FC2ブログ

御主人様と二匹の奴隷達の物語

レイが綴る牝奴隷ハルとレイの物語、、、、、。ほんの偶然が、私を、、、。

お定まり

全国的に、夏日、真夏日との報道があったけれど、
今日から『巣ごもり調教』だ。
大量の食料とお酒を買い込んできた。
肉でも魚でもなんでも来い、って感じ。

「御主人様、晩御飯は何がよろしいですか?」
「今晩はハルの誕生会をやるぞ、ハルは何が食いたい?」
「御主人様の精力維持と私達の体力維持、
 コロナウイルス免疫力アップのために、
 やっぱり厚切りビーフステーキでしょう。
 おいしいワインも買ってきましたからね。
 内側からもアルコール消毒しないと。」


リブロースブロック肉を切りながら考えている。
ハルさんの誕生会かぁ、、、
慣わし、慣例、お定まり、、、そんな言葉が頭を駆け巡る。



「御主人様、私、幸せです。
 毎年毎年、レイさんのお尻の蝋燭を見ながら、
 こうやって誕生日を祝っていただいて。」


  rousoku87.jpg

「おぉ、ハルの誕生会はレイの蝋燭責めが儀式だからな。
 しばらく観賞することにするかぁ。
 あのアナル蝋燭が燃え尽きたら、乾杯だ。」

お尻に熱さを感じたところで、消してもらったから、
火傷はなかったけれど、乾杯も食事も私だけ立ったままだ。
「おいレイ、どうして立ってるんだ?」
まだ、、蝋燭が刺さったままですから、このまま座ったら、、

「うん、お前の気持ちは分かるぞ。
 そのまま腰掛けろ! と命令されるのを待ってるんだな。」



  2020年5月2日 連休の巣ごもり御調教初日
         ちょっと遅れたハルさんの誕生会でした

 

PageTop

薫風と文鎮

御主人様宅の固定電話が呼び出し音を響かせる。
あの電話は、社員さんからの緊急電話だ。
書類を広げながら御主人様が対応している。

御主人様、お仕事ですか?
「あぁ、プログラムがフリーズしたと、
 客が担当者に泣きついてきんだ。
 どこにも出かけられずに、家で仕事をしていたらしい。」
御主人様も、お出かけになるんですか?
「いやぁ、接触削減、巣ごもり調教の真っただ中だからな、
 リモート操作で解決するように指示した。
 何とかなると思うぞ。」



後手高手小手に縛られて、
正座したまま私達は次の御調教を待っている、、
換気とおっしゃって開け放ったサッシの向こうから、
さわやかな薫風が吹き込んでくる。


     



さきほどお使いになった書類の束がその薫風で吹き飛ばされる。
「おっとぉ、、」
御主人様がその書類を拾おうとなさる。
私達も、正座した脚をバタつかせながら書類を抑えようとする。


「薫風のおかげだな。」
おかげ?
「あぁ、サッシを開けっぱなしだった。
 このまま調教を続けたら、
 お前達の喘ぎや嬌声がマンション中に広がるとこだった。
 たぶんほとんどの住人が巣ごもり状態だろうからな。」

薫風のおかげで、サッシの開放に気づいた。
しっかり閉じてからは、喘ぎ、嬌声し放題だった私達、、、、、、




夕飯を召し上がりながら、御主人様がおっしゃる。
「風で飛ばされた書類を追いかけるお前達を見て思った。
 鋳物で牝奴隷文鎮でも作れば売れるんじゃないか?
 ひたすら卑猥な恰好の文鎮さ。
 なんか鉄腕ダッシュで鋳物造りとかやってたよな。
 ハル、お前、作れないか?」

「家庭でできる鋳造のネット記事は見かけますけど、
 御主人様がご満足なさる卑猥な形を忠実に鋳物にするのは、
 相当難しいと思います。
 画像でそれらしいのは描けるでしょうけど。
 まぁ、私達をリアル牝奴隷文鎮で使ってください。」


     




 

PageTop

側転

「マングリガエシと側転、もちろん全裸でだが、
 どっちの羞恥度が高い?」
突然そんな事をおっしゃる御主人様。
おいおい、それを牝奴隷に聞くんかい。
「側転とマングリガエシは、動と静ですから、
 羞恥の時間からすれば、マングリガエシですね。」
でも今まで側転の御調教なんて未体験だから、
側転だって、大股開きで、恥ずかしいと思うわ。

