fc2ブログ

御主人様と二匹の奴隷達の物語

レイが綴る牝奴隷ハルとレイの物語、、、、、。ほんの偶然が、私を、、、。

アヒージョ

御主人様、、これ、、、カスエラ、、ですよね。
「あぁ、先日の胸肉ソテーがうまかったんで、
 次はアヒージョを作らせようかと思ってな、
 ネットで注文しておいたんだ。」
「カスエラって何?」
スペイン料理の土鍋みたいなものよ。」
「あぁ、あのアヒージョの容器の名前かぁ。
 私、白ワインで小エビのアヒージョ!
 バケットでオイルをすくって食べたいなぁ。」
うん、定番だよね。
でもさ、アヒージョのオイルでパスタもいいと思うよ、
だって、ペペロンチーノのオイルと同じでしょ?
「じゃぁ、パスタと、バケット。
 エビだけじゃなく、イカ、タコ、、
 でもさ、アヒージョってどういう意味なの?」
スペイン語でにんにくだったと思う。
イタリア語で、アーリオ オーリオ ペペロンチーノ
って言うでしょ、あのアーリオよ、、たぶん。


プロならいろんな隠し技があるのだろうけど、
まぁ、アヒ-ジョの作り方自体は簡単。
問題は、大量の油はねだ。
危険防止でブラウスとエプロンはお許しいただいたけど、
背面のお尻は、丸出し状態だ。
隣でエビの殻むきを手伝ってくださる御主人様が、
「殻むき自体は簡単だが、数が多いと面倒になってくるな。
 ちょっと多めに買いすぎたかな。
 牝のオマンコに突っ込んで、さっと引っ張ったら、
 きれいに殻がむける、って事はないかなぁ。」
言葉責め的冗談とは思いながら、
試しにやってみるか、、とか言い出しかねないぞぉ。



アヒージョは大好評。
エビの頭と牛乳、コンソメで、ビスク風スープも作りましたよ。
二本目の白ワインを開けながら御主人様がおっしゃった。
「俺が苦労して殻むきしたエビ、まだ残ってるんだろ?
 天婦羅も食いたくなったなぁ。」
まさかにんにくの香りのオリーブオイルを使って天婦羅、
とはいかないので、改めて天ぷら油で、天婦羅を揚げる。
いやはや、今日は油まみれの調理だった。
キッチンの掃除が大変だぞぉ。
お尻丸出しでキッチン掃除する私です。


ハルさんが労をねぎらって、
画像を描いてくれました。


   

     『アヒージョの出番を待つ牝奴隷エビ』

らしい。


 

PageTop

度量が狭い

それがアナルバイブじゃない事を、
私のお尻が感じている。


     


「痛いのか?」
えぇ、すこし、、、
だって、いきなりで、それに、、太いですから、、、、、、

「お前は、度量が狭いのか、小心者なのか、ケチなのか、
 それとも人格、器量が乏しいのか?」

???

「度量の狭い奴を、『ケツの穴が小さい』、って言うんだ。」


このバイブをすんなり咥えられても、度量は広くならないし、
度量が広くおおらかな人を
ケツの穴が大きいとは言わないと思うけど。


それがアナルバイブじゃない事を、
私のお尻が知っている、、、、、、、、

 

PageTop

乗馬クラブ

「レイさん、何してんの?」

うん、5月の連休にさ、乗馬体験した友達がいたから、
ネットで乗馬クラブを調べていたのよ。
乗馬体験ってどんなもんかなぁってさ。
「ブリティッシュスタイル?、ウエスタンスタイル?」
まぁ、初体験だから、カジュアルなウエスタンかな。
「でも、入会金なんか結構するねぇ。」
入会は無理でも、体験した後に、ビジターで何回か練習して、
とりあえずの目標はホーストレッキングなんてどぉ?




