FC2ブログ

御主人様と二匹の奴隷達の物語

レイが綴る牝奴隷ハルとレイの物語、、、、、。ほんの偶然が、私を、、、。

鶴亀

「去年はマングリガエシの『逆さ富士』だったわよね。
 今年も、なにかおめでたい緊縛みせてくださらない?」

「じゃぁ、、、、、
 鶴は千年、亀は万年で、、、、、、」

全裸の私達の体に縄が廻る、、、、

「普段はな、面倒だから菱縄だけど、
 今日は特別、亀甲縛りだ。
 こうやって、振袖を羽織らせて、、、、、、
 どうだ? 正月らしく、艶やかでめでたいだろ?」
「鶴は?」
「ほら、縦縄がツルツルオマンコに食い込んでるだろ。」
「あぁ、鶴マンコに亀甲縛りかぁ。
 鶴亀でおめでたいわね。
 特上のお酒仕入れたのよ。
 鶴亀奴隷撫子を観賞しながら、一杯やりましょうか。
 まだ陽は高いけど、これがお正月の贅沢ってもんよね。」
亀甲縛りとつるつるオマンコで、、、鶴亀、、、


鶴亀三匹の奴隷撫子達は、
わざわざ隣の部屋から運んできた金屏風の前で、
お酒の肴として、めでたく淫らな艶やかさの競演です、、、




           2014年1月1日 午後の事でした。
 

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する