FC2ブログ

御主人様と二匹の奴隷達の物語

レイが綴る牝奴隷ハルとレイの物語、、、、、。ほんの偶然が、私を、、、。

特別警報

さきほど御主人様から連絡があった。
心配していたので、ほっと一息だ。
大雨特別警報が発せられた某地に出張中だったから。

「ホテルに缶詰め状態で、仕事にならなかった。」
と、愚痴っておられたけれど、お仕事よりも無事が何よりだ。

平年の7月一か月の2倍3倍の雨が降った地区もあったとか、、、
昨年の九州北部豪雨も今ごろだったし、
このところの気象はちょっと異常だ。
地球全体がおかしくなっているのだろうか。

亡くなられた方にお悔やみ申し上げると共に、
被害にあわれた皆様には、お見舞申し上げます。
まだまだ、河川の氾濫や、土砂崩れの恐れも残っているらしい。
油断せず、自分の命を守る行動をとられるよう、
お願いとお祈りを申し上げます。


 

PageTop

作品

ハルさんとの間に、何かワダカマリが残るんじゃないかなんて、
ちょっと心配していたけれど、
二人の生活は、なんら変わる事がなかった。

慌ただしい出勤前のトイレ争奪戦はいつも私が後手を踏み、
「大、小? 小だったらバスタブでいいでしょ。」
ってな具合だし、
夜お酒を飲みながら突然私を抱き寄せキッス。
いきなり舌にかみついて、私のゆがむ顔を楽しみながら、
「急に牛タン食べたくなってさ、レイタンで我慢するわ。」
ってな感じだ。

昨晩、ハルさんがお酒を飲みながらこんな話をしだした。
「御主人様がおっしゃったわ。
 『ハルは俺が躾け育てた。』って。
 そして、『レイは勝手に育っちまった。』って。
 つまり私は御主人様が苦労して作り上げた作品で、
 レイさんは意図せず出来上がった駄作なわけよ。」
そこまではおっしゃってないわよぉ。
それに、小説で作家がよくコメントしてるでしょ。
意図せず主人公が勝手に動き出して傑作ができた、なんてさ。
「まぁ、解釈は自由だけど、
 やっぱり私が第一の牝奴隷で、レイさんは最下層って事よ。
 もっと言えば、
 私は御主人様の下でしか生きられないけど、
 レイさんは、他のどんな御主人様とでも生きていけるって事よ。」
御主人様は、そんな事おっしゃってないわ。

「冗談よ。
 なにそんな深刻な顔してんの?
 もしかして、惨めに追い詰められた自分を妄想して、
 オマンコ濡らしてるんじゃない?
 こっち来なさい。確かめてあげるわ。」


そんなこんなでビアンに流れちゃったんだけど、
御主人様ぁ、そんな事お考えじゃないですよねぇ。
私も、御主人様の下でしか生きられないんですから、、、


  

PageTop

商品開発

会社帰りハルさんと待ち合わせて買い物をした時、
「ちょいとそこで一杯やっていこうか。」
私の返事も待たず、一件の飲み屋に入るハルさん。
スタンディングバーとでもいうのだろうか、
ふらっと立ち寄って一杯飲む、そんな感じのお店。
ハルさんは水割り、私はビール。
本当に一杯で帰ろうと思っていたら、
ハルさんはハルさんの向こう隣の男性と盛り上がってしまい、
私は、ひとり取り残された感じになってしまう。
一人の男性が話しかけてきた。
入社3年目って感じのサラリーマン風だ。
まぁ、お付き合いでとりとめのない話をしているうちに、
仕事の愚痴を言い出した。
「僕、商品開発部なんですけど、
 各部門の横の連絡係、コーディネート役になっちゃって、
 マーケティングと企画と営業と製造部門の板挟みで、
 なかなか一本化できないんです。」
おいおい、年上女性に愚痴を言って、
おぉよしよし、あなたはがんばってるよ、
とでも言ってほしいんかぁ。それとも稚拙なナンパなのかぁ。
わたし的には、急にシラケた感じだった。


