FC2ブログ

御主人様と二匹の奴隷達の物語

レイが綴る牝奴隷ハルとレイの物語、、、、、。ほんの偶然が、私を、、、。

バージスライン

御主人様は、どこで仕入れてくるのかは分からないけれど、
一般的に男性が知らないような言葉を質問なさる時がある。

先日も、、
「おい、バージスラインってなんだ?」
って、、、、、

ハルさんが、真面目に説明する、、、
「ブラジャーって、トップとアンダーでブラを決めちゃうけど、
 バストは人それぞれに形や位置が違うんです。
 オッパイの下の丸みとか形がバージスラインです。
 バストを支えるワイヤーはバージスラインに沿ってる、、
 そう思っていても、それぞれに位置や形が違いますから、
 メーカー想定の標準じゃない人は、苦労するんですよ。」
「そうかぁ、それぞれのオーダーメイドが最高なんだな。」
はい、そうかもしれませんけど、お値段が張るでしょうし、
私達、たぶんメーカー想定の標準体型なんだと思います。
バージスラインの違和感はあんまりありませんから、、、

「なんだよ、それじゃぁ『オモシロミ』が、ないだろ。」
???

ハルさんが、すかさずお答えする。
「私達のオッパイ、とっても変態で、
 バージスラインで苦労しているんです。
 どうしたらいいかが悩みなんです。」

「うんうん、そうかぁ、、いい相談をしてくれたなぁ。
 俺、バージスラインの専門家なんだぞ。脱げ!!」

麻縄が作るバージスライン、、、、

麻縄が素敵なバージスラインを形づくっていく、、





オーダーメイドブラ、、、、、
牝奴隷のバージスラインは、御主人様が決めるものらしい。


 

PageTop

魚肉ソーセージ

スーパーの買い物にお付き合いくださった御主人様。
「おぉ、これこれ、これ買っておかなくちゃな。」
声を低くして、そうおっしゃいながら、
魚肉ソーセージをカゴに入れる。

声をひそめた事に、裏の意味を感じて、、、、
「御主人様ぁ、、、、
 御調教と言えども、食べ物で遊んじゃいけないんですよ。」
私も声をひそめながら、すかさず非難する。

「お前、バカか? 意識過剰だ。
 それとも、そう言いながら実は求めているのか?
 このソーセージはな、俺の非常食なんだ。
 仕事が忙しくて昼飯食いに行けない時とか、
 ちょっと小腹がすいた時に、これは実にいいんだぞ。
 クッキーやビスケットみたいに、モソモソしないし、
 冷蔵保存不要だから、鞄とか引出しとかに入れておける。」

確かに意識過剰だったかもしれないけど、
だったら、なんで声をひそめたんだぁ、、?

「お前達も、ハンドバックに入れておくと便利だぞ。」
いやぁ、、、
どんなに小腹がすいたっていっても、
若い娘がオフィスで、いきなりソーセージを食べ出したら、
周りの皆が、びっくりするじゃろがぁ、、、
「恥ずかしいですよぉ、
 私、他人様の前では、そんな事できません、、、」

「そうかぁ、他人様の前じゃなければいいんだな。
 よし、家に帰ったら、ハルとレイの勝負だ。
 うまそうに食った方の勝ちだ。
 勝った方に、生ソーセージを食わせてやる。」




魚肉ソーセージと生ソーセージ、、、、?

