FC2ブログ

御主人様と二匹の奴隷達の物語

レイが綴る牝奴隷ハルとレイの物語、、、、、。ほんの偶然が、私を、、、。

ヘアゴム

年末年始、紗江さんと海外で過ごした彩さんに久しぶりに会った。

紗江さんのご主人が亡くなった氷の山に祈りをささげる、、
そんな目的での海外旅行だったから、
他の街に観光に行くなんてことはなく、
同じホテルにとどまって、ゆっくり過ごしてきたらしい。

「そのホテルから、山が正面に見えて最高だった。
 紗江さん、一日そのテラスで過ごしたこともあったわ。
 さっきまで晴れていたと思ったら、急に吹雪になったりして、
 綺麗な景色とは裏腹な自然の恐ろしさも実感もしたわ。
 旦那様は、こんな天気の急変で、
 なんらかのトラブルに見舞われたのかもしれないって。」

それ以外は、ひたすら食べて飲んで、だったらしい。

「ちゃんとしたレストランはもちろん、
 場末の食堂みたいな店にも行ったわ。
 高級料理から、郷土料理、家庭料理、、、、
 拙い言葉と身振り手振りでいろいろ注文して、
 料理の説明を聞いてもよく分からないから、
 紗江さんと二人で、材料やスパイスを推測しながらね。
 紗江さんってやっぱりプロだと思ったわ。
 料亭のメニューのヒントを探していたのね。
 鍋料理や酢の物に使えるな、なんてのもあったのよ。」

そんなこんなの日々で、
「たいした物は買えなかったの、」
控えめに出した袋の中のお土産は、
部屋に飾りたくなるほど素敵なパステルカラーの鍋敷きと、
日本では買えないようなお洒落なティーシャツでした。

「あぁ、そうそう、もう一つあったわ。
 紗江さんがね、髪留めを忘れたからって、
 二人で地元の雑貨屋さんに行ったのね。
 そこで見つけたのが、なんと、これよぉ。」
彩さんが取り出したのは、
かわいいけれど、どこにでもありそうな、ヘアゴム。
ショートヘアの私達は使いようがない、、、、
ヘアゴムで指枷、、?
「これはね、髪以外にも使えるのよ。
 紗江さんと牝奴隷遊びしたんだからね。
 ちょと親指そろえて突き出してみて。」

突き立てた親指に巻かれたヘアゴム、、、、
幅広だけれどしょせんゴム、、と侮ってはいけない。
ちょっとやそっとの力では外れない。
逆に言えば、髪をまとめる為にこんな威力が必要なのかぁ、
もしや、最初から指拘束を狙った指錠ゴムなのかしら?
と思わせるほどだった。
それでも、掌全体をずらして捻れば、なんとか外れる。

それからは、指拘束に夢中になって、
後手で指拘束したらどうだろう、とか、
親指と中指を拘束すれば完璧だ、とか、
足の指でも試してみよう、とか、、、、、

もちろん夢中になったのは、ハルさんと彩さんで、
私はひたすらモデル役でしたが、
乳首は?  の提案だけは丁重にお断りした次第です。

紗江さんと彩さんがどんな牝奴隷遊びをしたのかは、聞き損ねた。





紗江さんは、かの地で、
亡くなった御主人とゆっくり話ができたのだろう。
御嶽山噴火から始まった一連の悲しみに、
一区切りつけることができたのなら、
貴重で素敵な年末年始だったに違いない。


 