帰りの電車の中、
「レイさん、若い男性と楽しそうにしてたじゃん。
 何を話してたの?」
うん、牝奴隷市場の話。
「えっ、、」

世の中でどんな牝奴隷が求められてるか市場調査して、
牝奴隷の調達を考えて、調教計画を立てて、
セリ場は都会がいいか地方の温泉宿がいいか検討して、
それまで牝奴隷をどこに監禁するか考えて、
さらには、売れ残った牝奴隷をどうするかも問題で、
なんとか完売、再注文を目指してるんだって。
「ほんとに?」
まさかぁ、冗談だよ。

まぁ、どんな商品を開発してるのかは聞かなかったけど、
牝奴隷市場の裏側的物語が書けたら面白いなぁ、
なんぞと考えている私。
真面目な商品開発の苦労話を装いながら、
じつは、牝奴隷市場の商品開発だったというオチはいかが?


 

PageTop

部品交換

脚を開き膝を曲げ腰を落として股間を晒す二匹の牝奴隷。

目視検査ならぬ視姦検査をなさり、
指差し確認ならぬ指挿し確認をなさりながらおっしゃる。
「あぁ、なるほどこういう構造になっているのかぁ。
 よし、じゃぁここのネジを弛めて、、、、」
二匹の牝のクリトリスをつまみ、捻るようになさる。
それから何かを引き出すような動作。
そして左右を入れ替えて、こんどは押し込む動作。
二匹の牝のクリトリスを、さっきとは逆に捻って、、、

「レイのオマンコのハルと、ハルのオマンコのレイ。完成だ。
 どれどれ、具合はどうかな。」
代わる代わる牝を犯して、
「レイの顔したハルマンコ、ハルの顔したレイマンコ。
 どっちもなかなかいい味、出してるぞ。」

使っていただいたから、それはそれで嬉しいけど、
いったいこれは何なんじゃぁ、、、、
「ん? 
 まぁ、いろいろあったからなぁ、、
 お前達の関係がギクシャクしていないかと思って、 
 牝奴隷の部品交換で気分転換してみたんだ。
 ただ、アナルの取り外し用ネジが見つからないから、
 それはそのうち、だな。」


お心づかいはありがたいけれど、
その表現が『オマンコ交換』というのも、
独特というか御主人様らしいというか、、、



     2018年7月14日海の日がらみの3連休初日です。

 

PageTop

部品交換オナニー

夕食が終わり、お酒と肴の用意をしてリビングに戻ると、
ハルさんが大股開きでテーブルに立っている。
なになに? どうしたの?
「部品交換したレイのオマンコが似合うか見てほしいらしい。」
「私、そんな事、言ってません。」
御主人様に睨まれて、
「すみません、綺麗に股間に納まっているか確認してください。」
「それでよし。
 レイも、自分のオマンコ、舐めてみたいだろ? だろ?」
そうきたかぁ、と思いながら、
「はい、自分で舐めた事ないですから、、、、」
と、話の流れに乗らざるをえない、、、、


ハルさんの脚の間に潜るようにして股間を舐める。
「レイどうだ、自分のオマンコを舐め上げるオナニーは?」
はい、気持ちいいです。
喘いでいるのはハルさんだけど、、、、、
「レイ、お前もハルマンコが似合うかどうか見てやる。
 ハル、レイの脚を開かせろ!」
ハルさんが私の足首を持ち、大きく脚を開かせ、
腰を落として、股間をますます私に押し付けてくる。
「うん、いい酒の肴だ。
 ハル、お前も自分のオマンコ舐め上げてオナニーしたいだろ。
 よし、交代。」
今度はハルさんが下になって、
私の股間のハルマンコを舐め上げオナニーだ。
「ひたすらアホで、いいなぁ。
 俺も参加したくなったぞ。」


テーブルの上で使っていただきました。
御主人様にも御満足いただけたようだし、
汗と疲労の後、喉に流し込んだビールのおいしかった事、、



     2018年7月14日 3連休初日の夜の事です。

 

