FC2ブログ

御主人様と二匹の奴隷達の物語

レイが綴る牝奴隷ハルとレイの物語、、、、、。ほんの偶然が、私を、、、。

Sの幸せ

例年通り、「海の日」がらみの連休は、紗江さんの料亭、
あの囲炉裏の部屋で過ごす。
そう、一昨年の話で「海の日」は「牝奴隷の日」だもの、、。


「俺は、幸せ者だな。
 俺の欲求を満たす牝奴隷が二匹もいて、
 それを助長するS予備軍の紗江がいて、
 泣こうが叫ぼうが周りに迷惑かけないこの料亭があって、
 和風の梁は、おれに牝奴隷を吊るせと言っているし、、、。」
お茶を飲みながら、御主人様がボソッとおっしゃった。

牝奴隷は、御主人様のこんなつぶやきに、ほろっとします。
御主人様の幸せは、牝奴隷の幸せです。

そんな幸せにひたっている私達を横目に、
紗江さんは、もっと現実的だ。
「賢治さん、あの梁は今、何て言ってます?」
「ん~ん、一匹ずつ、ゆっくり吊るしてくれ、、、かな?」
「じゃぁ、今日はレイ、明日はハルにしましょうか?」



「レイ、お前からだ。」
さぁ、この格好から、どんな責めにしようかなぁ、、、
後手縛りの上半身と、片脚だけが吊り上げられて、
もう片方のつま先が、かろうじて床を捉えている、、、、

「うん、卑猥でいい格好だ。
 紗江、この続きはどんな責めがいい?」
「縄が体に食い込んで苦しそうだから、
 もっと苦しませるためにバラ鞭、、、は?」
「ハルは?」
「そうですねぇ、、、蝋燭、、かしら。」
「う~ん、意見が分かれたなぁ。
 よし、議長裁決! 両方採用!!
 紗江はバラ鞭担当。ハルは蝋燭担当に決定。」


ハルさんが、蝋燭を軽く回して溜めるようにした熱蝋を、
肩から乳房にかけて垂らしていく、、、
蝋責めは、熱いというより、針で刺されたような痛みだ。
絶妙のタイミングで、紗江さんのバラ鞭が、
固まったばかりの蝋を、まるで平手打ちのように、叩き落す。
不随意筋と化した私の体は勝手にビクビクと痙攣している。
左右の乳首を突き刺した熱蝋は、やがて下半身に向かっていく。


太腿の外側から、ゆっくり内側に移ってきた熱蝋と鞭は、
何の躊躇もないように、股間の中心を狙った、、、
蝋の針に刺されて、下半身が硬直し、
バラ鞭の平手で、下半身が大きく跳ねた、、、
吊られた縄が揺れ、さらにさらに、食い込んでくる、、、。


「レイ、お前、ここ濡らしてるだろ。」
御主人様の大きな手が、股間の蝋を払い、
指が、中を確かめるように動いている、、、、

「お前も、しっかり変態牝奴隷になったな。よし使ってやる。」

両の脚を抱えて、オチン様が入ってきてくださった。

宙に浮いたまま、
御主人様の腰の動きと一緒に、私の体も揺れる、、


麻縄の軋みと自分の喘ぎ声を、
まるで蝉の合唱のように聞いているもう一人の私がいる、、





            2013年7月14日の事でした。
 

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 
久しぶりな感じだなあ~

やっぱりこのブログは、SMブログだったのですね~(; ̄Д ̄)?それよりも、礼の珍入れは、何時ぶりに聞いたか?(*^ー^)ノ♪なんかほっとしたね。

茶 | URL | 2013年07月17日(Wed)21:32 [EDIT]

茶さん

確かに、久しぶりかもしれませんが、
現実的に、こんな派手な御調教は、
そう簡単にはできないと思っております。
だからこそ、エントリーに重みがでる?
じゃぁ、  レイ
 

Ray | URL | 2013年07月18日(Thu)20:27 [EDIT]

レイさんとハルさんは素敵な奴隷さんですが、紗江さんの存在はご主人様にとって大きいんですね。

私もいつも、紗江さんがレイさんとハルさんをしっかり躾けていらっしゃるのが素敵だと思っています。

以前、レイさんから、私の夫の従姉が紗江さんを連想させると言われたことがあります。
私にとって従姉は、映画や本などの話もできる仲良しであると同時に、AV女優の素顔も知られている、プレッシャーを感じる存在なのですが…

佐知子 | URL | 2013年07月21日(Sun)08:12 [EDIT]

佐知子さん、ありがとうございます

主は「紗江はS予備軍」なんぞと申しておりますが、
私達にとっては、主同様、しっかり御主人様って感じです。
主に対する意見も、しっかりS、でありります。

義妹さんも、素敵な『いたぶり』のS様のようで、、、

ありがとうございました。
じゃぁ、又。        レイ
 

Ray | URL | 2013年07月22日(Mon)18:49 [EDIT]