FC2ブログ

御主人様と二匹の奴隷達の物語

レイが綴る牝奴隷ハルとレイの物語、、、、、。ほんの偶然が、私を、、、。

そうだ、広島へ行こう

5月27日、オバマ大統領が広島に来た。
米国内の沢山のシガラミを乗り越えて、だったのだろうけれど、
その決断と勇気には敬意を表する。

    

近親者に被爆者がいるわけでもないけれど、
かつて広島を訪れて原爆資料館でその悲惨さに涙し、
毎年、八月六日には、西の空に黙祷を続けてきた私は、
大統領の演説を、ある感慨を持って見つめていた。
この演説が、核兵器の惨禍を知らない全ての人々に届けと。


そしてオバマ氏は一人の被爆者の肩を抱いた。
その被爆者こそ、森重昭氏。
捕虜として広島で被爆し犠牲となった12人のアメリカ人を、
長い時間をかけて調べ上げたその人なのだそうだ。
敵、味方ではなく、人間として犠牲者を悼み、
心の底から核兵器を否定したに違いないその姿勢が素晴らしい。
後追いではあったけれど、その記事を読み、
もう一度、映像を見なおして、感動してしまった私。


広島でのサミット開催には反対し、
「私は、自分の意志で広島に行く」と言ったというオバマ氏。
チェコのプラハ演説後から、
『そうだ、いつかは広島へ行こう、』と思っていたのか、、

大統領の演説はこう締めくくられている。
 「世界はこの広島によって一変しました。
  しかし今日、広島の子供達は平和な日々を生きています。
  なんと貴重なことでしょうか。
  この生活は、守る価値があります。
  それを全ての子供達に広げていく必要があります。
  この未来こそ、私たちが選択する未来です。
  未来において広島と長崎は、核戦争の夜明けではなく、
  私たちの道義的な目覚めの地として知られることでしょう。」



核兵器はもちろん、戦争も紛争も無い平和な地球になるように、
世界中の子供たちにとっての明るい未来がやってくるように、
オバマ氏の演説が単なるパフォーマンスで終わらないように、
ひたすら願う私であります。



  広島原爆の日、長崎原爆の日、終戦の日を前にして

                         レイ       

 

PageTop

リオ五輪

「いよいよ、オリンピックかぁ。
 レイ、お前のお勧めはだれだ?」

私は、競泳女子の事しかよく分からないんです。
前回のロンドンだって、ひたすら寺川綾選手でしたから。
今回のリオは200m平泳ぎの金藤理絵選手を応援かしら。
寺川選手と五輪決定が似てるんです。
寺川選手同様、8年越しの想いだし、
日本新記録での決定も、同じなんですよ。
2分19秒台ですから、世界とも十分に戦えます。
「お前、やけに熱く語るじゃないか。他には?」

他の選手なら、、、、池江璃花子選手かなぁ。
だって、日本選手権100mバタフライで日本新記録をだして、
その他、リレー3種目決定と思ったら、
なんと、自由形3種目も追加エントリーなんですよ。
4年後の東京五輪を見据えてかもしれないけれど、
日本水連は、いったい何を考えてるんじゃぁ、です。
もし、全種目決勝まで残ったら、8日間で18レースですよ。
いくら若いといっても、過酷過ぎます。

「池江璃花子かぁ、、まぁ、かわいいけど、ダメだな。
 まだ16歳だぞ。俺、淫行で捕まっちまうだろ。」
おいおい、そこかい。
「競泳なら、鈴木聡美は美人でいいな。」
おいおい、鈴木聡美選手は、ロンドンのメダリストだぞぉ。
見目形じゃなく、ちゃんと競技の内容で評価してくれぇ。

御主人様と話をしていると、
美人かどうか、スタイルがいいかどうか、、、
やがては、キャメルトゥにまで話が膨らんでしまいそうで、、

はいはい、御主人様流で、御存分に五輪をお楽しみください。
外国人選手はもっとスタイルがいいですよ。




現地時間で8月5日から、
時差が12時間あるので、日本時間では6日から、
リオデジャネイロオリンピックが始まる。

ジカウィルスの心配とか、
ロシアのドーピング問題とか、
選手村の窃盗事件とか、
街全体の治安の悪さとか、
政治的混乱とか、
テロの不安だって忘れてはいけない。

いろんな外的問題はあるだろうし、
背負っている、あるいは、
背負わされてしまった外圧もあるのだろうけれど、
最後は自分自身。
選手の皆さん、自分を信じて、集中して、
最高のパフォーマンスを私達に見せてください。

地球の裏側から、しっかり応援しますよ!!