「よし、巣ごもりで運動不足にならないように、
 お前達の意見を取り入れて、側転調教だ。
 大股開きでゆっくり美しく側転した牝の勝ちとする。」

美しい側転は、当然、大股開きになるのだけれど、
側転するためには、反動が必要なので、『ゆっくり』は難しい。


   kensa417.jpg



「ハルもレイも、なかなか綺麗な側転をするなぁ、
 腰も背中も脚もピンと伸びていて、そこだけは合格だ。
 だが残念なのは速度だな。
 回転が速すぎて、俺の視姦を拒否してるようだ。」
始まってしまった御調教だ、
羞恥はあるけど、御主人様の視姦を拒否するつもりはない。
でも、ゆっくり回ろうとしても、相当難しい。
片手で倒立して、両手で倒立して、逆の片手で倒立して、、
そんな動きをしなければ、ゆっくり回転は無理だ。



何度も側転を続ける私達をごらんになっているうちに、
「紗江の料亭で調教できていたらなぁ、、、
 あの梁に片脚吊りで三匹を並べて観賞できたのになぁ。」
ボソッとそうおっしゃった御主人様。


片脚で逆さ吊りされる自分を妄想したけれど、、、
紗江さんの料亭でも彩さんと同じように、
お弁当の宅配を始めたらしい。

憎きは新コロナウイルス。
私達にできる事は、ひたすらの巣ごもりだけだ。


 

PageTop

担保物件

夕飯を召し上がりながら、ボソッとおっしゃる。
「紗江の料亭は資金繰りが相当苦しそうだな。
 新コロナの影響で接待も会合もないから、料亭は休業中で、
 安くなった高級食材を使って『料亭弁当』を販売してるが、
 料亭の売り上げに比べれば微々たるものだからな。」
「お弁当の配達、私達も、お手伝いに行きましょうか。」
「あぁ、俺もそれは提案したが、断られた。
 他人との接触機会が増えるわけだから、気持ちだけいただくとさ。」
確かにそうではありますけど、何かお手伝いできないでしょうかね。
「半分冗談だが、アヤをいくらで買う? そう言われた。
 持続化給付金は金額は安いし、銀行の無利息融資はあるとしても、
 やっぱり借金だし、時間もかかる。
 当面の資金繰りの金は必要だからな。
 大したことはできないが、俺なりに用立ててやった。」
「まさか、彩さんを担保に?」
「バーカ、
 お前達のネットオークションごっこじゃぁあるまいし、
 現実社会でそんなことできるかぁ?
 ちゃんと正式な借用書を取って貸したんだ。
 それにもし、アヤを担保にとったとしたら、
 牝奴隷が三匹なっちまって、俺の体がもたん。
 それとも、土日はお前達にして、
 月曜から金曜はアヤを使う事にするか?」


     gotesibari413.jpg


 
 
いやぁ、、紗江さんや彩さんを助けたいとは思うけど、
やっぱり、それは嫌だなぁ。
「こんなご時世だからな、
 ニュースネタにならない所でも、個人個人が苦労してる。
 俺の会社だって、巡り巡ってコロナのお影響が及ばんとも限らん。
 それぞれがそれぞれに今できる事に集中するのが大切さ。
 3密と接触機会8割減。
 俺も気をつけるから、お前達も油断するな。
 『巣ごもり調教でクラスター』なんてのはお断りだからな。」


 

PageTop

コロナ萎縮

「この連休でコロナ委縮した奴もいるだろうなぁ。」
全裸で気をつけする私達を見ながらそうおっしゃる御主人様。

コロナ委縮?
「外にも出られず、巣ごもりしてるんだもんな。
 連休前に、やりまくるぞって勃起したチンポコも、
 同じオマンコに飽きて、コロナ委縮しちまうのさ。」
「まさか御主人様、私達に飽きて、コロナ委縮なんですか?
 ご奉仕して、オチン様を元気にしてさしあげます。」
「バーカ、俺のチンポコはまだ元気だ。
 お前達を縛って、鞭打ちして、浣腸して、
 調教って名前の家庭内暴力しほうだいだからな。
 お前達がマゾでよかったよ。」
確かに、鞭打たれて、じゃなく、鞭を使っていただく、だ。
「それにな、二匹だから、それなりに競っているだろ。」
うん、露骨にではないけど、負けないぞ、とは思ってる。
「よし、二匹で競え! 大股開きで、マンコ晒しだ。
 気に入った牝を使ってやる。」

