FC2ブログ

御主人様と二匹の奴隷達の物語

レイが綴る牝奴隷ハルとレイの物語、、、、、。ほんの偶然が、私を、、、。

ハンモック

「今日は何の日か知ってるか?」
「勤労感謝の日です。」
「違うな。今日は『調教感謝の日』だ。」
はっ、、はい、いつも御主人様の御調教には感謝しております。
「だったら、今日は俺がお休み、調教無しでいいか?」
「そんなぁ、、、、
 感謝しつつ、御調教を噛み締めますから、、、、」

「噛み締めてかぁ、、、、
 よし、今日はそれでいこう。」



「ハンモック作ってやったぞ。
 二人で、ゆっくり楽しめ。」

ハンモックってさぁ、、、木と木に結んだ網のベッドだよね?
「普通は、、ね。」
なるほどぉ、、主人様が普通のハンモックのはずがないかぁ、

U字形に垂らされた麻縄、、、、
これでどうやって『楽しめ』ばいいんだぁ?
「楽しむのは、私達じゃないわ。御主人様よ。
 なんてったって、今日は『調教感謝の日』、
 日頃の御調教に感謝しつつ、
 御主人様に負担をかけずに、楽しんでいただく、、」

これが、ハンモックなのかぁ?、、、、、
『ハンモック』を股間で噛み締めて、
縦に揺らしたり、横に揺らしたり、、、、、
素敵な瘤が、しっかり股間を刺激して、、、、、、、、

床に寝転んで見上げる御主人様の視線が痛い。


日頃の御調教には充分感謝申し上げるとしても、
このハンモックでの午睡は、たぶん無理だ、、、、、



         2013年11月23日 勤労感謝の日の事でした。

 

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する