勝負は、あっけなくついてしまった。
「うまそうに食った方の勝ち、、」を、素直に理解して、
私、、、いきなりかぶりついてしまったから。

『うまそう』にしゃぶったハルさんが、
御主人様の生ソーセージをいただいている、、、、、、、、




あぁそうだ、私、晩御飯の準備しなくちゃぁ、、、、、、

負け惜しみの私です。




 

PageTop

パスタマシーンとトコロテン

朝食の後、コーヒーを飲みながら、御主人様がおっしゃった。
「今日は浣腸の調教だ。」

全裸になって伏せしながらお尻を突き出すハルさんを横目に、
私は、いろいろな浣腸器を並べてから、
ポットのお湯をぬるめて浣腸液の準備をする。
それから、ハルさんの隣で、同じようにお尻を突き出す。
今日は浣腸の御調教、、、、
「うん、いいぞ、いいぞ。」
御主人様は、なぜか大笑いしながら、
なかなか御調教を始めようとはなさらない。

「お前達、最近ケンカをすることがあるか?」
「かつてのような大喧嘩はありませんけれど、
 小さな口喧嘩は、ときどきあります。」
「どうやって解消しているんだ?」
そんな小さな口喧嘩は、
いつの間にか忘れてしまう程度には、大人になりました。
「なるほどなぁ、、
 ハルは、脳天気に忘れて、レイは意識的に忘れる、、かな。」
「御主人様、それじゃぁ、私、まるでバカじゃないですかぁ。」
「いや、ハルは自分にまっすぐなんだ。
 目的、目標に対して一直線なんだよ。
 それに比べてレイは、
 自分の想いより先に、周りを見渡している。
 納得がいってから行動するタイプだよな。」
お尻を突き出した姿勢のまま、御主人様とお話をしている。
「いいなぁ。この二匹の性格、行動の違い。
 最近ますます顕著になってきたなぁ。」
御主人様のお話の意図を模索しながら、
それでも、お尻を向けたままの会話は終わらない、、、

「今日は、うまい本格パスタが食いたい、って言ったら、
 ハルは、パスタの有名店を検索するかなぁ。
 レイは、パスタマシーンと小麦粉を買いに走るだろうなぁ。
 それが今のお前達の評価だ。」
「御主人様はどちらをお選びになりますか?」
「バーカ、まだ分からんのか、
 専門店のパスタも、手作りパスタも、
 俺はどっちも食いたいと思うぞ。」

あのぉ、、、浣腸の御調教は、、、、?
まだ伏せしてお尻を突き出したままの姿勢だ、、、、、

「浣腸はヤメだ。
 浣腸器を見ていたら、トコロテンを食いたくなった。
 ハル、お前、どうする?」
「はい、コンビニでトコロテン売ってました。」
「レイは?」
粉末寒天は駅前スーパーで売ってましたけど、、、
トコロテンの天突き器は、ホームセンターで売っているかしら、

「俺的には、レイの勝ちの気がするな。
 浣腸液を押し出すと、トコロテンを押し出すを、
 レイはしっかり理解している。
 ハルは、トコロテンを食う、それだけに視線が向いている。
 でも、天突き器がゲットできなかったら、
 レイの想いは、想いだけで終わっちまうよな。
 さぁ、コンビニトコロテンか、
 手作りトコロテンか、勝負だ。」


ホームセンターで天突き器を見つけた時は、
人目もはばからず大声を上げてしまった。
あった、あったぁ、って。


粉末寒天を煮て、バットに流し、冷えるのを待つ、、
それから、天突き器の大きさに切って、、、、
その後はもう、子供の遊び場状態だ。
天突き器からニョロって感じで出てくるトコロテンがおかしくて、
天突き器をを取り合いしながら、大量のトコロテンを作ってしまった。
ダイエットには最高かもしれないけれど、こんなに食べきれるかぁ。



御主人様が、しみじみと浣腸器を眺めている、、、、

御主人様、食べ物で遊んじゃダメですよ。
思わずそう言った。
だって、いまにも寒天を浣腸器に入れそうだったから、、、、


どんなトコロテンになるか、見てみたい気はしたけれど、、、



 

