fc2ブログ

御主人様と二匹の奴隷達の物語

レイが綴る牝奴隷ハルとレイの物語、、、、、。ほんの偶然が、私を、、、。

調理姿勢

御主人様がキッチンに入ってこられた。
ビールですか? 
すぐできるおつまみ、お作りします。
夕飯はもう少しお待ちください。
あぁ、シシャモがあったなぁ、あれを軽く炙って、、、
あぁ、お鍋が噴きそうだぞぉ、、
軽くお塩を入れて、、、

ふと気づくと、まだ背後に御主人様の気配がする。
御主人様、まだ何か?

「レイの調理の姿勢が気に入らない。」
どういう意味でしょうか、、
「いきなり俺が欲情してお前を犯したくなるかもしれん、
 脚を開いてケツを突き出して調理しろ。」
はいかしこまりました、、、、

     kiwotuke451.jpg




、、と、お返事したけれど、こんな格好での調理では、
いつになったら晩御飯ができるか分からん。


早く犯してくれぇ、、

そうすれば晩御飯もすぐできるんだぞぉ、、


 

PageTop