FC2ブログ

御主人様と二匹の奴隷達の物語

レイが綴る牝奴隷ハルとレイの物語、、、、、。ほんの偶然が、私を、、、。

機械遺産

1月2日は、御主人様は例年の新年会。
私達は、ボケッと箱根駅伝を観たりしながら過ごした。

早めにお帰りになった御主人様、
「今日の新年会で『機械遺産』なんて話が出てきてさ、
 俺の勉強不足なのか、情報不足なのか、、、、
 その時は話を合わせたが、ぜんぜん知らんかった。
 お前達、知ってるか?」
「詳しくは存じませんけれど、
 としまえんのカルーセルエルドラドがそれですよ。」
「そんな回転木馬なんかもアリなのかぁ?」
さっそくネットで調べ出す御主人様。
「なるほどなぁ、、、
 100年以上前の機械なのか。
 その年月も凄いが、それを整備している職人も凄いな。
 お前達、乗った事、あるか?」
昔々、としまえんプールに入ったのは覚えてますけど、
回転木馬とかの乗り物は、、あまり記憶にありません。
少なくても最近は、行ってませんねぇ。

「画像で見る限りは、華やかだなぁ、
 この回転木馬が全部三角木馬だったら、、、
 機械遺産に選ばれただろうかなぁ、、、、」
いやぁ、、、カルーセルが三角木馬だったら、
乗る人がいなくて、経営的に成り立たないと思います。
「そうか? 
 他人様の事はどうでもいいけど、お前達は?」
「一回一万円、、って言われても、、、、
 御主人様の御命令なら、きっと乗ります!!」
「だろ?」
でもぉ、としまえんは健全なアミューズパークですよ。

「バーカ、としまえんとは言っていない。
 俺が言っているのは、『裏としま』だよ。
 この回転三角木馬全部に牝奴隷が跨っていたら壮観だろうなぁ、」

  『裏としま』の三角木馬カルーセル、、、、

遠くを見つめるような御主人様の目、、、、
頭の中では、数十人の牝奴隷達が三角木馬に跨って、
叫び、喘ぎながら回転しているのだろう、、、、


まぁ、ちょっとだけ、乗ってみたいとは思うけれど、
少なくとも、、、、機械遺産には選定されないと思う、、、、


             2015年1月2日の事でした。
 

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 
明けましておめでとう

遅くなってごめんね新しくスマートホンを変えてのコメントです。新年明けましての内容から見ました。春のブラウス破りは、最高に興奮しました。今年も、よろしく

茶 | URL | 2015年01月09日(Fri)21:08 [EDIT]

茶さん、

こちらこそ、
今年もよろしくお願いいたします。
                レイ
 

Ray | URL | 2015年01月12日(Mon)18:23 [EDIT]