fc2ブログ

御主人様と二匹の奴隷達の物語

レイが綴る牝奴隷ハルとレイの物語、、、、、。ほんの偶然が、私を、、、。

箸のマナー

夕飯を召し上がりながらおっしゃる。
「考えてみれば、箸をうまく使えるって、凄いことだよな。」
そうですねぇ、世界中に箸を使う文化は相当あるようですけど、
箸のみを使って食事するのは日本食だけだそうです。
「いい大人がとんでもない箸の持ち方してたりはするがな。
 お前達は、奇麗な箸使いだ。」
ありがとうございます。
「箸と鉛筆の持ち方は、親から口うるさいほど注意されましたねぇ。」
「うん、いい親御さんだ。」
御主人様も、奇麗な箸使いをなさるし、
お箸のマナーも、しっかりなさってますよねぇ。
料亭や割烹での御接待が多いからでしょうか。

「あぁ、そうだな。
 学生の頃はガサツな箸使いで、無頼を気取ってたがな、
 会社を立ちあげて、接待が増えてからは、
 和食、洋食のマナーを相当勉強したなぁ。」
「そうですねぇ、日頃使い慣れているはずなのに、
 意識したことのない箸のマナーなんてありますものねぇ。」


     mesuinu347.jpg




「箸はどんな事でもできちまうから、逆にマナーは難しい。
 クリトリスを摘まもうか、乳首にしようかなんて、
 そういう『迷い箸』はだめだとか、
 マンコに突き刺すような『刺し箸』はダメだとか、
 マン汁の付いた箸を舐める『ねぶり箸』はダメだとかな。」

例えは極端だけど、正解ですねぇ。
サトイモなどは、他人様の目が無い時は、刺して食べてるかも、、、


「御主人様ぁ、その箸のマナーを実践するために、
 梁や柱の立派な日本旅館にでも行きましょう、
 緊急事態宣言も解除になったことですし、、、」
「バーカ、まだまだ油断するな。
 解除になっただけで、解放されたわけじゃないんだぞ。
 ワクチン2回完了だからだなんて油断して、
 お前のように考える輩が多くなると、
 又、第6波なんて事になりかねないんだ。
 紅葉狩りがてらのドライブはあっても、
 宿泊は、年末年始の紗江の料亭泊までオアズケだ!
 まぁ、コロナ禍で苦労している旅館業には申し訳ないがな。」


そういう御主人様の方針だ。
キャンプ場のコテージでの御調教も、この秋はないんだなぁ、、

けっして油断するまじ、自分の身は自分で守れ、って事だな。

 

PageTop

ボッチャ

二匹の牝を床に転がして突然おっしゃる。


「ケツボッチャ!!」



     kensa467.jpg



私達のお尻は、
パラリンピックで話題になったボッチャのボールらしい。

「牝奴隷を10匹集めて、
 あぁ、的牝含めて11匹かぁ、、
 牝奴隷ケツボッチャ大会、やってみたいもんだ。」



、、、、、

かつて、ピョンチャンオリンピックの時も、
牝奴隷カーリングの話をしていたと思う、、、、


 

PageTop

会話

「二匹の牝奴隷のお前達が仲がいいのは、
 飼い主としても嬉しいが、、、
 どうして話をしながら相手の体に触るんだ?」

「こうしてレイさんに触れていると、
 レイさんの気持ちがより深く理解できるし、
 私の気持ちもしっかり伝わるんです。」


     bian348.jpg


「相手をより深く理解しようとするのは、いいことだが、
 今は何を話していたんだ?」
今晩の御主人様のお酒の肴についてです。
「お前ら、アホだろ。
 レズビアンもどきで、そんな事を相談するのか?
 よし、もっと強く抱き合って会話すれば、
 よりうまい酒の肴が思いつくかもしれんな。」


よりおいしいお酒の肴を思いつく前に、
私達の『会話』に御主人様が乱入してきた。
というか、こんな姿勢の牝を犯したかっただけなのかもしれない。


     bian340.jpg

 

  

PageTop

調理姿勢

御主人様がキッチンに入ってこられた。
ビールですか? 
すぐできるおつまみ、お作りします。
夕飯はもう少しお待ちください。
あぁ、シシャモがあったなぁ、あれを軽く炙って、、、
あぁ、お鍋が噴きそうだぞぉ、、
軽くお塩を入れて、、、

ふと気づくと、まだ背後に御主人様の気配がする。
御主人様、まだ何か?