 

PageTop

ステンドグラス

「できたよぉ!」
ハルさんが、パソコンの画像を誇らしげに掲げた。
なにこれ。
「見たまんまよぉ。」
ステンドグラス?

   

「なかなかいいでしょ?」
ステンドグラスっていうと、赤、青、黄、ってイメージだけど、
この色使い、なかなか素敵だわ。
もちろん、『吊り牝奴隷』っていう題材も含めてね。
だけど、礼拝堂に、って訳にはいかないわね。

「もちろんそれはそうよぉ。
 SM礼拝堂があったら別だけどね。
 これはね、御主人様のお宅の窓の装飾よぉ。
 御主人様が目を向けると、ね、
 いつでも、私とレイさんが吊られてるのよ。」

うん、まぁ、おもしろいけど、窓は大きすぎて無理ね。
透明フィルムに印刷して、ガラスとかプラ板に貼ってぇ、、、
フォトスタンドみたいにしたら?
「よしゃ、それいいアイディアだ。いただきぃ!
 だったら、SMステンドグラスのバリエーション、
 もっと増やさないとね。」



いつの日か、完成品をお見せできる日が来るかもしれない?

 

PageTop

精霊馬

夕刻、紗江さんの料亭にやってきた。
「いらっしゃい。
 一日早いかもしれないけど、迎え火、焚いてました。
 ちょっとでも早くあの人が来てくれるように、ってね。」
「だったら、精霊馬が必要だろ。」
「あぁ、そうねぇ、そこまで気がまわらなかったわ。」

ショウリョウウマ、、ってなんですか?
「なんだ、知らんのか? 茄子や胡瓜で作る牛と馬だよ。」
「早く来て欲しいから、お迎えは胡瓜の馬。
 お見送りはゆっくり帰ってほしいから、茄子の牛。
 そんな言われ方されてるみたいよ。」
「おぉ、ちょうどここに、牝奴隷精霊馬がいるから、
 迎えに行かせるか。」
「あぁ、そうねぇ。あの人と、Jさんだから、2頭よね。
 馬を引く馬子も居るしね。」
「よし、ハル、レイ、脱げ。当然アヤもな。」


馬子の彩さんが先導して、手綱を引かれているかのように、
2頭の牝奴隷精霊馬が、玄関先から東屋周りの芝生を歩く。

紗江さんのご主人とJさんの霊を、
無事お迎えすることはできたのだろうか、、、


一つだけ確かな事は、
玄関を入る前に、もうお盆の御調教が始まってしまった、
という事なのだろう、、、、、、、




          2016年8月12日 夕方の事でした。
  

PageTop

ツボ

「クアァァ、、、」とおっしゃいながら、
一気にビールを飲み干した御主人様の視線が、
茶箪笥の上で止まった。
「なんだ、紗江、又、ゴルフを始めたのか?」
「ゴルフはとっくに引退しましたよ。
 あぁ、このゴルフボールですか?。
 このボールは、ツボ押し用なんです。
 組合の役職になっちゃってから、事務仕事が多くて。
 普段の仕事は疲れないのに、事務仕事はどうもねぇ。
 肩は凝るは、背中は張るは、でね。
 アヤがいる時は、マッサージしてもらうけど、
 一人の時は、このゴルフボールで、セルフツボ押しですよ。」
紗江さんがそう言いながら、ツボ押しを実践してみせる。
椅子に腰掛けて、足裏でボールをコロコロしたり、
ボールを何個も入れたパンストで、背中を拭くみたいにして、
背中コロコロローラーにしたり、、
「ふ~ん、紗江はツボに詳しいのか?」
「いいえぇ、いろいろ調べましたけど、沢山ありすぎて。
 このコロコロローラーで、キクゥって所とか、
 気持ちいいわぁ、って所がツボだって勝手に決めてますよ。」