「うん、乗馬かぁ、、、、
 レイさんだったら、三角木馬の方が似合うと思うなぁ。」

なに言ってるのよ。
そんなんだったら、ハルさんだってお似合いだわ。
「じゃぁ、タンデムにする?」
タンデムって?
「二人乗り自転車をタンデムって言うでしょ。
 だから、二人乗り三角木馬よ。」
二人乗り専用の三角木馬なんてあるわけないじゃろ。
「まぁ、専用、ってのはないんだろうけどさ。」

話が逸れちゃってるよ。
私は爽やかな緑の草原を、トレッキングしてみたいのよぉ。

「緑の草原で乗馬ねぇ、、、、」

     

だからぁ、本当の馬に乗ってみたいと思ったんだってばぁ。
「本格的にやろうって思ったら、
 ブーツだってウェアだって、
 あれやこれやと出費がかさむと思うな。
 三角木馬だったら全裸だから、ウェアの心配はないわ。」


まぁ、車を持ってないから移動もできないし、
乗馬クラブの費用も大変、、という経済的理由と共に、
土日は御調教があるので、そんな時間もないし、、、
という結論。


 

PageTop

梅雨めく

ばたばたばたって感じで、東北南部まで梅雨入り宣言。
早いものだ、もうこんな季節になった。
必要な量の雨だけ降って、災害の無い事を祈るばかりだ。

shiet211.jpg
命日には少し早いけれど、
今日は菱縄姿でJさんのお墓参りだ。


墓石の前で、そっと手をあわせる。

 Jさん、お久しぶりです。
 毎年の事ですけれど、
 御主人様は、ここで長い時間、祈りをささげています。
 Jさんを愛し続けておられるんだなって、
 嫉妬にも近い自分の至らなさを感じています。
 
 
 レイさん、それは違うと思います。
 現実に賢治さんを支えているのはレイさんとハルさんです。
 私こそ、何もできない歯がゆさから、
 レイさんハルさんに嫉妬しそうですよ。
 これからも、賢治さんをよろしくね。

そんなJさんの声が聞こえたような、、、



どんよりと曇った空から、パラパラと雨が落ちてきた。


 梅雨めきて 菱縄のシャツ 透けにけり
                     レイ



              2019年6月8日の事です。          

PageTop

鰻のポーズ

「いつもなら、Jの墓参りの帰りは和子の居酒屋で、
 鰹を食うっていうパターンだったけど、
 昨日は鰹を食い損ねたな。」
そう、今年は和子さんは町内会の旅行にお出かけだった。
「今日は鰹を食いに行くか?
 それとも鰻の蒲焼でも食うか?
 土用の丑は先の事だけどな。」
ハルさんと顔を見合わせる。
「はい、御主人様お一人では寂しいでしょうから、
 私達でよろしければ、鰻、お供いたします。」
御主人様の御贔屓のあの鰻屋さんは、最高においしんだよね。
「おぉ、いっちょまえに鰻を指定してきたか。
 もしや、ロハで食おうなんて、思っていないだろうな。」
? どういう意味?
「蒲焼はなぜ蒲焼というか。蒲焼の蒲とは何か知ってるか。」
あぁ、問題に答えれば、ご馳走になれるのね。
はい、存じています。諸説あるみたいですけど、
焼き上がりが樺の木肌に似ているとか
串刺しにして焼いた形が蒲の穂に似てるとか言われてます。
「おぉ、なかなかやるな。じゃぁ、次。」
えっ、まだあるの? もうこれ以上の薀蓄は、、、、
kiwotuke239.jpg
「牝奴隷、鰻のポーズ!!」
「はい、かしこまりました。」
すかさずハルさんが、両手をあげて腰を左右に振る。
「早く私を食べてください、、鰻はそう言っています。」
「う~ん、、、、なかなか色っぽい鰻だが、
 誰でも考えそうなポーズだ。
 即答だったから、それを評価して、まぁ60点。
 次、レイ! 合格点は75点以上だからな。
 合格点に至らなかったら、カップラーメンだ。」
カップラーメンが値上がりしたとはいえ、
鰻の蒲焼とカップラーメンじゃぁ、落差が大きすぎるぞぉ。
なんとか、御主人様の御満足を得ないと、、、


棚に手をつき、お尻を突き出し、脚を開く、、、


    kensa386.jpg


「意味不明だ。なんだそれは。
 どこが牝奴隷、鰻のポーズなんだ?」
関東風鰻の蒲焼は背開きです。
牝奴隷風鰻の蒲焼は、背開き、股開きなんです。
どうぞ、蒸してから、タレに浸して焼いてください。
「おぉ、そうきたかぁ、うまそうな牝奴隷鰻だ。
 よし、95点!!」

体を張って鰻の蒲焼をゲットした私達。
最高においしかったぁ、、、


でも、5点減点は何だったの?
「牝奴隷、蒲焼ポーズは、背開き、大股開きだ。」

股の開き方が足りなかった、、そういう事らしい、、、、


 

PageTop

梅雨を詠む

「去年もそうだったけど、
 今年もJさんのお墓参りの時のブログに一句添えてるよね。」
うん、そうだねぇ、
まぁ、牝奴隷的一句だったとしてもさ、
なんとなく記事が締まって、落ち着くような気がしてね。
梅雨時の季語って、素敵な日本人の感性があるでしょ?

