FC2ブログ

御主人様と二匹の奴隷達の物語

レイが綴る牝奴隷ハルとレイの物語、、、、、。ほんの偶然が、私を、、、。

赤い股縄

赤い糸には後日譚がある。

ハルさん曰く、
「御主人様と私が赤い縄で繋がっていた事は確かよ。
 でもさ、私とレイさんがさ、
 同じ時に大学に入学して、たまたま同じアパートで、
 偶然にも二人で御主人様の牝奴隷になった、、、
 これって、私とレイさんにも赤い縄があったのよ。
 だってレイさんが、もし大学現役合格だったら、
 私達、出会わなかったかもしれないわけでしょ。」
まぁ、それはそうかも知れないわねぇ。
赤い縄で繋がる女と女、、、ビアンぽいけどね。

「私とレイさんが赤い縄で繋がっていたとしたら、、、
 ん~ん、どことどこが結ばれていたと思う?」
御主人様的解釈だったら、後手縛りの縄尻?
「まぁ、そうかも知れないけど、あまりにも芸無しだわ。」
おいおい、芸無し? ウケを狙う必要があるのかぁ?
だったら、股縄と股縄?
私とハルさんは赤い股縄でむすばれていたの、、、、、?
「そうそう、それよぉ。
 二匹の牝奴隷が、赤い股縄で綱引きよ。」
そうかぁ? 私達、出合う前から股縄で綱引きしてたのかぁ?
「そうよ。中学生の頃、あそこがツンツンってしたのよ。
 あれっ、どうしたのかなぁ、なんて思ったけれど、
 実は、レイさんがどこかで股縄を引っ張っていたの。」
じゃぁ、私がツンツンした時は、ハルさんが引っ張ってたの?
「うん、引っ張ってる意識はないけど、
 赤い股縄で結ばれてたんだからね。」

もしかしたら、、、、、彩さんとも繋がってたの?
「あぁ、そうかもね。
 高校の頃、あそこがツンツンした時は彩さんが引いてたんだわ。」
凄げぇ運命論者、って感じだね。
「たとえ運命だとしても、
 サイコロはいつも望みどおりの目を出すとは限らないわ。
 三人が、それぞれ別の方向に股縄綱引きしてたのよ。」
どういう事?
「たとえばさ、
 私と彩さんが同じ方向でレイさんの股縄を引っ張ったら、
 レイさんは痛いだけで、Mに目覚めなかったのよ。
 三人が別方向のいい力加減だったから、出会えたって事よ。」
凄ぇ論理展開だけれど、不思議な説得力だぁ、、、、
でもさぁ、赤い股縄が運命だったら、そこから逃れられないの?
「だからぁ、そこがサイコロの目よ。
 赤い股縄が運命だとしても、
 運命管理者はさ、同一人物じゃないわけよ。
 股縄運命管理者とサイコロ運命管理者がいるの。
 たまたまその思惑が一致した時が最高の運命になるのよ。」

じゃぁ、御主人様のサイコロ運命管理者は最強なんだぁ。
なんてったって、私やハルさんを獲得したんだから。
「それはたぶん違うわ。
 御主人様の赤い縄は、初めはJさんと結ばれていたのよ。
 それがあの事件で、、、、
 サイコロは『ふりだしに戻る』の目をだしたの。
 ご両親の事故死も、紗江さんのご主人の遭難もあったし、、。
 私達の赤い縄は、、、、、、
 Jさんの死によって初めて御主人様と結ばれたのよ、、、」

『Jさんの死との引き換えであなたは牝奴隷になったのよ、』
あらためてそう言われると、なんとなくしんみりしてしまう。



まぁ、悲しい過去ではあるけれど、その場所には戻れない。
今を生きる私達が、御主人様の過去を癒すしかないのだろう。
そして、Jさんの代わりではない私達を目指さなければ、、



 

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 
長年の読者としては

Jさん関連の話題は、レイさんと同じようにグスッてきてしまいます。
でも、最近の記事からすると、
主様もしっかりレイさんハルさんに夢中のような気がします。
しっかり跡継ぎで、しっかり癒しで、しっかり牝奴隷の立場確保ですよ。
 

みこ | URL | 2014年02月28日(Fri)19:56 [EDIT]

みこさん、ありがとうございます

お久しぶりです。

客観的に、そう言っていただけると、嬉しくなります。
まだまだ至らないし、こまごました主のご不満もあるのでしょうが、
まぁ、そこはそれ、私達なりに精一杯に、ってところでしょうか。

ありがとうございました。
じゃぁ、又。       レイ
 

Ray | URL | 2014年02月28日(Fri)21:34 [EDIT]