PageTop

シロクマ

「御主人様、今、欲しい物とか食べたい物とかあります?」
さりげなく、バレンタインの探りを入れたつもりでしたが、
御主人様は、即答。
「シロクマ!!」
欲しい物、食べたい物で『シロクマ』、?
まさか、鹿児島のかき氷『白熊』じゃないですよねぇ。
昨年秋、シロクマを連れた女性が渋谷を闊歩しました、、、
「いや、俺が言ってるのは、渋谷交差点のシロクマだ。」
あぁ、そんな騒動がありましたねぇ、、、あれを?
「うん、シロクマとは言わんが、
 ハルがリードを引いてレイが牝犬になって、
 渋谷のスクランブル交差点を渡るんだ。もちろん全裸でな。」
そう来たかぁ、、、
でも、あっという間に警察に捕まっちゃいますよ。
「まぁ、そうだろうな。」
「御主人様のご希望なら、たとえ捕まって前科者になっても、
 それはそれで構いませんけど、
 あのシロクマ騒動の時とおんなじように、
 一瞬で日本中に写メやTwitterが流れるのはまずいっすよ。」
「バーカ、お前達の質問に俺が答えただけだ。
 そこを何とか工夫してこそのプレゼントだろうがぁ。」

えっ? バレンタインデープレゼントは、
渋谷の交差点で牝犬散歩に決まってしまったの?
それも、全裸で?


いや、服を着ていても牝犬散歩は難しいだろうし、
牝犬キグルミというわけにもいかないだろうし、、、

 

PageTop

コアッソン

「世の中、ショートヘアが流行りだしてるらしいな。
 時代がやっとお前達に追いついたのか?」
「私達のショートは、Jさんの真似ですけど先笄です。
 御調教のお邪魔にならないようにって。」
「あぁ、そうだったな。
 そのショート何年になる?」
もう5年以上になりますかねぇ、、、

「時代がまだ追いついていないとしたら、パイパンだな。
 オマンコ専用シェーバーを密かに製造して、
 その日を心待ちにしているメーカーもあるだろうなぁ。」
いや、そんなメーカーはないと思う。
少なくとも、オマンコ専用シェーバーとは言わないだろ?

「じゃぁ、お手軽『ツルマン君』ってのはどうだ?」
「『パイパンホイホイ』は?」

ブッブー、、 どちらも不採用!!

「なんだよ、不採用にはそれなりの理由があるんだろうな。」
『ツルマン』の響きに女性の拒否反応がありそうだし、
『、、君』は、男性に剃ってもらってるみたいで、
初心者は嫌がると思います。
パイパンホイホイは、ガムテープで引き抜かれてるみたいで、
論外です。マゾ牝なら喜びそうだけど、、、

「それだけ批判するなら、レイさんの代替案を聞かせてよ。」
コアッソンシェーバーでつるつる、、
ん~ん、、そうきたかぁ、、、
、、、
、、、、コアッソンシェーバー!!


「ふん、『あそこシェーバー』を
 アナグラム風、フランス語風に言っただけじゃん。
 まぁ、もっともらしくていいけど、、、」





オマンコ専用シェーバーを密かに製造して、
その日を心待ちにしているメーカーさん、
この名称『コアッソンシェーバー』、ワイン2本でお譲りします。
ご連絡ください。


 

PageTop

四角錐

会社から帰って食事をすませると、すぐに自分の部屋に。
それが、このところのハルさんの毎日だった。
よほど忙しい仕事を抱えちゃったのかな、、
そんな風に勝手に解釈していたのだけれど、、

夜中に私の部屋に乱入してきたハルさん、、
「パジャマ脱いで! 裸になって!」
首と肩を撫で、胸を揉みながら、
その手はウエストからお尻、そして股間へ、、、、
「そうだよねぇ、この曲線と柔らかさを表現するには、、
 メッシュの数が足りないのかなぁ。」
意味不明じゃぁ、、
寝込みを襲われた私は、吉良かぁ、信長かぁ?
「ごめん、ごめん。でも、もう気力がない。
 レイさんのオッパイ、四角錐でいいよね。」
またまた、意味不明じゃぁ。
私のオッパイ、人それぞれの評価があったとしても、
少なくても、四角錐という事はない、、と思う。