PageTop

そこで一言

今日はちょっと寄り道。

こんな事を言ってはいけないのかもしれないけれど、
冷静に考えると当然ながらSM行為には、たくさんの矛盾がある。
でも現場では、
その御調教に夢中になって、それを受け入れるし、
矛盾なんて事自体を忘れている。
矛盾があろうがなかろうが、
御主人様が満足なさって、私達がそれを享受しているのだから、
他人様にどうこう言われる筋合いではないのだろうけれど。

それでも、時々、その矛盾で遊んだりもする。
しっかり厳しくいただいた御調教の後、
夕飯やお酒で、ゆっくり、まったりしながらのアホゲームだ。

ネットで拾ったSM画像に、一言、セリフを入れる。
そのままストレートでは、もちろん失格だ。
一ひねり、二ひねりして、やっと合格点に達する。

だだし、合格点が満点とは限らない。
たぶんまぁまぁの60点くらいなのかもしれない。
でも、その場でそれなりの笑いをいただければ、合格。

そんな『そこで一言』を、少しだけご紹介。


 ****************************************


   
 あれぇ、私、家を出る時、ガスの元栓、閉めたかしら、、、、



   
 メーカーからのお願いです。
 ヘルメットは、頭にあったものをお使いください。



   
 三番線に電車がまいります。
 白線の内側に下がってお待ちください。



   
 いつも言っているだろ。
 寝る前にはちゃんと歯を磨けって。



   
 あぁぁぁ、、、眠い。
 昨日、徹夜だったんだよね。



   
 さぁ、今から15分間のタイムサービス。
 精肉コーナーの牝。半額です!!



   
 はるはあけぼのようようしろくなりゆくやまぎわ、、、
 じゅげむじゅげむごこうのすりきれ、、、
 あぁ、放置調教にも飽きたなぁ、、、オシッコしてぇ。



 
 先頭車両は女性専用車両です。
 お間違えないようご乗車ください。



   
 うぉぉぉ、、
 やったぁ、やったぜぇ!!





 ******************************

アホです。
まぁ、これはこれで、とても楽しいのですが、
現場で瞬間的に傑作を生み出すというのは、
なかなか至難の業なのであります。


よろしければ、皆様も『そこで一言』ご投稿ください。



じゃぁ、又。       レイ


 

PageTop

筋肉ポーズ

「初めて女を抱いた時、
 男と女の骨格の違い、女の肩のひ弱さに驚いた記憶がある。」

全裸で気をつけする私達の肩を撫でながら、
御主人様がボソッとおっしゃった。
そして、続けて、、、

「でもな、そのひ弱さと同時に女の曲線に感動した記憶もある。
 ほら、どっかの国の女子アスリート達がさ、
 活動費確保のためヌードカレンダー作ったことがあっただろ。
 一流アスリートでも、女の曲線は美しい。
 いや、一流アスリートだから美しいのかなぁ。
 お前達も、筋肉ポーズしてみろ。」
筋肉ポーズ、、、、?
腕を撫で、首筋を触り、胸を鷲づかみして、
股間で遊んだ御主人様の掌が、腿、足首と下りていく、、、



今朝早く、Jさんのお墓参りをしてきた。
初めて抱いた女性って、Jさんの事かしら、
ふと、そう思った私。
御主人様も、そんなご自分の言葉に照れるように、
「お前達はいい躰をしている。
 手羽もせせりも、胸肉、ささみ、腿肉、どこもうまそうだ。
 よし、今晩は鶏料理食いたくなったぞ。」





牝奴隷の私達でよろしければ、
手羽的腕のお肉や、胸肉、腿肉はご提供できますけど、
私の『ささみ』ってどこにあるのかしら?
そんな事を思いながら、今晩の鶏肉料理を考えている、、、

焼き物、煮物、蒸してもいいなぁ、、
ご飯は、鶏肉の炊き込みご飯、、?



