FC2ブログ

御主人様と二匹の奴隷達の物語

レイが綴る牝奴隷ハルとレイの物語、、、、、。ほんの偶然が、私を、、、。

イチゴ大福

「なんかこれって、ちょっと卑猥じゃね?」
聞きたくねぇけど、どこが卑猥なんじゃ?、、、
卑猥じゃぁねぇ!!
イチゴ大福のどこが卑猥なんだ?

「具体的に説明した方がいい?」

説明はいらねぇし、聞きたくもねぇ!!

 
 

PageTop

総合病院

病院関係の仕事で打ち合わせに出かけた。
初めての訪問なので、どこに行ったらよいか分からない。
とりあえず正面の総合受付に向かう。
たくさんの患者さんが入れ替わり立ち代り受付女史に声をかける。
私はそれを邪魔しないように、一段落するまで待っている。

仕事の打ち合わせに参りましたレイと申します。
事務長さんとお約束があるのですが、、、、

キーボードを叩いて、事務長の予定を確認したのか、
にこやかに私に微笑みかけて受付女史が言った。
「はい、お待ちいたしておりました。」


  **************************************

  「はい、お待ちいたしておりました。
   この首輪を着けて、床の緑のラインに沿って、
   レントゲン棟に行ってください。」
  なにやらバーコードのついた首輪を着けられた。
  訳も分からぬまま、レントゲン棟の受付に声をかける。
  看護師さんが首輪のバーコードをスキャンする。
  「はい、お持ちいたしておりました。
   撮影しますから、3番の部屋に入ってお待ち下さい。」
  撮影?、不思議に思いながら、3と書かれたドアを開ける。
はい、撮影します、、、、? 
  白衣の技師さんらしい人が、
  「それでは撮影を始めます。衣服を脱いでください。」
  いえ、、私、仕事の打ち合わせで来たのですが、、、
  「もちろん存じておりますよ。
   次の患者さんがお待ちですから、早く脱いでください。」
  スーツの上着だけ脱いでボケッと立っていると、
  「なにやってるんです。全裸ですよ。
   それでは、撮影の準備をします。」
  全裸になった私に縄が廻る、、、、、
  「右を向いて、、、左を向いて、、、後ろを向いて、、、
   両手を上げて、、、脚を開いて性器を突き出して、、
   これが最後です、壁に手をついてお尻を突き出して。」
  事務的、機械的に矢継ぎ早の指示が飛んだ。
  その度に、カメラのシャッター音、、、、
  シャッター音はレントゲンではなく、デジタル一眼レフ。
  「はい次は採尿と検便とその他の検査です。
   床の白いラインに沿って、婦人科に行ってください。」
  あのう、私、お仕事で打ち合わせに来たんですけれど、、
  「存じておりますよ。」
  それに、私の服は?
  「大丈夫ですよ。この病院の温度設定は20℃ですから。
   寒いですか?」

  婦人科受付でも首輪のバーコードをスキャンされて、
  「はい、お待ちいたしておりました。」
  大股開きの診察台に固定される。
  あのぉ、私、お仕事で、打ち合わせ、、、、
  「存じておりますよ。
   それでは大便と小便を採ります。
   自然排便、できますか? 浣腸にしますか?」
  思わず、お浣腸、、、と答えてしまった私、、、、
  「はい、次は床のピンクのラインで、皮膚科です。」
  あのう、私、お仕事で打ち合わせに来たんですけれど、、
  「存じておりますよ。とりあえず皮膚科が最後です。」
 
  訳も分からず、縄衣装でピンクのラインに沿って歩く、、
  皮膚科受付で首輪をスキャンされて、
  「はい、お待ちいたしておりました。
   このマウスピースをしっかり咥えてください。」
  あのほ、わだし、おじごとで、、、、、
  不自由な口で訴える、、、、
  「存じておりますよ。」
  背伸びで天井から吊られた私に鞭が飛ぶ、、、、
  縄を解きながら先生がおっしゃった。
  「鞭痕、縄痕、その鬱血具合、白い肌にお似合いですよ。」
  あのう、私、お仕事で打ち合わせに来たんですけれど、、
  「存じておりますよ。
   服と下着は、最初の総合受付にあります。」