PageTop

部品返却

「昨日の夜、頻尿と残尿感があって、
 トイレに何度も行っちゃったわ。
 レイさん、前立腺肥大なんじゃない?」
朝食の時、ハルさんがそんな事を言い出した。
「そうかぁ、昨日、部品交換したのはオマンコだけと思ったら、
 膀胱も一緒に交換しちまったんだな。」
真面目な顔で応える御主人様。
ハルさんの頻尿は、ビールの飲みすぎだろがぁ。
それに、私に前立腺なんぞ付いてるはずがないぞぉ。
「レイは、違和感はないのか?」
アホだけど、この際、話の流れに乗らなくちゃ。
はい、少し違和感がありますぅ、、、って。
「そうかぁ、仲のいい牝奴隷どおしだから、
 オマンコ交換の拒否反応はないと思ったが、
 やっぱり体に馴染むには、時間と使用頻度が必要だな。
 ハルを犯すとレイが喘ぎ、レイを犯すとハルが喘ぐ、
 そんな具合に、女体改造したつもりなんだが。」


部品交換したオマンコを体に馴染ませるために、
御主人様が考えた御調教は、双頭だった。
向かい合って繋がったり、松葉崩しで深く繋がったり、
お尻を突きだして後背位で繋がったり、、、、、
夢中になって、双頭ビアンの痴態をご覧いただいた。
快感に酔い疲れ果て、床に伏した私を横目にハルさんが言った。
「あのぉ、御主人様。
 私、レイさんのオマンコ付けたまま、暮らすんですか?」
「なんだぁ、ハルは違和感がなくならないのかぁ?
 部品交換の仕方、昨日、見てただろ。
 オマンコを元に戻したかったら、自分達でやれ。
 ただし、ビアンでな。」

「はい、ビアンで部品交換します。」
ハルさんが69で私にのしかかり、ひたすらクリを舐め責める。
私も下から、ハルさんのクリトリスを舐め上げる。
「御主人様、クリネジが緩みました。」
「69で自分のオマンコを舐める牝をもっと見ていたいなぁ。
 せっかく女体改造したのに残念だが、
 部品返却という事にするかぁ、」

ガチャガチャ、グリグリ、スー、、そんな擬音を口にしながら、
69の姿勢のまま、
私の目の前で、ハルさんの股間から私のオマンコを引き出し、
私の股間から引き抜いたハルさんのオマンコを差し込む。
「部品返却完了。ちゃんとネジを締めろ。」
又、お互いにクリを舐めあって、ネジを締める。
「よし、ちゃんと元に戻ったか確認だ。
 二匹共、伏せしてケツを上げろ。」
平手打ちされて、慌てて伏せしお尻を持ち上げる。
最初に部品交換した時と同じように、視姦検査、指挿し確認。
そしてもちろん、お尻を抱えて、バックから挿入確認。

順番を待つ私の隣で、ハルさんの嬌声が響く。
「御主人様、す、、、凄いですぅ、、
 やっぱり、自分のオマンコの方が断然感じますぅ、、、」
膝が崩れ、つぶれた蛙のようになって、
それでも犯され続けて、、、やがて死んだ。

さぁ、次は私が使っていただける。死んじゃいけない、
ドクドクをいただいたら、ちゃんとオチン様の後処理しなくちゃぁ、、、、
なんて最初は考えていたけれど、、、、、


 
     2018年7月15日 3連休2日目の事です。

 

PageTop

抵当権

どうしてもお聞きしたいことがあった。
あのぅ、私、他の御主人様に売られちゃうんですか?
「誰がそんな事を言った。」
先日、ハルさんとの会話で、、、、
「あぁ、あのブログに書いてあった事か。
 レイは新しい飼い主に仕えたくなったのか?」
まさかぁ、ずっと御主人様のお傍にいたいです。

「今度な、我が社の事業拡張で借金することになって、
 牝奴隷を一匹、抵当に入れる事にしたんだ。」
テイトウ?
「借金の担保よ。」
ハルさんがすかさず説明してくれた。
その抵当が、私なんですか?
「ハルとレイ、
 牝奴隷としてどちらが優れてるという事はないが、
 二番目の奴隷だったレイは、マゾの気質が強くてな、
 ハルが憧れ嫉妬するほどに堕ちていった。
 だから、ハルかレイかと言われれば、
 レイの方が、どんな飼い主にも気に入られる牝だと思うぞ。」
そんなぁ、私、新しい御主人様に売られちゃうんですか?
「しばらくは大丈夫だ。
 たとえ抵当権を設定されても、
 借金返済するまでは、俺の牝のままだ。
 引き渡しを強要されることはない。」
でも、返済できなければ、譲渡されちゃうんですか?
私の預金で、、なんて金額じゃぁ、、ないですよね、、、
「10億、、まぁ、手取りで9億8000万ほどかな。」

