FC2ブログ

御主人様と二匹の奴隷達の物語

レイが綴る牝奴隷ハルとレイの物語、、、、、。ほんの偶然が、私を、、、。

ブルブル

 
御主人様と紗江様が座卓でお茶を召し上がっている。
私達は、牝犬のお座りで耳をそばだてている。
これからの私達の御調教が決められるかもしれないのだから。

「賢治さん、この牝犬達は、座敷犬なの?」
「いや、本当は外で飼いたいんだが、街では無理でなぁ。」
「ここなら、誰も来ないわよ。庭に繋いでおきましょうか?」
「紗江、おまえ今日は完全サディストモードか?」
「えぇ、そんな気分よ。せっかく首輪を用意したんですもの。
 レイとハルを徹底的に、牝犬として扱うわ。
 じゃぁ、、、、、せめて散歩に行きましょうよ。」
「台風のこの雨の中をか?」
「大丈夫よぉ。雨脚は強いけど、横殴りって程じゃないわ。」


ここは山の中腹。
普段なら、素晴らしい借景が広がっているけれど、
今日は、台風の雨で、その景色もよく見えない、、。

ハルさんのリードを御主人様が、
私のリードを、紗江様が握っている。
人里離れた山の料亭だから、誰にも会わないのだろうけど、
雨の中、全裸の牝犬奴隷達の四つ足散歩は、
現実から切り離された夢の中のような不思議な世界だ。

牝犬奴隷の散歩は、台風の雨の中でも、、、、
裏山を歩く。
もうこの地では、落葉が進んでいる。
足と手に湿った枯葉の感触を感じながら、必死で歩く。
雨が背中に冷たい。
顔に張り付く髪が鬱陶しい。でも、、、手は使えない、、、。

山道のゆるい下り坂。
下りは、四つ足歩行には一番辛い。
遅くなったり、ふらついたり、、、、、。
うつむいた顎に、ロンドン鋲が刺さりそうだ。

「紗江、親指と中指だけで牝犬をリードする方法、知ってるか?」

高くさし上げた四足歩行のお尻、、、
紗江様の中指があそこに、親指がアナルに差し込まれて、、、
まるで、そこの壁を摘むように、、、、。

私の四足歩行は、ますます遅れ、ますますふらついている、、。




「レイ、ハル。散歩楽しかった?、寒くなかった?
 裏口から入って、そのままお風呂にしましょうね。」


顔に張り付く髪が鬱陶しい、、、。
勝手口で、思わず顔を振る、体も振る、、、。



紗江様が、私の頬を両手で挟んでおっしゃった。
「あぁ~ら、この牝犬、ちゃんと躾ができてるのねぇ、
 家に入る前に、ブルブルするなんて偉いわぁ、、。」





            2010年10月30日の夕方です。

PageTop

ペニバン

首輪を外していただいて、お風呂、そして、夕げの支度。

おいしそうな湯豆腐と牛シャブの土鍋がコトコト鳴って、、。

でも、私達は、、、、、
再び着けられたロンドン鋲の首輪で、牝犬奴隷。
チンチン姿勢で、ひたすら待っている。
御主人様と紗江様が、気まぐれで餌を与えてくださるのを。


