FC2ブログ

御主人様と二匹の奴隷達の物語

レイが綴る牝奴隷ハルとレイの物語、、、、、。ほんの偶然が、私を、、、。

自然排便

コテージ群を廻る車道脇には、植木を隔てての歩道がある。
宿泊者以外の車は通らない道ではあるけれど、
コテージ管理者の車が来ないとは限らない。
もし、車が来たら植木の陰に隠れれば、気付かれないか、
せめて、ペットの散歩にしか見えないはず、、、
そんな事を考えながら、牝犬四つ足歩行中だ。

御主人様の期待に応えるように、ハル犬が「クゥゥ」と鳴いた。
「よーし、その木にしていいぞ。」
牝犬は、排尿と一緒に、、、排便も、、、
御主人様がしゃがみこんで見つめている、、、
牝犬奴隷の『正式オシッコ』は、もちろん片脚を持ち上げる、
ジョジョジョーがポタンポタンになるまで、、、
ゆっくり観賞いただいて、、、、、、

「おい、それだけか? よく考えてみろ。犬の散歩だぞ。
 ショウベン以外にも、出すものがあるだろ。」

四つ足でしゃがみこんで、お腹に、お尻に力を入れる、、
オシッコなら、出せと言われれば出せるけど、、、
こればかりはなぁ、、、、、、
、、、あぁ、、去年も今頃だったよな。
あの山道で、、、鹿のウンチを真似て、
これって、自然排便なのかなぁ、、
やっぱり、強制排便だよなぁ、、、、

それでも、、ヌルリ、ポタンって、、、、、。

「よーし、よく出来た。」
裏返したポリ袋を手袋にして、ウンチを拾ってくださる御主人様。
「糞を処理するのは飼い主の務めだからな。」
なんぞとおっしゃいながら、、、、




コテージに戻って、ドアを開けている時、
背後を、車が走り抜けた。

「もう少し、ゆっくり散歩してればよかったか?」

いえいえ、それだけは、ご勘弁を、、、、、。



              2013年6月15日の事でした
 

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 
透きがない?(´・ω・`)

突っ込み処、処理のところがです。ハエがたかるしね~立川の昭和記念公園にドックランが有ってそこも良い感じだなあ~

茶 | URL | 2013年06月18日(Tue)11:00 [EDIT]

茶さん

ドッグランの記事はかつて書きました。
ウンチの処理は飼い主の義務であります、、、

じゃぁ、     レイ
 

Ray | URL | 2013年06月18日(Tue)19:40 [EDIT]