FC2ブログ

御主人様と二匹の奴隷達の物語

レイが綴る牝奴隷ハルとレイの物語、、、、、。ほんの偶然が、私を、、、。

羞恥吊り

ていねいに麻縄をチェックし、
カラビナや滑車、踏み台や梯子を用意する御主人様。

忘れもしない、一昨年の勤労感謝の日の連休だった。
この楢の樹に逆さに吊られた。
あの時と違うのは、木々は枯葉ではなく、今は緑が燃えている。


「ハルとレイを並べて吊ってみるか。」
太い横枝にぶら下がって揺らして、強度を確認しながら、
昨日の紗江様のご要望どおり、吊りの御調教が始まった。
二匹並んでの逆さ吊に鞭が飛ぶ、、、、、
足首とウエストの縄が私を吊り上げ、地球が逆さまになった。
続けざまに、ハルさんが吊り上げられる、、、

全幅の信頼なくして、こんな事はできないけれど、
それでも怖い、、、、。
歯を食いしばって、恐怖と戦う。
いきなりの鞭。
並んで吊られている私達のお尻を、
あの時と同じスネークウィップが同時に舐めた。
ウガァゥ、、、、吐き出すはずの叫びがのどにつまる、、
体が揺れる、、、それが又、恐怖を増幅させる、、、

「アヤ、次はお前の番だぞ。よく見ておけ。」
まるで祈りの形のようにして手を口にあてがう彩さんが、
逆さまに見える、、、
膝が小さく震えている、、、
精神的な苦痛と恐怖が彩さんの膝を震わせているのだろう、、


「さぁて、アヤにはどんな吊りにしようかな。」
私たちの縄を解きながら、御主人様がつぶやく、、、
「せっかくだからなぁ、アヤの大好きな羞恥も必要だな。
 羞恥と屈辱と苦痛と少しの恐怖にするか。」
彩さんはうつむいたまま、首を左右に振る、、、
もちろん、左右に振られた拒否は、何の意味も持たないけれど、、

彩さんの股間に差し込まれたものは、、、、
胸とウエストの縄が彩さんを水平に吊り上げ、
足首の縄が下半身を持ち上げている、、、、
打ち合わせ済みなのだろう、紗江様がすかさず浣腸をとりだし、
そのイチジクを私たちに手渡す。
「水平に吊られたのは賢治さんの温情よ。
 初めての吊りで逆さはかわいそうだ、ってね。
 だから、その分、もっと楽しませてもらうわよ。」
私たちに向かって顎を振る、、、、
彩さんにイチジク浣腸をしろ、、、という事らしい。

同性に、同じ牝奴隷に、浣腸される屈辱をかみしめているのか、
彩さんの肛門は、硬く閉じられたままイチジクを拒否している。
それでも苦しい吊りの体勢からだろう、
大きなため息を吐いた時、
入れてください、とでも言うように、そこが緩んだ。
ハルさんがノズルを差し込み、一気に薬液を注入する。
彩さんの荒い息づかいと同じように肛門がヒクヒク言っている。
私は2本目を流し込んでから、指で栓をする。
指先に随意筋と不随意筋のせめぎ合いを感じている、、、、。

「彩、先輩奴隷にいいことしてもらったわねぇ。
 そのまま20分、我慢したら、出してもいいわよ。」

こんな体勢で我慢するのも苦しいだろうけれど、
こんな体勢での脱糞は、もっと苦しく恥ずかしいに違いない、



長い長い時間が過ぎたように感じた、、、、、、






「でちゃいますぅ、、、
 、、、見ないでください、、、
 、、、、、、見ないでぇぇぇ、、、、、、、、、、、、」


彩さんの叫びが、新緑の森に木霊した、、、、、




           2014年5月4日の事でした。
 

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 
管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2014年12月21日(Sun)21:22 [EDIT]

鍵コメH様、、ありがとうごじます

稚拙なブログをたどっていただき、ありがとうございます。
内訳話をすると、、、最近彩さんと会っておりません。
年末年始も、彩さん紗江さんとは別行動になります。
後日のブログネタですので、しばらくお待ちを、、

ありがとうございました。
又、遊びに来てください。   レイ
 

Ray | URL | 2014年12月23日(Tue)21:04 [EDIT]