御主人様に、お酌をしながら、紗江様が、おっしゃった。

「今晩、私にレイを貸して?
 私、、、、レイを犯してみたいの。」





引き摺られるようにして、二階の紗江様のお部屋へ。


「レイ、あなたを犯す為にわざわざ準備したのよ。
 お尻を振って、おねだりしなさい。」
レイ、あなたを犯す為にわざわざ準備したのよ、、、




紗江様の股間に生えた男根が、後から激しく私を揺すっている。

「紗江様、、、、、もう、、もうお許しください。」

「レイ、牝犬奴隷が使える言葉、4つ言ってごらんなさい。」

はい。
かしこまりました。
ありがとうございます。
よろしくお願いいたします、、、、です。

「そう、それでいいのよ。、、
 レイには、イキます、も無ければ、お許しください、も無し。
 わかった?、今、言いたい事は?」

あっ、あぁぁ、、、紗江様、ありがとうございます。
もっと、、、、よろしくお願いいたします、、、、、、、。









今日の紗江様は、完全にサディストだ。
私の喘ぎ苦しみと悲鳴を、純粋に楽しんでおられる、、、、。



それを感じとる事ができる私は、
完全に、、、、マゾで、、、紗江様の牝犬奴隷だ、、。






           2010年10月30日 夜の事です。
 

PageTop

奴隷売買

朝ごはん、できました。
座敷の奥の部屋のふすまを開けて声をかける。
「おぉ。」
寝転んだ御主人様が、私を見上げる。
掛け布団が山のように盛り上がって、
ハルさんが、朝の御奉仕中らしい、、、、。




いつもより遅い朝食。
いつの間にか台風は過ぎ去ったようだ。
休日らしく、ちょっと気持ちがのんびりしている。
ケーン、、、一声高く鳥の声。雉?、、、。
鳥達や動物達は、今の時期、冬の準備で大忙しかしら。
街にはない不思議な時間がゆっくり流れている、、
まるで夢の世界にいるような、、、、。


「賢治さん、お願いがあるのよ。
 私にレイさん頂戴。」

仔犬を一匹譲って、みたいに、紗江様がきりだした。

「ばーか、俺の大事な奴隷だ。
 お前なんかにやる訳にはいかない。
 、、、
 でもなぁ、、、、」

御主人様は、味噌汁をすすりながら、ちょっと思案げ、、。

「レイ、お前、これからの予定は?」

卒論は、先が見えてきました。あとは最終的なまとめです。
履修科目のレポートが、いくつかありますから、、、
11月の中旬頃までは忙しいです。

「紗江、11月23日から、レイを貸してやる、でどうだ?
 忘年会で忙しいだろうから、下女として、こき使っていいぞ。」

カレンダーをめくりながら、御主人様がそうおっしゃって、
私の「お勤め」が決まってしまった。

「下女だなんて、ちゃんとバイト代は払いますよ。
 じゃぁ、詳しい事は、賢治さんに連絡入れますね。」



やっぱり今、私は、夢の世界か妄想の世界にいるに違いない。
私の事なのに自分で何も関知できないまま、
自分の将来が、決まってしまった、、、決められてしまった。

まるで、奴隷売買のように、、、。








「まいど、おぉきに、又、おこしやす、、。」



車はゆっくり坂道を下りながら、
現実の世界に私を連れ戻してくれている、、、、、。





              2010年10月31日の事でした。
 

PageTop

コンビニ前にて

コンビニ前の手摺に繋がれて、
犬が御主人様を待っている。
お座りして、じっと店の中を見つめたままで、
通り過ぎる人たちに、見向きもしない。

御主人様が出てきたようだ。
千切れそうに振られた尻尾がそれを物語っている。

投げ与えられたソーセージ。
じっと目を凝らしながらも、姿勢は崩さない。
「よし。」
やっと、お許しをいただいて、むしゃぶりつく、、、、。
姿勢をくずさず、御主人様の命令を待つ、、、、牝犬奴隷、、





「あのぉ、、すみません、、、。」
見知らぬ方に、声をかけられた。

はい?、、、あっ、ごめんなさい、、、、、。




コンビニ前のポストに手紙を投函しようとした姿勢のまま、
犬の動作の一部始終に見とれていた私、、、

  


PageTop

元服

茶之助のその後のご報告。

8月の茶之助です。
芽吹きの淡い黄緑色も、
真夏のしっかりした深い緑も、
その成長と共に、楽しませてもらった。
ちゃんと枝も伸ばして、樹らしくなった。



11月に入り、朝晩冷え込むようになって、
やっと冬を感じ出したのか、
茶之助は、少しずつ、その葉の緑色を脱ぎだして、
冬を迎える準備をしている。
11月の茶之輔、褐葉じゃなくて、紅葉ですよ、、、

考えてみれば、茶之助願掛け茶之助妄想も、したし、
一年間、朝晩、声かけしながら、成長を見守ってきた。
昨年公園から拾ってきたドングリが一年を経て、
立派な大木になる兆しだけは見せている。
だから、敬意を表して、茶之助から、茶之輔に改名する。
なんか、元服して大人になった感じ、、、でしょ?