どんな経緯だったのかは知らないけれど、
ハルさん、3DCGに目覚めてしまったらしい。
初作品がこのトルソーなの、、すげぇ、、、
これが、初作品なの? 
普通さ、形が単純なドラえもんとかから始めるもんじゃない?
いきなりトルソーって発想が凄いわ、凄すぎる。
でも、3DCGで何をしたいわけ?
「うん、、レイさんの全裸の基本データを作ってね、
 責めに悶えるレイさんを3DCGアニメにして、
 それをブログで公開するのが目標よ。」
って発想で、とりあえず、トルソーの3Dに挑戦したらしい。

一つの立方体を押したり引いたり削ったりしながら、
この形まで仕上げた熱意は大いに評価するけど、
目的がそこなら、ソフトの選択を間違えてるわ。
「だってこのソフト、無料なのに何でもできるらしいよ。」
何でもできるって事は、全て自分でやらなくちゃいけないのよ。
人体のポーズやアニメに特化したソフトがあるはずだわ。
人体フィギュアデータも付いてる、もちろん有料ソフトだけど。
「なんだぁ、それを先に言ってよね。私の苦労はなんだったの?
 私、燃え尽きたわ。正確に言えば飽きたんだけど。」


ハルさんの目標3DCG、、
ちなみに、ハルさんが目標とした3DCGは、これ。
この女性、リアルすぎる。
ここまで描けて、彼女が御主人様の責めに悶えだしたら、
もうこのブログの枠を離れて、プロの領域じゃん。
絶対、とは言わないけど片手間では無理だと思う。
「私も、そこに気づいて、、燃え尽きちゃったのよ。」
少なくともこのブログの画像は、
今までどおり、ハルさんの手書きイラストでいいわ。
私の文章の表現力のなさを補う、、それで充分よぉ。




燃え尽きちゃったハルさんが、
有料ソフトを購入してまで、3DCGにのめりこむかは分からない。
まぁ、期待しないで、待つことにしよう。

今の段階では、
ブラウスから透けて見える私の乳房は、四角錐なのだから。


 

PageTop

補助スーツ

昨日のハルさんの3DCGの件。
ハルさんのファイルに、こんな画像がありまして、
思わず一言!!


   筋肉補助スーツ『 駅弁君 』新発売

  ひ弱な男性諸君に朗報!!
  筋肉補助スーツ『 駅弁君 』新発売!!



 

PageTop

決行

バレンタインデープレゼント、シロクマ決行の日だ。

さすがに渋谷スクランブル交差点でとはいかず、
もより駅のコンコースで、という事にした。
そして一番の問題は、警察と写メだ。
警察にも捕まらず、写真を撮られる事もないようにしなくちゃ。
御主人様の『シロクマ』のご希望を聞いた日から、
私とハルさんで、喧々諤々、
密かに自宅で練習までして、この日を迎えた。

本日天気晴朗ナレドモ風強シ 各員一層奮励努力セヨ
バルチック艦隊を迎え撃つわけでもないが、
気分的にはZ旗を掲げている。ちょっと寒いけど、、、


私の恰好は前ボタン膝丈ワンピにジャケットとニーハイソックス。
ワンピの胸元と裾のボタンを留めずに、全裸を演出。
もちろん、服の下は下着なしの全裸だ。
ハルさんが持つショルダーバッグの肩ひもの留め金をはずして、
その端を私が握っている。
ハルさんが飼い主、私がリードで引かれている牝犬、の演出。

駅のコンコース、、
右手に売店や軽食店が並び、左手は券売機や案内所。
鉄道ファンの中には、電車汽車ばかりではなく、
駅舎やそのコンコースの写真を撮っている人もいるかもしれない。
カメラを構えている人がいないか、チェックしながら歩く。
これから私達がやる事は犯罪ではないにしても、
胸のドキドキが止まらない。


「ライトサイドクリアァ。」
ハルさんがささやくように言う。
レフトサイドクリアァ、フロントサイドクリアァ、、、、、
私も真似して小声で報告。
背後は、御主人様がついて来ているので、まぁクリアだろう。