そう、この『気に入った牝を使う』の言葉が私達を競わせるのだ。


     




結局はどちらの牝も使っていただいて、
コロナ委縮もなかったようで、めでたしめでたし。





いきなりの解除はありえないと思っていた緊急事態宣言ですが、
各都道府県での対応が異なってしまったようだ。
県を跨いでの移動は自粛願います、とは言ってはいるものの、
ここ一か月の憂さ晴らし的移動が活発になってしまったら、、、
そう思うと、2次、3次の感染拡大の恐れもある。
『新しい生活様式』『ニューノーマル』とは、
 まだまだ巣ごもり調教が続く、という事なのだろう。
アブノーマルの私達にとっては、『ニューアブノーマル』
って事なのかぁ、、、、、、


連休中、伸ばし放題だった髭を剃った御主人様。
「明日から、お仕事ですか?」
「よほどの急用でもない限り、在宅勤務は変わらんがな、
 とりあえず、けじめはけじめだ。」


御主人様の髭剃りで、GWの巣ごもり御調教が終わった。




             2020年5月6日の事でした。
 

PageTop

B級グルメ

「ねぇ、М女のB級グルメって何だと思う。」
М女のB級グルメ? なにそれ?
「ほらぁ、元々はご当地料理だったっり、
 格安庶民の味だったりしたB級グルメが地域おこしに利用されて、
 いつの間にか全国区になったりしてるでしょ。」
あぁ、確かに、焼きそばとかカレーとか、お好み焼きとか餃子、
おでん、、、いろいろあるよね。
「だからさ、М女のB級グルメは何? って思ったわけよ。」

ん~ん、、、、
手ごろなとか、庶民の、って意味じゃなくて、
『知る人ぞ知る』的な意味でのМ女のB級グルメはぁ、、
『縄酔い』かなぁ、、、、

「あぁ、それ正解かもね。
 縄、鞭、蝋燭がA級グルメだと世間は思うかもしれないけど、
 実は、М女だからこそ知るB級グルメの神髄かぁ。」


     



でも、『縄酔い』B級グルメが全国区になる事はないと思う。
もちろん地域おこしに使われる事もないだろう。
たとえ神髄だとしても。





世間様が経済活動を再開し始めたとしても、
外出自粛しながら、アホ話をしている私達です、、、

 

PageTop

オンライン会議

新コロナの影響で、まだ自宅勤務が続いている私とハルさん。
カメラの画角から外れて私のオンライン会議を見ていたハルさんが、
「へぇー、皆それなりに背景に気を使ってるんだねぇ。」
うん、今日は社内打ち合わせだったからね、
個人の趣味でバーチャル背景を選んで遊んでいるのよ。
「個人の趣味かぁ、
 レイさんの背景が一番地味だったね。」
オンラインとはいえ会議だからね、
背景に気を取られちゃいけないわ。地味が一番よ。
「まぁそれは正論だけど、
 それなりの自己主張は必要だわ。」




しばらくして、パソコンを私の前に差し出して、
「ほら、レイさんのバーチャル背景を作ってあげたわ。」


    


なにこれ? 私はシャンデリアの豪邸に住んでるの?
それに、なんで後手縛りの女性がいるのよぉ。
「どうせバーチャルなんだから、豪華なほうがいいでしょ。
 後手縛りはレイさんの趣味、性癖を主張してるのよ。」
いやー、シャンデリアはいらないわよぉ。
自分の部屋よりは豪華だけど、庶民的なのがいいなぁ。
「そう来ると思ったわ。じゃぁ、これは?」


    


どうしても後手縛りは描きたいわけね。
でも、壁のパネルの画像も目移りしちゃうわ。
会議の背景に使うんだからね、後手縛りはいらないわ。
それに、明るすぎる背景は私の顔がはっきり映らないわよ。
「めんどっちぃなぁ。
 暗い画像で、後手縛りじゃなければいいのね。」


    


まぁ、確かに暗いし、後手縛りじゃぁないけど、、、
バーチャル会議の背景でこれを使ったら、会議が進まないと思うし、
ここまで自分の性癖を主張するつもりもねぇ!!