「ハル、レイ、気持ちいいわぁ、って所がツボらしいぞ。」
意味不明でぽかんとしている私を尻目に、
ハルさんが素早く動き出した、、、、
ゴルフボールコロコロローラーを股間に挟んで、
前後させながら、刺激する、、、
交代で私もさせられて、、、、
まぁ、クリの刺激が気持ちいいかもしれないけど、、、、

「どうも今一つ興が乗らんなぁ。
 やっぱりお前達はゴルフボールより縄の瘤がいいのか?」





恥ずかしい格好で縄の瘤を渡りながら、ハルさんが叫んだ。
「キクゥゥゥ、、、」
ここが、私達のツボ、、なの?

ツボかぁ、、、、
突然、コマーシャルが頭の中に流れ出した、、、

 ♪ しんしんと しんのしんまで沁みてくる ~ ♪

やべぇ、、、せんねん灸じゃん、、

お灸かぁ、
縄の瘤の次は、、、、、




当然のように、赤い蝋燭で、ツボ刺激された私達です、、、




          2016年8月12日 夜の事でした。

PageTop

ヨガ

「縄をかける時、いつも思う。アヤは体が柔らかいよな。」
「アヤは昔、ヨガの講師をしてましたからね。」
「紗江様、それは大げさです。
 専門学校の学費稼ぎのためにバイトしていただけです。
 インストラクターの助手のその下のお手伝いですから、
 見よう見まねで、本質的なことはよく知りません。
 まぁ、体は柔らかい方だとは思いますけど。」
「助手でもいいから、一連の動きやってみなさいよ。」
彩さんが、拝むようなポーズから、いろんなポーズをしていく。
よく分からないけれど、なにかの意味と効果があるのかな?

「ゆっくりした舞踊みたいで、
 見てるだけでも、いいもんだな。」
「どうせなら、体の線がもっと見えた方がいいけどね。」
「そりゃそうだ。観客がいるんだからな。
 牝奴隷ヨガは、ひたすら観客のためにポーズするべきだ。」
「私と賢治さんがポーズをリクエストするってのはどう?」
「おぉ、いいな、それ。」
全裸の三匹が、お客様のためだけに、ヌードヨガを行う、、
もちろん私達はよく知らないので、
彩さんを横目で見ながら、ポーズを真似していく。

先ほどと同じように、一連のポーズを終えると、
御主人様がおっしゃった。
「そうだなぁ、、、最初は、、、
 『どうか私のオマンコを見ないでください』、のポーズ!」
ちょっと考えた彩さん、、
「木のポーズ、、かしら。」
一本脚立ちで、逆の脚をそこにからませる、、
慌てて私達も真似をするけど、
一本足で、安定して立つのはむずかしい、、、。



「次は私の指令ね。
 ん~ん、『絶頂、、私イキそうです』、のポーズはいかが?」
彩さん、さすがにこれには困ったようだ、、、
少しもじもじしてから、それでも、、、
「下向き犬と上向き犬のポーズ、、かしら、」
そう言いながら、お尻をあげて三角形のような四つん這い、
そこから、お尻を下げて、背中を反るようなポーズ、、、
私達もそれをなぞるように『イキそうですぅ』のポーズ。
「おっ、卑猥でいいな。
 バックから犯されて、オルガ、かぁ。
 半眼、口も半開きだともっといいけどな。」



「よし、次は、、、、
 『オマンコ、アナルを晒しながら、羞恥に震える』!!」
私達は、彩さんがどんなポーズをするのか、じっと見ている。
しばらく悩んだ後、、、
「やっぱり、カラスのポーズかなぁ」って。
両腕でバランスをとりながら、膝を肘にのせる。
確かに股間は開くし、辛い姿勢で、腕が震える、、、、
「アヤ、発想は褒めてやるが、向きが違うだろ。」
「申し訳ございません。」
彩さんが、お尻を御主人様に向けて、もう一度カラスのポーズ。
「いい格好だわ。
 ねぇ、三匹に競争させましょうよ。
 一番長くオマンコ晒した牝が一等賞のご褒美よ。
 よーいドン!!」