「じゃぁ、これで俳句作ってみてよ。」
なにこれ。
「梅雨の峠道よ。」
いや、そうじゃなくて、この女性は?
「解釈は自由だし、ここから発想を広げてもいいし。」

このところの画像物語じゃなくて、今回は俳句かぁ、、、

**************


    


    青梅雨の その色求め 彷徨いぬ

    傘傾げ 空見上げるも 梅雨の雲

    峠道 傘持ち去りし 黒南風の

    火あぶりの とろけし脂 梅雨あなご 

    ガリをのせ 口いっぱいの 鰯かな



    梅雨寒むを 股間に感じし 峠道

    峠道 梅雨浴び居たる 全裸牝

    調教の まだ先見えぬ 梅雨峠

    峠道 己を隠す 梅雨の傘 

    梅雨音に まぎれし主の 叱責よ

    異質なる 蛞蝓好む M女かな

    女梅雨 股間の縄も 縮み居り



**************

「わぁ~、さすがレイさん。
 サクサクってできちゃうんだねぇ。」
俳句としての良し悪しは別にしてね、、じつを言うとさ、
先日のJさんの記事の時に、梅雨時の季語を調べてね、
いろいろ試作してたわけよ。
「ノーマル俳句、アブノーマル俳句、どっちもいいねぇ。」
ハルさんはどの句が好き?
「まずは、梅雨あなご、だね。
 火あぶりと驚かせておいて、脂しっかりの穴子寿司。
 あとねぇ、己を隠す梅雨の傘、かな。
 誰かに見られるんじゃないかっていうM女のドキドキ感、
 しっかり表現できてるなぁ。
 レイさんは自分でどれが好き?」
うん、青梅雨かなぁ、、、
梅雨と新緑っていう風景なんだろけど、
雨にけぶって、緑でもない、白でもグレーでもない、、
それが青梅雨だって私なりに解釈してさ。
あとはぁ、うまく表現できなかったけど、蛞蝓(ナメクジ)かな。
ナメクジって気持ち悪いって嫌われるでしょ。
だから、他人とは異質のM女の心もち、って詠ったわけよ。


「ねぇ、気づいたんだけど、この画像の割には、
 私達、結構、高尚な会話をしてるんじゃね。
 生理中にこれだけ話ができれば、大したもんだわ。」

生理は、、関係ねぇ、、と思うけど、、、、


  

PageTop

フェンネル

デパ地下で買い物中、ハルさんが私に野菜を向けて、
「ファンネル、発進!!」 って。
おいおい、笑っちゃうけど手に持ってるのはフェンネルだぞ。
「へぇ、漫画、アニメに疎いレイさんが、
 どうしてファンネル、知ってるの?」
イタリア料理でフィノッキオって言うでしょ。
でも、英語がうろ覚えでさ、ファンネルだと思ってたのよ。
それでね、ネットで調べたら、なんと『ガンダム』だったわけ。
おかげで、フェンネルもファンネルもちゃんと理解したわ。


    


「ファンネルはサイコミュで遠隔操作するんだよね。」
サイコミュ?
「なんだぁ、理解したなんて言って、
 ガンダムを語るには、100年早いわ。」
うん、そうかもしれないわね。
じゃぁ、ハルさんはちゃんと理解してるんだぁ。

「いや、ちょっとかじっただけで、
 たぶん、68年早いくらいだと思う。」

まぁ、私もハルさんも 『ニュータイプ』 じゃないし、、、

 