とりあえずの問題は、この冬をどうやって乗り越えるか、だ。
過保護は、自然の掟に反するだろうし、
かといって、あまりの寒風に晒すのもかわいそう、、、。

もっともっと先のことも考えている。
茶之輔が本当の「樹」になりたい、、、と自覚(?)した時、
今の植木鉢では当然無理だし、
私達のマンションでも、
賢治様のマンションでも植える場所がない。

先日の御調教で、紗江様のお風呂場から外を見て思いついた。
ここなら、「茶之助妄想」にピッタリだし、
思う存分、枝を伸ばせるに違いない。

うん、茶之輔!、将来は、紗江様に「貸し出し調教」だ!

今回は、私がお前に代わって、その場所を下見して来てやるぞぉ。








蛇足ながら、一つだけ、毎日茶之輔を観察していて知った事。
茶之輔は「ミズナラ」らしいけれど、
こういうドングリの樹の葉って、紅葉と言いながら、
いきなり、薄茶色(褐葉)になるのかと思っていた。
でも、ほんの一日、二日ではあるけれど、
ちゃんと、葉を紅く染めるんだぁ、、、。
紅葉には、個体差や気象条件が多いに関係するらしいけれど、
茶之輔の紅葉を見ることができて、ちょっと得した気分。





 秋の夕暮れ、露天風呂から見上げるる茶之輔、、、

 、、、秋の日の、ヴィオロンのためいきの、、、、


そんな妄想が、一歩だけ現実に近づいた、、、かな?




 

PageTop

尾ひれ

 
私は、カナダ人と結婚する事になった、

、、、、、、、らしい。



一ヶ月ほど、遠くでバイトだから、
忘年会は出席できないかも、、そんな話をしたら、
いつのまにか、、、、

「レイさん、一ヶ月のバイトなんだって?」
「レイさん、一ヶ月スキー場でバイトなんだって?」
「レイさん、スキー指導員の資格いつ取ったの?」
「レイさん、カナダでスキー合宿だって?」
「レイさん、彼とは、仏語、英語どっちで話してるの?」
「レイさん、カナダ人と結婚するんだって?」
「レイさん、卒業だけはしたほうがいいわよ。」
「レイさん、旦那さんって、インド系カナダ人なんだって?」

オイオイ、、、、
スキー場でバイトではありません。
スキーは多少うまくなったけど、まだ綺麗にパラレルできません。
ましてや、カナダで合宿もしないし、
第2外国語は仏語だったけれど、とても会話なんてできません。
結婚の話はどこから出てきたんだぁ、ちゃんと卒業します。
インド系カナダ人、、?
そこまで具体的だと、反論、否定すら面倒になります、、。




話の尾ひれをそのまま放っておいたら、、、

レイさんは、奴隷売買で見知らぬ外国人に売られていくらしい、、、

巡り巡って、、、そんな所に、話が落ち着くかもしれない、。

まぁ、インド系カナダ人と結婚、よりは現実に近い、、かな。

もうすぐ、奴隷売買的バイトが始まるから、、、。





あぁ、忙し、イソガシイ、、、イソガシ、、、、、
今、私は、「アリスの時計ウサギ」状態だ。
「貸し出し御調教」までに、卒論をまとめなくちゃ、
あぁ、そういえば、レポートもまだだよなぁ、、。
忙しい、、、イソガシイ、、イソガシ、、、イソガシ、、
冷静に、「なにが忙しいの?」なんて問われても、、、、
とにかく、私の今は、忙しい、、、、、らしい、、、、。


昨日なんて、研究室で徹夜してしまった、、、。



、、、夜食の牛丼うまかったけど、、、、、、。




  