どう考えても、彩さんに勝てるわけがない。
それでも、ハルさんにだけは負けまいと、
必死に股間を晒しながら、腕を振るわせていたけれど、、、




御主人様、紗江様、彩さんで酒盛りが始まった。
私とハルさんは、勝負に負けて、罰ゲーム。
「レイ、『どうか私の胸に蝋燭をください』のポーズだ!」
「ハル、『私には浣腸をお願いいたします』のポーズだ!」
そのたびに、彩さんが、
「ラクダのポーズ、がいいかしら、」とか、
「伸びをする子犬のポーズはどぅ?」とかいいながら、
そのポーズを指導してくれて、、、、、、
いつまでたっても、お酒のつまみ的全裸ヨガは終わらない。

そのうちに、
『後手高手小手、股縄で片脚を吊り上げられた』ポーズ。
そんなご指示をいただいて、それなりの恰好をしたのだけれど、
オリンピックダイジェストの番組が始まって、、



私達は、時々、上げた脚を取り替えるズルをしながら、
遠くからオリンピック映像を観ている、、、、



          2016年8月13日の事でした。

PageTop

今日は朝から、芝生の東屋風ロッジで過ごしている。
外の陽射しは強くても、
東屋が陽を遮り、風も通り抜けて、気持ちがいい。

麦わら帽子をかぶった御主人様が、電動工具を持ち出してきた。
何をなさるんですか?
「あぁ? あぁ、約束だからな。
 棘でも刺さったら使えなくなっちまうだろ。」
11日の山の日にホームセンターで買った電動サンダーで、
芝生周りの柵を必死にヤスリ掛けしておられる御主人様。
目の粗い物から仕上げ用のヤスリまで使って、磨いておいでだ。
柵の整備を紗江さんとお約束でもなさったのかと、
勝手に解釈していたのだけれど。


作業が終わったのだろう、
汗だくのシャツとズボンを脱ぎすてながらおっしゃった。
「ひぇぇー、暑いなぁ。
 ハル、レイ付き合え。シャワーを浴びるぞ。」
私達も慌てて全裸になって、御主人様に従う、、、

御主人様は、蛇口をひねって芝生のスプリンクラーを動かす。
まるで子供みたいに、キャッキャ言いながら、
スプリンクラーシャワーで水浴びしていたけれど、
やがてスプリンクラーの回転部品をはずす御主人様。
噴水のように垂直に水が噴きあがる。
「さぁ、トイレシャワーだ。
 立ちションベンして、オマンコ洗え!。
 シャワーオナニーしてもいいぞ。」
いやぁ、、勢いが強すぎて、、、、、、、、


お昼の素麺をいただいた後、御主人様がおっしゃった。
「どれ、午後の調教始めるか。
 紗江、あそこの柵、使わせてもらうぞ。
 お前も見学しろ。アヤも混ぜていいか?」
あそこの柵、、それは午前中、御主人様が磨いていた柵だ。

多少の標高があるからなのか、
猛暑、酷暑というほどではないけれど、
それでも夏の陽射しは肌を突き刺している。

「お前達との約束だからな。
 声を出した牝が負けだ。勝った牝を使ってやる。」
柵の下に踏み台があって、それに乗って、柵を跨ぐ、、、
柵を跨いで初めて思いだした。約束って、、、、、、
踏み台が蹴り倒された。
腰が落ち、股間に柵の衝撃、、、
グエェ~、、、思わず叫んでしまった、、、
「よし、ここまで歩いてきたら交代だ。」
ぎりぎりの爪先立ちでも、股間に柵が食い込む、、、
『棘でも刺さったら使えなくなる』ってこの事だったのかぁ、、

御調教の展開を見て、分かっていたとしても、
ハルさんも、彩さんも大声で叫んでしまって、勝負にならない。






炎天下、芝生スプリンクラーの水を浴びながら、
三匹の牝がお尻を突き出して、順番を待っている。
どの牝を使おうかと、御主人様は思案中に違いない、、、、、





          2016年8月14日の事でした。
 

PageTop

スイートルーム

「このまえ、、、一肌、もろ肌、脱いでくれたから、ご馳走するわ。」
えっ、学会誌の原稿料でたの?
「うん、だから、レイさんの食べたい物、なんでもいいよ。」
じゃぁ、、あの五つ星ホテルの和食コースを食べてみたい。
「よっしゃ。今週末は御調教だから、ウイークデーだね。
 会社帰りに待ち合わせしてさ。
 ついでだから、スイートルームに泊まっちゃおうかぁ。」
えっ、原稿料、そんなにいただいたの?


