FC2ブログ

御主人様と二匹の奴隷達の物語

レイが綴る牝奴隷ハルとレイの物語、、、、、。ほんの偶然が、私を、、、。

もう少し

 もう少し、このままで、、、、、
縄を解こうとする御主人様に、

思わず訴えてしまった。



もうすこし、、もう少しこのままで、、、、



 

PageTop

お出迎え

ソメイヨシノはもう葉桜になったとはいえ、
紗江さんの料亭の八重桜は、まだピンクの残り花をつけている。

玄関先の玉砂利道に、後手縛りの彩さんが正座している。
「いらっしゃいませ、お待ち申し上げておりました。」
私達に気づくと、深々と頭を下げ、そう言った。
『あらぁ、久しぶりぃぃ、、』そんな再会を期待していたのに、
彩さんはもう完全牝奴隷モードだ。
彩さんは後手縛り姿でお出迎え、、、
「あっ、賢治さん、レイさん、ハルさんいらっしゃい。」
紗江さんが、玄関から出てきた。
「おぉ、この連休も世話になるぞ。
 それにしても、たいしたお出迎えだな。」
「アヤは、朝から待ちきれない様子だったから、
 こんなお出迎えさせたのよ。」
「そうかぁ、、。
 じゃぁ、連休はやっぱり、調教なのか?」
「他に、なにか計画でもありますか?」
「ん? あぁ、、、ディズニーにでも行ってみるか?」
「どう考えても賢治さんには無理ね。
 普段だって混んでるのに、連休よ。
 いつから人ごみと騒音がお好きになったの?」
「冗談だ。人ごみより三匹+一人の女がいいし、
 騒音より、喘ぎと悲鳴の方がいいに決まってる。
 ハル、レイ! お前達は礼儀を知らないな。
 アヤはもう、牝奴隷になってるんだぞ。」

玄関先で全裸になり、正座してご挨拶する。
「紗江様、お世話になります。彩さん、お久しぶりです。
 この連休、よろしくお願いいたします。」



座敷でお茶を飲みながら、御主人様の緊縛指導が始まった。
「せっかくのお出迎えだったが、緊縛が甘いな。」
正座する私の手首、胸、腕に縄が廻る、、、
「ほら、ここをこうして、留め縄をもっとしっかりすると、、
 なっ、見た目も綺麗だし、実際の拘束も強くなる。
 ハルで実践してみろ。」
紗江様が御主人様にコツを習いながら、ハルさんに縄をかける。

後手高手小手で正座する三匹の牝を眺めながら、、、
「さすが賢治さん、ちょっとの事で見違えるようになるのね。
「あぁ、緊縛は手抜きしない。吊りなんかはなおさらだ。
 事故や、命にもかかわる事だからな。」
「そうそう、その吊りが、私にはできないのよ。
 技術も体力もありませんからね。
 この連休には、アヤに吊りを味わわせてくださいな。
 恐怖、苦痛、羞恥、、、、いろいろ体験させね。」
連休中の調教計画話が、どんどん進んで行く、、、、




夕食後のお酒の席でも、
紗江様のとんでもない妄想御調教の話が続く、、、、

それは無理だろう、とでもいうように、
笑いながら話を聞く御主人様。
でもきっと頭の中では、現実的具体化構想がめぐっている、、、、

そして、その現実的御調教を妄想しながら、
私の頭の中では、恐怖と苦痛と羞恥がめぐっている、、、、





           2014年5月3日の事でした。
 

PageTop

羞恥吊り

ていねいに麻縄をチェックし、
カラビナや滑車、踏み台や梯子を用意する御主人様。

忘れもしない、一昨年の勤労感謝の日の連休だった。
この楢の樹に逆さに吊られた。
あの時と違うのは、木々は枯葉ではなく、今は緑が燃えている。


「ハルとレイを並べて吊ってみるか。」
太い横枝にぶら下がって揺らして、強度を確認しながら、
昨日の紗江様のご要望どおり、吊りの御調教が始まった。
二匹並んでの逆さ吊に鞭が飛ぶ、、、、、
足首とウエストの縄が私を吊り上げ、地球が逆さまになった。
続けざまに、ハルさんが吊り上げられる、、、

