FC2ブログ

御主人様と二匹の奴隷達の物語

レイが綴る牝奴隷ハルとレイの物語、、、、、。ほんの偶然が、私を、、、。

オメガ

ホームセンターでの御主人様の発想はキリがない。
「お前達、金属アレルギーはないよな?」
ギリシャ文字のΩに似た金具を指差しておっしゃった。

「いろんな大きさのこの金具を買ってさ、
 首、手首、足首、胴を壁に固定すれば、な?
 りっぱな牝奴隷標本のできあがりだろ?」
牝奴隷標本、、、、?
牝奴隷標本になった自分を想像してみる、、、、

「昆虫採集があるんだから、牝奴隷採集もありだよな。
 部屋の壁じゅう牝奴隷標本だらけだったら壮観だろうなぁ。
 いろいろ見渡して、よし今日はこれを使う、なんてな。」

おいおい、そんなに多頭飼いするのかぁ?
私とハルさんだけではご不満ですか?
管理や餌代だけでも大変ですよ。
ぜんぜん使っていただけずに、朽ち果てる牝もでてきそうだ。
牝奴隷採集はおやめいただければ嬉しいです。

って、いつのまにか牝奴隷標本までは肯定してしまっている私。




ちなみに、あの金具の正式名称は『サドルバンド』らしい、、、
 

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する