PageTop

しばし


卒論発表会は来年だけれど、卒論は私なりに(?)完了。
3科目のレポートも終わった。

とりあえず、大学関係は一段落したので、
約束どおり、明日から一ヶ月ほど、紗江様の料亭で働く。
御主人様と紗江様の間で、奴隷売買的に決まった事で、
私に「拒否」はない。

明日は、紗江様の料亭で、事前説明と事前訓練の予定だ。
そして、明後日から、本格的に働く事になる。
たとえ、「下女」としての下働きだとしても、
お仕事だし、板前さんや、仲居さんもいることだから、
全裸や首輪を着けて、は、ないだろうけれど、、。
でも、一ヶ月泊り込みなのだから、
当然、お休みの日や、夜は、紗江様と二人きりになるわけで、、
なんか、とっても緊張する。
お仕事も、その他の時間も、緊張の連続、、、、?


いろいろな事が決められた。

 時給400円。
 べらぼうに安い。
 加えて、、24時間勤務、という条件、、、らしい。
 奴隷売買的勤務だから、最低賃金や労働条件なんて関係ない。
 給金をいただけるだけいいのかしら?

 パソコンは持ち込み禁止。
 必要時は、紗江様の事務所のパソコンを、との事。
 って、それでブログ更新は、、、、無理だろうなぁ、、。
 携帯も、緊急連絡時のみ使用可。
 トイレで密かに、、、、、かなぁ、、、。

 下着着用不可。
 生理の時は紗江様の下着を借用。
 「防寒用のシャツやタイツ、私服もいらないわよ。」
 って、どういう意味なんだろう。


明日の準備をする。
携帯と歯ブラシとシェーバーと、タンポンと、、、
少しのお化粧道具とハンドクリーム、、、、、。
明日着ていく服を用意する。
オーバーニーソックス、ニットのワンピース、ベンチコート。
それだけ、、、。
まぁ、秘密で、長袖シャツ、タイツ、、、、おフン、、、
ボストンバッグなんていらない、ショルダーバッグで充分だ、、。



ハルさんが、熱燗を注いでくれた。
「なんか、楽しみねぇ。
 レイさん、どんな牝奴隷になって帰ってくるのかなぁ、、。」
オイオイ、私は、お仕事でいくのよ。
「ふーん、まぁ、いろんな意味での、お勤め、お務めでしょ?
 気が向いたら、私がブログ更新しておくわ。
 それと、賢治様の事は全部任せておいて。」

それは言わないでよー。又、嫉妬しちゃうぞぉ。





そんなこんなで、
このブログ、12月下旬頃まで休みます。
まぁ、ハルさんが更新してくれるかもしれないけれど、、、。


とりあえずは、しばしのお別れです。


じゃぁ、又。      レイ



                   2010年11月22日
 

PageTop

作法教室

今日は、私、ハルが書いています。

とりあえず、レイさんの初日だけはご報告しなくちゃ、って。






御主人様と一緒に、
レイさんを、紗江さんの料亭に連れて行った。
今日は、事前説明と事前訓練というわけだ。

紗江さんの料亭の座敷で、作法教室が始まった。
全裸、正座で、作法教室の始まりです、、、

体の線を確認する為、そんな屁理屈で、レイさんは全裸だ。
「ハル、お前も一緒に習え。」
御主人様のお言葉で、私も隣に正座する。
誰もいないガランとした座敷は、暖房もなくちょっと寒い。

「ここは、料亭、でも、雰囲気だけではなく、
 割烹のような、おいしい料理も自慢です。
 まぁ、芸妓さんは、この山までは来られないので、
 私と、仲居がお客様のお相手をします。
 部屋数も、一部屋のお客様の数も少ないけれど、
 それなりに忙しいですよ。
 レイさん、あなたは下働きで、
 お客様の前に顔を出すことはないけれど、
 一応の作法は知っておいて。」

正座の仕方、三つ指での挨拶、歩き方、立ち振る舞い、
お膳の運び方、配膳の仕方、、、、
玄関先の掃除の仕方、お客様の靴のそろえ方、
酔っ払いのオシッコで汚れたおトイレの掃除も、レイさんの役目。