全幅の信頼なくして、こんな事はできないけれど、
それでも怖い、、、、。
歯を食いしばって、恐怖と戦う。
いきなりの鞭。
並んで吊られている私達のお尻を、
あの時と同じスネークウィップが同時に舐めた。
ウガァゥ、、、、吐き出すはずの叫びがのどにつまる、、
体が揺れる、、、それが又、恐怖を増幅させる、、、

「アヤ、次はお前の番だぞ。よく見ておけ。」
まるで祈りの形のようにして手を口にあてがう彩さんが、
逆さまに見える、、、
膝が小さく震えている、、、
精神的な苦痛と恐怖が彩さんの膝を震わせているのだろう、、


「さぁて、アヤにはどんな吊りにしようかな。」
私たちの縄を解きながら、御主人様がつぶやく、、、
「せっかくだからなぁ、アヤの大好きな羞恥も必要だな。
 羞恥と屈辱と苦痛と少しの恐怖にするか。」
彩さんはうつむいたまま、首を左右に振る、、、
もちろん、左右に振られた拒否は、何の意味も持たないけれど、、

彩さんの股間に差し込まれたものは、、、、
胸とウエストの縄が彩さんを水平に吊り上げ、
足首の縄が下半身を持ち上げている、、、、
打ち合わせ済みなのだろう、紗江様がすかさず浣腸をとりだし、
そのイチジクを私たちに手渡す。
「水平に吊られたのは賢治さんの温情よ。
 初めての吊りで逆さはかわいそうだ、ってね。
 だから、その分、もっと楽しませてもらうわよ。」
私たちに向かって顎を振る、、、、
彩さんにイチジク浣腸をしろ、、、という事らしい。

同性に、同じ牝奴隷に、浣腸される屈辱をかみしめているのか、
彩さんの肛門は、硬く閉じられたままイチジクを拒否している。
それでも苦しい吊りの体勢からだろう、
大きなため息を吐いた時、
入れてください、とでも言うように、そこが緩んだ。
ハルさんがノズルを差し込み、一気に薬液を注入する。
彩さんの荒い息づかいと同じように肛門がヒクヒク言っている。
私は2本目を流し込んでから、指で栓をする。
指先に随意筋と不随意筋のせめぎ合いを感じている、、、、。

「彩、先輩奴隷にいいことしてもらったわねぇ。
 そのまま20分、我慢したら、出してもいいわよ。」

こんな体勢で我慢するのも苦しいだろうけれど、
こんな体勢での脱糞は、もっと苦しく恥ずかしいに違いない、



長い長い時間が過ぎたように感じた、、、、、、






「でちゃいますぅ、、、
 、、、見ないでください、、、
 、、、、、、見ないでぇぇぇ、、、、、、、、、、、、」


彩さんの叫びが、新緑の森に木霊した、、、、、




           2014年5月4日の事でした。
 

PageTop

必然性

「ねぇ、私もお手伝いしますから、
 三匹いっぺんに責めてみましょうよ。
 なんか素敵な調教ありません?」
「ん~ん、三匹いっぺんかぁ、、、、
 三匹並べて鞭打ちしてもいいけど、、、
 三匹という必然性が欲しいなぁ。
 三匹いるからこそできる責めかぁ、、、、、
 ビジュアルにも、責めの効果にもこだわりたいしな、、、」
昨晩の夕ご飯の時、
御主人様と紗江様の間で、そんな会話があった、、、、



