FC2ブログ

御主人様と二匹の奴隷達の物語

レイが綴る牝奴隷ハルとレイの物語、、、、、。ほんの偶然が、私を、、、。

筍の成長スピード

薄い曇り空の下、
予約していたお弁当を受け取りに紗江さんの料亭に向かう。
御主人様が予約していたのは、山菜弁当、筍弁当、2食ずつだ。

「売上ご協力、ありがとうございます。
 コロナが無ければ、連休中は、牝奴隷の調教だったんでしょうけど、
 ごめんなさいね、昼間だけでも営業して売上あげないと、
 経営上苦しくてね、、、」
「まぁ、酒無しだろうから、客単価は減るだろうが、
 外出自粛と言われている中、なかなかの盛況だな。」
「えぇ、まぁ近隣の街からのご家族がほとんどですけど、
 屋外の筍掘り体験をからめたのが当たり、ですね。」
彩さんが、お弁当の包みを持ってきてくれた。
「アヤも調教なしでモヤモヤしてるんですけど、
 コロナが一段落したら、徹底的に責めてくださいね、」
彩さんは赤い顔をして、お辞儀をする。
「そうだなぁ、一段落と言ったら、お盆も無理かぁ?
 国民全体のワクチン接種完了は、、、いつになるのかなぁ。」


帰る前に、竹林を覗いてみる。
ご家族連れが、夢中で筍掘りに挑んでいる。
「お前達がここで初めて筍掘りをしたのはいつだっけ?」
もう5,6年前の連休でした。
あの時に比べれば、竹林もしっかり整備されている。

「あぁ、ここで牝奴隷調教したいなぁ。
 筍の成長スピード、知ってるか?
 地中なら一日数センチ、
 地表に出れば数十センチは伸びるらしいぞ。
 牝奴隷を竹林に一晩放置してさ、
 マン汁味の筍を楽しむって趣向もありだと思わんか?」


     mesuinu317.jpg




マン汁味ではなかったけれど、
帰りのサービスエリア駐車場で、お昼ご飯の筍弁当を食べた。
この流れで行くと、晩御飯は、山菜弁当になるのかな?



              2021年5月1日の事でした。
 

PageTop

サービスエリアの犬

晩御飯は料亭の山菜お弁当だ。
お弁当と一緒にいただいた山菜を見て考えた。
やっぱ、それなりのカロリーは必要だよね。
ワラビの豚肉巻きをお弁当に添えた。

「おぉ、この豚肉巻き、うまいなぁ、
 紗江もアヤも、いろいろメニューを考えてるんだな。」

いえいえ、それは私が作ったんですよぉ、
口には出さなかったけれど、、


「おい、ハル、明日からの長い連休、何する?
 紗江の料亭に行けないから、派手な吊りとかはできないしなぁ。」
「そうですねぇ、、、
 私、牝犬レイを新緑の公園で散歩させたいです。」


     yotunbai215.jpg





「なんだぁ? お前はSモードなのかぁ?」
「えぇ、、、
 サービスエリアで、犬を散歩させてるのを見てそう思いました。」

「あぁ、ションベンを兼ねての散歩の犬がけっこう居たなぁ、
 よし、明日は牝犬調教で決まりだ。
 ただし、、ハル、お前を飼い主にさせるつもりはない。
 レイと同等の牝犬だ。
 たとえお前がSモードだとしてもな。」



            2021年5月1日 夜の事でした。
 

PageTop

羞恥の四つ足

御主人様が投げる骨玩具を、二匹で競って拾う、、
そんな牝犬御調教が始まる。

公園で牝犬レイを散歩させたい、
なんて言ったハルさんだったけれど、
御主人様の命令で私と同じ牝犬に降格させられてしまい、
それでもまだ、Sモードは解消していないのだろう、
骨めがけて四つ足で走る私を狙うようにショルダーアタックだ。


     yotunbai219.jpg



全戦全敗の私。
ハルさんずるいぞぉ、の思いを込めて、
グッルルルル、、と唸ってみるけれど、
ハルさんは、ツンとしてお澄まし顔だ。

「おぉ、いいなぁ、
 野犬のレイが、お嬢様牝犬のハルに喧嘩を売ってるみたいだ。
 いいとこ育ちのハルは、見向きもせずかぁ?」



「よし、牝犬散歩のついでにすることは何だった?」
おトイレ、、、ですか?
「正解だ。バルコニーに出ろ。そこで牝犬ションベンだ。
 クソもしたければそれもいいが、まぁ、ションベンだけだな。
 レイは野犬らしく、脚を上げて四つん這いションベン。
 ハルはお嬢様牝犬らしく、澄まし顔で立ちションベンだ。
 もちろん立ちションベンと言えども脚は上げるんだぞ。」

「牝犬ハル、出します。」
サッシに寄り掛かるようにして、片脚を上げるハルさん。

牝犬レイも出します。
私も負けじと片脚を上げる。

御主人様は楽しそうにその恰好を観賞中だ。


     piss72.jpg



 