女性用の作務衣の上下、腰にエプロン、そして足袋。
それがレイさんの制服。
正式な仲居さんはちゃんと和服だけれど、
まぁ、レイさんは、下働き、ということで、作業性に徹している。
紗江さんから、その着方をおしえていただいている。
「下着は一切着けちゃダメなのよ。、、あなただけだけど、、。」


「時々ね、酔っ払いが胸元から手を入れようとしたり、
 お尻を撫でたりするから、、、、」

御主人様が、酔っ払い役になって、
さりげなく、それをやめさせたり拒否する方法を、
実戦形式で、教えていただく。

でも、御主人様は凄い力。
レイさんのさりげない拒否作法も無視して、、、、。
「まぁ、そんな時は、大声を出すか、、、諦めるか、、、よ。」
アキラメル?
「冗談よ、まぁ、お客様の気分を害さないように、
 お連れの方、お隣の方に、さりげなく訴えるのも手よね。」
 

「これは、酒宴でよくある事なんだけど、、、、、。
 ここで問題です。
 ちょっと酔ったお客様が、お酒をこぼしました。
 股間に、、、、。
 はい、レイさんなら、どうしますか?」






「レイをよろしく頼む。
 女として、牝奴隷として、
 もちろん、人間的にもしっかり躾けてくれ。」



御主人様と二人で車に乗った。
紗江さんが、いつものように、深々とお辞儀をする。
寂しげに手を振っていたレイさんも、
あわてて、深々と腰を折った、、、、、。







             2010年11月23日の事でした。





 こんな感じで、レイさんの「お勤め」が始まりました。
 これから先は、彼女が帰ってくるまでわかりません。
 たくさんのブログネタを携えて帰ってくる事を楽しみにしています。

 だって私は、この「、、物語」の登場人物でありながら、
 下書き段階からの最初の読者で、
 そしてなんと言っても、このブログの熱烈なファンなんですから、、。



じゃぁ、たぶん、又。     ハル
 

PageTop

トイレ通信

 
ハルです。


さほど広いマンションではないけれど、
やっぱり一人で生活するには、ここは広すぎる、、
、、、ちょっと寂しい。

レイは、どんな生活をしているのだろう?
レイは、どんな事を考えて、どんな事を感じているのだろう?

二人で生活を始めて一年弱、、、
レイがここまで、私の心に入り込んで来ているのかと思うと、
悔しいような、、、愛しいような、、、、そんな気分でいます。




レイからは、
時々、とんでもない時間に、
時々、とんでもない場所から、
短いメールが入る。


さしさわりのない範囲で、何通かご披露。



  朝、5時45分起床 眠い
  市場トイレより

  ようやく今日の仕事が終わり 疲れたぁ
  自宅トイレより

  今日はお客さん少なし ちょっと楽
  自宅トイレより

  市場の仲買おやじ すけべ
  市場トイレより

  カレー食いてぇ
  自宅トイレより

  コーヒーうまし  
  コンビニトイレより

  明日はお休み 牝犬ツーリング
  自宅トイレより



メールの着信時間などから推理してみると、、、

毎朝、早起きして市場に食材を仕入れに行くらしい。
仕事終わりは、夜の10時~11時。
まぁ、仕事のリズムに体が慣れるまでは、つらいかな。

食事は板前さんのまかない料理なのかな?
まぁ、料亭でカレーライスはないだろうなぁ。

料亭トイレからのメールがないということは、
必死に働いているのか、、、。

牝犬ツーリング、、、意味不明。



 
紗江さん、
もしこのブログをご覧になったとしても、
レイを笑って許してあげてください。
紗江さんとのお約束「携帯は緊急連絡時のみ使用可」を、
レイは、それなりに、実直に、不器用に守っていますから、、。
だって毎回、メールのタイトルが「緊急連絡!」なんですよ。




レイの「緊急連絡 トイレ通信」のご披露でした。

じゃぁ、たぶん、又。     ハル


PageTop