれないけど、、、、

「どうも今一つ興が乗らんなぁ。
 やっぱりお前達はゴルフボールより縄の瘤がいいのか?」





恥ずかしい格好で縄の瘤を渡りながら、ハルさんが叫んだ。
「キクゥゥゥ、、、」
ここが、私達のツボ、、なの?

ツボかぁ、、、、
突然、コマーシャルが頭の中に流れ出した、、、

 ♪ しんしんと しんのしんまで沁みてくる ~ ♪

やべぇ、、、せんねん灸じゃん、、

お灸かぁ、
縄の瘤の次は、、、、、




当然のように、赤い蝋燭で、ツボ刺激された私達です、、、




          2016年8月12日 夜の事でした。

PageTop

ヨガ

「縄をかける時、いつも思う。アヤは体が柔らかいよな。」
「アヤは昔、ヨガの講師をしてましたからね。」
「紗江様、それは大げさです。
 専門学校の学費稼ぎのためにバイトしていただけです。
 インストラクターの助手のその下のお手伝いですから、
 見よう見まねで、本質的なことはよく知りません。
 まぁ、体は柔らかい方だとは思いますけど。」
「助手でもいいから、一連の動きやってみなさいよ。」
彩さんが、拝むようなポーズから、いろんなポーズをしていく。
よく分からないけれど、なにかの意味と効果があるのかな?

「ゆっくりした舞踊みたいで、
 見てるだけでも、いいもんだな。」
「どうせなら、体の線がもっと見えた方がいいけどね。」
「そりゃそうだ。観客がいるんだからな。
 牝奴隷ヨガは、ひたすら観客のためにポーズするべきだ。」
「私と賢治さんがポーズをリクエストするってのはどう?」
「おぉ、いいな、それ。」
全裸の三匹が、お客様のためだけに、ヌードヨガを行う、、
もちろん私達はよく知らないので、
彩さんを横目で見ながら、ポーズを真似していく。

先ほどと同じように、一連のポーズを終えると、
御主人様がおっしゃった。
「そうだなぁ、、、最初は、、、
 『どうか私のオマンコを見ないでください』、のポーズ!」
ちょっと考えた彩さん、、
「木のポーズ、、かしら。」
一本脚立ちで、逆の脚をそこにからませる、、
慌てて私達も真似をするけど、
一本足で、安定して立つのはむずかしい、、、。



「次は私の指令ね。
 ん~ん、『絶頂、、私イキそうです』、のポーズはいかが?」
彩さん、さすがにこれには困ったようだ、、、
少しもじもじしてから、それでも、、、
「下向き犬と上向き犬のポーズ、、かしら、」
そう言いながら、お尻をあげて三角形のような四つん這い、
そこから、お尻を下げて、背中を反るようなポーズ、、、
私達もそれをなぞるように『イキそうですぅ』のポーズ。
「おっ、卑猥でいいな。
 バックから犯されて、オルガ、かぁ。
 半眼、口も半開きだともっといいけどな。」



「よし、次は、、、、
 『オマンコ、アナルを晒しながら、羞恥に震える』!!」
私達は、彩さんがどんなポーズをするのか、じっと見ている。
しばらく悩んだ後、、、
「やっぱり、カラスのポーズかなぁ」って。
両腕でバランスをとりながら、膝を肘にのせる。
確かに股間は開くし、辛い姿勢で、腕が震える、、、、
「アヤ、発想は褒めてやるが、向きが違うだろ。」
「申し訳ございません。」
彩さんが、お尻を御主人様に向けて、もう一度カラスのポーズ。
「いい格好だわ。
 ねぇ、三匹に競争させましょうよ。
 一番長くオマンコ晒した牝が一等賞のご褒美よ。
 よーいドン!!」

どう考えても、彩さんに勝てるわけがない。
それでも、ハルさんにだけは負けまいと、
必死に股間を晒しながら、腕を振るわせていたけれど、、、




御主人様、紗江様、彩さんで酒盛りが始まった。
私とハルさんは、勝負に負けて、罰ゲーム。
「レイ、『どうか私の胸に蝋燭をください』のポーズだ!」
「ハル、『私には浣腸をお願いいたします』のポーズだ!」
そのたびに、彩さんが、
「ラクダのポーズ、がいいかしら、」とか、
「伸びをする子犬のポーズはどぅ?」とかいいながら、
そのポーズを指導してくれて、、、、、、
いつまでたっても、お酒のつまみ的全裸ヨガは終わらない。

