FC2ブログ

御主人様と二匹の奴隷達の物語

レイが綴る牝奴隷ハルとレイの物語、、、、、。ほんの偶然が、私を、、、。

メール調教

ハルの話に聞き入る私。
ハル、それからどうなるの?


  初めは、ワクワクしながら読んでるだけだったけど、
  そのうち、K様の命令が、私に対する命令に思えて、
  ちゃんと実行するようになってきちゃったわ。

  「ノーパンで会社に行け。」
  と言われれば、体育のない日を選んで、
  本当にショーツを履かずに学校に行ったり。

  「着替える時は、床に鏡を置いて、それを跨げ。
   全裸になるまで、鏡から目を離さない事。」
  と言う命令があれば、
  学校から帰って、自分の部屋で、密かに実行したわ。
  自分の着替えを、下から覗かれているようで、
  恥ずかしかったけど、興奮してた。
  さすがに、
  「電池がなくなるまでバイブをおマンコに、、、。」
  なんてのは無理だったけど、、。

  やがて、K様にメールするようになった。
  HALと申します。24歳OLです。
  昨日、K様のご命令どおり、
  ノーブラでコンビニに買い物に行きました。なんて。
  Jさんと張り合うように、K様に、報告していたわ。
  もう完全に、私がメール調教を受けている気分。
 
  当然、学校はおろそかになって、
  1学期の試験はボロボロだった。
 
  もうすぐ夏休みという頃、K様からメールが来た。
  「お近くにお住まいなら、今度Jと3人で、
   オフ会しませんか?」

  パソコン上だけならいいけど、実際に会うとなると、
  躊躇しちゃうわよねぇ。
  でも、どんなカップルなのか、見てみたい。
  そんな誘惑もあった。

  月末の日曜日、所要でそちらに参ります。
  お話だけなら、ぜひ、、、。
  返信してしまったわ。

  待ち合わせ場所と携帯番号を交換して、
  会う約束になっちゃった。

 
  月末の日曜日、お昼近く。
  携帯は、マナーモードにして、
  遠くから見るだけで、帰ろうと決めてた。

  K様はどんな方なのか、
  Jさんは綺麗な人なんだろうか?
  そんな興味はあったけど、
  顔をあわせるなんて無理。
  それに二人は、ちゃんとした大人。
  私はどう見ても、24歳OL、じゃないよね。

  待ち合わせの公園の入り口で、中を窺っていた。
  突然後ろから、
  「HALさんですか?Kです。」と声をかけられた。
  思わず、はい、ハルです。と返事しちゃった。
  HALなんてハンドルネームにしなきゃよかった。
  春子のHALにしたつもりだったけど、
  しらばっくれる前に、返事しちゃった。
 
  K様は、想像以上に素敵な方だったわ。
  若いけれど、20代ではないなぁ。
  もうちょっと、落ち着いた感じ。

  あのー、Jさんは?
  「Jは、今日はちょっと、、。
   それより、食事でもどうですか?
   いい店があるんです。」

  そんないきなり、初対面ですし、、。
  「まぁそうおっしゃらずに。
   食事でもしながら、ゆっくりお話しましょう。」
 

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 
二匹の犬の謎???

実は、この二匹は、元人間の美少女姉妹の双子だった。「何故この二匹が犬に成ってしまったか」と言うと?
魔法の修業の実験にされて居たからだった。そして、魔法をかけて犬にしたのはターミだった。そして、連れて来たのは師匠の御主人様だった。

次の朝、目を離し二匹のを探した。しかし何処にもいなかったそして、お風呂の方から人の話し声が聞こえてきた。行ってみると女が二人一緒に一人は身体を洗いもう、一人は湯舟に浸かっていた。

おはよう~と一人が挨拶してきた・・・・。はい!???あの~君達は一体と疑問をぶつけた。「私達は、昨日のわんちゃんよと、」答えてきた。

へっ?!えっと~昨日の犬が君達~どうゆう事と聞いた?。

 すると、はるの方が事の訳を話した。
 へーー成る程じゃあ何で元に戻る事が出来たか。「それを、礼が説明した?」昨日貴方がオナニーした後~精液を舐めたからと説明した。そうしないと戻れない術を賭けられたためだとも言った。そうゆうことか?と!何時の間にか~はるが自分のズボンを脱がしフェラを始めたので焦った?ええ何してんのと聞いた?フェラ~!と元気に答えてきた。
 何で?えっ!「久しぶりにしてみたかった」と答えてきた。人の状態でHしたの久しぶりだと言った。するとああ~ずるい~と礼も吸い付いてきた。もう、溜まらず逝きそうに成ったところで、未だダメだよと、はるが寸止めしてきた「おおおーい」もう、勘弁してーいと唸ると何か言いたいそうにして居た?
あのー私達に協力して欲しいと言ってきたのだ
魔法使いに仕返ししたいと言ってきたのだ、
 お兄ちゃんと、おねだり声に猫を被りも善いとこにようにせがんできた。じゃないと~お兄ちゃんの昨日の事皆に言っちゃうよと追い込んで来たんで一応オッケーはしてみたけど~
 じゃあ、うりゃあと礼が逝かせにきた。痛かったけど簡単に逝った

ちゃー | URL | 2008年12月14日(Sun)22:43 [EDIT]

だからぁ

ちゃーさん。
だからぁ、申し上げましたよね。
ちゃーさんは、長い文章より、
短くビシッとの方がお似合いです。
それにこんな所で、ターミさんや御主人様に迷惑かけてはいけません!!
 

Ray | URL | 2008年12月15日(Mon)08:23 [EDIT]