「レイの調理の姿勢が気に入らない。」
どういう意味でしょうか、、
「いきなり俺が欲情してお前を犯したくなるかもしれん、
 脚を開いてケツを突き出して調理しろ。」
はいかしこまりました、、、、

     kiwotuke451.jpg




、、と、お返事したけれど、こんな格好での調理では、
いつになったら晩御飯ができるか分からん。


早く犯してくれぇ、、

そうすれば晩御飯もすぐできるんだぞぉ、、


 

PageTop

ホイップクリーム

「おいレイ、なにしてるんだ?」
はい、今日はデザートに挑戦してみようかと、
リンゴの赤ワインコンポートを作ってみました。
そこに添えるホイップクリームを作ってます。
「クリームを虐めてどうするんだ。」

いじめる、、、、、、?
あぁ、そこに話を持っていくのね、、
whipが、『鞭打ち』と『かき混ぜ泡立て』だって事は知っているけど、、

そこの鞭打ち加減が難しいんです。
打ちすぎず、手を抜かず、、七分立てくらいがベストです。

「ふ~ん、俺にはそのホイッパーが牝の檻に見えるがな。」



     mesuinu371.jpg





「ところで、、、、
 コンポートってなんだ?」

 

PageTop

秋の便り

バルコニーのサッシを開け放なち、
菱縄の牝二匹をそこに立たせ、
その様子を眺めておられる御主人様。


       hisinawa77.jpg




お盆の頃の長雨や低温の帳尻を合わせるような、
そんな暑さが、ここしばらく続いたけれど、
前線が南に下がって、季節は完全に秋に代わったようだ。

どんよりした雨模様の曇り空。気温は低そうだ。
寒気が入って来て雨が降れば、北海道では平地でも雪、
そんな天気予報を思い出して、
牝達は、ちょっとした寒さまで感じている。

「寒いか?」
「凍えるような寒さではありませんが、
 真夏日に近いような日々が続いたので、
 気温よりは、たぶん寒く感じています。」
「ふ~ん、、、、
 とりあえず素早く体を温める方法は、、、」


強烈なバラ鞭が、二匹を容赦なく襲う、、、
やがて、肩で息するようにして御主人様がおっしゃる。

「おかげで俺まで温まったぞ、
 トドメだ! 犯してやる、もっと熱くなれ!!」



     hisinawa81.jpg



 

PageTop

パブ

「もう少しかなぁ、、、」
突然そう呟いた御主人様。

どうされました?

「酒を飲みに出かけるのは、
 もう少し世の中のコロナの状況を見てからかな、
 なんて思ってな、、、、、、
 、、、、、
 街のパブのカウンターで、
 牝奴隷のマンコを眺めながらビールを飲みたくなった!!」


     fuse122.jpg



コロナにかかわらず、それは無理だと思う、、、、





当然の流れで、我が家が即席のパブになって、
御主人様の願いを叶えてさしあげたのだけれど、、



     kensa469.jpg



ハルさんはどうして客席側でビールを飲んでるんだぁ?