  

PageTop

かんぬき

「毎日のテレワークで俺なりにストレスが溜まってる。
 お前達もそうだろ?
 だから、今日はしっかり縛ってやる。」

いつもより相当きつい縄が腕に乳房に食い込んで、
脇の下のかんぬきが上下の縄をからめとり、
きつく締められて、乳房を歪めていく、、、、


     


目を閉じて、大きく息を吸い込むけれど、
縄がその胸の膨らみを許さないと言っているようだ。
やがて来る吐息にも似た小刻みな安寧、、
瞼の裏に映る安心にも似た御調教の日々、、
小刻みな呼吸で肺に溜めた息をホォーっと吐き出す。

「腕のしびれは大丈夫か?」
御主人様の声が聞こえ、縄が緩む、、、、
時間にすれば、いつもよりずっと短かい緊縛の刻。




「マゾ牝B級グルメの味はどうだった?」
あぁ、先日のブログを読んでいただいたんだなぁ。
「はい、ここでしか味わえない最高のご当地グルメでした。
 御主人様はストレス発散いただけましたか?」
「あぁ、歪んだ乳房が綺麗だったぞ。
 久しぶりに、使ってやる。ケツを突き出せ!」


 

PageTop

スムージー

朝食の時、目の前のカップに手を伸ばしながら、
「なんだこれは? 野菜ジュースか?」
グリーンスムージー 小松菜とバナナで作りました。
「スムージー? あぁ、コンビニで買ったことはあるが、
 手作りは初めてだ。 うん、うまいな。
 でも、スムージーとジュース、何が違うんだ?」
イメージで言えば、スムージーは皮ごとミキサーで砕く、
ジュースはジューサーで果汁だけ絞り出す、って感じかしら。
「なるほどな。
 まぁ、スムージーは嫌いじゃないが、
 SМ的には、砕くよりは絞り出すが正当だよな。」
???
「ごちゃごちゃ言うより、実践だ!!」


     


「オマンコをスムージーにしたら使えなくなるからな、
 やっぱり、縄で絞り出さなくちゃ。」



偶然でしょうが、
昨日は乳房の絞り出し、
今日は股間の絞り出し、、、、

私も、ジュースが好きです。





スムージー御調教をちょっと妄想してみたけれど、、、、


 

PageTop

無人交差点

「緊急事態宣言が解除になっちゃったわねぇ。
 気が緩んでの2次感染とかは大丈夫なのかしら。」
銀座や渋谷交差点の連休中の人けのなさと、
今日の人出の多さを比較するようなニュース画像が流れている。
「ねぇ、レイさん、この人けの無い交差点映像で思ったでしょ?」
なにを?
「誰も責めないから正直に言いなさい。」
うん、、節操がないとか非常識だってお叱りを受けるだろうけど、
だいぶ前の明け方の無人のアーケードを思い出しちゃったわ。
「あぁ、七夕の早朝に牝犬になったわねぇ、
 自粛中の無人の交差点を見て、牝犬になりたくなったのかぁ。」
だからぁ、しょせんМ女の妄想よ。非常識でゴメン。
「まぁ、私もちょっとは妄想したけどね。
 私の場合は、無人のシャンゼリゼだったけど、、、」


    


まぁ、妄想は妄想だね。
やっぱり、紗江さんの料亭の庭で牝犬、が現実的かな。
「そうだね、早く紗江さん彩さんのお店、復活するといいね。」


    






このコロナ渦で罹患された方にはお見舞い申し上げると共に、
亡くなられた方にはお悔やみ申し上げます。

緊急事態宣言解除は安全宣言ではない。
これからも私達は油断することなく、
『新しい生活様式』でコロナと向き合っていかなければならない。
一日も早いワクチン、治療薬ができる事を願うばかりだ。



ちょっと不謹慎かもしれないブログでごめんなさい。
新コロナで遊んだわけじゃなく、2次感染予防が真意です。

 

PageTop