そのうちに、
『後手高手小手、股縄で片脚を吊り上げられた』ポーズ。
そんなご指示をいただいて、それなりの恰好をしたのだけれど、
オリンピックダイジェストの番組が始まって、、



私達は、時々、上げた脚を取り替えるズルをしながら、
遠くからオリンピック映像を観ている、、、、



          2016年8月13日の事でした。

PageTop

今日は朝から、芝生の東屋風ロッジで過ごしている。
外の陽射しは強くても、
東屋が陽を遮り、風も通り抜けて、気持ちがいい。

麦わら帽子をかぶった御主人様が、電動工具を持ち出してきた。
何をなさるんですか?
「あぁ? あぁ、約束だからな。
 棘でも刺さったら使えなくなっちまうだろ。」
11日の山の日にホームセンターで買った電動サンダーで、
芝生周りの柵を必死にヤスリ掛けしておられる御主人様。
目の粗い物から仕上げ用のヤスリまで使って、磨いておいでだ。
柵の整備を紗江さんとお約束でもなさったのかと、
勝手に解釈していたのだけれど。


作業が終わったのだろう、
汗だくのシャツとズボンを脱ぎすてながらおっしゃった。
「ひぇぇー、暑いなぁ。
 ハル、レイ付き合え。シャワーを浴びるぞ。」
私達も慌てて全裸になって、御主人様に従う、、、

御主人様は、蛇口をひねって芝生のスプリンクラーを動かす。
まるで子供みたいに、キャッキャ言いながら、
スプリンクラーシャワーで水浴びしていたけれど、
やがてスプリンクラーの回転部品をはずす御主人様。
噴水のように垂直に水が噴きあがる。
「さぁ、トイレシャワーだ。
 立ちションベンして、オマンコ洗え!。
 シャワーオナニーしてもいいぞ。」
いやぁ、、勢いが強すぎて、、、、、、、、


お昼の素麺をいただいた後、御主人様がおっしゃった。
「どれ、午後の調教始めるか。
 紗江、あそこの柵、使わせてもらうぞ。
 お前も見学しろ。アヤも混ぜていいか?」
あそこの柵、、それは午前中、御主人様が磨いていた柵だ。

多少の標高があるからなのか、
猛暑、酷暑というほどではないけれど、
それでも夏の陽射しは肌を突き刺している。

「お前達との約束だからな。
 声を出した牝が負けだ。勝った牝を使ってやる。」
柵の下に踏み台があって、それに乗って、柵を跨ぐ、、、
柵を跨いで初めて思いだした。約束って、、、、、、
踏み台が蹴り倒された。
腰が落ち、股間に柵の衝撃、、、
グエェ~、、、思わず叫んでしまった、、、
「よし、ここまで歩いてきたら交代だ。」
ぎりぎりの爪先立ちでも、股間に柵が食い込む、、、
『棘でも刺さったら使えなくなる』ってこの事だったのかぁ、、

御調教の展開を見て、分かっていたとしても、
ハルさんも、彩さんも大声で叫んでしまって、勝負にならない。






炎天下、芝生スプリンクラーの水を浴びながら、
三匹の牝がお尻を突き出して、順番を待っている。
どの牝を使おうかと、御主人様は思案中に違いない、、、、、





          2016年8月14日の事でした。
 

PageTop

スイートルーム

「このまえ、、、一肌、もろ肌、脱いでくれたから、ご馳走するわ。」
えっ、学会誌の原稿料でたの?
「うん、だから、レイさんの食べたい物、なんでもいいよ。」
じゃぁ、、あの五つ星ホテルの和食コースを食べてみたい。
「よっしゃ。今週末は御調教だから、ウイークデーだね。
 会社帰りに待ち合わせしてさ。
 ついでだから、スイートルームに泊まっちゃおうかぁ。」
えっ、原稿料、そんなにいただいたの?