涙が出てきた、、、、
私、嫌です、って叫びたい、、、
でも、、、、、
あぁ、、、、そうかぁ、、
抵当権を設定されても、まだ御主人様と一緒に居られるんだ。
牝奴隷として一生懸命お仕えして、
お仕事の疲れをとっていただいたり、気分転換していただいて、
無事借金を返済できれば、私はそのまま御主人様の牝奴隷。
うん、御主人様が決めた事。
はい、私に抵当権を設定してください。
御主人様が借金返済できるよう、一生懸命お仕えしますから。



「まぁ、健気といえば健気。アホといえばアホだな。」
「いえぇ、こうやって、妄想物語に入り込めるのは、
 レイさんのマゾ気質のやっぱり凄いところです。」
えっ???
「陳腐なAVでもあるまいし、
 牝奴隷で抵当権を立てられると思うか?
 それにお前の価値は10億もあるのかぁ?」
「そうですね、昔、レイさんが紗江さんの料亭で働いた時、
 一匹の値段は5億8千900万円でしたねぇ。」
結局、私は御主人様の言葉責めに酔うアホ、だったらしい。



「ハル、レイ、緊張してしっかり仕えろ。
 とりあえずお前達を誰かに譲渡する気はないが、
 牝奴隷の殺傷与奪は俺が握っている事を忘れるな。
 二匹は仲良く暮らせ。
 そのためにこの連休は、ビアン調教だったんだぞ。
 まぁ、ハルがレイをますますドマゾに落すのは許すがな。」


     2018年7月16日 3連休3日目の事です。

        めでたしめでたし、、、だったのかぁ?

 

PageTop

掌編縄雨捕り物控 捕り物其の十一

今日はちょっと寄り道。

「ねぇレイさん、お光、その後どうなった?」
オミツ?
「槙次郎の元兄嫁、今は女中のお光よぉ。
 縛られ鞭打たれ手籠めにされちゃったでしょ。」
ハルさん、もしかして後日譚を書けって言ってるの?
「もちろんそうよ。
 でもさぁ、江戸時代の人って、
 こんな暑さをどうやってしのいでいたんだろうねぇ。」
まぁ江戸時代はアスファルト道路じゃなかったから、
照り返しは無いし、エアコンの放射熱もなかったし、
自然と共存して過ごしていたんじゃない?
風鈴とか朝顔とかに涼を求めたりしてさぁ。


そんなこんなでお光のその後をひねり出す羽目になりました。
お暇でしたら、槙次郎とお光の盛夏をお楽しみください。
一話完結です。


************************

盛夏 


「暑いな。」
「夏ですから。」
「そう決めつけんで、どっか涼しい所はねぇんかい。」
「信濃の国に冬の雪を貯めた氷室があると聞きました。」
「中山道か、どのくらいかかる。」
「さぁ、六十里ほどかと。」
「遠いな。板橋宿あたりには、氷室はねぇんかい。」
「冬に雪がたんまり降る所でないと。」
「夏は信濃で暮らし、冬は播磨あたりまで行って、
 春と秋だけ江戸で同心をやるってわけにはいかんもんかなぁ。」

「槙次郎様、暑さの一番の原因は、
 雨戸を閉めきっている事と、
 あたくしを縛り、交りをなさったからではないでしょうか。」
「お光を縛ったのは、縛らねぇと燃えねぇ躰になったからだし、
 その叫びと喘ぎ声が近所迷惑だから雨戸を閉めたのさ。」
「恥ずかしゅうございます。
 そんな言い方なさらないでください。」
「なんでぇ、縛られて嬌声上げて果てたのはオメェだろ。」
 たとえ汗だくになっても、
 おめぇとの変態交合はやめられそうにねぇな。」

