FC2ブログ

御主人様と二匹の奴隷達の物語

レイが綴る牝奴隷ハルとレイの物語、、、、、。ほんの偶然が、私を、、、。

寝間着

出張帰りのハルさんが、ビールを飲みながらこう言った。
「ビジネスホテルの寝間着ってさ、
 なんか中途半端で、嬉しくなるよね。」
ガウンでもない、バスローブでもない、
ペラペラの前開きワンピースみたいで、
まぁ、『中途半端』は理解できるけど、
『嬉しくなる』、、、、の意味がよく分からない。

「うぅ~ん、そうかぁ、、、
 レイさんならきっと、凄い妄想しながら泊まってる、、
 そう思ったんだけどなぁ、、、、」
ますます意味不明だ。
ビジネスホテルの寝間着で何を妄想するんじゃぁ?

「女性専用ビジネスホテルって銘うっていながら、
 実はここは牝奴隷専用ホテルな訳よ。」
、、で?
「あの寝間着の下に下着を着けているかどうかで、
 牝奴隷の真価が問われるって寸法よ。」
ごめん、私、いつも下着、着けてると思う。
だって、出張お泊りといえども、仕事中だもん、、、、
「レイさんは牝奴隷失格ね。
 突然、夜中に御主人様がおいでになって、検査なさるのよ。」

はい、はい、はい、、、、、、
ハルさんは全裸であのペラペラ寝間着を着て寝た、、、
そう言いたいんだろう。
当然、御主人様の検査はなかっただろうけど、
そんな妄想で、一晩過ごしたのかぁ?


まぁ、私も、次の出張お泊りの時は、
全裸で寝間着にしようかな、、、、、
確かにあの寝間着、、それなりの妄想的説得力があるかも、、






ん~ん、このところ、こんな記事ばっかりで、
御調教的エントリーがないなぁ、、、、、
まぁ、御主人様も私達も、なぜかやたら忙しくて、、
まともに御調教いただいていないので、、、
こんなアホ記事で、ご勘弁を、、、、、、、、
  

PageTop

縛悦

久しぶりの御主人様のマンション。
「御調教、よろしくお願いいたします。」
正座して、ご挨拶さしあげると、
「よし、脱げ!」
玄関フロアで、ゆっくり脱衣を鑑賞していただく。
昨晩、ハルさんと一緒にお風呂に入って、
ちゃんと髭剃りしてきたから、股間は赤ちゃん肌だ。


二匹をしっかりきっちり後手高手小手でしばりあげて、
まるでご自分の作品を確かめるように、
目を細めながら、傍らのコーヒーに手を伸ばす御主人様。

その時、ハルさんがスウっと体を寄せてきて、
キッスしながら、ほほ笑んだ。
私も、うん、って頷く。
そう、やっぱりこうして縛っていただくと、嬉しくなるよね。


伏せの姿勢でお尻を高く持ち上げて、鞭をいただく。
やがて、そのままバックから、激しいズンズンズン、、、、
そんな時でさえ、喘ぎ交じりのキッスを続ける私達、、、



こうして、年末進行的多忙さから解放されたらしい、
御主人様と二匹の奴隷達でありました。

 

PageTop

IR

夕飯後、お酒を召し上がりながら御主人様がおっしゃった。
「なぁ、なんかおもしろい牝奴隷調教ないか?」
おいおい、それを牝奴隷に相談するんかよ、、
なんて思っていたら、ハルさんがすかさず、
「はい、あります。先日、素敵な画像、見つけたんです。
 どこだったっけかなぁ、、、、、」
ハルさんが見つけだした画像がこれ、、、、

   

「御主人様と散歩する私。牝犬奴隷のレイを連れてね。
 とっても平和な家庭のひとこま、って感じでしょ?」
「おぉ、確かにS心を刺激する画像だな。
 でも、これは散歩じゃないな。
 この通路は、どこかのコンコースみたいだ。」
「そうですねぇ、、、、
 でも、駅や空港やショッピングモールじゃなさそうですね。
 正面だけがやけに明るいってのが、ヒントかしら、、」
「おぉ、分かったぞ。
 自民党が会期末に無理やり通過させたIRだ。」
「Integrated Resortですか?」
「そう、ここは統合型リゾート施設入り口のコンコースさ。」
「複合型集客ですから、いろんな趣味嗜好のお客さんが来ますね。
 当然、SMルームとか、牝犬奴隷SMショーもありですよね。」
「牝犬レイをそのショーに出演させてもいいし、
 なんだったら、レイを売り払って、
 その軍資金でカジノで遊んでもいいな。
 IRが楽しみになってきたなぁ。」

おいおい、私を売り払ってカジノかよぉ。
ギャンブル依存症の極みじゃろがぁ。


酔っ払いが二人だけで盛り上がってしまって、
私が何も言えないまま、そういう事に決まったらしい。

 

PageTop

スパークリングワイン

「スパークリングワインを買ってさ、
 オマンコでのコルク抜き大会やろうか。」

「それは無理でしょう。」
「よし、じゃぁ特別、アナルでもOK、でどうだ?」
それでも、無理だと思います。
それに万が一コルク抜きに成功でもしたら、
あの勢いですもの、アナルもオマンコも使えなくなりますよ。
「それは大丈夫だ。
 レイのが壊れても、ハルがいるから。」