気分だけは全裸の牝犬散歩、、、、
「よし、牝犬決行!!」
ハルさんの掛け声で、私はつまずいた様に前のめり、、、
そして、、四つん這い姿勢、そのまま5、6歩いて、、、、、
あらぁ、転びそうになっちゃった、ってな仕種で立ち上がる。
エアー牝犬、牝犬もどき、 瞬間牝犬芸、、、
そんな感じで『シロクマ』をプレゼント、
気分だけは、飼い主、牝犬共に全裸での牝犬散歩、、
それが私達のひねり出した苦肉の策だったけれど、、

御主人様がスーッと私達に並んで、、、
「うん、まぁまぁだが、ケツが見えなかった。
 ケツが見えなくちゃ全裸牝犬散歩とは言わん。
 四つん這いで、もう少しケツを高く上げろ。
 よし、予行演習終了。もっと大きな駅に行くぞ。」

えっ、もう一度やるの? もっと大きな駅で?
とは言え、私達のアイディにそれなりのご満足を頂いたのだろう。
あとは一瞬でもお尻が見えれば、パーフェクトかぁ、、、
「四つん這いになった時、深く膝を曲げてから、
 ピョコンって感じでお尻を持ち上げたら、スカートめくれるわ。」
あぁそうかぁ、なんて思いながら、ハルさんをにらむ。
「今、『私だけお尻を晒すのか、』って思ったでしょ。
 レイさんは瞬間芸だけど、私はずっとこの格好なんだからね。」
ハルさんは全裸に春物ブラウス、ジャケットとミニスカート。
確かにスケベオヤジの視線を集めそうな格好だ。


次に向かった駅のコンコース、、、
平日の出勤時間帯の混雑とは比較にならないにしても、
それでも、さっきの駅に比べれば、人が多い。
ここでお尻を晒すのかぁ、、、、
茫然と立ちすくんでしまう。
こんな時、ハルさんは頼りになる。
「あの左側に抜ける通路があるでしょ。人通りが少ないわ。
 『シロクマ』が終わったら、すぐにあそこに逃げるわよ。」

フロント、ライト、レフト、クリアァ。牝犬決行!!
さっきと同じように、つまずいたフリをして、まえのめり、、
四つん這いで膝を曲げ、膝を伸ばしながらお尻突き上げる。
スカートがめくれ上がるのを自分でも感じた。
本能的に、習慣的に、片手がスカートをおさえる、、、
当然のように四つん這いのバランスが崩れ、無様に転んだ。
御主人様とハルさんが駆け寄って助け起こしてくれて、
予定どおりに、左側の通路に逃げ込む、、、、、

「四つ足は1、2歩だったけど、しっかりケツが見えたから、
 最高のバレンタインプレゼントだったぞ。
 ありがとな。チョコレートより100倍嬉しかった。
 来年は、亀甲縛りで市中引き回し、なんてのはどうだ?」

思わずハルさんと顔を合わせる。
視線の火花が散る。
「来年も、亀甲縛りはレイさんね。私はお役人担当よ。」
ハルさんの目がそう言っている。
いやいや、物事には順番ってものがあるでしょ、、、




こんなにドキドキしたり、恥ずかしい思いをしたりしたけど、
それでも御主人様に喜んでいただいて、、、、
来年の予約までされてしまって、、、、

来年も、天気がいいといいなぁ、
南岸低気圧、春の大雪、極寒じゃぁ、たまらんぞぉ、、、
なんて考えてしまった私は、
バレンタインデーは露出の日って認めたことのなるのかぁ?



          2015年2月14日の事でした。
 

PageTop

日向ぼっこ

「日向ぼっこの『ぼっこ』って、なんだと思う。」
キッチンで洗い物をする私とハルさんを振り向きながら、
御主人様がそんな事をおっしゃった。

外気温はともかくも、
ガラス越しの陽射しは柔らかく、まるでもう春のようだ。
ロータイプのソファで足を投げ出して、
御主人様は、まさに日向ぼっこ状態だ。

「日向でほっこりするって事かしら。」
日向の方向って意味じゃない?
「俺が聞いたのは『日向で惚ける』だなぁ。
 日向でボケッとしている、つまり日向バカだな。
 おい、レイ、お茶くれ。」
お茶ですか? コーヒーじゃなくて?
「公園での日向ぼっこならまだしも、
 家での日向ぼっこは、当然渋茶だろ。」
よく分からんが、そういう事らしい。