PageTop

金太郎パン

「レイさん、油断しちゃダメ、さぁ、新しい画像よ。」
なにこれ、、、
「金太郎飴もどき、金太郎パンよ。
 切っても切っても牝奴隷が出てくるってわけ。
 さぁ、これで物語を考えて。挑戦状第二弾なんだからね。」


   mesuinu236.jpg



今、裏社会で話題の牝奴隷パンです、、では、、だめ?
「ダメに決まってるでしょ。降参?」

ん~ん、、、、


****************

 給食
 
  「ゲゲ、、、晩御飯、チャーハンなの?
   お昼の給食もチャーハンだったんだよぉ。」
  「ゴメンゴメン、
   今日忙しくて、給食メニュー確認しなかったわ。」
  「ほぉ、最近じゃぁ、給食にチャーハンが出るのかぁ。」
  「うん、キムチチャーハンおいしかったよ。
   お爺ちゃんの頃はどんな給食だったの?」
  「わしの頃は、まずいコッペパンと脱脂粉乳だったな。
   まぁ、今では高級品のクジラの竜田揚げはよく出たがな。」
  「お母さんは?」
  「私の頃は、ちゃんと米飯給食だったし、
   ビビンバとかグラタンなんて時もあったと思うわ。
   もちろん、脱脂粉乳じゃなくて牛乳だったわね。」
  「お父さんは?
   あぁ、お父さんは、お母さんとだいたい同じだね。」

  「小学、中学の頃の給食の思い出はないなぁ、
   昼飯といえば、、、、、、
   男子校時代の学食のパンが美味かったな。
   月に一度だけ、最高級の食パンが提供されてさ、
   その日だけを楽しみに通学してた気がするなぁ。」  



  『奴隷女教師パン』
   さすがに女房、子供の前では口に出せなかったが、、、


 
****************

「うまい、今回も私の負けかなぁ。
 『給食』から『パン』へ、ってオチは見えてたけど、
 どんなふうに落してくれるのかと、ゾクゾクしちゃったよ。
 お父さんの出身校はどこ?
 なんて聞きたくなっちゃうよね。
 挑戦状第三弾かぁ、もっと難しくしなくちゃ。」

おいおい、まだ続くのかぁ、、
とか言いながら、私もそれなりにおもしろくなってきちゃった。
毎回、なんとかハルさんをアッと言わせたくなるんだよねぇ。
でもさ、こういう画像ってどうやって思いつくの?
「今回のは、あのバケット画像を作った時から考えてたの。
 SMチックにやぶにらみ、ちょっと視点を変えて、
 って感じかなぁ。
 ほら、こんな女性のシルエット画像があったらさ。
 ここに斜めに一本ラインを入れるだけで、
 ねっ、リードを引かれる牝奴隷になるでしょ。
 まぁ、この例えは単純すぎるけどね。」


   


なるほどねぇ、、、私の物語作りも似たようなもんかぁ、
やぶにらみで視点を変えてオチを考えて、、、
まぁ、私とハルさん、どっちもどっち、
変態勝負してる、ってことなんだな。

 

PageTop

オームの法則

「電流は加えた電圧に比例し、抵抗に反比例する。
 ハル、分かるか?」
なんでしたっけ。
「オームの法則、電流=電圧÷抵抗、だ。」
あぁ、習ったことあるような気がしますけど、
電気は目に見えないから、いまひとつ、ピンときません。
「じゃぁ、分かりやすく説明してやる。
 電圧と電流の関係を浣腸に例えると、
 浣腸液の水圧が増せば、それに比例して薬液の流量も増える。
 あるいは浣腸器は、ピストンを押す力が増せば、
 先端から出てくる薬液の量も増える。
 浣腸器先端の太さが抵抗だ。
 先端がが細ければ細いほど薬液は流れにくくなる。」
あぁ、学校で習うより分かりやすいです。
「まぁ、オームの法則は理想系で成り立つんであって、
 現実では、この式は成り立たないがな。
 ましてや、電池でモーターを回転させたとしたら、
 内部的な電気抵抗以上に、その回転を阻止する抵抗もある。
 もっとも、その阻止しようとする抵抗が無くなったら、
 がばがばマンコって事になるけどな。」

マングリガエシで股間にバイブを突き立てられた私は、
おかしな論理のすり替えに、股間で抵抗を続けている、、、、


   



「御主人様、レイさんをいつまでああしておくんですか?」
「今日は夏至だよな。
 日が暮れるまで、もしくは電池が無くなるまで、でどうだ?」


今にも降り出しそうな黒い雲。
もう、もう、、日暮れと同じ暗さですぅぅぅ。


 