会社帰りに待ち合わせて、
名前を聞けばだれでも知っている一流和食のお店に向かう。
先付から始まって、椀物、お造り、煮物、焼き物、、、
どれもこれも、季節感たっぷりで、
繊細な味と華麗な盛り付けで十分に堪能させてもらったし、
少量だけど、お酒も、とてもおいしかった。
止め肴の蛸酢にまで感動してしまった私であります。



食事を終えると、ハルさんは、さっさとホテルを出ていく。
ハルさんの原稿料では無理だとは思っていたけど、
一応、聞いてもいい? スイートルームは?
「レイさん、ちゃんと聞いてた?
 私はね、sweet room って言ったのよ。
 suit room とは言わなかったわ。
 sweet room といえば、当然、ラブホよぉ。
 甘い夜を一緒に過ごしましょ。」
そう来たかぁ、、

もう一つ聞いてもいい?
「よっしゃ、何でも聞いていいよ。どんな体位がいいの?」
ちゃうちゃう、ハルさんの原稿料ってさぁ、
いつも食事とビアンに消えていく気がしない?
「こちとら江戸っ子でぇぃ。宵越しの金は持たねぇのさ。
 いやならいいんだぜ、あちき一人で行くからよぉ。」




にわか江戸っ子のハルさんと、、
結局は大きなお風呂に一緒に入って、
大きなベッドで、スイートな夜でありました。



 

PageTop

リオから東京へ

御主人様、リオ五輪、感動した種目ありましたか?
「感動かぁ、真面目に答えろ、って言ってるのか?」
「真面目と卑猥、、、当然、両方ありますよねぇ。」
「まぁ、感動した、というか、おぉ、って思ったのは、
 吉田沙保里が負けて銀メダルになった時、
 応援席で48キロ級の登坂絵莉が涙拭わず泣いていたシーンだな。
 吉田沙保里の今後は分からんが、
 その想いは、確実に後輩に引き継がれたと思ったぞ。」
あぁ、そんな映像を観た記憶がある。
「御主人様らしい、素敵な感想ですねぇ。」
「俺らしい感想?、、、だったらなぁ、、リオで中継していた、
 NHK広島放送局の上原光紀アナウンサーが可愛いな。」
いやぁ、、それは知らん、、、、


「もっとすごい感動があるぞ。
 自転車女子スプリント決勝がよかったな。」
自転車競技? 動画でも見なかったなぁ。
何に感動したんです?
「ゴール直前、サドル無しの自転車で爆走したんだ。
 なんかSM的股間責めみたいだろ。
 ゴールした瞬間に思わず腰を下ろしたりしてな。」
下したんですか?
「おぉ、股間にポールが突き刺さってさ、
 羞恥と快感と優勝の喜び、ってもんだよ。」
いやぁー、ポールが刺さったっていうのは、さすがに嘘だろぅ。


日本人選手のメダルの感想は?
「あぁ、レイの言っていた金藤は優勝したけど、興味なし。
 まぁ、メダルといえば、バドミントンだな。」

「あぁ、あの5連続ポイントの逆転はすごかったですね。」
「いや、そこじゃない。
 バドミントンなんてじっくり見たことがなかったが、
 スマッシュを打つ時とか、
 ネットぎわのフェイントを拾う格好が、
 大股開きで、卑猥で大変よろしい。」
おいおい、そこかよ、
真面目な感想から、卑猥な感想に移りつつあるぞぉ、、、
「そんな事を考えてるのは、俺だけじゃぁないぞ。
 かつてな、世界バドミントン連盟がさ、
 女子選手のスカート義務化を画策したことがあるんだぞ。
 そうまでしてバドミントンを普及させようとする姿勢が、
 女性蔑視的で最高だ。
 選手の反対で実現しなかったらしいけどな。」
まぁ、女性蔑視、性差別はS男性の理想なんだろうけど、、
「申し訳ございません、
 私達、あんな本格的なバドミントンはできませんよ。」
機先を制するように、ハルさんがそう言った。
「バーカ、俺はまだ何も言ってないぞ。」
言っていなくても、話の展開はだいたい分かる、、



「牝奴隷バドミントン選手権へ向けての練習をする。
 世界牝奴隷バドミントン連盟の規約により、
 ユニフォームは、股縄。
 21点3ゲームで2ゲーム先取のラリーポイント方式のほかに、
 審判による芸術点、卑猥点が加味され勝敗が決まるから、
 本日は、芸術点、卑猥点の徹底的訓練を行なう。」
なんじゃぁそりゃぁ、、、