「こっちの横枝と向こうの枝を使うか。」
それらの横枝にU字に垂らされた長い縄。

ハルさんと私の股縄にその両端が結ばれる。
私は東を向き、ハルさんは西を向いて四つん這い。
「アヤ、この縄を跨げ。」

私のお尻に鞭が飛ぶ。
「さぁ、レイ、歩け!」
はるか後でハルさんのお尻の鞭音が聞こえる。
「ハルも四つん這いで歩きなさい!」

私は四つ足で歩き出す、、、、、
グェ、、、股縄が後に引き戻され、股間を締め付ける。
「きゃぁ、きゃぁぁぁぁっぁ、、、、」
彩さんの叫びで思わず振り返る、、、、。
私達の歩行が彩さんを責め、彩さんの股間が私達を責める、、、
U字に垂れていた縄が、今はV字になって、
彩さんの股間を裂こうとしている。
いや、切り裂こうとしているのは、私の四足歩行だ。
私が一歩前に進むと、彩さんの悲鳴はもっと大きくなる。
そして、その悲鳴の分だけ、私の股縄も締め付けられている、、

そう、私とハルさんが彩さんの股間を責め、
彩さんの股間が私達の股間を責め返す、、、、
御主人様の計画どおり、三匹という必然性、、、

三匹がお互いの股間を責めあい、
その叫びと喘ぎは、新緑の森に溶けて、、、、



若葉の露の滴りと、股間の淫らな滴り、、、
これこそが、御主人様と紗江様のご満足に違いない、、





           2014年5月5日の事でした。
 

PageTop

お見送り

大掛かりな御調教以外にも、
不自然な形に縛り上げられて、
お茶菓子になったり、お酒の肴になったり、
紗江様の緊縛練習のマネキンになったり、
思い出したように、鞭が飛んできたり、、、、、
肉体的にも精神的にもハードな毎日だった。

朝、目が覚めると、御主人様、紗江様、ハルさんはもちろん、
食事を作るはずの彩さんも、寝乱れたまま熟睡中だ。

よし、今朝は私が作ろう。
慌てふためいたように彩さんが台所に走りこんでくる。
「ごめんなさい。寝坊しました。」
いいのよ、私が朝食作っておいたわ。



味噌汁をすすった紗江様、、
「アヤ、今朝、寝坊したでしょ。
 この味噌汁の味は、お前のとは違う。」
ひれ伏し謝る彩さん。
いえ、私が早起きしたので、かってに作ってしまいました。
かばうように私が申し添える、、、
「ハル、お前は俺たちと同じ時間に起きたよな?」
「牝奴隷として、御主人様より早く起きなければならないのに、
 申し訳ございませんでした。」

「それぞれに罪を負っているわけかぁ、、、
 当然、、罪には罰だよな。どうする? 紗江。」
「足腰が立たないほどの厳しい罰、、って言いたいけど、
 明日から、皆お仕事ですからねぇ、羞恥罰にしましょうか。」
「おぉ、それがいい。
 実質と羞恥、、、、それでいこう。」

三匹全裸で雑巾がけです、、、
『実質』は、部屋のお掃除、、、
『羞恥』は、全裸での雑巾掛け、、、、、

料亭の広間や廊下を、並んでお尻を持ち上げて雑巾掛けです
御主人様と紗江様の視線を感じながら、
時々、お尻に鞭をいただきながら、、、、、





「賢治さん、レイさん、ハルさん、楽しい連休だったわ。
 私も、アヤも、勉強になりました。
 毎度おぉきに。又、おいでやす。
 そのうち、びっくりするようなご報告ができると思います。
 お楽しみに。」

初日に御主人様に指導された後手高手小手縛り姿で、
正座した彩さんが深々と頭を下げた、、、、、。




『びっくりするような報告』ってなんだろう、、、
そんな事を考えながら、車は坂道を下り、
連休の終わりを告げている、、、、、、、



           2014年5月6日の事でした。
 

PageTop

ルーラ

「ヤベェ、ヤベェ、今朝は早めに出社予定だったのよ。
 先に出るね。」

朝ご飯は?
「ごめん、いらない。」

どこでも、、、ルーラ、、、!!
玄関ドアに掌をかざして、ハルさんが叫んだ。

「ルーラ! どこでもドア!!」


ドラクエの『ルーラ』とドラえもんの『どこでもドア』?

よく分からんけれど、
そんな呪文を唱える暇があったら、走れ!!