PageTop

クリームパン

おいしいパンに目覚めたらしい御主人様がおっしゃる。
「うまいと評判のパン屋があるらしいんだ。
 行ってみるか?」

パン屋さんはそれなりの混雑で、
焼きあがったパンは取り合い状態だ。
ハルさんがバケットと食パンを素早くゲットした。

御主人様は人混みを避けるように、
菓子パンや惣菜パンコーナーにおられる。
「他になにか召し上がりたいパンはありますか?」
「ん? あぁ、クリームパンがあるなぁ、って思ってな。」
御主人様、菓子パンなんて食べるんですか?
「惣菜パンは食うけど、菓子パンは食わないなぁ。
 そうじゃなくてな、連想が連想を生んでさ。
 クリームパン、新宿中村屋、相馬黒光、荻原碌山、、
 彫刻『女』、後手縛り、、、ってなもんさ。」
御主人様の連想にはついていけない。
ロクザンは聞いたことがあるけど、コッコウってだれ?
どうしてクリームパンが後手縛りになるんだぁ?


黒光は夫の相馬愛蔵と中村屋を開業し、クリームパンを発明。
本業に勤しむ一方で芸術家の交流の場を提供し、
やがて荻原碌山の支援者となる。
碌山の作品『女』像は人妻黒光がモデルといわれている。
ここから先は御主人様独自の解釈が展開される。
『女』像は、後ろ手に手首を縛られた牝奴隷で、
鞭や蝋の責めをいただいた後の姿らしい。
『もうお許しください』 『もっと責めてください』
という相反する哀願の想いが、あの姿勢で表現されている。
とまぁ、そんな経緯から、クリームパンが後手縛りとなる、
、、らしい、、、、、、

そう熱く語られてしまうと、彫像の見上げる先には、
仁王立ちの御主人様がおられるように感じられてくるし、
卑猥さのない健気な牝奴隷に見えてくるから不思議だ。
世間様が認める傑作を牝奴隷なんて言うのは申し訳ないけど。


レタス、トマト、ローストビーフ、、
バケットサンドを大口でかぶりつきながら、
「うん、評判だけあってうまいな。
 よし、午後はクリームパン緊縛にしようか。」
クリームパン緊縛?


二匹の牝奴隷の腕にと縄が廻る、、、
肩甲骨縛り?」
ハルさんが呟いた。
そう、御主人様はあの『女』像を、伸椀後手縛りと見たのだろう。
立たせたり、伏せさせたり、跪かせたりしながら、
クリームパン緊縛が続く、、、


   



どちらの牝がコッコウに近づいたのかは、分からないし、
どちらの『女』像をお気に召したのかも不明だけれど、
御主人様なりの『女』像に、御満足なさったに違いない。


「犯すとしたら、後背位が被虐感たっぷりだな。」

背後から、御主人様が近づいてくる、、、、


 

PageTop

ルーズパンツ

「ルーズパンツ、ってなんだ?」
ワイドパンツですか?
簡単に言うと、ダブダブズボン、って思ってくだされば。

「なんだぁ、ズボンか、おもしろくねぇなぁ。」

はいはいはい、
もうそれ以上おっしゃらなくれけっこうです。
半ケツ状態のショーツを想像なさったんでしょうけど、
ルーズパンツ、ワイドパンツはファッションですから。


まぁ、牝奴隷にとっては、
ルーズショーツは御主人様だけにお見せするファッション、
かもしれませんけど、、、

 

PageTop

ガルパン

 ♪ これがぁあたしの戦車みちぃ~ ♪

ハルさんが変な歌を歌っている。
なんの歌、それ。
「ガルパン、ガールズ&パンツァーよ。」
ますます分からん。
「戦車道を究めて、他校と戦うっていうアニメらしい。」
、らしいって?
「私もよく分かんないのよ、
 まぁ、『艦これ』や『戦艦少女』みたいなもんじゃない。」
ますます、ますます分からん。
「先日さ、飲み屋で男に奢ってもらったわけよ、
 その時に彼が使ったのがガルパンカードだったの。」
ガルパンカード?
「ガールズ&パンツァーのアニメクレジットカードよ。」
クレジットカードになるくらいだから、
ガルパンって、相当人気なのね。

「そいつオタクっぽい奴でさ、
 最新のアニメキャラのクレジットも見せびらかしてたし、
 フィギュアも持ってるって自慢してたなぁ。
 ありゃ、ガキだったな。
 私達、男を見る時、必ず御主人様と比べちゃうからね。」

御主人様を越える男は世の中には存在しない、
、、、という結論。



ちなみにハルさんがガルパンを描くと、こうなるらしい。


   

 

PageTop