もちろん、Jさんの分もいれて、四人前だよね、、、





            2015年6月13日の事です。
 

PageTop

今日だけは

突き出された二つのお尻を、
左右からの鞭が蹂躙していく。
右からの鞭が私のお尻を強打し、ハルさんのお尻を舐める。
返す鞭が、ハルさんのお尻を打ち、私のお尻を撫でる。

そして、袈裟がけの鞭が二匹のお尻を同時に切り裂き、
叫びを強要する。

「ハル、レイ、堕ちろ!
 堕落という快楽に彷徨え!」

体の震えも、苦痛も、叫び声も、全てを理解なさって、
さらなる牝奴をお求めになる御主人様の鞭、、、






お墓参りで、思いだしてしまったのか、
鞭御調教のさなか、ふと漏らした御主人様の言葉。
今日だけは、、Jと呼ばれても、、、
「J、もっと物欲しそうにケツを振れ!!」



「はい、御主人様。」

今日だけは、この日だけは、
私達、Jさんでいい、、、



            2015年6月13日の事です。
 

PageTop

トーイングカー

ねぇハルさん、飛行機ってバックできないの知ってる?

「バッカじゃない。
 飛行機の子作りは正常位って決まっているのよ。
 何をいまさら、そんなこと言いだして。」

飛行機の子作り、、? 意味不明だけど、、、、
先日、出張帰りの飛行機の時間、13時と午後3時を間違えてさぁ。
展望ラウンジでコーヒー飲みながら、2時間も過ごしたのよ。
初めのうちはさ、離着陸する飛行機を眺めていたけど、
そのうち、地上で仕事する車に目が行ってね、
ムカデのようなコンテナドーリーとか、いろんな車があるでしょ。
それで初めて気づいたのよ。
あぁ、飛行機は自分でバックできないんだぁ、
駐機場から、小さな車に押されてバックしている、、、ってね。
トーイングカー
「それは、トーイングカーっていうのよ。
 だからさっき言ったでしょ。飛行機の子作りは正常位なの。
 トーイングカーは、逃げられないように飛行機の脚を掴んで、
 前から正常位で無理やり犯しちゃうのよ。
 初めは嫌がっていた飛行機も、やがて快感を感じてさ、
 ついには、オルガスムスに達するのよ。」

飛行機のオルガ? なんじゃそれ。

「考えてごらんなさい。何百トンもある鉄が空を飛ぶのよ。
 そんなことあり得る? 不思議でしょ。
 トーイングカーに犯されて、オルガに達した飛行機は、
 身も心も解放されて、空を飛んでる気分になるのよ。
 ジェットやプロペラなんかは、しょせん補助動力。
 飛行機のオルガが、空を飛ばせている、ってわけ。」

すげぇ論理展開だぁ、、、
じゃぁ、トーイングカーが雄、飛行機が雌なのかぁ、、

「そうよ。だからトーイングカーが飛行機を『押す』、、、」

バカ話は、オヤジギャグの大爆笑で終わった、、、、、

 

PageTop

ネギとスーツ

買い物帰り、駐車場へ向かう私をしみじみ見ながら、
御主人様がおっしゃった。
「いいなぁ、お前はネギが似合うな。」
意味不明じゃぁ、、
まさかオバサンっぽいっていうんじゃないですよね。

「いや、それなりの褒め言葉だぞ。
 レジ袋からはみだした長ネギ。
 傍からは堅実な若妻のように見えて、
 家に帰れば、実は、縄や鞭に悶え狂う牝奴隷、、、
 なっ、映像が見えるようだろ?」
まぁ、陳腐だけど、、
それなりに憧れるパターンかもしれない、、、、、

「もっと言えばだな。
 スーツ姿でネギを買ってほしいな。
 あそこには行ってはいけない、、、
 そう思いながらも、御主人様のためにネギを買うOL、、
 ん~ん、人妻とOLと、どっちのシチュがいいかなぁ。」
ますます陳腐ではあるけれど、、、
若妻OLって設定はいかがでしょう、、、、、、、