  患者さん方の好奇の眼差しを意識しながら総合受付へ。
  どこか、誰もいない小部屋はありませんか?
  「あらぁ、脱ぐんじゃなくて着るのよ。
   恥ずかしいことなんて何もありません。この上でぞうぞ。」
  受付女史がカウンターを指差す。
  「お薬が出ます。ブルーのラインで、薬局へどうぞ。」

  薬剤師さんが薬の説明をする。
  「これは医学用の高級ローションです。
   すべりがよく、乾きにくいのですが、
   使いすぎには注意してください。
   過度なアナルセックスは直腸を痛め脱肛の原因となります。」
  あのう、私、お仕事で打ち合わせに来たんですけれど、
  「存じておりますよ。
   5番窓口で清算してください。」

  5番窓口で首輪をはずしてもらう。
  そのバーコードをスキャンしながら、
  「全て保険の適用外ですから、、38,525円になります。」
  あのう、私、お仕事で打ち合わせに来たんですけれど、
  そう言いながら、キャッシュカードを差し出す私、、、、
  「存じておりますよ。これで終わりです。
   お疲れ様でした。」

  **************************************



キーボードを叩いて、事務長の予定を確認したのか、
にこやかに私に微笑みかけて受付女史が言った。
「はい、お待ちいたしておりました。
 床の緑のラインに沿って進みますと、、、、、、」

とんでもない妄想をしながら、
緑のラインに沿って、事務長室に向かう私です。

アホ!!
  

PageTop

潮時表

「潮時表って知ってるか?」
いえ、、、存じません。なんですかそれ。
「牝奴隷の潮吹きの時間が書いてある一覧表だ。」
そんなの決まっているんですか?
「バーカ、そんなのあるはずないだろう。
 各地の港の満潮、干潮時間の表だ。
 今日は潮干狩り、、なんてふと思ったが、、、」
「御主人様、今から急いで出かければ、
 まだ干潮に間に合いますよ。」
ネットで潮時表を確認しながらハルさんが言った。
「バーカ、その時間は最大の干潮時間だ。
 その時間を過ぎれば、だんだん潮が満ちてくるんだぞ。」
あぁ、なるほどぉ、潮が引き始めた頃に行くんですね。
「そういう事だ。完全に出遅れたな。
 事前の計画ミスだ。思い付きではだめだな。」
残念、潮干狩りしたかったなぁ、、、
「よし、その代わり、、、、」

干潮と、、、浣腸、、、、、
後手縛りでお尻を高く上げて、、、、
御主人様の卑猥な言葉責めと羞恥と便意に耐えながら、、
、、、、お浣腸の御調教です。



どう考えても、浣腸と干潮は短絡的過ぎるだろがぁ。
そんなオヤジギャグ的御調教の後、、、、
「浣腸したからハラヘッタだろ?
 なんか食い物買ってくるか。」



潮干狩りに行ったつもりで、むき身のアサリを買う。
よっしゃ、今晩は深川飯だ。

アサリむき身のぬめりを取りつつ、、、、
、、、あさり、、、ふかがわ、、、、しおひがり、、、、、
ブツブツ言いながら、ダジャレを考えている私、、、、



、、官庁街の公園で浣腸調教、、、艦長、準備完了です!