渋茶をすすりながら、
「お前達も日向ぼっこしたいだろ。
 よし、日向バカをやろう。キッチンの椅子持って来い。」
キッチンカウンターにあるスツールを持って行く。
「ほら、日向ぼっこだぞ、もっと日の当たる所に置いて、
 よし、そこで伏せしてケツ上げろ。」
「ここでですか?」
「当たり前だ。牝奴隷の日向ぼっこ姿勢はそう決まってる。」
よく分からんが、そう決まっているらしい。

スツールの上での伏せは、とても不安定、、
ちょっと背の高いカウンタースツール、、
そのスツールの狭い座部に膝と手をついて、
バランスを確かめながら頭を下げ、お尻を持ち上げる。
「うん、アホ丸出しの格好だ。牝奴隷らしい日向バカだな。
 ちゃんとオマンコとアナルで陽射しを感じているか?」
よく分からんが、牝奴隷は股間で陽射しを感じるものらしい。

不安定なスツールの上で、恥ずかしい牝奴隷日向ぼっこ。
陽射しと一緒に、御主人様の視線も射している。

「柔らかい陽射し、柔らかい牝のケツの丸み、、気分は春だな。
 おぉ、そういえば先日、タラの芽のてんぷらを食ったぞ。」
もう、、ですか?
「もちろんハウス物だけどな。天然物は4月くらいからだろ。
 ハウスのタラの芽の栽培方法知ってるか?」
いえ、存じません。
「タラの樹を節ごとに小さく切ってさ、水につけるんだよ。
 ほら、こんなふうにな、、、、、、」
スティックローターが突き刺された、、、
「暖かい陽射しと程よい湿り気、適度な振動、、、
 オマンコはタラの芽の促成栽培には最適だな。
 よし、晩飯はタラの芽のてんぷらにしよう。」


当然ながら、タラの芽は発芽しなかった。
振動に耐えきれず、スツールから落ちてしまったから。


もう少し頑張っていれば、ローターからタラの芽が発芽した?




          2015年2月15日の事でした。
 

PageTop

同じ穴の貉

会社でさぁ、
 『私達、同じ穴のムジナね」って言ったら嫌な顔された。」

ハルさん、どんなシチュで使ったのよ。
同類、似た者どうしって意味に使いたかったのかもしれないけど、
もうちょっとダークなイメージだよ。
同類の悪党、、『越後屋、お前も悪よのぅ』みたいにさ。

「あぁ、そうなんだぁ。言われればそうだねぇ。
 これから、使い方に注意しなくちゃ。
 じゃぁ、御主人様がレイさんを犯してさ、
 その後、私がペニバンでレイさんを犯したら、
 『越後屋、お前も好きよのぉ』って感じで、
 同じ穴のムジナ、だね。」

ビミョー、、
ハルさんの話の力点が『穴』にあるような気がする。

「じゃぁ、私とレイさんが、双頭で繋がったら、
 同じ棒のムジナ?」

すっげーおもしろいけど、ムジナが登場する意味が分からん。

「レイさん、批評ばっかりしてないで、
 新しい諺、創作してみなさいよ。」

そう来たかぁ、、、じゃぁ、、、、
御主人様がかわるがわる私達を犯したら、
違う穴のムジナ、、、、

「ほら、レイさんだって
 『穴』と『ムジナ』にこだわってるじゃない。」





こんなアホ話をしている私とハルさんこそ、
『同じ穴のムジナ』、なのかもしれない。

 