 

PageTop

オークス

「来週はオークスかぁ、、」
「オークスってなんですか?」
「正式名称は優駿牝馬、、だったかな。」
ますます分からん、ユウシュンヒンバってなんです?
「メスウマだけの競馬だ。牝馬って書いてヒンバって読むんだ。」
「御主人様は競馬なさるんですか?」
「いや、めったにやらんな。
 俺がやりたいのは、ポニーガール、ポニープレーかな、、」
「ポニーガール?」
「なんだ、そんなの牝奴隷の常識だぞ。
 牝犬奴隷の牝馬版、って感じだ。」
四つん這いで、競争するんですか?
「それもありかも知れんが、、、、伝統的プレーはな、、、、」
御主人様が、ネットを開く。
「こんな感じだ。」

  Ponny Play,,,,,,,

「わぁ、、綺麗ぃ。これで競争するんですか? 」
「映画のベンハーみたいに、戦車馬車を引かせて競争したら、
 それはそれで凄いだろうが、、、、
 まぁ、牝馬奴隷を調教して命令どおりにカートを引かせる、、
 とりあえずは、そんな楽しみじゃないか?
 競うとしたら、キャットスーツや全身タイツの美しさ、
 コルセットで体を締め上げたスタイル、
 ハイステップ・トロットっていう、腿あげ歩行、、、
 自作したカートの出来栄え、、、
 そんなところかなぁ。」
なんか、いかにもアメリカ的、、ですねぇ。
「そうかもしれんな。
 よし、日本的ポニーガール、やるぞ。脱げ!!」


後手伸腕で、ポニーガールです、、、
伸腕で後手を廻る縄はアームバインダーなのだろう。
股縄の縄尻が後ろに引かれる、、、
「ほら、背筋を伸ばして、ハイステップ・トロットだ。」

そっと後ろをうかがう、、、、
股縄縄尻を手綱にして、
御主人様は座布団に胡坐をかいている。

腿上げ歩行も大変だけれど、
車輪がついていない座布団カートを股縄で引くのは辛い、、、


二頭立ての牝馬奴隷カートは、遅々として進まない、、、




           2014年5月17日の事でした。
 

PageTop

畳の目

夕飯を食べながら、ワールドカップのお話をされていて、
「そういえば、レイ、、、、、」
はい、?
「お前はどんな格好が一番恥ずかしい?」
って、まるで世間話の続きのように、、、、、、

だから私もついつい正直に、、、、、
畳の目や壁の木目を数えるような格好が恥ずかしいです、って。

「わぁぁ、さすがレイさん。表現が文学っぽいわ。」
「文学的表現を否定はしないが、具体性に欠けるな。」
そうおっしゃいながら、テーブルの食器を片側に寄せる。
「レイ、畳の目を数えるポーズ、してみろ。」
畳の目を数えるポーズ、、、、?
四つん這いから、テーブルを舐めるように頭を下げる、、、
「レイ、この格好のなにが恥ずかしいんだ?」
はい、、、
私から御主人様が見えないのに、御主人様の視線を感じます。
それに、次の御調教展開が分からない恐怖もあります。
「なるほどなぁ、羞恥と恐怖か。
 確かにこのままビール瓶を突っ込もうとしても、
 突っ込まれるまで分からんな。
 でも、お前は、このポーズ、けっして嫌いじゃないだろ?
 セックスだって、バックの方が感じるしな。」
はっ、、、はいぃ、、、、、、

「でも、せっかくC組になったんだから、上に行きたいよな。
 せめて、一勝一分けでペルー戦だと、2位通過可能かなぁ、
 やっぱり、初戦のコートジボアール戦がカギだな。」
ハルさんとビールを飲みながら、
御主人様の話題は、又、ワールドカップに戻っていった。


私は畳の目を数えるポーズのままで、
今日は缶ビール、、瓶ビールじゃないから、、、
なんて考えている、、、、、、、。



まさかぁ、、、
、、缶ビールは、、無理ですよ、、、、、
 


           2014年5月17日 夜の事でした。
 

PageTop

深爪

御主人様が爪を切っている。

私がお切りしましょうか?

