FC2ブログ

御主人様と二匹の奴隷達の物語

レイが綴る牝奴隷ハルとレイの物語、、、、、。ほんの偶然が、私を、、、。

春雨じゃ

この季節、まえまえからやってみたかったことがあった。
まさに今日がそんな日だった。


ホームセンターでの買い物を終えて外に出ると雨が降っている。
そっと御主人様に傘をさしかけて、

月様、雨が、、、、、

一瞬キョトンとした御主人様、
それでも、すぐにニヤッと笑って、

「春雨じゃ、濡れて、、、行け。」

そうおっしゃいながら、私から傘と買い物袋を奪いとる。

一緒に、しっぽりと春雨に濡れることもなかったし、
肩よせあっての相合い傘でもなかった。
さすが御主人様、月形半平太とは次元が違う。
春雨じゃ、濡れて、、、行け、、、
牝奴隷『雛菊』達は、頭の上に手をやり、傘の代わりにして、
春雨の中を走って行く、、、


まぁ、車までの20メートル程ではあったけれど。





ps.
 今、気づいた。
 どんな形にせよ「月様、雨が、」にお答えいただいたのだから、
 夕飯に春雨サラダでも作って、春雨シリーズにするべきだった。
 失敗したなぁ、、

 

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する