FC2ブログ

御主人様と二匹の奴隷達の物語

レイが綴る牝奴隷ハルとレイの物語、、、、、。ほんの偶然が、私を、、、。

双頭

アイマスクをはずしていただきました。
体を起こすと、御主人様が蝋を払ってくれます。

又、指が入ってきました。
ハル様は隣で、大きな声を上げています。
私も我慢しきれずに、あっ、あぁぁぁ。
ハルさんと目が合って、思わずキッス。


「まだまだだぞ。物欲しそうな顔をするな。
 代わりに、これ。」

バイブです。玩具のおチン様。
でも初めて見る形?

御主人様が、
ハルさんを仰向けにして、バイブを差し込みます。
えっ、ハルさんにおチン様が生えてる。

「レイ、咥えてやれ!」
双頭のバイブ?
ハルさんのおチン様を咥えると、
もうそれだけで、ハルさんは、大きな声を上げます。
咥えたまま、ちょっと揺らすと、
ハルさんの人差し指が反り返ります。
玩具のおチン様に、御奉仕します。
ハルさんの反応を確かめながら、、、、。


「じゃぁ、レイ、今度は下の口で咥えろ。」

どうしていいのか分かりません。

御主人様が私の後ろに廻って、腰を押すようにして、
ハルさんから突き出たおチン様を、
私のあそこに近づけます。

完全に入ってきました。
私のあそこと、ハルさんのあそこがくっつきそうです。


ブーン、ブーン、、。
「さぁ、このスイッチは、どっちかな?」
「ハルです。ハルの中で動いています。」
息を荒げて、ハルさんが答えます。
「じゃぁこれが、、。」
私の中で、玩具のおチン様が暴れだします。

ハイ、レイです。すっ凄い。

交互にスイッチが入れられたり、
突然止められたり、、、、。

御主人様、焦らさないで下さい。
ハルさんの指がさらに反り返ります。

あぁ、もうだめ、、。

すっと動きが止まり、引き抜かれるのが判ります。
なぜ、もう少し、、、。

「四つん這い!膝を着いて四つん這い!
 二人でケツを合わせろ!」

お尻をつき合わせた形で、
又、玩具のおチン様が、入ってきました。
ハルさんと繋がっています。

ハルさんが腰を動かします。
私もそれに合わせて、、、。
もっと、もっと、、。


背中に蝋が落ちてきました。
お尻にも、、、。
あっ、あっ熱い、、、、。
ビクッと動くと、それが余計にあそこを刺激します。

「だめ、私、イッちゃうぅぅ、、。」

まだ待って、私、もう少し、もう少しだから、
ハルさん待って、、、。

ハルさんがドサッと崩れます。
床に落ちたバイブが唸っています。

あぁもう少しだったのに、、、。

「ハル、ケツ上げろ。四つん這い!」
ハルさんはのろのろとお尻を上げます。
二人並んで、御主人様にお尻を向けます。

突然、私のあそこにズンズンズーンと。
あぁ本物のおチン様。
夢中で腰を動かします。

「あぁ、だめ、だめ、又、イッちゃうぅぅ、、。」

ハルさんは、御主人様に差し込まれたバイブで、
大声を上げています。

私も、お許しください、御主人様ぁ、、。
両手で体を支える事もできなきなってきました。
イキます、、。イカせて下さい。御主人様。

ちょっと動きが止まったと思ったら、
腰をグッと持ち上げられました。
膝を上げた四つん這い。
御主人様の動きが激しくなります。

あぁ、だめ、だめ、又、イッちゃいます。
「よし、イクぞ。うぅ、、。」

あぁぁ、おチン様がビクビク動くのを感じながら、
床に倒れていきました。



ハッと気づくと、御主人様はおられません。
隣でハルさんがぐったりしています。

バスルームから、シャワーの音。
あわてて立ち上がり、ハルさんを揺り起こします。

バスルームの前で二人で「伏せ」。
御主人様、申し訳ございませんでした。
シャワーの音が止まる。
「よし、入れ。」

狭いユニットバス。ビジネスホテルみたい。
一人なら充分でも、3人では狭い。

3人で、バスタブの中に立っています。
御主人様を真ん中に、前と後ろから「泡踊り」。

「後処理」できずに申し訳ございませんでした。
ちょっと元気をなくしたおチン様を、おしゃぶり。

            2008年3月下旬の事でした。

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 
うんうん^^

これこれ・・・・ふっふっふ・・・これなんですよね(^-^)

マゾ牝が二匹いるとこれが出来ます。

双胴バイブで二匹をつながらせます・・・。
二匹の尻が、互いの思惑で別々に動きます。
でも、二匹は互いを意識しながら高まってゆきます。

それを眺めるのが非常に楽しい♪
二匹が髪を振り乱し、乳房を揺らし、尻を振る様は大変に
楽しい眺めです。

マゾ牝も同じ責めなので同時にオーガを迎える事が出来ます。

同時にイッて御主人様の眼を楽しませることが出来ます。

二匹が我を忘れて・・・・御主人様がバスルームへ・・・。
あわてて後を追いかける二人の姿をイメージしてしまいました。

お二人は可愛いですね(^-^)
いつかターミと双胴バイブで繋がらせてみたいですね♪(^-^)

BARI | URL | 2008年12月23日(Tue)11:51 [EDIT]

BARI様ありがとうございます。

BARI様、コメントありがとうございます。

双頭バイブって、
奴隷達にとっては、凄く恥ずかしいものなんです。
ぁあ、、見られてる、、、って。

もっとも、主が私達を悦ばせるために使うはずもないので、
羞恥の御調教なんでしょうけれど、、、。


ホワイトファーのコートとブーツ、
ターミさんのブログで見せていただきました。
素敵でした。
思わずコメントしてしまいました。
<うんうん^^>、、って。

私達、昨晩から「冬合宿」に入りました。
なのに、主は今日も仕事です。
お帰りも遅くなりそう。
私達にクリスマスはしばらく来ません。

今晩は「ブリ大根」に挑戦します。
他にやる事もないので、、、、。

これからも応援よろしくお願いいたします。
ありがとうございました。
                レイ

Ray | URL | 2008年12月23日(Tue)15:17 [EDIT]

ターミとはると礼が二本の双頭バイブで繋がるのは~

観たいです。多分、それも近い将来遣ってしまうんじゃない?!。貴方達に不況とか~無縁見たいです。

ちゃー | URL | 2008年12月23日(Tue)16:16 [EDIT]

ダメ

ちゃーさん。
双頭で繋がっているのを見られるって、スッゴク恥ずかしいです。
だから、ダメ。お見せできませんよ。
じゃぁ、又。
 

Ray | URL | 2008年12月23日(Tue)17:28 [EDIT]