FC2ブログ

御主人様と二匹の奴隷達の物語

レイが綴る牝奴隷ハルとレイの物語、、、、、。ほんの偶然が、私を、、、。

入社式

就職の最終面接で、私に質問した彼は専務だったのかぁ。
えっ、あれが社長なの?
ホームページの写真は相当修正してあるんだなぁ。

私もがんばりますから、会社の舵取りよろしくお願いしますよ。


これから、そうめったに会うこともないだろうから、
一生懸命、「偉いさん」を観察させていただいた、
多少緊張はしながらも、そんなこんなの入社式。



月曜から、某所で、新入社員研修が始まる。
なんであんな遠い所に研修所があるんだよぉ
移動だけでも、えらいこっちゃ。

でも、まぁ、贅沢は言うまい。
今回の地震の被災地では、内定取り消しや、
自宅待機を命じられた新卒者も多いという。

我社の支店、営業所でも地震による物質的被害はあったらしい。
その震災に配慮して質素で簡素だったとはいえ、
とりあえず入社式を迎えられた私は、幸せ者だ。




                 2011年4月1日の事です。
 

PageTop

新入社員研修

 
 突然、衣服を剥ぎ取られて、トラックの荷台に押し上げられると、
 そこはもう多くの娘達で身動きが取れない。
 あちこちから聞こえていた悲鳴が、やがて囁きに変わって、
 最後には、沈黙だけが残った。
 肌を寄せ合うようにしてトラックの振動に耐えている。
 今できる事は、、それだけだ。

 潮騒の聞こえる鉄格子の収容所。
 全裸の娘達が、庭に整列させられる。
 私に与えられた番号は、3班17号。
 これからの私の名前は、317だ。
 ここで、新入社員研修という名の牝奴隷調教が始まる。


 班長様は絶対の存在だ。
 返事、挨拶の仕方から、調教が始まった。
 私達に、立ち姿での挨拶はない。
 常に、膝をついて、
  はい、ありがとうございます。班長様。
  はい、かしこまりました。班長様。
 声が小さいと言っては鞭が飛び、
 額が床に着いていないと言っては、鞭が飛び、
 おっぱいが小さい、大きすぎる、と言っては、鞭が飛ぶ。
 理不尽さをも快感に変えなければ、調教には耐えられない。

牝奴隷に、理不尽はない、、、、
 一日の終わりには、その日の評価下位の3名が、
 天井から逆さ吊りにされて、鞭を、、、いただく。
 牝奴隷として、ちゃんとできたかどうかは問題ではない。
 フェラがうまいと褒められた娘がいた。
 おマンコの締りがよいと褒められた娘がいた。
 でも二人の評価は、低かった。
 班長様が、あまりに早く射精してしまった、という理由だ。
 牝奴隷としての評価は、
 班長様に気に入られたかどうかで決まる。
 理不尽は、この社会の常識らしい。
 いやいや、理不尽と思うこと自体が間違いらしい、、、。



 金曜の夜、牝奴隷オークションがあった。
 初老の紳士が、私の体中を検査して、
 317を指名してくださった。
 同室だった娘は、外国人に指名された。
 海外に売られていくのだろうか、、、。
 もう二度と会うことはないかもしれない。
 そっとキッスをして、別れた。
 、、、、、、、、
 、、、、、、、
 、、、、、
 、、


そんな妄想をしながら過ごした5泊6日の新入社員研修でした。




月曜から私の会社勤めが始まる。
初老の紳士は、もちろん私の部の部長、
同室の娘は「国際事業部」のトリリンガルです。


社会人になったからといって、
そう簡単には、妄想癖とアホは治らないらしい、、、。


、、、、、まぁ、直す気もないけど、、、。





           2011年4月第2週の事でした。
 

PageTop

余震

私の本格的初出勤の今日の夕方、
あの震災から一ヶ月の今日の夕方、
又、茨城、福島で大きな余震があったらしい。

地震慣れしちゃダメ!!
しっかり自分の身を守って!!
あの本震を生き延びた命、
余震なんかで、怪我したり、命を落としてなるものか!
死ぬなよ、生きろ!!
みんなで、明日の夜明けを、明日の日本を探すんだ。


しみじみ、しみじみ、、、そう思う。



 

PageTop

採寸

 
 新入社員の女達が、全裸で順番を待っている。
 私の名前が呼ばれた。
 ベテラン女性がてきぱきと私の体を採寸していく。
 スリーサイズはもちろん、首周り、肩幅、腕、脚の長さ、
 足のサイズ、足首の太さまで調べられる。
 次は、気をつけ姿勢で、4方向からの写真撮影。

制服の採寸は、とても恥ずかしいポーズ、、、、、。
 「はい、ご苦労様。これが最後です。
  壁に手をついて、脚を開いて、お尻を突き出しなさい。」
 カメラのフラッシュが、私の股間を照らし出す、、、。
 毎年行われる制服の採寸風景らしい。



ってな妄想をしたけれど、
我社には、制服なんて物はない。
制服らしきは、一階フロアーの受付案内の女性達だけだ。

制服どころではない。
技術職の方々は、男性も女性も、ラフな、は言い過ぎでも、
まぁ、カジュアルな格好が圧倒的に多い。
ちゃんとスーツを着ているのは、
新入社員か、社外打ち合わせの予定がある方だけだ。


