FC2ブログ

御主人様と二匹の奴隷達の物語

レイが綴る牝奴隷ハルとレイの物語、、、、、。ほんの偶然が、私を、、、。

マイナンバー

朝食後、コーヒーを飲みながら、御主人様がおっしゃった。
「マイナンバー制度って知ってるよな。」
えぇ、共通番号制度、、、国民総背番号ですよね。
「一人一人にナンバーが割り振られて、
 来年1月1日から導入でしたっけ?」

「なんか違和感を感じないか?」
国にすべてを管理されかねないっていう事ですか?
「いや、そうじゃなくて、マイナンバーという言葉そのものさ。」
「はい、私も違和感、感じてました。」
なに? どういうこと?
「個人識別番号だったら、My Own Number だと思うけど、
 マイナンバーだと、私の所有する番号、って感じだわ。」
「そう、正解。
 まさにそれこそが、このマイナンバーの胆だよ。」
??? どういう意味かしら?
「今年の10月頃、これがあなたのマイナンバーです、、って、
 12桁の数字の通知が来るだろ。でもそれだけじゃない。
 実際のデータベースには、さらに12桁の番号が付いてるのさ。」
「24桁、、ってことですか?」
「いや、その個人により、12桁と24桁があるんだ。
 36桁、48桁って奴も、やがては出てくる、、、、
 よし、ハル、レイ脱げ!
 頭隠してマンコ隠さずのポーズ!!」
申し訳ありません、、お話についていけません、、、
「なんだよ、ここはジェローム市場だ。
 昨日、寿司屋で画像を観ただろ?」
あぁ、、ローマの奴隷市場、、、、、

わけが分からないけれど、
とりあえず、あの画像のように『頭隠してマンコ隠さず』、、
頭隠してオマンコ隠さず、、、、、
御主人様は周りを見渡すようにして、5本の指を立て頷く。
続いて、3本の指を立て、辺りを見渡し、
慌てたように5本の指を立て、ガッツポーズ、、、
「お前達は、奴隷市場で俺に買い取られた、、
 なっ、分かったか? これがマイナンバーだよ。
 これでお前達の番号は24桁になった。
 上12桁がお前たち自身のナンバー、
 次の12桁は俺のナンバーが記載されて、
 お前達は俺の所有物という事が認められるって事さ。」
「My Own Number と My number って事ですか?」
「そうだ。この履歴は、一生ついてまわる。
 あの賢治氏が選んだ奴隷だから優秀に違いない、、
 そう評価されることもあるだろうし、
 あの賢治氏が売りに出した奴隷だから、
 よほどひどいに違いない、って思われることもあるんだ。」

国が何百億円もかけて準備したに違いない制度で、
ここまで歪曲して、牝で楽しむ御主人様は、、、、凄い、、、



「よし、ハルの誕生日祝いの続きだ。
 バイキングにしようか。」

もちろん、ランチバイキングでも、
ましてやケーキバイキングでもない。
床に並べられた、縄、鞭、蝋燭、浣腸器、、、、、、、

「ハルから、好きなの選んでいいぞ。
 食べ放題、だからな。」





御主人様の御調教の気分はどれかしら、、、、
御調教バイキングを目の前にして、二匹の牝奴隷は悩んでいる。

マイナンバーの所有履歴は、
御主人様の『My Own Number』だけでいい。
見知らぬ御主人様のナンバーが記載されたら大変だぁ、、



            2015年4月26日の事です。
 

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する