御主人様が丸めたティッシュをポンと投げる。
片足を大きく踏み出して、大股でそれを掴む、、、
大股は、、、、、股縄が食い込む、、、、
「ハル8点、、、レイ3点。」
背後に投げられたティッシュを後退しながら掴む、、
背伸び姿勢は、、、股縄が食い込む、、、、
「ハル2点、、、レイ7点。」
「審判員様、点数の基準はなんですか?
 私、レイさんより、卑猥にバックしましたけど、、」
「ハルのはわざとらしくてだめだ。
 レイのは、楚々として、勃起度アップだったから7点だ。」

審判員様の勃起度により芸術点、卑猥点が決まるらしい。
半分お遊びで、適当にお付き合いしていたはずの訓練が、
そこからは、ハルさんとの競争で、真剣になった。
審判員様のオチン様を賭けての勝負になったから、、、、

どちらが、何点取ったかは計算していなかったけれど、
「ハル69点、レイ69点、同点だったな。」って。
なんといっても、審判様がルールブックだから、、

バックから、二匹とも使っていただきました。
めでたしめでたし、、、、

牝奴隷東京オリンピックへの道は、まだまだ険しい、、、、

アホ!!



 ps.
 御主人様のマニアック情報、、、
 「バドミントンのタカマツペア、、
  ペアなのにラケットのメーカーが違うんだぞ。
  ヨネックスとウィルソンだった。」
 らしい、、、


 ps.
 いえいえ、まだ、リオが終わったわけじゃない。
 パラリンピック出場の皆さん、
 最高のパフォーマンスを願っています。


  

PageTop

フォトフレーム

いまさら、誕生日を祝ってほしいとは思わないけれど、
誰からも何も言ってもらえないというのも、ちと寂しい。
御主人様、ハルさんからなら、なおさらだ。

夕食が終わり、キッチンでお酒のつまみの準備をしていると、
リビングの電気が消され、蝋燭に火が灯されたようだった。
皿を持ってテーブルに行くと、、
「レイ、誕生日、おめでとう。」
「レイさん、蝋燭吹き消す前に、これ、見て。
 誕生日プレゼントよ。」
赤い蝋燭の手前に、フォトフレーム。
そしてそれは、後手縛りの二匹の奴隷のステンドグラス、、、


    


わぁー、御主人様、ありがとうございます。
ハルさん、ありがとう、、、できたんだぁ、。
先日のアイディアどおり、フォトフレームのステンドグラス。
これ、私とハルさんなの? どっちが私?
「そりゃぁ、オッパイちっちゃい方がレイさんよ。」

その後、ワインと猥談で、お誕生日を祝っていただきました。
もちろん、御主人様へのステンドグラスもありまして、、、
原画で、ご披露いたします。


  

        genga18.jpg

  


  




ハルさん、素敵なアイディア実践ありがとね。


 

PageTop

ネーミング

「ポケモンGOがこれだけ流行ったんだから、
 当然、考えている奴はいるだろうなぁ。」
「まぁ、そうでしょうねぇ。たとえ二番煎じだとしてもね。
 問題は、ゲームとかキャラのネーミングかしら。」
「あぁ、そうかもしれんなぁ。」


御主人様とハルさんの会話にまったくついていけなかった私。
いったい何の話をしてるんだぁ、、、、

ハルさんが、説明画像を作ってくれました。

   

まぁ、何も言うまい、とは思いつつ、、、

亀甲縛りの私を捕まえても、cpは7点なのかぁ?


 

PageTop

見立て

御主人様の振り下ろしたバラ鞭が、
私達のお尻で、乾いた音をあげる。

私達の膝が崩れるのが先か、御主人様の御満足が先か、、

「よーし、よく耐えた。これで許してやる。」




夕飯の準備をしている時、御主人様がおっしゃった。
「レイ、ハルには胃にやさしい飯を作ってやれ。」
えっ、どういう事ですか?
「鞭音が少し淀んでいた。胃を悪くしているようだ。」

えっ、えぇぇ、、、
確かにハルさん、今朝、胃腸薬飲んでました。
「凄っごぉぃぃ。
 御主人様の鞭は、お医者さんの見立てみたいぃ。」
なぜ、胃が悪いって分かったんですか?

