FC2ブログ

御主人様と二匹の奴隷達の物語

レイが綴る牝奴隷ハルとレイの物語、、、、、。ほんの偶然が、私を、、、。

メビウスの輪

前回の、みそひと(玩具)を評して、ハルさんが言った。
「さすがプロの歌は艶っぽいねぇ。
 それに比べると、レイさんの歌は説明的すぎるし、
 感情表現が、稚拙というか、ありきたりよ。
 現代短歌らしい奔放さが必要だわ。」
まぁ、それは自分でも感じてた。
でも、SM短歌だから、状況説明も織り込まないと、、、
「このブログを読んでいる方々は、それなりの『関係者』でしょ?
 完全に解釈、咀嚼できなくても、雰囲気や想いは伝わるわ。」
なるほど、そのとおりかもしれないなぁ。
問題は、私の力量、、、、
そんな素敵なSM短歌を詠めたらいいなぁ、、、
「いい歌がたまったら、歌集を出版してさ、
 SM女流歌人第一号、って、プロになっちゃえば?
 次回の『みそひと』期待してるからね。」
ん~ん、、まぁ、視点や表現を工夫してみるわ。
SM女流歌人とか歌集とかは問題外だとしてもね。

「素人が短歌を見た時、それをどう解釈してもいいんでしょ。」
うん、いいと思う。
評論とか解説とかするんなら、作者の生活や人生から、
的確な解釈を求められるだろうけど、
一般人は、その時の自分の感情で解釈してもいいに決まってるわ。
メビウスの輪的ビアン、、、
「そうだよねぇ、、、
 たとえ俵万智さんがビアンじゃないと分かっていても、
 、、さかさまのあなたを愛す夜の淵に、、、の、あなたがさ、
 女性だと解釈してもいいわけだ。
 よっしゃ、レイさん、メビウスの輪、しよ♪」

、、、その時の自分の感情で解釈して、、、、実践した。





俵万智さんごめんなさい。
アホで、ビアンで、牝奴隷な素人解釈はこんなもんです、、、
 

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する