FC2ブログ

御主人様と二匹の奴隷達の物語

レイが綴る牝奴隷ハルとレイの物語、、、、、。ほんの偶然が、私を、、、。

頌春


あけましておめでとうございます


   昨年は 自然の猛威と科学技術の脆さ
   そして 人間の絆と逞しさを感じた年でした

   今年は 平和で平穏で
   復興の槌音が響く年であるよう願っております


   私達にとっても
   皆様にとっても
   今年も 素敵な一年になりますように


                  レイ ハル

 

PageTop

夜討ち

「夜討ち朝駆けは、新聞記者の基本よ。」

私達は、もちろん新聞記者ではないけれど、
記者魂を振りかざして、『夜討ち』を敢行した。

夜討ちの先は、当然、賢治様のマンション。
エントランスのインターフォンを鳴らす。
「おぉ、いいところに来てくれた。早くあがって来い。」
せっかくの『夜討ち』でびっくりさせようなんて思ったのに、
たやすく歓迎されちゃうと、ちょっと拍子抜けだ。


「俺も今さっき、帰ってきたところだ。
 明日、新年会なのに、ぴちっとしたワイシャツがなくてな、
 慌てて、アイロン掛けしたんだが、うまくいかなくてさぁ。」

私がやります。
御主人様、お出かけだったんですか?

「ん?、あぁ、年末年始は、紗江の処で過ごした。」

ゲゲ、、、、、。

「おい、お前達、そんな目でにらむな。
 ごくごくノーマルに過ごしたんだぞ。」

「ノーマルに姫納め、姫初め?」

「バーカ、同じ屋根の下に男と女だ。
 それがノーマルってもんだろう。嫉妬してんのか?」




アイロン掛けしたワイシャツをハンガーに掛ける。
背広と、、、ネクタイはこれがいいかなぁ、、、
奥さんみたいにかいがいしくお仕えしいてるけど、
紗江さんは、もっと、らしく、御奉仕したんだろうなぁ。
お雑煮は、あの京風丸餅だったのかなぁ、、、



せっかくの『夜討ち』も、あっさりと斬り返された私達でした。




              2012年1月2日 夜の事でした。
 

PageTop

新年会

新年、会社に出社してみると、あら不思議、
あれほど溜まっていた仕事が、綺麗さっぱり片付いていて、、、
、、な訳はなくて、、、
新年の挨拶もそこそこに、やっぱり仕事に忙殺されて、
にもかかわらず、
夜には、しっかり飲み会的新年会は行うそうで、
「全てを忘れてゆっくりやってくれ、」
などという上司の挨拶は、忘年会でも聞いた気がするし、
その言葉に忠実になれるほど、仕事に余裕はないし、
だから、適当な所で退散、なんて思ったら、
「レイ君、正月だぞ、もっと飲め、」
などと、ハゲオヤジに捕まって、
正月に観たエロビデオの話題から、日本経済の今年の展望まで、
酔っ払い談義に適当に相槌をうちながら、
「すみません、ちょっと、トイレ。」
と言って、逃亡した私です。

世の中の仕事始めと同じく、寒気団も仕事始めだったらしく、
店の外の空気がやけに冷たくて、
ほろ酔い気分も、あっという間に消え去って、
帰りの電車の中、翌日の仕事の段取りを考えてしまった私です。


でも、週末からの3連休は、
「罪滅ぼし的新年初御調教」をいただけるから、
もう少し、もう少しの辛抱よ。

まぁ、「俺にどんな罪があるんだ?」
なんて、賢治様はおっしゃるだろうけれど、
紗江さんと年末年始をノーマルに過ごした罰です!!