 

PageTop

コークスクリュー

「ハルとレイ、どっちが締りがいい?」
しまり、、、ってなんですか?
「バーカ、締りって言ったらマンコの締りに決まってるだろ。」
いやぁ、、そんなの分かるはずがありません。
それをお決めになるのは、御主人様です、、、、、
「どっちのマンコにも満足はしているが、
 二匹で締りを競わせる、って趣向はどうかと思ってな。
 俺のチンポコが二本あれば、二匹を同時に使う、も可能だが、
 あいにく一本しかないからなぁ、、、
 まぁ、膣圧計では面白みがないし、、、、」

戯れ言みたいな会話は、それで終わった。
終わったと思っていた。


晩御飯は御主人様のご指定で、
『肉の旨味がわかるシンプル牛ステーキ』
ってことで、ちょっとお高めのステーキ肉に、
手作りガーリックペッパーソースにした。
もちろん野菜サラダもたっぷりと。
「うん、焼き加減が俺好みだし、肉もうまい。
 このカリカリガーリックもいいな。」
お褒めいただいた。

ワインを口に運びながら、
「コークスクリューかぁ、、、、、」
傍らのコルク栓抜きを見つめながら、そう呟く御主人様。
なにか、卑猥な香りがするぞぉ。
コークスクリュー?
「あぁ、この栓抜きを加工して、
 牝奴隷コークスクリューを作るのさ。」


      comic49.jpg




牝奴隷コークスクリュー?
それで?
「バーカ、さっき言っただろ。
 二匹の牝のマンコの締りを競わせるんだ。」
「どうやってですか?」
「コークスクリューに他の使い道があるか?
 ワインのコルクを開けるに決まってるだろ。
 マンコの締りに自信のない牝はアナルでもいいぞ。」

ワインを跨いで、体を回転させる自分を妄想したけれど、
アナルで咥えても、たぶん、無理だ。
いや、たぶんじゃなくて、絶対無理だ。


      comic51.jpg






隣でハルさんが、コークスクリューを手に取って、
じっと見つめている。
おいおい、何を考えてるんじゃぁ、?

、、、、、まさか、、、、、

いくら工作が得意なハルさんでも、
それだけはやめてくれぇ !!


 

PageTop

控え座布団

「御主人様、お誕生日プレゼント何か欲しいものありますか?
 レイさんと考えたんですけど、なかなか思いつかなくて、
 お聞きしたほうがいいかなぁっていう結論なんです。」
「ん~ん、欲しい物はあるが、、、、
 お前達の給料では無理だろうなぁ。」
そんなにお高いものですか?
でもぉ、一応、念のため教えてください。
「控え座布団!!」
「座布団なら、、私達のお給料でも買えます。」
「バーカ、普通の座布団じゃないぞ。
 大相撲の控え座布団だ。
 力士が土俵下で出番を待っている間に使う座布団さ。
 ほら、力士の出番前に呼び出しが抱えて、土俵下に置くだろ?
 幕内力士限定で、ちゃんと四股名入りだぞ。」
しこな?
「相撲取りの名前だよ。」
おいくらくらいするんですか?
「生地はちりめんで、ナントカ染めという伝統技法の特注品で、
 大きさは3尺角くらいだったかなぁ、重さは5キロ程。
 数十万はするんじゃないかなぁ。」
「座布団一枚に数十万は私達には無理ですねぇ。」
「そうだ、そうだ、
 お前達のケツの幅はどのくらいある?」
お尻の幅? そんなの測ったことありませんけど、
ヒップが、、87センチ、まぁ90として、
3.14じゃなく3で割って、30センチ。
実際は円じゃなく楕円ですから、1.5倍して、45センチ。

「45センチか、二匹並べれば90センチ、ほら、3尺だ。」



      bian311.jpg




「牝肉布団、じゃなくて牝肉座布団ですか?」
御主人様の誕生日プレゼントで牝肉座布団になるのは、
それはそれで嬉しいけれど、一つだけ問題がある。

控え座布団に座る時のお相撲さんて、
お尻からドッスンって感じだったと思う。

もっと腹筋を鍛えなきゃ肉座布団には、なれそうもない。


 

PageTop