「さぁさぁ、雨戸開けて風を通しましょう。」
「お光、夕涼みがてら、その辺の川端にでも行ってみるか。
 甘酒を馳走してやる。」
「あいや、嬉しゅうございます。では早速着替えませんと。」
「いんや、着替えずともそのままでよい。
 浴衣の下が亀甲縛りだなんぞ、粋じゃぁねぇか。
 考えただけで、ぞくぞくって躰が冷えてくらぁ。」
「川端といえば、、、、
 五間掘のお礼さんに、ご挨拶いたしとうございます。
 あんなにお世話になりながら、
 その後、謝意も申し上げておりませんから。」
「お礼かぁ、あれも不思議なおなごだったよなぁ。
 おめぇの縄痕鞭痕に眉一つ動かさなんだ。
 もしやすると、お礼もおめぇの同類かもしれんなぁ。」
「まさか、あんなかわいい顔をして、、、、、、」
「よし、こんど居酒屋賢兵衛に連れてってやる。
 その亀甲縛りの格好で行って、浴衣を脱ぎ捨てるんだ。
 お礼もそれに応えるように着物を脱ぎ捨てると、
 なんとおめぇと同じ亀甲縛り、だったらおもしれぇな。」
「嫌ですよぉ、他のお客さんもいらっしゃるんでしょ。」
「うんにゃ、しっかり雨戸を閉めて、客が来ないようにするんだ。」
「それも嫌ですようぉ、又、汗だくになっちゃいます。」
「そうだなぁ、、、
 よっしゃ、居酒屋賢兵衛に行くのは涼しくなった秋にしよう。」


 
******** 完 ********
 

************************
暑くて書きたくないけど、一応のあとがき

「暴漢に襲われて、お光のマゾがますます増大、ってことか。
 妙にしょげ返ったりしていなくてよかったよかった。
 まぁ、会話だけでの物語、なかなか面白かったよ。
 秋まで居酒屋には行かないって、うまく逃げたけど、
 さぁて、次こそお礼とお光の物語だね。
 言っておくけど、お春も絶対登場させてよね。」


はてさて、お礼とお光がM女比べをする日は来るのか、
そこにお春はどう絡んでくるのか、、、、、

一番の問題は、
そんな物語を私が思いつく事ができるのか、、で、あります。



じゃぁ、又。           レイ

 

PageTop

はしたない

「おい、なんだその格好は。はしたないなぁ。
 夏だからって全裸で過ごすな。なんか着ろ!」

さっき脱げとおっしゃったのは御主人様ですよ、
なんて反論してはいけない。
かといって、きっちり着込んだら又、お叱りの対象になる。
御主人様の今日のご気分を推し量りながら、
それなりにお喜びいただける格好を考える。

いち早く行動するハルさんが、パッとショーツを穿いて、
「これで良し。全裸じゃないぞぉ。」と呟いた。
ウケ狙いではないけれど、出遅れた私が同じ格好ではまずい。
結局、私はキャミ。もちろん下半身は半裸。


「おぉ、そう来たかぁ。
 ハシタナサが消えて、清純なヤマトナデシコだ。
 な、わけねぇな。
 語源からいえば、ハシタナイは、
 中途半端で収まりが悪いってことだぞ。
 半裸なんぞ、ハシタナサの極みだろうがぁ。
 やっぱり全裸になれ。」



全裸と半裸でハシタナサを比較すること自体が間違いだと思う。

 

PageTop

土用二の丑

「お前達、丑の日にウナギを食ったか?」
そんな御主人様のお言葉に、顔を見合わせる私達。
やったぁ、鰻屋さんで、ご馳走していただけるのかしら。
「ぜひ食べたいと思いながら、まだ食べてません。」
「俺も、食い損ねたんだ。」
でも今年は土用の二の丑が8月1日なんですよ。
「あぁ、そうだな。」
おぉ、ますます鰻屋さんの可能性大だぞぉ。

「でも、土用の丑の日にウナギを食うってのは、
 平賀源内のキャッチコピーから始まったんだろ。
 元々は丑の『う』にちなんで、
 夏場の食欲回復とか精をつける『う』のつく食い物、
 うどん、ウリ、梅干し、ウサギ、馬肉、とか言ったらしいぞ。」
あれあれ、鰻屋さんじゃぁないのかな。
「御主人様は何を召し上がりたいですか?」
「俺は、暑さに負けず精力は充分、食欲もあるからな。
 『う』かぁ、、、、、、」


「よし、脱げ!
 床に伏せして、ケツを上げろ!」
後ろから視姦して、
後ろからバックスタイルで牝達を犯した御主人様。
使っていただいたから嬉しいけど、うしろの『う』かぁ?

まぁ、精力、性欲共に絶倫で、
御主人様に夏バテはなさそうだ。


  

PageTop