FC2ブログ

御主人様と二匹の奴隷達の物語

レイが綴る牝奴隷ハルとレイの物語、、、、、。ほんの偶然が、私を、、、。

みそひと(自由律)

今日はちょっと寄り道。

前回の私のみそひと(玩具)を評して、
説明的すぎるとか現代短歌的奔放さが足りない、
などと、ありがたいお言葉を発してくれたハルさんが、
作品になりきれずにお蔵入りした私の下書きを見て、

「これよ、これ。この自由律がいいわ。
 下書きと言いながら、30文字程度におさまってるし。
 よし、これに私の画像を付けるってのはどう?
 歌集になったら、私にも印税入るでしょ。」

そんなこんなの経緯があった。
ハルさんのお眼鏡に適っても、読者の皆様にはいかがだろう。

意欲作だろうか、結局は駄作の羅列だろうか、ご笑納を。



 ****************************


 -- 自由律 --






                いただき物の手拭いを見て
                言葉失いし日を思い出したり 








    下がる脚に 主の叱責飛びて
    その夜ひとり風呂場で練習 









                縄尻を吊り上げる主の手加減
                快と苦を彷徨うもまた嬉し 








    獲物と言い 狸汁を喰うと言う主
    あぁ狸縛りっていうんだっけ  









                街中の喧騒で「検査」の一言
                裾上げかけの指先が震える 









 派手もない 地味もない
 そこにあるのは主の満足 私の恐怖 









               見下ろす主の瞳に
               次なる責めを感じし全裸の正座 









             「お前を使う」「お前は後だ」
             一度だけ尋ねたことあり それはなぜかと






  ************************************


選者、画像はもちろんハルさんだ。
私の想いと画像が違うなってのもあるけれど、
こうして並べてみると、
なんとなく作品らしく見えてくるから不思議だ。


でも私には負い目がある。
これらは三十一文字に収斂できなかった不甲斐なさの集合だからだ。

ただ、自由律短歌とは、
その時、思わずほとばしり出た歌だと勝手に定義すれば、
それなりに、これもありかと感じているし、
ハルさんの奔放な着眼にも感心している。

奇をてらい、ウケを狙って、定型歌を崩すつもりはないけれど、
収斂しきれなかったその時々の想いを
自由律短歌として表現できるならば、
自分の力量の無さの言い訳だとしても、
それはそれで、おもしろい、、、
そう感じている今の私であります。


はてさて、次はどうなりますことやら、、

 じゃぁ、又。        レイ

 

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

現代人の私たちのテーマを、定型的な作品にまとめるのは難しいことなのかも知れませんね。

私も最近の心境を短歌にまとめてみたいと思いました。

成人を迎えし女(おみな)言の葉の
厳しさ沁みて 屈辱深し

佐知子 | URL | 2015年01月18日(Sun)20:09 [EDIT]

佐知子さん、ありがとうございます

 
 良薬は口に苦しと人の言ふ
 屈辱も同じかと腹で味わふ

 若人の鋭き言葉胸を刺し
 血糊を舐めて屈辱に酔ふ

ありがとうございました。
じゃぁ、又。       レイ
  

Ray | URL | 2015年01月18日(Sun)21:01 [EDIT]

寒中お見舞い申し上げます

ご挨拶がすっかり遅くなってしまいました。
今年もよろしくお願いいたします。

>いただき物の手拭いを見て、、、
の歌とその画像、秀逸です。
歌に秘められた意味を画像がしっかり示していて、
何の卑猥さもないのに、ドキドキしてしまいました。
縦書きの色紙風、、なんて企画はいかがでしょう。
もっと気分が盛り上がりそうです。
  

kaibo | URL | 2015年01月18日(Sun)21:32 [EDIT]

kaiboさん、今年もよろしくお願いいたします

手拭いの歌ですか、、
粗品、ご挨拶、、、最近はタオルと決まっているのに、
とあるところから手拭いをいただいて、
びっくりすると同時に、手拭い口枷、、、なんて思ってしまいました。
ハルの素敵な画像も、確かにぴったりきますよね。
>縦書きの色紙風、、
ですかぁ、、、
テキスト文字では難しいかもしれませんが、
色紙丸ごと画像にしたら可能でしょうね。
和風の色紙に縦書きで、、、、
はてさて、どんな歌が似合うでしょうか、、、、

ありがとうございました。
じゃぁ、又。        レイ
 

Ray | URL | 2015年01月20日(Tue)18:43 [EDIT]