FC2ブログ

御主人様と二匹の奴隷達の物語

レイが綴る牝奴隷ハルとレイの物語、、、、、。ほんの偶然が、私を、、、。

風見鶏

過日の事。
お天気はいいのだけれど、風がある、、、
当然ながら御主人様にとっては、、
その風を見越しての御調教だったのだろうけれど、
股縄、スカートでのお散歩でした。

瀟洒な一戸建てが並ぶ住宅街を歩きながら、
どの家がいいとか、どの家に住みたいとか、
勝手に言いたい放題、甲乙、マルバツつけている時、
素敵にガーデニングされた家の庭の片隅にある風見鶏が、
突然の強風に翻弄されるように揺れる、、、
私達も、その風に、あわててスカートを押さえる、、、

もう、車に戻りませんか、、、
そんな言葉を飲み込みながら、表通りに出ると、
とある商店の屋根の上にも風見鶏、、、、

「今日は、やけに風見鶏が目につく日だなぁ、、、
 車で移動していると気づかない事でも、
 こうやって歩いているといろんな発見があるなぁ。
 風見鶏かぁ、、、、、
 どこだったけかなぁ、、、、」

牝奴隷さんの風見鶏、、
どこだっけ、、の意味が不明、、、
御主人様を見ていると、
スマホで何かを探しておいでだ、、

「おぉ、あった、あったぞ。
 これ、凄いと思わないか?」

牝奴隷さんの風見鶏、、、、、
「わぁ、この格好、辛そう、、
 それに屋根の上は、怖いですよぉ。」
これ合成画像じゃないんでしょうねぇ、
屋根の上でさらし者は恥ずかしいです。



「いや、俺が言う『凄い』の意味は、そこじゃないぞ。」
???
??
「牝奴隷の苦痛や羞恥は当然で、なんてことはない。
 こんな調教ができる環境が凄いと言っているんだ。」
まぁ、確かに、、、
今、通ってきたような住宅街で、これは無理だろうなぁ、

「紗江さんの処で、できるんじゃないですか?
 あの東屋の屋根で、、、」
ハルさんが、そんな事を言いだした。
「おぉ、そうだな、あそこならちょうどいいかもしれないな。
 だが、下準備が必要だよな。」
「はい、そうですね。
 レイさんの体重を支えるポールが必要ですよね。」
おいおい、風見鶏は私なのかぁ、、、、
「その前に、あの屋根にそのポールをどうやって固定する?」
「そうですねぇ、、、、
 そこは業者さんに頼むしかないですね。
 重量100キロの風見鶏を据えつけますって、、、、、」
おいおい、私の体重、そんなにない、、、、
って、けっして風見鶏になるのを了解したわけじゃないぞ。
「まぁ風圧や衝撃もあるだろうから、100キロは妥当かな。
 デザインはどうする?」
「レイさんに恐怖とさらし者の羞恥を与えるのですから、
 特別、鶏でなくてもいいんですよねぇ。」
「そうだな。
 じゃぁ、風に向かって空を飛ぶ牝奴隷なんてのはどうだ?」
「あぁ、それいいかもしれませんね。
 大股開きの牝が屋根の上で飛んでたら、楽しそうです。」
「よし、業者に見積りを頼んでみるか?」
牝奴隷が空を飛ぶ、、、?
おいおい、紗江さんの了解もなしにかぁ?
って、紗江さんだったら、絶対に反対はしないだろうけど、
施工費用だって、何十万円もかかっちゃうぞぉ、、


よっしゃ、それだけの手間と費用をかけてまでやるんだったら、
私が、りっぱな風見鶏、いや、風見牝奴隷になってやるわい。
その代わり、私だけじゃぁ、ないぞぉ、
私の次は、ハルさんも風見牝奴隷をやるんだからなぁ。




 

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 
いいなぁ、、

レイの風見鶏、ぜひ実現してくれ。

俺 | URL | 2015年05月25日(Mon)12:11 [EDIT]

俺さん、ありがとうございます

まぁ、現場での戯言会話ですので、
まさか本当に、そうなるとは思ってもおりませんが、
風見鶏に似た御調教があるかもしれませんので、
油断するまじ、、であります。

ありがとうございました。
じゃぁ、又。        レイ
 

Ray | URL | 2015年05月25日(Mon)18:41 [EDIT]