FC2ブログ

御主人様と二匹の奴隷達の物語

レイが綴る牝奴隷ハルとレイの物語、、、、、。ほんの偶然が、私を、、、。

ビッグマック

全裸で気をつけする私達の胸を握り潰しながら、
御主人様が、いきなり
「ビッグマック食いたくなった。」
って、、、、、

?、?、?
普段、マックよりモスをお好みなる御主人様、、、
それにこんなタイミングで、どうなさったのかしら、、
それとも、、、
もっと巨乳の牝奴隷が欲しくなったって事、、、、?
なんて考えてしまった私は、大ボケだ。


すかさずハルさんが反応する。
「はい、かしこまりました。
 ビッグマックですね。少々お待ち下さい。」

私を押し倒し、上からのしかかって、
、、、股間を擦り付けてくる、、、、何度も何度も、、、


「お待たせいたしました。
 愛液とろみソースのビッグマックです。
 お口に合いますかどうか、、、お試し下さい。」

お待たせしました、女体ビッグマックです、、、
御主人様がこんなトンチゲームが大好きなことは、
充分、知ってるはずなのに、、、、、
実際のビッグマックを想像した私は、未熟なアホ。
そこから、女体ビッグマックを連想したハルさんはさすがだ。




御主人様は、女体ビッグマックの下半分を、
ちょっとだけ味見なさったけれど、、、、、、
お腹いっぱい召し上がったのは、もちろん上半分、、、、


まぁ、悔しいけれど、、当然といえば当然、、だよなぁ、、、



 

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 
うまそうだ

主殿が食べ残した下半分、俺にくれ!

俺 | URL | 2013年10月29日(Tue)14:35 [EDIT]

俺さん、ありがとうございます

女体ビッグマックの下、、、
それ、私じゃぁ、、
たとえ食べ残しでも、お断りじゃぁ、、、

ありがとうございました。
じゃぁ、又。       レイ
 

Ray | URL | 2013年10月29日(Tue)21:06 [EDIT]