FC2ブログ

御主人様と二匹の奴隷達の物語

レイが綴る牝奴隷ハルとレイの物語、、、、、。ほんの偶然が、私を、、、。

すすき花火

夕方、凄い勢いの雨が降って、、、、、
でも、所詮は夕立、花火が中止になるはずがない。

「夕飯終えて一杯やりながら、暗くなるのを待つ、、、
 なんか、いいなぁ、、、。」
御主人様がしみじみとおっしゃった。

暗くならない事を私達が願っても、地球は静かに自転している。

蚊遣りの煙がたなびいて、部屋に涼しい風を運ぶ、、、
「賢治さん、花火台の設計、考えた?」
「おぉ、庭木に吊るすとかマングリガエシとか考えたが、
 紗江が求める風情と情緒からすると、
 やっぱり単純な方がいいかな、と思って、、、」

風情と情緒的花火大会、、、?
後手高手小手縛りで、縁側から下半身だけを外に出す。
もちろん両脚は大股開き、、、、、、。
「ちょい上向きになるよう、、、」
腰の下に座布団が敷かれ、
「奴隷達も自分で花火を観賞できるよう、、、」
頭の下に枕が置かれ、、、、、
、、、至れり尽くせりであります、、、、、。

「消火用のバケツを用意して、、
 点火用の蝋燭は、、昨日の和蝋燭でいいわね。
 あぁ、そうそう、グリセリン軟膏も、、、。」
かいがいしく、、というよりはウキウキと動き回る紗江様。
「でも、レイとハル、ちょっと可哀そうねぇ、、、」
そうおっしゃって、、、、、脚に虫除けスプレー、、、
、、、至れり尽くせりであります、、、、、。


紗江様の指が私の股間で暴れまわり、、
自分で作った包帯ディルドに犯されて、、、、
「さぁ、花火始めるわよ。」

シュー、、の音の後、ピチパチピチパチと跳ねる音が続き、
火薬の臭いと共に、煙が上がる、、、
手持ち用の竹ひごがついているから、
股間まで燃えない事は分かっていても、
それでも、自分の股の間で火薬が火花を散らすのは怖い。

「わぁ、、綺麗、、これはオレンジ色ね。
 次は、、、これはたぶん緑色よ。」
グリセリン軟膏をアナルに塗りこみながら、紗江様がはしゃぐ。
アナル花火もお褒めいただいて、、、、

「おい、紗江。二連のほうが豪華じゃないか?」
そんな御主人様のお言葉で、、、
オマンコ花火、アナル花火同時、、ということになった。
「そうね、じゃぁ、レイとハル、全部違う色にしましょうか。」

私達の股間で、四色の花火が燃え、煙が立ち込めた、、。


花火大会は果てしなく続く、、、
いつまで続くのかは、私達が一番よく知っている。
自分達で作ったあの本数分、、、続くに違いない、、、、。

「よし、どっちが長く燃え続けるか、競争させよう。
 どうせなら、、立小便スタイルにするか。」
脚の縄が解かれ、ガニマタ姿勢の股間に、花火が突っ込まれる。
「ほら、もっと反り返ってオマンコ突き出しなさい。」
御主人様と紗江様が、私とハルさんの花火に同時に火をつける。
涙が出そうになるのは、火薬の煙のせいだけなのか、、、


「う~ん、8勝8敗の引き分けかぁ、、、
 よし、二人ともよくがんばったぞ。
 褒美だ、打ち上げ花火、差し込んでやる。」
「レイのブログでは、打ち上げ花火は、アナルだったわよね。」


オチン様に貫かれた私、ペニバン様に貫かれたハルさん、、
大声で叫び、喘ぎ、、、打ち上げの時を待っている、、、、。







              2013年8月15日夜の事でした
 

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 
初めまして

固唾をのむ、を実感しています。
お盆休みに、初めから全部読ませていただきました。
私自身は御主人様がいるような牝奴隷ではありませんが、
なんとなくこの世界に興味があって、
あちこち徘徊している時に、このブログに出会いました。
前回のカテゴリーを読み終えた時、これは最初から読まなくちゃって、
そんな感じで、初めから読み出した次第です。
レイさんの文章や構成の巧みさに引き込まれていく自分を意識しながら、
ハラハラドキドキ、ワハハ、、アホォ、ヘェ、、、って、
時間も忘れてパソコンに向かっておりました。
すぐさまコメント入れたかったのですが、
このお盆調教編が始まってしまい、
又、ドキドキしながら、固唾をのんでおります、、、。
素敵な御主人様と、競い合いながらも仲のいいハルさん、
それぞれのキャラがしっかり絡み合って、
しっかりとした日々を送っておいでなのですね。

さて、オマンコ花火の後はどうなるのでしょう?
本当は、このご報告が完了してから、コメントしようと思いながら、
待ちきれなかった、トンダラポンの私です。
長くなりました。
お許しいただければ、又、コメントしますね♪
 

とんだらぽん | URL | 2013年08月22日(Thu)18:05 [EDIT]

とんだらぽんさん、初めまして

暑い中、稚拙な『、、物語』を読破いただき、ひたすら感謝感謝です。
それに加えて、固唾まで、、、何よりの御賞賛と感じております。
例によって例の如く、御調教の合間には、アホネタもあるのですが、
それは後日ネタと思い、仕舞ってあります。
明日のご報告は、、、
ひたすら痛く苦しい御調教ネタであります。
又、固唾を飲んでいただければ、、幸いです。

これからも応援コメント、よろしくお願いいたします。
一つだけ、、『とんだらぽん』、、ってなに?
ありがとうございました。
じゃぁ、又。       レイ
 

Ray | URL | 2013年08月22日(Thu)20:22 [EDIT]

打ち上げは

やっぱり、礼とハルを逆さまに吊るしての打ち上げが良いです。

茶 | URL | 2013年08月23日(Fri)04:37 [EDIT]

茶さん

それはまずいです。衝撃で直腸壊れます。
じゃぁ、   レイ
 

Ray | URL | 2013年08月23日(Fri)19:11 [EDIT]