        若妻OLの、、ネギ、、、、


「レイさん、私が袋、持ってあげるわ。」
負けじとハルさんが、奪うようにレジ袋を持った。

はいはい、ありがとね。
ハルさんだって、ネギが似合ってるわ。
それなりに若妻OL牝奴隷って感じだよ。


 

PageTop

廃墟

信号で車が止まる。
左を見ながら、御主人様がおっしゃった。

「あれぇ、ここ、さら地になっちまったなぁ。
 ここに何があったんだっけ?」
4,5階建ての汚いビルがあったようなぁ、、、
「世の中、景気がいいんですね。
 旧くなったビルを建て替え、って事なんでしょうね。」
「あぁそうかぁ、、まぁ、バブルの頃とは違うだろうから、
 それなりの目算があっての建て替えなんだろうな。」
「バブル時代はすごかったらしいですねぇ。
 土地転がしとか建築ラッシュとか、、」
「そうだな、投資すれば必ず儲かるっていう、
 それこそバブル神話に踊らされていたからなぁ。
 そして、バブルが崩壊して、
 あっちこっちのマンションや観光施設やホテルが途中で廃棄。
 いまだにそのまま残っている処もあるらしいなぁ。」
「あっ、それ聞いたことあります。
 軍艦島みたいな歴史的廃墟めぐりもあるけど、
 バブル崩壊で捨てられた廃墟めぐりも流行っているって。」
「廃墟めぐりかぁ、歴史的廃墟なら、
 その当時の生活の息吹きと現状との落差の悲哀とか
 その時代へのノスタルジーを感じに行くのだとしても、、
 生活感のまるでない建設途中の廃墟は、虚無だけだろうな。」
廃墟めぐりですかぁ、、なんか心霊スポットみたいで怖いです。
「廃墟と心霊スポットは全く別物だろ。
 人間がかかわれば、廃墟は廃墟として再生するわけだからな。
 そういう意味じゃぁ、廃墟めぐりなんかも一役かってるのかな。
 まぁ、俺なら、違う使い方で貢献できると思うがな。」
「廃墟に貢献? どうなさるんです?」
「そんなの決まってるだろ。逆さ吊りで鞭打ちして、
 廃墟中に、牝の叫び声と喘ぎを充満させるのさ。
 廃墟は廃墟なりに喜んでくれると思うぞ。」

よく分からんが、、こんなイメージ、、、、、

   廃墟で逆さ吊緊縛、、、、


それとも、、こんな、、、、

 廃墟の逆さ吊は、、、、、





後ろから、催促のクラクションを鳴らされて、
ようやく青信号に気づき、動き出した私達の車です、、

 

PageTop

雨ざらし

雨宿り、、、
アメヤドリじゃなくてアマヤドリと発音する日本語が素敵だ。
長い歴史で変化した音便の変化なのだろうけれど、
なんとなく、言葉の音としての色気を感じる。

雨垂れ、雨音、雨水、雨漏り、、、
雨傘、雨靴、雨具、雨戸、雨樋、、、全部アマ、、だよね。

でも、、M女的には、、、雨ざらし、、かなぁ。

雨ざらしの御調教、、、、
  そぼ降る雨が、少しずつ私の体温を奪っていく。
  窓ガラス越しに見つめる御主人様の視線が突き刺さる。
  もう少し、もう少し、頑張っていたいのだけれど、
  後手縛りで、雨ざらしの御調教は辛い、、、
  冷えた体の震えが止まらない、、、
  どうか、御主人様、もう、、もう、、お許しください、、
  雨の中で、お許しを乞う、、、


まぁ、これも別な意味での『雨乞い』、、かしら?





根性なしの太平洋高気圧のせいで、
停滞した梅雨前線が鹿児島に記録的降水量をもたらして、
南東北の梅雨入りも、記録的な遅さだったとか。
これからの雨の季節、
人的にも作物にも被害がない穏やかな雨でありますように、、



 

PageTop