私もオヤジだ。


           2014年4月12日の事でした。
 

PageTop

少女とお人形


後手高手小手縛りに股縄姿の私達を見つめる御主人様の視線は、
まるでお気に入りのお人形に話しかける少女の眼だ。

お人形の歌は、、、静かな喘ぎ、、、
少女は知っている。
やがてお人形が歌を歌いだすことを。

お人形は感じている。
無機質な縄に少女の抱きしめるような体温を。



食い込むほどに強く厳しく抱きしめられたお人形は、
やがて、静かに歌を歌いだす。

吐息にも似た喘ぎという歌を、、、

 

PageTop

DNA

女と牝の理性が、絡み合い、せめぎ合う。

DNAにすりこまれている被虐の快感が、、、
腕に股間に食い込む麻縄が、やがて女の理性を打ち砕き、


本能という名の牝の理性が全てを支配する、、、




DNAに刷り込まれているに違いない被虐の快感が、


その螺旋階段を上るように、


さらなる狂気の極みを求め始める、、、、、




  

PageTop

私の奴隷になりなさい

「月末と連休前の慌ただしさからかなぁ、、、、
 ちょっと体がだるい。
 ハルの誕生日祝い、なんて言っておきながら、
 こんなに天気がいいのに、出かける気力がないな、、、、」
「お疲れですか?」
ハルさんが御主人様の額に手をやる。
私は薬箱から体温計を取り出す。
「御主人様ぁ、37.5度、、ちょっと熱がありますね。
 私の誕生祝なんて結構ですから、ゆっくりお休みください。」
「よし、じゃぁ、昼はダラァッと過ごして、
 夜までには、気力体力充実させるかぁ。」
「はい、夜を楽しみにしておりますから、
 ベッドでお休みください。」
「いや、それほどひどくはないから、映画鑑賞でもするか?」

御主人様が選んだ映画は『私の奴隷になりなさい』
ネットのR18フルバージョンだ。

まぁ、噂は知っていたけど、
原作も読んでいないし、映画も観ていない、、、、
ソファーで、御主人様によりかかるようにして、
初めは緊張しながら、途中からゆったりと2時間弱を過ごした。

「御主人様と一緒にこの映画を観る牝奴さんて、
 たくさんおいでなのかしら、、、、」
御主人様は今日、どうしてこの映画をお選びだったのですか?
「お前たちの感想を聞きたかったからだ。
 で? 感想は? 質問は?」

ん~ん、、、これって、SM映画なんですか?
まるで、、、、、
「恋愛映画!」
ハルさんも同じ感想のようだ。

「一週間で女を奴隷に変えられるんですか?」
女が綺麗になるってどういう意味かしら。
「あのエンディング、香奈さんは捨てられたんですか?」
それとも、成長したって事なのかしら。

矢継ぎ早に感想的質問を御主人様にぶつける私達。

「この映画のシチュでは、
 香奈も、もう一人の女も、会社、仕事に不満があったからな。
 それを知った時点で板尾先生の勝ちだな。
 相手に気づかれないようにして弱みに付け込んだだけだ。
 ただし、女を落とすのが詭弁の結果だとしても、
 何かに夢中になる女が美しいのは確かだと思う。
 美を耽美主義的に板尾先生は語っていたけど、
 そこはちょっと賛成できないな。
 奴隷になるから美しいんじゃない。
 恋も仕事も奴隷も、それぞれにしっかり取り組む結果として、
 女はきれいになるんだ。
 エンディングかぁ。
 板尾先生が、なれ合いを嫌ったのかもしれんし、
 御主人様としての限界を感じたのかもしれんけれど、
 香奈が、去っていく板尾先生にすがりつかなかっただけでも、
 牝奴隷としてではなく、女として成長した、
 俺は、そう解釈したけどな。
 ところで、印象に残った映像は?」
この縄痕にゾクゾクしちゃって、、、、、
「剃毛された体を鏡に映すシーンとぉ、、、」
シャワーオナニーシーンで、腕に残る縄の痕、、、、


ニコニコしながら、御主人様がおっしゃった。
「感想が『恋愛映画』というのが気に入った。
 縄と鞭の結果がSMじゃない。
 縄をかけるSと縄をかけられるMの心のやり取りだ。
 お前達は、牝奴隷として、健全に成長してるな。」

ハルさんと二人で、ネットの映画レビューを検索。
『恋愛映画』なんてレビューはどこにもない、、、
私達の感想は、健全な牝奴隷の証拠なの?