、、アブノーマルならよかった、って意味じゃぁありませんよ。

 

PageTop

お年玉

御主人様のマンション。
玄関の靴脱ぎ場で「伏せ」をする。
「御主人様、あらためて、あけましておめでとうございます。」
今年もよろしくお願いいたします。
「おめでとう。よし、ハル、レイ脱げ!」



「今年の初調教だからな。お年玉をやろうな。
 お年玉の語源を知ってるか?
 御主人様からの賜り物という意味だぞ。
 やっぱり、年の初めは、基本の基本からだな。」

御主人様からのお年玉は、基本から始まった。
御主人様が基本とおっしゃれば、、、両腕を後で組む、、、。
そう、後手高手小手縛りに違いない。

「ほう、お前たちも成長したな。以心伝心。
 ツーと言えばカー、縄と言えば後手高手小手。」

麻縄が、手首を廻り、二の腕と乳房を締め上げていく、、、。




正座して、御主人様にご鑑賞いただいている。
「うん、二人とも綺麗だぞ。新年の晴れ着だな。
 このまま、首輪、股縄姿で商店街に行ってみるか?」


目を閉じる、、、、。

  御主人様のリードに引かれて、
  たくさんの他人様が行きかうアーケード街を歩いている。
  市中引き回しの上、駅前広場で、磔、鞭調教だ。
  「わぁ、あれ変態マゾよ。」
  汚いものを見るような視線が、後ろ指を差している、、、。
初縄酔いに、意識が遠ざかる、、、、
腕の痺れも、足の痺れも、、スーっと消えた。
遠ざかる意識を必死に追いかける私がいる、、、、。

「おい、レイ! 初縄酔いの気分はどうだ?」

御主人様の声で、ハッと我に返った。
申し訳ございません。素敵なお年玉、ありがとうございます。








野辺で摘んできた七草で、、、、
いえいえ、嘘です、
スーパーで買ってきた七草セットで、七草粥を作っている。
お味は、ちょっとヒトヒネリの中華風。

「ねぇレイさん、七草ってどうして七つなの?」
セリ、ナズナ、、って数えたら、七つだったからよ。
「ほんと?」
そんな訳ないっしょ。いくつでもいいのよ。様々な、という意味。
『無くて七癖』、って七つ数える人はいないでしょ。

「ねぇレイさん、もう一つ。お年玉って、本当はどんな意味なの?」
御主人様からの賜り物という意味よ。
「ほんと?」
そんな訳ないっしょ。御歳神様のからの賜り物という意味よ。



まぁ、、、今日のお年玉は、、、、
まさしく御主人様からの賜り物だったけれど、、



              2012年1月7日の事でした。
 

PageTop

オープンブラ

昨日の私の縄酔い、、、しっかりお喜びいただけたようだ。
だから、今日は、実践市中引き回し、、ということになった。

素敵なオープンブラでしょ?
「せっかくだからなぁ、、、しっかり着飾ってやらんとな。」

何度かの試行錯誤の後に、すてきなオープンブラになりました。





「オープンブラに組み合わせるとしたら、、、、
 当然、穴あきパンツかTバックだよな。」


フロントVのTバック、、、、
御主人様がお選びになったのは、フロントVのTバック。
「んーん、ちょっと絞め不足、食い込み不足かなぁ。
 街中を歩いてる時に落ちるかもしれんなぁ。まっ、いいか。」
あんまりよくはないと思う。
それに、おトイレはどうしたらいいんでしょう御主人様。
「トイレ? せっかくの正月だから、たれ流しでいいぞ。」
それも、あんまりよくないと思う、、、。




まぁ、なんとかなるでしょう。

、、、お正月だから、、、?



              2012年1月8日 午前の事でした。
 

PageTop

市中引き回し

御主人様は肩越しに引き縄を握っている、、、そんなポーズ。
市中を引き回されている変態マゾ牝の私達は、後ろで腕を組む。
御主人様はいきなり縄を強く引く、、、そんなポーズ。
変態マゾ牝は、前によろけながらも後についていく、、ポーズ。

穏やかな真冬の陽射しに誘われたように、
アーケード街にはたくさんの人々が行き交っているけれど、
私達のセーターとスカートの下が、
縄ブラ股縄だって事を知る人はいようはずもない。
そして私達が、御主人様に引き回されているマゾ牝だって事も。


