FC2ブログ

御主人様と二匹の奴隷達の物語

レイが綴る牝奴隷ハルとレイの物語、、、、、。ほんの偶然が、私を、、、。

ゾクゾク

やすらぎホルモンセロトニンが枯れ果てるのを感じながら、
御調教の日にぶつからない生理のタイミングの良さを喜んで、、
慌ただしい一週間を過ごした。


「御主人様、その傷、どうされたんですか?」
「出張先の工場見学でさ、
 ちょっと鉄板の隙間で挟んじゃってな。
 ナイフでスパって切るのも痛いけど、
 こういう傷も痛いぞ。」
「わぁ、ゾクゾクしちゃいますぅ。」

おいおい、ちょい待てぇ、表現が違うだろがぁ。
それを言うなら、ザワザワしちゃいますぅ、、だろ?
ゾクゾクだと、なんか期待感を感じるぞぉ。
もっと血を流せぇみたいに。

「言葉や表現は常に変化してるの。
 世の中での変化もあるだろうけど、
 個人的経験値でも変化するものよ、ね。
 レイさんは今、天上から吊られて、
 御主人様から、鞭をいただこうとしています。
 さぁ、ゾクゾクですか? ザワザワですか?」

ん~ん、、、、、ゾクゾクかなぁ、、
もっと言えばぁ、、、、ワクワク、、、じゃぁ、だめ?
でもなぁ、、
ハルさんが鞭をいただいて、皮膚が切れて血が流れ出したら、
やっぱ、ザワザワ、、だと思う。

「くだらない論争はやめろ。
 ゾクゾクかワクワクかザワザワか、、、、
 実際に試してみるのが一番だろ?」
ザワザワ? ゾクゾク? ワクワク?、、、、、





実際に試していただいた。
血は流れなかったけれど、ザワザワしながら、
ゾクゾク、ワクワクだった、、、、、、



 

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する