「いや、自分でやる。お前にはこの加減が分からんだろ?」

どういう意味なのか、、、、、そっと覗き込む。

わぁ、御主人様、ずいぶん深く爪を切るんですねぇ。


「あぁ、お前のオマンコを責める指だからな。
 これくらいでちょうどいい。」

、、、、、、、、、、、、、、、、
、、、、、、、

、、ありがとうございます、、、、
、、、、、



心を込めて、仕上げのヤスリがけをする私です、、、



 

PageTop

注文住宅

新聞の折込広告を眺める私の背後からハルさんが言った。
「広告なんて、何をそんなにしげしげみてるのよぉ。」
ん? これよ、これ。なんとなく響きがいいでしょ?
私達がみていた広告は、、
、、『ペットと快適に暮らす注文住宅』

「おぉ、いいねぇ。SMの香りがプンプンだね。」
まぁ、読む側の心もち次第だとしてもね。
「ペットと暮す注文住宅かぁ、、、、、
 そんな画像、、、、、どっかでみかけたなぁ。」
過日、そんな会話をした、、、、、



「このまえ話した画像、見つけたよ。」
ハルさんから、画像が送られてきた。
なによ、これ。
「『ペットと快適に暮らす注文ログハウス』よ。
 副題はね、『女主人と二匹の牝犬奴隷達の物語』、、かな。」
どこが二匹の牝犬奴隷なの?

  女主人と二匹の牝犬奴隷達の物語、、、

「チッチッチッ、、、」
人差し指を振りながら、ハルさんが言った。
「よく見てよ。犬喰いをさせられようとしているレイさん。
 それと、ほら、窓から、逆さ吊りの彩さんが見えるでしょ?
 ここの画像加工、ちょっと苦労したのよ。」


おいおい、二匹の牝犬奴隷って、私と彩さんなの?
じゃぁ、、、この鎖を持っているのがハルさん?
ハルさんが女主人ってわけ?

「悪い?」


いやぁ~、、、、なんと返事をしたらよいものやら、、、、



 

PageTop

主任

受注金額だってたかが知れているし、
スタッフだって、私、後輩社員、バイト君、下請けさん、、
それでも、「この仕事、レイ君に任せる。」と言われちゃぁ、
私ぁ、プロジェクトリーダ-気分だ。
かつて似たような業務を経験しているし、
社会人4年生にもなったし、
それなりに上司からの評価をいただいていると判断した。
段取りを考えて、工程表を作って、、、、、、
それだけじゃない、予算書も書かなくちゃぁ、、、


そんなこんなの夜、、、
夕食の時、ハルさんが言い出した。
「私、今日から主任になっちゃった。」
えっ、入社2年目で、もう主任なの?
「ちゃうちゃう。
 『この仕事は君に任せる。
  いろいろ相談にはのるが、君が主でやってくれ。』
 ってわけで、主任よ。お給料が上がるわけじゃないわ。」

そして、彩さんからのメールもあった。
  オフィス街の分店居酒屋で板前をすることになりました。
  紗江様に認めていただいたと思っております。
  一生懸命、さらなる修行をしたいと思っております。
  近くにワンルームマンションを借りました。
  お店にも私の部屋にもぜひおいでください。  彩

GWに紗江様がおっしゃった『びっくりするような報告』って、
どうやらこの事だったらしい。
彩さん、半分独立、オーナーシェフもどき、だね。



「ほぉ、、、こうやって三匹を見渡してみると、、
 出世頭は彩さんだね。
 次が私、レイさんもまぁまぁってとこだね。」
おいおい、私ぁプロジェクトリーダーだぞ。
「主任の方が偉いんだよ。
 仕事は主任に任せろ、
 調教はヌシに任せろ。ってね、どっちも主任よ。」
おぉ、うまいこと言うなぁ、、、
なんぞと感心してしまった私は、やっぱ一番下なのかぁ?

なんにせよ、それぞれに社会的足場を確保しつつあるのかな?



社会的には、全員異業種だからどうでもいいけど、
牝奴隷としては、順位をつけられたくはないなぁ、、




 

PageTop