変態マゾ牝市中引き回し露出もどき、、を楽しんでいたけれど、
この寒さの中、オーバーニーソックスだけでは股間が冷える。
そろそろ尿意も限界に近い、、、。

「御主人様、おトイレお許しいただけますか?」
「おぉ、勝手にしていいぞ。」
いやぁ、いくらお正月でも、やっぱり、そういうわけには、、、

「なんだよ、せっかくしていいって言ってるのに。
 よし、リアル露出したら、ションベン許してやる。
 5秒でいい。おれにブラジャー見せてみろ!」

あたりをうかがいながら、、、1,2,3,4、Go!!

辺りをうかがいながら、ささっとセーターを持ち上げ、
「1,2,3,4,Go!!!」
近くのデパートのトイレに駆け込む私達でした。



まぁ、コートで隠しながらだから、
誰も気づかなかった、、、と思うけど、、、




              2012年1月8日 午後の事でした。
 

PageTop

正月事始め

「正月事始めにするか。」
御主人様がおっしゃった。

「事始めって12月13日ですよぉ。
 祇園の芸子さんのニュース、年末やっていましたもの。」

「バーカ、正式には旧暦の12月13日だ。
 まぁ、今日は旧暦12月16日だけど、、、、。」


アナル事始め、、、、

「ハル、レイ! 伏せ! ケツを突き出せ!!」






旧暦十二月十六日、新暦一月九日
もしくは、一月第二月曜日、、

今年から私達に『成人の日』は無くなった。

、、、『アナル事始めの日』になったから。



              2012年1月9日の事でした。
 

PageTop

日めくり


ちょっと古風なのかなぁ、、
我が家には、日めくりカレンダーがある。
毎年末、同じ商店からハルさんがいただいてくる。
だから、その日めくりをめくるのはハルさんの役目だ。
昨年も、ハルさんが365回、日めくりした。


この365回というところが凄い。
だって、賢治様宅にお泊りして、土曜、日曜と日が空いたとしても、
ハルさんは、2枚一緒に破りとったりはしない。
ちゃんと、一日一日を確認するように、一枚ずつはがす。

どうして、一枚ずつなの?
「来る日を喜び、過ぎし日に感謝するためよ。」
すげぇ、宗教家みたいだ。

ちょっとがさつで、奔放そうなハルさんだけれど、
実は、繊細な日めくり娘なのかもしれない。
私の知らないナイーブな乙女がここにいる、、、。


昨年末の日めくりをしっかりめくり終えた後、
今年の新しい日めくりカレンダーを掲げたハルさん。
ふーって息を吐いて、新しい一年が始まった。

今年は、366回の日めくり、よろしくお願いしますね。


 

PageTop

阪神淡路大震災

私は、小学校の2年生だったろうか。
朝、寝ぼけ眼で居間に行くと、
父と母が、「大変な事が起きた、、、」と言いながら、
テレビに向かっていた。
地理も何も知らなかったであろう私が、兵庫県、と聞いて、
「おねぇちゃん、だいじょぶなの?」
と、叫んだのが、阪神淡路大震災の記憶だ。
おねぇちゃんとは、神戸の従姉。
あれから17年。
彼女はその地を離れることなく、
今では2児の母親として、元気に暮している。


阪神淡路大震災を契機に、
耐震指針が見直されたり、住宅耐震化が推進されたりしたそうだ。
6000人を超す犠牲をはらって、、、、。

昨年、偶然にも東日本大震災に関わってしまった私。
地震の性質や規模や広域性は違っているし、
亡くなられた皆様の多くが、その後の津波によって、、、
という違いはあるけれど、
阪神淡路大震災の教訓は、どう活かされたのだろう、?



今日は、復興に尽力なさった行政や市民の皆様への敬意と、
お亡くなりになった皆様への哀悼の想いを込めて、
午前5時46分52秒に、このブログをアップする。

、、黙祷


 

PageTop

お燗

御主人様、熱燗ですか? 温燗ですか?

