FC2ブログ

御主人様と二匹の奴隷達の物語

レイが綴る牝奴隷ハルとレイの物語、、、、、。ほんの偶然が、私を、、、。

勾配

「御主人様のお誕生日のお祝い、
 去年みたいに、温泉にご招待するというのはいかがですか?」
「温泉かぁ、、、いいなぁ。
 先日のお前達みたいに、温泉ラブホにするか?」
「温泉ラブホ、なんてあるんですか?」
「一応、ご家族でもどうぞ、なんて看板あるけど、
 宿泊料金の他に休憩料金がある温泉ロッジを知ってる。」

先日、そんな会話があった。
だから今日から、お誕生日祝いを兼ねた温泉旅行だ。
とは言え、ラブホ的温泉ロッジの場所を私達は知らない。
お誕生日祝いと言いながら、全て御主人様任せだ。


車は高速を降り、川沿いの国道をひたすら走る。
初冬の柔らかい陽射しと、
今を盛りの紅葉した木々が、私達を出迎えてくれる、、、、

御主人様、近くにコンビニ、ありません?
「ない、さっきの町にあったのが最後のコンビニだ。」
あのぉ、、おトイレしたくなったんですけど、、、
「私も連れション気分ですぅ、、」
「今すぐなら、ポリ袋。
 少ししか我慢できなければ道端。
 10分我慢できるんなら、『○○道の駅』があったなぁ。」
御主人様はポリ袋か道端をお望みかもしれないけれど、、、、

10分もたたず、『道の駅』の看板が見えてきた。
車はその駐車場の一番端に滑り込む。
紅葉の季節で、この連休だ。
満杯ではないものの、それなりの数の車が駐車場を埋めている。

先に外に出た御主人様は、辺りを見回しおっしゃった。
「レイからか? ションベンしていいぞ。」
トイレに行って来い、、とはおっしゃらなかった。

開かれたドアの陰にしゃがみこむ。
ただでさえ恥ずかしい野外放尿、、
御主人様の視線はもちろん、
車の陰で、とはいえ他人様に気づかれないか心配で、
なかなかオシッコが出てこない。
それでいて、一度流れ出したオシッコは、
もう、止めることもできない。
駐車場の勾配にしたがって、、、、
その格好を晒す事の羞恥と同じくらいに、
オシッコの流れが、私達の車の下を通り、
駐車場の勾配にしたがって流れてく、、
それが、なぜか、恥ずかしい、、、、
いつまでもいつまでも、放尿を晒しているようで、、

それに、万が一、そこを通りかかった他人様が、
不審に思って、その流れの源を探さないとも限らない、、。

乾ききった駐車場の表面を、
まるで舐めるように流れ続ける私のオシッコ、、、、、
「おぉ、だいぶ流れたな。
 次は、ハルだ。
 どっちが遠くまで流れるか、競争だな。」

辺りを見回すようにしてから、
ハルさんがしゃがみこむ。

勢いよく流れ出したオシッコは、、、
やがて、私のオシッコのラインと一緒になって、、、、

「なんだよぉ、勝負つかなかっただろうがぁ、、
 お前達の仲の良さは分かったが、
 なにもションベンまでビアンしなくてもいいだろう。」




『道の駅』の売店で、地酒、地ワイン、地つまみ、etc、
羞恥の御調教を終えて、地物のお土産を買って、
さぁ、再出発、、なんて思った私は未熟者なのか、、、

「せっかくションベンしたんだから、
 ついでに、クソもしたくなっただろ?」
社会規範に反するとか、清掃職員に迷惑がかかる、とか、
いろいろ理由をつけて、丁重にお断りしたけれど、、、
「飼い犬の糞は飼い主がちゃんと片付けるから、、、」
と言って、なかなかお許しいただけなかった。

「しかたねぇなぁ、、、妥協案だ。
 お前達はようやく一人でトイレに行けるようになった幼児。」
謎かけみたいなお言葉、、、、、
ちょっと考えて、、、車の陰でショーツを下ろし、差し出す。
「そうかぁ? 違うだろう、、、、
 トイレのドアを開けたまま、スッポンポンじゃなかったか?」


車は、片側一車線の狭い国道を、温泉目指して走る。

水平近くに倒された助手席。
二匹の牝奴隷達が重なってキッスしている、、、、
全裸で、、、、、

夕暮れは近い、、、
早く暗くならないかなぁ、、、、、、



              2013年11月2日の事でした 

 

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 
私の娘も

スッポンポンでトイレに駆け込みますけど、下半身だけです。
全裸にはなりません。

匿名さん | URL | 2013年11月05日(Tue)18:07 [EDIT]

匿名さん、ありがとうございます

おっしゃるとおり、下半身だけですよねぇ、、
娘さんはおいくつなのでしょうか?
ひたすら可愛い盛り、なのでしょうね。
トイレで全裸の習慣になりませんように。

ありがとうございました。
次は、お名前教えてくださいね。       レイ
 

Ray | URL | 2013年11月05日(Tue)19:55 [EDIT]