FC2ブログ

御主人様と二匹の奴隷達の物語

レイが綴る牝奴隷ハルとレイの物語、、、、、。ほんの偶然が、私を、、、。

セロトニン軟膏

「ハル、妙に落ち着きがないな。どうした? 」
「申し訳ありません、、訳もなくイライラしちゃって、、、
 たぶん、セロトニンが不足しているんです。」
「セロトニン? なんじゃ? それ。」
「心を落ち着かせるやすらぎホルモンです。
 男性にも女性にもありますけど、
 女性は男性の半分くらいしかないんだそうです。
 それに月周期で増減もあるんです。
 まぁ、生理前に一番少ない、、、、らしいです。」
「ふ~ん、女はめんどくさいなぁ。
 そろそろ、お前達も生理だもんな。」
「そうですよぉ、大変なことなんですからね。
 女は毎月こんなイライラ、モヤモヤ、、、、
 情緒不安定と戦ってるんです。」
「そうかぁ、、、ご苦労なこった、、、、
 あぁ、そういえば俺、セロトニン軟膏、持ってるなぁ。」
「えっ、そんなお薬あるんですか?
 ぜひ、私に塗ってください。」
「おぉ、ご希望とあらば、、、、
 ハル、脱げ! 
 そこに伏せしてケツを突き出せ!!」
御主人様、、セロトニン軟膏、、お願いいたします、、、
御主人様がとり出した容器を見て、
私も慌てて全裸になり、ハルさんの隣で同じ体勢をとる、、
御主人様、私も生理が近くてイライラしてます。
セロトニン軟膏、お願いいたします。


お尻の穴をほぐすようにたっぷり塗られた『セロトニン軟膏』
まるで直腸の奥まで届けとばかりに、
しっかり差し込まれたオチン様、、、、、、、

やがて赤子のように床に丸まって大きな息をしながら、
『セロトニン軟膏』の効果を感じている私達、、、、




後刻、ネットで調べてみたら、
ハグをするだけで、セロトニンが分泌され、
イライラ解消になるとか。
御主人様の『セロトニン軟膏』は、成分的薬効はともかく、
精神的には充分な効果があった、、という事だろう、、、



御出張、どうぞご無事で、御商談まとまりますように。

 

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する