「今日の気分は、、、だなぁ、、、
 掌がジワッとする暖かさ、
 唇がホッコリする温もり、
 食道が、胃が、あぁ、って溜息を漏らす、、、
 そんな燗で頼む!!」

人肌よりは高い、でも、アチチって程じゃない、、、。
ん~ん、むずかしい、、、、。

食道が悶えているポーズ、、、、?
お燗したお酒を密かに呑んでみる私、、
食道が、あぁぁぁ、、って悶えている。
うん、これでいいな。
この『 悶え温度 』、覚えておかなくっちゃ♪





「レイさん、私には、熱燗でお願い。」
ハイハイ、ちょっと待ってね、ハルさん。
、、、、、

、めんどくせぇなぁ、、、、、、

       、、、、、、沸騰酒でいいか?




               先日の夜の事でした。
 

PageTop

モッコリ

「たとえばな、
 お前たちが、体操選手や水泳選手のモッコリに、
 おぉ、って思うのと同じように、
 俺だって、女の胸の膨らみやケツの丸さや股間のツルンに、
 おぉ、って思うのさ。」

オイオイ、勝手に決めてくれるな。
御主人様のモッコリ以外に、おぉ、なんて思ったことないぞぉ。

「だからな、次は、、、これを呑もう。」
オイオイ、それは朝鮮どぶろく、マッコリだぞ。
酔っ払いの話のツジツマは理解しがたい。


「俺、しみじみ思ったんだけど、
 鮫肌の女っているだろ?
 その女が全裸で水泳したら、凄い記録が出ると思わないか?」

まぁ、今の水着は鮫肌タイプで、水の抵抗を最小限にしてるけど、
全裸で泳いだら、それだけで反則負けだぞ。
それに、鮫肌女って、体全体が鮫肌なのかぁ?
半魚人のイメージで話してないかぁ?
酔っ払いの話のツジツマは理解しがたい。

鮫肌股間でワサビをおろす、、、、?
「御主人様ぁ、私が鮫肌女だったら、
 ワサビを綺麗におろしてさしあげられるんだけどなぁ。」
お刺身をつまみながら、酔っ払いハルさんが言った。

「当然、おマンコでおろすんだろ。
 すりおろしたワサビがワレメに流れて、、。最高の調教だな。
 でもまさか、、、、
 鮫肌女って、粘膜まで鮫肌じゃないよなぁ。」



モッコリ、マッコリ、鮫肌女、ワサビ、御調教、、、、、、

酔っ払いの話のツジツマを理解しようと思うのが間違いらしい。







マッコリを呑みすぎたモッコリは、ひたすら沈黙したままだ。


  

               先日の夜の事でした。
 

PageTop

メンタマ

「あぁ、俺、老眼かなぁ、、、。」
上司のつぶやいている症状が、まるで私と同じだったので、
オイオイ、私ぁ、若年性老眼なのかよ、、と怖ろしくなった。

社外打ち合わせの帰り、
街角の、目に付いた初めての眼科に立ち寄ってみる。

問診や検査の後、老先生がおっしゃった。
「まぁ、30代後半からの若年性老眼はありますけど、
 あなたの年齢では、さすがにそれはありませんよ。
 睡眠後には症状がでてはいないようですから、
 今はまだ『疲れ目』ですけれど、眼精疲労予備軍ですな。
 目のかすみ、ドライアイ、肩こり、が出てきたら大変ですよ。
 今のうちに、しっかりケアしなさい。」
あのう、どうしたらいいんでしょう?
「仕事中にできるのは、メンタマ体操ですな。」
メンタマ?
目玉オヤジ体操、、、?
目玉オヤジのようなメンタマ模型で、先生の説明があった。
まぁ、筋肉の動きなどの理論はともかく、
簡単に言えば、目玉を、上下左右に動かしたり
遠くを見たり、近くを見たり、ということだ。

「それとね、夜はね、
 疲れたからといって、いきなり冷やしちゃいけませんよ。
 入浴時に目を温めて血行促進して、目のツボマッサージ、
 それから、目薬ですな。」

診察が終わった時、なにげなく聞いてみた。
こんなオフィス街の患者さんて、仕事疲れの方が多いんですか?