PageTop

ホワイトアスパラ



     fuse112.jpg


高くお尻を突き出した牝達の股間をバイブでもてあそび、
呻き声が消えないうちに、続けて鞭で叫び声を上げさせ、
背後から、犯し尽くして
叫びにも似た喘ぎ声にご満足なさった御主人様。
後処理で咥えさせることもなく、
そのまま牝達を床に放り出して、どっかと椅子に腰かけた。



     gotesibari514.jpg


ホワイトアスパラのピクルス食ったのはいつだっけ?」
私達を見下ろしながら、突然そんな事をおっしゃる。
一昨年の今頃でした。
「ホワイトアスパラの旬はいつだ?」
グリーンアスパラと同じものですから、
産地によって違うかもしれませんが、初夏から夏が一般的でしょうね。
「お前達の脚を見ていたら、ホワイトアスパラ食いたくなった。」
缶詰、ビン詰めでよろしければ、何か作りましょうか?
「そうだな、酒の肴。
 ホワイトアスパラの赤蝋燭和え!」

これから蝋燭責めが始まるのかと思ったけれど、
純粋にホワイトアスパラを召し上がりたいらしい。





ホワイトアスパラ、赤い蝋燭、、、そう呟きながら、
夜のお酒のおつまみとして作ったのは、
ホワイトアスパラの生ハム巻きでした。
白に赤というイメージで。


 

PageTop

ホワイトアスパラ縛り

「昨日の約束どおり、、、」

?? 昨日の約束?

「昨日の約束どおり、ホワイトアスパラの赤蝋燭和えだ。」

昨日のご自身の呟きで、今日の御調教が決まったらしい、、


蝋燭御調教用のフロアシートの上で。
前後開脚の姿勢で、片脚に手首を縛られ、御調教を待つ。

前後開脚だけでも辛いのに、そこに蝋燭の御調教が続くのかぁ、、



     gotesibari550.jpg




「うまそうな牝ホワイトアスパラ。2本完成だな。
 ちょっと待て。良いホワイトアスパラの見分け方を検索する。」
そうおっしゃって、ネットの記事を読み上げる。

『きれいな白色で茎がずんぐりと太めのものが良品です。
 張りとツヤがあり、みずみずしいものを選びましょう。
 根元の切り口が乾燥していたり、
 変色が見られるものは避けたほうが無難です。』

「という事らしい。
 お前達は牝奴隷としては、いい脚をしてるが、
 ホワイトアスパラとしては、ずんぐり太めじゃないなぁ。
 張りとツヤがあってみずみずしい感じはするが、
 根元は、どうだぁ? 乾燥してないか?」

股間に手が伸びて、、、乾燥具合を点検中だ。

「うん、牝アスパラマンコは、乾燥してないな。
 よし、調理を始める。
 焼き牝ホワイトアスパラ、赤蝋燭和えだ。」



長い長い調理時間だった。
太腿の筋は突っ張るし、熱い赤蝋燭の責めは続くし、、、、
辛い御調教だった、


試食もしていただきましたが、、、



            2021年5月4日の事でした。

PageTop

ロイヤルミルクティー

「ミルクティーが飲みたい。」
夕食後に突然そうおっしゃる御主人様。

牛乳はあるけど、紅茶はないなぁ、、、
申し訳ございません、紅茶がないので、コンビニで買ってきます。
「いや、ジョージアのロイヤルミルクティーだ。
 自販機でいいぞ。」

どちらにしても出かけないと、、、
服を着ようとしていると、ハルさんが言う。

「この時間帯に、普段召し上がらない紅茶、
 それも自販機と指定なさっているのよ。
 牝奴隷なら、御主人様の意図をしっかり把握しなさい。
 当然全裸で、買いに行くに決まっているでしょ。」



     kiwotuke470.jpg




そ、、そうなんですか?
そんな思いで、御主人様を振り向く。

「いっ、いや。単に思い付きで言っただけだ。
 ミルクティーとロイヤルミルクティーの違いはなんだ?
 って、ふと思っちまってな。
 まぁ、どうしても全裸で出かけたいなら、止めないがな。」



『ロイヤルミルクティー』の意味を検索しながら、
ハルさんをにらむ私です。


            2021年5月4日 夜の事でした。 

PageTop

Мビアンモード

「この連休、ハルは何となくSモードだったなぁ。
 かつてのレイの分析では、
 ハルの気質は、83%のМと10%のSと7%のビアン、だっけ? 」

後手縛りの二匹を見ながらそんな事をおっしゃる御主人様。



     gotesibari551.jpg



「いえぇ、ハルさんがドМなんで、
 ついつい虐めたくなる時もあるって事です。」
「まぁそうだろうな、じゃぁ今日は、Мビアンにするか?」
「ビアンモードでレイを責めればいいんですか?」
「違う違う、ハルもМモードで、二匹でレズビアンだ。
 その二匹を俺が責めるに決まってるだろ。」

後手縛りで伏せした二匹の足首を縛りつけて、
「ほら、ビアンモードだ。」
頬を床に付けたまま、本気でキッスをする。
「おらおらぁ、夢中でキスしてないで、ケツを上げろ。」



     gotesibari554.jpg



キッスしたまま、お尻に鞭が飛ぶ。
私の叫びがハルさんに吸い込まれ、
ハルさんの叫びが私の口を満たす。

それでも、唇を離そうとしないハルさん。
御主人様のおっしゃるМビアンモードを、忠実に守っている。

お尻が熱くなってきた、、、
連休明けの明日は、身だしなみの朝になるのかなぁ、、




         2021年5月5日 今日で連休も終わりです。 

PageTop