FC2ブログ

御主人様と二匹の奴隷達の物語

レイが綴る牝奴隷ハルとレイの物語、、、、、。ほんの偶然が、私を、、、。

筋違い

「お前達は、マンスジ派かメコスジ派か?」
なんじゃぁ、そりゃ。
「私達、そんな会話しませんから。中立派です。
 あえて言えば、、、、、
 かつて御主人様がおっしゃった『ラクダの爪先』派かしら。」
「出張の時、論争があってな。もちろん酒の席でだぞ。」
あたりまえだ。商談中の論争にはならんじゃろ。
「御主人様は、どっち派だったんですか?」
「ん? 俺も『Camel toe』を主張したんだが、
 スジの話をしてるんだ、って否定されてな。」
「筋違い、、、、、?」
、、、アホ!!
それで、結論はどうだったんですか?
「ウィキペディアで検索したらさ、
 マンスジで検索しても、メコスジが出てくるわけさ。
 だから、メコスジが正式という事になった。
 もちろん英語の『Camel toe』も、しぶしぶ認められたよ。
 まぁ、オヤジのくだらない飲ミニケーションだけどな。
 、、、
 そんな話をしたら、ビールが飲みたくなった。
 レイ、一杯たのむ。」


慌てて綿素材のボクサーショーツに着替える。
お待たせいたしました、、メコスジビールです、、、、

「お待たせいたしました。メコスジビールです。」

って、私もアホじゃぁ。


まぁ、メコスジをつまみにして
おいしそうにビールをお飲みになってたから、
それはそれで、OK、、、、でしょ。

 

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する