「はい、そうですねぇ。
 コンピューター、スマホ、携帯、コンタクトの時代ですからね。
 ひたすら、目を酷使してるんですよ。
 私は皆さんにお勧めしてるんです。
 田舎で畑仕事でもして、自然の中で暮しなさい。、ってね。」

患者さんが皆、田舎で畑仕事を始めたら、
患者さんというお客さんがいなくなるだろがぁ。
先生の医学的な腕は分からないけれど、
その一言で、なぜか、全面信頼、ファンになった。

又、ご相談にあがります。
「はいはい、この時間帯が一番暇ですから、
 ぜひ又、遊びに来てください。」

いや、遊びに来る訳ではないんだけど、、、、、、


  

PageTop

子袋

「あぁ、、、不調だぁ。スランプじゃぁぁぁ。」
どうしたの? 体の調子でも悪いの?
「いや、そんなんじゃなくて、アイディアが出ないのよ。」
なんの?
「当然、バレンタインプレゼントのアイディアよ。」

あぁ、そういえば毎年、ハルさんのアイディアで、プレゼントしてるよね。 
二匹の牝奴隷ワインでしょ、安眠枕はちょっと違うけどぉ、、
緊縛トルソー、去年はぁ、、、、あぁ、似顔絵ワイン。

「ねぇ、レイさん、なんかアイディアだしてよ。」
ん~ん、、、、思いつかないなぁ、、、
こんな時は、逆に賢治様に聞いてみたら?



「そうだなぁ、、普段と違う、、、、。
 たまには、ハルの手作り料理もいいな。」
「私の、、、ですか?
 あのぉ、、、どんな料理をお望みですか?」
「今日食いたいと思って食い損ねたトンカツ、、、、
 それじゃぁ、普通すぎるな。
 よし、牝豚料理!!! うん、それがいいな。
 レイと相談してうまいのを作ってくれ。期待してるぞ。
 俺は、その日まで豚肉絶つから。」




「あぁぁん、電話しない方がよかったよう。牝豚料理よ。
 どうしよう、私が作るのよ、、、、。
 レイさんを丸焼きにするってのはどう?」
ハイハイ、それも一案だろうけど、もっと具体的に考えようよ。
牝豚限定、、、と言えば、、オッパイかなぁ、、子袋かなぁ?
「レイさんのおマンコを蝋燭で炙る?」
ハイハイ、それも一案だろうけど、きっと不味いわ。
「やっぱり、ちょっと凝った料理がしてみたいなぁ、、。
 ミミガーとか、トンソクとかさぁ。」
私の耳と足は使わないでね、、、。
あのさぁ、ハルさんがメインで作るのよ。
トンソクなんて調理できると思う?
「うん、できるはずがない。
 だいたい、どこで売ってるのかも知らないわ。」
ハツとか子袋とかトントロは、商店街の肉屋さんで売ってたわ。
「そうかぁ、やっぱり牝豚料理のメインディッシュは子袋なの?」
ん~ん 中華風の子袋の和え物しか思いつかないなぁ。
和え物はメインディッシュにはならないよねぇ、、、
いっその事、いろんな部位で、和え物、煮物、焼き物、炒め物、
そんなのはどう?
股間蝋燭炙りは、、、堪忍してくれぇ、、
「よっしゃ、ナイスアイディア。それでいこう。
 調理は私がするから、レシピは考えてね。
 調理に失敗したら、レイさんの子袋蝋燭炙りよ。」



ハルさんにも簡単に調理できて、
なおかつ、賢治様に喜んでいただけるレシピを、
真面目に、しっかり考えなければいけないようだ。


蝋燭炙りを避けるためにも、、、、。

 

PageTop