PageTop

ペアルック

御主人様と三人でコンビニ弁当を買った帰り道、
奥様風の女性と、その彼女と同じ柄の服を着たワンちゃんがいた。
必死に笑いをこらえる御主人様の背中を押すようにして、
足早にすれ違う。
「いやぁ、さすが一兆円を越えるペット産業市場だなぁ。
 あんなおそろいの服、どこで売ってるんだ?」
ペット業界の事は知らないけれど、
さすがに婦人服売り場やペットショップでも売ってないと思う。
彼女が自分の服を裁縫して、
その残り生地でワンちゃんの服を作ったんじゃないですか。
「もしそうだとしても、犬が服を着る理由はどこにある?」
「抜け毛の飛散防止と寒さ対策らしいです。
 日本犬ならその土地の気候に適応できますけど、
 今は、犬種が豊富で、寒さに弱い犬もいるみたいです。」
「そうかぁ。でも犬は喜んで服を着てるんだろうか?」
慣れるまでは、きっとストレスがあるでしょうねぇ。


マンションに戻ると、
「レイ、脱げ。」
そうおっしゃいながら、私に首輪をする。
「ハル、牝犬レイを散歩させてやれ。『ペアルック』でな。」

しばらく考えていたハルさん、
やがて全裸になり、リードを引いて散歩が始まった。
「うん、牝奴隷主人とその牝犬。最高の全裸ペアルックだ。
 さっきの女や犬よりずっと健康的で、経済的だろ?
 バレンタインデーのコンコースイベントもさぁ、
 リアルにこんな格好がよかったなぁ。」
ペアルック(全裸)で牝犬散歩、、、、
ソファーを廻ったり、椅子に登らされてチンチンやお手、
バスルームで片足あげてのオシッコ、
『ペアルック』でのお散歩は続く、、、、、




御主人様とハル主人はテーブルでお昼を食べるだろうけど、
私は、床で犬食いだろうなぁ、、、、
まずいなぁ、私、和風スパゲッティ買っちゃったんだよね。

散歩しながら、そんな事を考えている、、、、、、




 

PageTop

だるまさんがころんだ

ハルさんにリードを引かれながら、牝犬散歩は続いている。

「ダルマサンガコロンダ!!」
突然の御主人様の声。
ピタッと歩みを止めるハルさん。
お昼のスパゲッティ、どうやって犬食いしようか、、、、
なんて考えていた私は、注意力散漫になっていた。
立ち止まったハル主人の脚にぶつかってしまう、、

「せっかく三人で飯にしようと思ったけど、レイは失格。
 お前は、テーブルの下で、犬食いだな。」

救われる可能性があったとしても、
結局は犬食いという事になってしまった。

一本ずつ、すするようにして食べ始めると、
「レイ、犬はな、すする事は出来ないんだぞ。」って。
しかたがない、口の周りをベチャベチャにしながらかぶりつく。



ハルさんが飲み干したカラのペットボトルを投げる。
「レイ、取ってこい、、」って。
咥えて戻ると、なでなでしてくれて、又投げる、、、
何度かそれを繰り返し、
私がペットボトルを咥えようとしたその時、、、
「ボンサンが屁をこいた!!」
ハルさんが、突然、叫んだ。
ボンサンガヘヲコイタ、、、?
ボンサン?
あぁ、お坊さんかぁ、、。
ハルさん、おみゃぁ、どこの出身じゃぁ?
おめさんの故郷では『ボンサン』とは言わないだろうし、
『屁』もこかんだろうし、
『ボンサンガヘヲコイタ』とも言わんじゃろ、、

そう思いながら、、、、、ピタッと動きを止めた私。

、、、、、動きを止めてしまった、私です。

 

PageTop

コスパ

化粧品売り場で『高コスパ』の掲示があって、
なに? どういう意味?
あぁ、コストパフォーマンスが高い、って事かぁ、
ってすぐに理解したけれど、
ハルさん曰く、
コスパは、コスプレパーティーの略です、、、、
「コスプレパーティー用化粧品の略で『コスパ』よぉ。
 ファンデーションだと思って買ったら、
 実はドーランでしたってオチなのよ。」


日本エレキテル連合の朱美ちゃん3号を思い浮かべた私です。




 

PageTop