「嘘だ。実は、口から出まかせだ。
 胃が悪いと言っておっけば、たいていは当たる。
 腎臓に疾患がある、なんて言っても自覚がないだろ。
 それに今の季節、ビールを飲んで、それだけでは足りずに、
 ついつい飲み過ぎて、、まぁ、ハルのパターンだろう。」





「おいレイ、今日の飯は、やけに柔らかい。
 胃にやさしい飯はハルだけでいいんだぞ。」

いえ、御主人様も、きっと胃を悪くなさってますよ。
鞭打ちの息切れがやけに早かったですから、、、、


 

PageTop

鳥獣戯画

「新作、できたわよぉ!!」
何これ。
「見て分かんない?」
鳥獣戯画?

  

「そう、鳥獣戯画 吊り股間責めの図よぉ。」
先に言っちゃうけど、、、この蛙、、私?
「当然でしょ。兎の私がレイさん蛙を責めてるのよ。
 それを楽しそうに見ているのが御主人様フクロウよ。」
ハルさんの描く画像らしくていいけど、
こういうのってさ、どうやって思いつくわけ?
「ネットでね、この画像を見て、ピンときたの。
 あぁ、鳥獣戯画って使えるなぁ、、、てなもんよ。」
まぁ、お礼言っておくわ。ブログのネタ提供なんでしょ?
「うん、私の作品の数少ない発表の場、だからね。
 でも、今回は、もっと先を考えてるの。」
どこかに展示予定とか?

「正解!! 
 うまくいくかは分かんないけど、これを和紙に印刷して、
 表具屋さんで、掛け軸にしてもらうのよ。
 それを御主人様のお宅の和室に飾るって計画よぉ。」
御主人様、きっと、ニヤってしながらお喜びになるわ。
あの緊縛トルソーだって、いまだに飾ってあるし、
先日のステンドグラスだって、あちこちに飾っていらしたわ。
「あぁ、そうだねぇ、、、
 だったらさ、本格的掛け軸じゃなくてさ、
 手作り掛け軸にして、季節ごとに画像を変えるってのは?」



はてさて、どんな掛け軸になる事やら。
それに、、季節ごとに変わるSM画像ってどんな感じなんだぁ?



まだまだハルさんの作品発表は続きそうだ、、

  

PageTop

ジェローム市場再び

「御主人様のおっしゃったとおりだったわねぇ。」
なにが?
「築地市場の移転先、豊洲新市場の地下よぉ。」
なんだっけ、、、、
「豊洲市場の地下は、盛り土じゃなくて空間だったのよ。
 御主人様はおっしゃったわ。
 新市場の地下に牝奴隷ジェローム市場が計画されてるって。」
       
   

あぁ、お寿司屋さんでそんな話をしたわねぇ。
そうかぁ、今、問題になっているあの豊洲地下の空間は、
実は、牝奴隷ジェローム市場だったのかぁ、、、、
「関係者だけが知っている秘密の計画だったけど、
 全国民に知られちゃったから、ジェローム市場は断念だね。」


マジな話をするとさぁ、築地市場の跡地はどうなるの?
「まぁ、盛り土問題が解決して豊洲に移転したとして、
 東京オリンピック向けの環状二号線整備と、
 一般客用の築地場外市場は決まってるらしいよ。
 それ以外は、いろんな計画あるみたいだけど知らないわ。
 あぁ、そうかぁ、、、
 豊洲の牝奴隷市場は白紙撤回だから、
 築地の跡地に、牝奴隷ジェローム市場を計画すればいいんだわ。
 なるほどぉ。築地が牝奴隷の聖地になるかもね。」




『築地が牝奴隷の聖地』になるかどうかは別にしても、
豊洲の盛り土問題、土壌汚染問題は、
しっかり解決していただきたいものだ。
都民だけじゃない。
全国の国民が注視しています、小池都知事さん。

時事ネタ過ぎて、数年後には忘れているかもしれない、、
いえいえ、忘れてしまえるような解決策をお願いしますよ。

 

