FC2ブログ

御主人様と二匹の奴隷達の物語

レイが綴る牝奴隷ハルとレイの物語、、、、、。ほんの偶然が、私を、、、。

裸にて

「裏山が崩れたり、あの川が洪水になったり、
 移動途中の山道が寸断されたりしたら目も当てられん。
 来るとわかっている台風の中に突っ込む必要はない。」
台風19号の直撃を予想して、
キャンプ場コテージ泊はキャンセルした。
そんな訳で、御主人様のマンションで、
私、ハルさん、彩さんの三匹が過ごすことになった。

「今週の俺の食生活は悲惨だったからな。
 この連休は、俺の食いたいもの、飲みたいもの三昧、
 酒と女と飯と、時々奴隷って感じかな。
 俺の誕生祝なんだから、それでいいだろ?
 全部、お前達のおごりな。」


後手縛りで床に転がした牝をいたぶるように、
バラ鞭で追い回して、、、、、、
「逃げ惑うハルのケツが清楚な卑猥さで気に入った。」
そうおっしゃって、ハルさんだけを使った御主人様。
残された牝は、よだれを垂らしながらそれを見ているだけ、、
『清楚な卑猥さ』ってなんだぁ? なんて思いながら、、、。

そんな御調教も一段落、、、
「よし、そろそろ、夕飯食いにでも出かけるか。」
夕飯は、回らないお寿司屋さんのカウンターで、
『時価』かもしれない旬の魚を満喫、、という事になった。
例の御主人様の馴染みのお寿司屋さんだ。
かつて連れて行っていただいた時は、、、、
尿取パッドに股縄だった気がする、、、、、、、
そっと、御主人様をうかがう、、、
「あのぉ、、、ショーツは穿いてもよろしいでしょうか?」
「小林一茶も言ってるぞ。
 『裸にて 生まれて来たに 何不足』
 欲しい物が手に入ると、すぐに次の物が欲しくなるんだ。
 パンツを穿けば、ブラを着けたくなる。
 そして、シルクレースのパンツが欲しくなる。
 次から次へと、いつ止むとも知れないのが物欲。
 本来の道、『牝奴隷道』から外れる行為だぞ。
 股縄とアナルプラグ、といった物欲なら、
 道から外れることにはならないがな。」

せっかくおいしいお寿司が食べられると思ったのにぃ、、
股縄とアナルプラグじゃ、味さえ分からなくなっちゃうかも。
ハルさんと、さりげなく向き合う。
ハルさんの口が、エッチュ、、、と動いた。
せっかくのお寿司ですもの、せめて越中姿で、、、、
そっと、御主人様をうかがう、、、
「あのぉ、、、今日は私達が御馳走します。
 越中おフンを着けてもよろしいでしょうか?」
暗に、お金を払うのは私達だから、、、と言っている。
「グフッ、、そう来たかぁ、、、俺の負けかなぁ?
 よし、越中褌で妥協だ。ただしノーブラだからな。
 カウンター越しに寿司職人に胸元を覗かれるかもしれんな。
 それはそれで楽しみだな。」




新鮮な真鯛もヒラメもヒラメのエンガワも最高においしかったぁ。
お醤油が垂れないように、、って感じで、
さりげなくワンピースの胸元を抑えてはいたけれど、、、、




             2014年10月11日の事でした。
 

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

今回はほんとにまともに台風が本州にぶち込まれましたねえ。。
交通云々を除いても、危険の多い山なのですからお家で過ごされて賢明だったと思います^^;

私は、、、強行突破の末、やってくる台風に私よりも交通機関の方がが負けてしまい、共倒れしました^^;
結果、それが良かったのか悪かったのかわかりませんが、帰りの山の鮮やかさは忘れる事が出来ません。。^^

雪絵 | URL | 2014年10月14日(Tue)18:15 [EDIT]

雪絵さん、ありがとうございます

改札でのお別れって、なぜかとても苦しいですよね、、、
主様がお元気になりますように、、、

私は、主のわがままで、ひたすら食事対決的連休でした。
明日からもご報告します。

ありがとうございました。
じゃぁ、又。         レイ
 

Ray | URL | 2014年10月14日(Tue)19:44 [EDIT]