「よっしゃ、俺、元気になってきたぞ。
 レイ、晩飯は気力体力のあふれる飯にしてくれ。」
「はい、かしこまりました。御主人様。
 レイにお任せください。
 気力体力に加えて精力性力、すべて充実しますよぉ。」
ハルさんが勝手に返事をしている。

あれぇ、今晩はハルさんの誕生日パーティーじゃなかったっけ?
気力と体力、精力と性力が充実してくる食事かぁ、、


レア肉の赤マムシとスッポン汁ソース焼き、
すりおろし山芋他のネバネバ添え、、ブルゴーニュ風、、、

なんてのはいかが?
言っている私自身がよく分からないけれど、、、





           2014年4月26日の事でした。

 

PageTop

バスタオル

「俺、元気になった。先に入るぞ。」
そうおっしゃって、一人でお風呂に入った御主人様の、
そのお風呂上りの格好を見て思わず吹き出した。
どうなさったんですか?
「ん? あぁ、、
 壇蜜が映画でこんな格好してなかったか?
 どんなもんなのかって、試してみたんだ。」
女性がやるように、バスタオルを胸から巻いている、、、
御主人様の体格では、バスタオルが小さすぎて、
下半身丸出しだけれど、、、

で? ご感想はいかがです?
「オカマになった、、、」
バスタオルをはずして、体をお拭きしようとすると、
「いやぁぁん。」
って、胸と股間をお隠しになった。
ワッ気持ち悪いですぅ、オカマさんはやめてください。
やっぱり、仁王立ちのほうがいいです。
「そうだな、チンポコも仁王勃ちにしようか?」

さぁ、どう来るんだぁ?、、、
私達のお風呂上り、、
バスローブを羽織ろうとして、ハルさんと眼が合った。
頷きあって、バスタオルを体に巻いた。
さぁ、どう来るんだぁ、、当然、そんな期待をしていたけれど、
御主人様は、バーボン片手に、専門誌を熟読中、、、
「お風呂、いただきました、、」
チラッと目を上げて、、、
「気をつけ姿勢で手は頭の上。この章を読み終わるまで待て。」
カラーペンでラインを引いたり、付箋を貼り付けたり、、、
やがて、パタンと音をたてて本が閉じられた。



背後からのバラ鞭が、
バスタオルに覆われたお尻を、むき出しの太腿を、
左右から撫でている、、、、
「さぁ、ここからが本番だ。危ないから顎をもっと上げろ。」
素振りの鞭は左から右に振り下ろされて、
腋の下に差し込まれたタオルの端を狙っている、、、、

バスタオル越しの乳房の一発目は、痛みは少ない。
腋の下に当たった二発目の痛みで顔をしかめる。
三発目の鞭が腋と乳房を撫でながら、バスタオルを剥ぎ取った。
キャッ、思わず胸と股間を押さえる。
「まだまだ、、、手は頭の上!!」
覆う物がなくなった全裸の肌を、バラ鞭が往復する、、、、

端をしっかり差し込んだハルさんのバスタオルはしぶとい。
五発、六発でも、まだハルさんを守ろうとしているかのようだ。
「おのれぇ、、」
御主人様の渾身の鞭がハルさんの胸を鷲掴みにして、
バスタオルを引き摺り落とし、素肌を蹂躙した。


「あぁ、たかが牝奴隷のバスタオルを脱がせるだけで、
 こんなに労力をかけるなんて、アホみたいだな。
 まぁ、そのアホが楽しかったがな。
 よっしゃ、じゃぁ、もう一度風呂はいるか?」




仁王勃ちのオチン様と、二度風呂の私達です。
ズンズンズンをいただきながら、
お元気になられてよかった、、、
お風呂上りは、やっぱりバスタオル巻きかしら、、、
頭の片隅で、そんな事を考えている。



           2014年4月26日 夜の事でした。

 
 

PageTop