PageTop

白羽の矢

この週末からの連休、
御主人様は、「驚異的に、脅威的に忙しい。」との事。
連休明けには例年の北海道出張があるし、、、、、、

ねぇ、ハルさん、何して過ごす?
「連休中、昼間は忙しいわ。
 秋分の日も、ちょっと都合悪い。
 夜なら、ビアンでも酒のみでもつき合ってあげれるけど。」
なによぉ、そんなお願いはしてないわ。
忙しいっていったい何が忙しいの? お仕事?
「まぁ、半分、仕事みたいなもんよ。
 私、シンポジウムなの。」
えっ、シンポジウムゥゥゥ、、
すげぇ、基調講演とかするわけ?
「まさかぁ、講演の先生のお手伝い。
 資料作成、パネル準備、、あれもこれも、あれもこれも、、、、
 まぁ、雑用係だけどね、一応は専門知識も必要だって事で、
 私に白羽の矢が当たったのよぉ。」
たとえ雑用係だとしても、アカデミックで凄いよねぇ。
でも一つだけ、老婆心で言えばさ、
白羽の矢は当たるじゃなくて、立つって言うのよ。
「そうなの? 特別に選ばれたって意味合いでさぁ、
 白羽の矢が当たるって、使わない?」
うん、もちろん意味は通じるけどね、語源から言うとさ、
『生贄になる娘の家に白羽の矢を立てる』って事なのよ。

「なるほどぉ、いいねぇ。心くすぐる表現だねぇ。
 生贄にされた娘は、牝奴隷にされて、、、、
 やがてマゾに目覚めていくってストーリーかぁ。」
いやぁ、そこまでは言ってないけど、、、

「私は村一番の美人といわれる村長の娘。
 シンポジウムの雑用という名目で、生贄にされるのよ。
 私にはレイという小間使いの娘がついてるの。
 そのレイと一緒に、生贄にされるんだわ。 
 シンポジウムの後のパネルディスカッション。
 実は、、、そこが牝奴隷オークションの舞台なのよ。
 私自身は心配ないけど、
 レイ、あなたも、それなりに高い値がつくといいわね。」
おいおい、私ぁ、小間使いの娘なのかぁ?
それに、いつの間に私まで生贄なんだぁ?
「素敵な御主人様に飼っていただければ、
 三食昼寝付きの悠々自適な牝奴隷生活が待っているのよ。」
おいおい『三食昼寝付きの悠々自適』を牝奴隷とは言わんじゃろ。



とにもかくにも、
専門分野のシンポジウムを身近で拝聴できるのは、
ハルさんの今後に大きなプラスになるだろう。
講師の先生とのコネもできて、仕事にだって役立つかもしれない。

それに引き替え、私ゃぁ、、、、
何して過ごそうかなぁ、、、
「いいことあるわよ。」
なになに?
「日頃できない、凝った料理を作るのよぉ。
 私のためにね。
 もちろん、裸エプロンでよ。」



  

PageTop

SM鳥獣戯画

シンポジウムの手伝いで忙しいといいながら、
ハルさんは、やるべき事はやる人だ。
『やるべき事』の判断は難しいけれど、、、、、



「鳥獣戯画シリーズ、完成したよ。」
あぁ、このあいだ言ってた春夏秋冬SM鳥獣戯画
「うん、春夏秋冬というより起承転結かなぁ。
 ほら見て見て。
 でもさ、私の画像だけじゃぁ、おもしろくないでしょ。
 レイさんは、この画像にセリフを入れてよ。」




緊縛責めの図

   

    兎  さぁ、今日から調教開始よ。
       立派な牝奴隷に仕立ててあげるわ。
    蛙  な、、縄ですかぁ、、、、



木の枝張形責めの図

   

    兎  この張形で快楽地獄に堕としてあげる。
       どっちの穴がいいかしら?
    蛙  こ、、怖いですぅ、、、



逆さ一本鞭責めの図

   

    兎  ほぅら、、どこに鞭が欲しいの?
       はっきり言ってごらんなさい。
    蛙  明日、仕事なんです。鞭痕が目立たないところに、、



吊り股間責めの図

   

    蛙  あぁ、、き、、気持ちいいですぅ、、
    兎  やっと一丁前の牝奴隷に近づいてきたわね。
    梟  ホッホー、、ほほう、、、   





おいおい、こんなので遊んでいいのかぁ?
鳥獣戯画って国宝だぞぉ。
鳥羽僧正さん、高山寺さん、文化庁長官さん、ごめんなさい。





このところ、ハルさんの創作画像満載だったので、
カテゴリーを『発表会』にしました。
                 じゃぁ、又。 レイ
 

PageTop