世の中広しと言えども、
ワイン売り場でこんな会話をしている人はいないだろう。
売り場の店員さんには、ワインを検討しているお客様、、、
そう見えただろうけれど。


店員さんお勧めの白のスパークリングと赤ワインを買って、
次はメインディッシュを物色し始める。

御主人様、ビーフですか、チキンですか?
「ん~ん、ロースト牝奴隷がいいな。」
「残念ながら、、、売っていそうにありませんねぇ。」
「売っていなければ、自分で作ればいいのさ。
 ハルのケツから串を刺して、ゆっくりローストでどうだ?」
「どうして私なんですか?レイさんの方がいいと思います。」
「いや、ハルは調理できないだろ。調理ははレイの仕事だ。」
まぁ、私もロースト牝奴隷は、料理した経験がないけど、、、

世の中広しと言えども、
お肉売り場でこんな会話をしている人はいないだろう。
売り場の店員さんには、お肉を検討しているお客様、、、
そう見えただろうけれど。


「このケツの丸みがハルに似てるから、これにしよう。」
御主人様が丸鶏のローストチキンを二つお選びになった。


 
あとはぁ、、サラダとスープと、、、、
ローストビーフやスモークサーモンのカナッペもいいかな、、
でもさぁ、丸鶏のローストってさぁ、
なかなかうまく切り分ける事ができないんだよね。
どうしようかなぁ、、、、


そんなこんなで、クリスマス料理の調達が終わった。 

 

PageTop

ローストチキン

「それでは、ローストチキンの切り分け方を指導する。」
縛り上げたハルさんをチキンに見立てて、
御主人様の指導が始まった。

「右手に包丁、左手にフォークを持つ。
 左手は素手の方が楽かもしれんが、
 客の目の前で切り分けるんだから、フォークが正しい。」
とか言いながら、右手にバラ鞭、左手には乗馬鞭だ。
「まず手羽、次に、もも肉を切り離す。」
 フォークで抑えながら脚の付け根と肩関節に包丁をいれる。
 このあたりだな。」
乗馬鞭で抑えるようにして、
ハルさんの肩と股間近くにバラ鞭が飛ぶ。
「関節があるから、切るというより引き離す感じだ。」
両肩、太腿左右に鞭が飛ぶ。
「次は、胸肉とささみ、だな。
 中心から少しずらして包丁をいれる。
 ささみが見えたら、それをよけるようにして切り落とす。」
乳房から股間に向かってバラ鞭が飛ぶ。
「レイ、分かったか、こんなもんだ、、、、たぶん。」
たぶん?
「あぁ、俺も実際やったことがない。
 パーティーでシェフがこんなふうにやっていた、と思う。」



メインのローストチキン。
私がシェフ役で、御主人様とハルさんに取り分ける。
まぁ、それなりに綺麗にさばけたかなぁ。

さぁ、食事の用意はできたぞ、って思ったら、
御主人様がスクッと立ちあがって、
「掌を机に置き、目を閉じて祈りなさい。」
って、まるで神父様のようにおっしゃった。
「社会に背を向ける罪深き牝奴隷達よ。
 お前達の罪は、この火に焼かれ、この蝋で固める事により、
 許されます。さらなる変態の道に精進しなさい。アーメン」
私達の手の甲に、蝋燭が垂らされる。
私達ももっともらしく、
「ありがとうございました。アーメン」って。


オマンココルク抜き競争はもちろん無くて、
御主人様が開けてくださったスパークリングワインで、
「メリークリスマス!!」って、乾杯しました。
ローストチキンはとてもおいしくて、
骨の間に残った中落ち肉まできれいに食べて、、、、、
さぁ、明日はこの骨で、鶏がらスープもいいなぁ。



御主人様と二匹の奴隷達の変態クリスマスイブでありました。


            2016年12月24日の事でした。
 

PageTop

野菜高騰

野菜の高値が続いている。
台所を預かるキッチン奴隷としては辛いところだ。
だいぶ落ち着いてきたよ、って言われても、
高値安定、一時よりは少し値下がり、、って感じだろう。
今年は、丸ごと白菜を漬けるのはあきらめて、
ざく切りの浅漬け程度だ。


1月沖縄や奄美での数十年ぶりの降雪に始まって、
4月には熊本で震度7の大地震。
6月に利根川ダムの貯水率が激減と思いきや、
8月には台風7号が日本を縦断、
たて続けに、台風9号、11号、そして東北初上陸の10号。
9月にも台風16号が被害をもたらした。
鳥取、福島県沖でも震度6ほどの地震が起きた。
桜島、阿蘇山での噴火もあったし、
11月には都心での積雪があったり、
雪慣れしているはずの北海道でも、ドカ雪に悩まされたり。
なんといっても、異常気象、自然災害の年だった。
被害にあわれた皆様には心よりお見舞い申し上げます。

日本だけではない。
観測史上、最も高くなった世界の平均気温。
各地で相次ぐ干ばつ。猛威を振るう巨大なハリケーン。
世界で地球温暖化の影響とみられる異常気象が相次いでいる。
台湾、エクアドル、イタリア、ニュージーランドと、
大地震の災害も伝えられた。
地球全体が、少しずつ少しずつ、狂ってきているのだろうか。
『パリ協定』からの脱退を公言したトランプ次期大統領。
おいおい、お前が率先して動かにゃ、何も解決せんぞぉ。


、と、まぁ、愚痴で終わるのもちょっと癪だけれど、
今年のブログは、ここで筆を置くことにする。
年末年始は3年ぶりに紗江さんの料亭で過ごす事になった。
はてさてどんな展開になる事やら、、、




読者の皆様のおかげで、今年もブログを続ける事ができました。
今年もお世話になりました。来年もよろしくお願いいたします。

それでは皆様、よい年をお迎えください。


じゃぁ、又。             レイ
 

PageTop