だから、会社帰りに、
あまりラフすぎないようなテーラードジャケットと、
ローヒールの靴を買った。

よかったぁ、、
スーツと7センチヒールにうんざりしていたところだったから。


スーツとハイヒールに慣れる、というのも、
新入社員の大事な訓練なのかもしれないけれど、、、



PageTop

社員食堂

付近のお店のランチに比べれば、確かに安い。
でも、それだけ。
お洒落じゃないし、味もイマイチ。
まぁ、大学の学食と変わりないなぁ、、ってな感じ。

会社勤めのリズムが分かってきたので、
そろそろ、社食じゃなくてお弁当にしようかなぁ、
なんて思っていた矢先、、、、

「当社員食堂では、北関東、福島の安全な野菜を使用しています。」

原発事故の風評被害で、
出荷停止以外の野菜も産地表示だけで拒否される事が多いらしい。

うん、そういう事ならば、私も社員食堂を利用して、
一肌でも、二肌でも脱いでやろうじゃないか。
三肌でも、四肌でも、五肌でも脱いで
いざとなったら、全裸で食事でもいいぞぉ。、、、そんな気分。


国が、県が安全だといっている野菜、魚ならば、
どんどん消費しなくちゃ。それが被災地貢献ってもんだろう。
放射能を侮る訳にはいかないけれど、
でも、必要以上に恐れたり、デマを流したりはしないぞ。


牛乳、野菜、魚、なんでも、ドォ~ンと来い!!!


 

PageTop

整体師

仕事中、突然手を上げる人がいる。
まるで「先生、質問!」とでも言うように。

初めは、なんじゃぁこいつは? なんて思っていたけれど、
肩こり防止の自己防衛体操なのだそうだ。


「生理痛は時期が来ればやわらぐけど、
 肩こりは、どんどん溜まっていくのよ。
 油断してると肩が岩になるわ。
 お金払ってマッサージしてもらうか、
 彼に揉みほぐしてもらうか、どっちかね。」

そうですねぇ、、なんて曖昧に返事しながら、、、、
後手観音縛りで肩こり解消?
ん~ん、
御主人様に縛っていただくってのも、いいよ。
その時は、腕を捻じ曲げられたって気がするけど縄を解かれた後はさ、
肩こりなんか解消してるよ。

、、、そんな事をつぶやく私、、、、。



あぁ、そうかぁ、だから私、あんまり肩こりないのかなぁ?
御主人様は、整体師なんだぁ、、、
次の治療はいつかな?




問題は一つだけ。
治療に予約を入れることができないんだ。
治療はひたすら呼び出しで成り立っているから、、、。


 

PageTop

常識


「これはこの業界の常識だから、、、」
先輩にそう言われて、はい、と返事をしたけれど、
過日の御主人様の言葉が、頭をよぎる。

「レイ、お前はまだ右も左も分からないんだから、
 初めは、先輩上司の言う事をよく聞いて、業界の常識を学べ。
 そしてもう一つ、
 業界の常識は世間の非常識、って事もあるから、忘れるな。」


まぁ、先輩が言った事は、『世間の非常識』ではなさそうだから、
とりあえずは、まじめに聞いておくことにしよう。


 

PageTop

菱縄健診

まえにさぁ「股縄レストラン」の妄想物語を書いたでしょ。
今日ね、健康診断を受けながら「股縄健診」の妄想しちゃった。

マンモ機械が菱縄にからまって、、、
「バッカじゃない、
 それだったら絶対、菱縄健康診断よぉ。
 マンモの機械がね、菱縄に絡み付いて、動かなくなるのよ。
 検査員が一生懸命その縄を解こうとするけど、
 なかなかうまくいかないの。
 それで仕方なく、機械のパワーを上げるのよ。
 凄っごいパワーで、本物のプレス機械みたいになってさぁ。

 御主人様ァ、私のオッパイこんなになっちゃったぁ、、、
 オッパイを御主人様にお見せすると、
 御主人様は、よしよし、って、
 醤油をつけてそのオッパイを焼くのよ、、。
 名付けて、オッパイせんべいの出来上がり、
 、、、ってなもんよ。」



マンモの機械のフルパワーがどの程度かは知らないけれど、
今年も例年通り3人で健康診断を受けました。
どうか、御主人様に病気などありませんように。
もちろん私達にも、。






               2011年4月23日の事でした。

PageTop

ヤクと注射器

「おぉ、手が震えるぞぉ、、禁断症状だぁ、、、」
御主人様の叫びにも似た、そんなつぶやき。

「レイさん、これはヤバイよ。このままじゃ狂っちゃう。
 早く、ヤクと注射器!」

ヤク?、、注射器?







床に並べた、麻縄、鞭、、、そして、グリセリンと浣腸器。
御主人様の禁断症状をいち早く治さなくちゃ、、、。

麻縄が、乳房を廻り、
バラ鞭が、お尻を捕らえ、
浣腸器がアナルを犯していく、、、、。







御主人様の禁断症状の震えは止まったようだ。

、、、もちろん私達の禁断症状も、、、。



でもさぁ、普通、グリセリンを「ヤク」とは言わんじゃろ。
アホ!!


               2011年4月24日の事でした。
 

PageTop

給料日

 
初めてのお給料は、現金がいいなぁ、なんて思った私。
ペラペラの頼りなげな振込明細書が私の初月給。

感謝を込めて、両親に花を贈った。
感謝を込めて、賢治様にバーボンを買った。
心を込めて、震災の募金をした。
 (野口英世さん3人分。彼のふるさとは福島県ですから。
  新渡戸稲造さんは岩手だけど残念ながら現役紙幣ではないし、
  福沢諭吉さん、樋口一葉さんは東北出身じゃないし、、、。)



ちょっと遅くに家に帰ると、
テーブルに、夕げの食器とビールが並んでいる。

あぁ、ハルさん、ありがとう。初月給のお祝いなの?

「うん、、、、
 ご飯は炊いておいたよ。
 、、、あとは、おかずを作るだけ。」



ナイス、ボケ!!



               2011年4月25日の事でした。

PageTop