FC2ブログ

御主人様と二匹の奴隷達の物語

レイが綴る牝奴隷ハルとレイの物語、、、、、。ほんの偶然が、私を、、、。

お給料と御調教

勤労感謝の日くらいは、しっかりお休みを取って、、、
でも、翌日の日曜日は、なんでもない忙しい休日になった。

御主人様は、私達に部屋の合鍵を渡すと、
会社に飛び出して行く。
私達も、朝食の片づけを終えてから、休日出勤だ。

「どうしてさ、勤労感謝の日が土曜だとさ、
 その振り替え休日はないわけ?」
そんなの知らないわ。誰かに聞いてみたら?
「誰かって、誰に聞けばいいのよぉ。」
そんなの知らないわ。とりあえず、アベ総理かしら。
「携帯の電話番号知ってる?」
知ってるわけねぇじゃん。
「私達の調教がなかったのも、シンゾウ君のせいだよね。」
シンゾウ君ときたかぁ、、
まぁ、そうかもしれないけど、
日本の景気がよくなって、私達のお給料があがるかもよ。
「レイさんの会社、お給料上がりそう?」
さぁ、、、知らん。ベアなしで、ボーナス対応かなぁ?
「でしょ、だったら、お給料より、御調教だよね。」
でもぉ、お給料を支払う立場の御主人様は、
もっともっと苦労してるかもね。
「そうだねぇ、お給料は控え目に、御調教は過激に、、、
 牝奴にとってはそれが理想かなぁ、、、、」
ん~ん、お給料は高く、御調教は過激に、、が最高だけどね。
「うん、それいい。
 御主人様の会社は、つぶれない程度に忙しく、
 御調教できる程度に、時間がある、、がいいね。」


勝手なバカ話をしながら、私が先に電車を降りた。

駅のトイレの鏡に向かって縄痕などのチェックをして、
休日出勤の私です、、、、、、



              2013年11月24日の事でした。
 

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する