会社帰りに待ち合わせて、
名前を聞けばだれでも知っている一流和食のお店に向かう。
先付から始まって、椀物、お造り、煮物、焼き物、、、
どれもこれも、季節感たっぷりで、
繊細な味と華麗な盛り付けで十分に堪能させてもらったし、
少量だけど、お酒も、とてもおいしかった。
止め肴の蛸酢にまで感動してしまった私であります。



食事を終えると、ハルさんは、さっさとホテルを出ていく。
ハルさんの原稿料では無理だとは思っていたけど、
一応、聞いてもいい? スイートルームは?
「レイさん、ちゃんと聞いてた?
 私はね、sweet room って言ったのよ。
 suit room とは言わなかったわ。
 sweet room といえば、当然、ラブホよぉ。
 甘い夜を一緒に過ごしましょ。」
そう来たかぁ、、

もう一つ聞いてもいい?
「よっしゃ、何でも聞いていいよ。どんな体位がいいの?」
ちゃうちゃう、ハルさんの原稿料ってさぁ、
いつも食事とビアンに消えていく気がしない?
「こちとら江戸っ子でぇぃ。宵越しの金は持たねぇのさ。
 いやならいいんだぜ、あちき一人で行くからよぉ。」




にわか江戸っ子のハルさんと、、
結局は大きなお風呂に一緒に入って、
大きなベッドで、スイートな夜でありました。



 

PageTop

リオから東京へ

御主人様、リオ五輪、感動した種目ありましたか?
「感動かぁ、真面目に答えろ、って言ってるのか?」
「真面目と卑猥、、、当然、両方ありますよねぇ。」
「まぁ、感動した、というか、おぉ、って思ったのは、
 吉田沙保里が負けて銀メダルになった時、
 応援席で48キロ級の登坂絵莉が涙拭わず泣いていたシーンだな。
 吉田沙保里の今後は分からんが、
 その想いは、確実に後輩に引き継がれたと思ったぞ。」
あぁ、そんな映像を観た記憶がある。
「御主人様らしい、素敵な感想ですねぇ。」
「俺らしい感想?、、、だったらなぁ、、リオで中継していた、
 NHK広島放送局の上原光紀アナウンサーが可愛いな。」
いやぁ、、それは知らん、、、、


「もっとすごい感動があるぞ。
 自転車女子スプリント決勝がよかったな。」
自転車競技? 動画でも見なかったなぁ。
何に感動したんです?
「ゴール直前、サドル無しの自転車で爆走したんだ。
 なんかSM的股間責めみたいだろ。
 ゴールした瞬間に思わず腰を下ろしたりしてな。」
下したんですか?
「おぉ、股間にポールが突き刺さってさ、
 羞恥と快感と優勝の喜び、ってもんだよ。」
いやぁー、ポールが刺さったっていうのは、さすがに嘘だろぅ。


日本人選手のメダルの感想は?
「あぁ、レイの言っていた金藤は優勝したけど、興味なし。
 まぁ、メダルといえば、バドミントンだな。」

「あぁ、あの5連続ポイントの逆転はすごかったですね。」
「いや、そこじゃない。
 バドミントンなんてじっくり見たことがなかったが、
 スマッシュを打つ時とか、
 ネットぎわのフェイントを拾う格好が、
 大股開きで、卑猥で大変よろしい。」
おいおい、そこかよ、
真面目な感想から、卑猥な感想に移りつつあるぞぉ、、、
「そんな事を考えてるのは、俺だけじゃぁないぞ。
 かつてな、世界バドミントン連盟がさ、
 女子選手のスカート義務化を画策したことがあるんだぞ。
 そうまでしてバドミントンを普及させようとする姿勢が、
 女性蔑視的で最高だ。
 選手の反対で実現しなかったらしいけどな。」
まぁ、女性蔑視、性差別はS男性の理想なんだろうけど、、
「申し訳ございません、
 私達、あんな本格的なバドミントンはできませんよ。」
機先を制するように、ハルさんがそう言った。
「バーカ、俺はまだ何も言ってないぞ。」
言っていなくても、話の展開はだいたい分かる、、



「牝奴隷バドミントン選手権へ向けての練習をする。
 世界牝奴隷バドミントン連盟の規約により、
 ユニフォームは、股縄。
 21点3ゲームで2ゲーム先取のラリーポイント方式のほかに、
 審判による芸術点、卑猥点が加味され勝敗が決まるから、
 本日は、芸術点、卑猥点の徹底的訓練を行なう。」
なんじゃぁそりゃぁ、、、

御主人様が丸めたティッシュをポンと投げる。
片足を大きく踏み出して、大股でそれを掴む、、、
大股は、、、、、股縄が食い込む、、、、
「ハル8点、、、レイ3点。」
背後に投げられたティッシュを後退しながら掴む、、
背伸び姿勢は、、、股縄が食い込む、、、、
「ハル2点、、、レイ7点。」
「審判員様、点数の基準はなんですか?
 私、レイさんより、卑猥にバックしましたけど、、」
「ハルのはわざとらしくてだめだ。
 レイのは、楚々として、勃起度アップだったから7点だ。」

審判員様の勃起度により芸術点、卑猥点が決まるらしい。
半分お遊びで、適当にお付き合いしていたはずの訓練が、
そこからは、ハルさんとの競争で、真剣になった。
審判員様のオチン様を賭けての勝負になったから、、、、

どちらが、何点取ったかは計算していなかったけれど、
「ハル69点、レイ69点、同点だったな。」って。
なんといっても、審判様がルールブックだから、、

バックから、二匹とも使っていただきました。
めでたしめでたし、、、、

牝奴隷東京オリンピックへの道は、まだまだ険しい、、、、

アホ!!



 ps.
 御主人様のマニアック情報、、、
 「バドミントンのタカマツペア、、
  ペアなのにラケットのメーカーが違うんだぞ。
  ヨネックスとウィルソンだった。」
 らしい、、、


 ps.
 いえいえ、まだ、リオが終わったわけじゃない。
 パラリンピック出場の皆さん、
 最高のパフォーマンスを願っています。


  

PageTop

フォトフレーム

いまさら、誕生日を祝ってほしいとは思わないけれど、
誰からも何も言ってもらえないというのも、ちと寂しい。
御主人様、ハルさんからなら、なおさらだ。

夕食が終わり、キッチンでお酒のつまみの準備をしていると、
リビングの電気が消され、蝋燭に火が灯されたようだった。
皿を持ってテーブルに行くと、、
「レイ、誕生日、おめでとう。」
「レイさん、蝋燭吹き消す前に、これ、見て。
 誕生日プレゼントよ。」
赤い蝋燭の手前に、フォトフレーム。
そしてそれは、後手縛りの二匹の奴隷のステンドグラス、、、


    


わぁー、御主人様、ありがとうございます。
ハルさん、ありがとう、、、できたんだぁ、。
先日のアイディアどおり、フォトフレームのステンドグラス。
これ、私とハルさんなの? どっちが私?
「そりゃぁ、オッパイちっちゃい方がレイさんよ。」

その後、ワインと猥談で、お誕生日を祝っていただきました。
もちろん、御主人様へのステンドグラスもありまして、、、
原画で、ご披露いたします。


  

        genga18.jpg

  


  




ハルさん、素敵なアイディア実践ありがとね。


 

PageTop

ネーミング

「ポケモンGOがこれだけ流行ったんだから、
 当然、考えている奴はいるだろうなぁ。」
「まぁ、そうでしょうねぇ。たとえ二番煎じだとしてもね。
 問題は、ゲームとかキャラのネーミングかしら。」
「あぁ、そうかもしれんなぁ。」


御主人様とハルさんの会話にまったくついていけなかった私。
いったい何の話をしてるんだぁ、、、、

ハルさんが、説明画像を作ってくれました。

   

まぁ、何も言うまい、とは思いつつ、、、

亀甲縛りの私を捕まえても、cpは7点なのかぁ?


 

PageTop