FC2ブログ

御主人様と二匹の奴隷達の物語

レイが綴る牝奴隷ハルとレイの物語、、、、、。ほんの偶然が、私を、、、。

Singin' in the Rain

「まぁ、それでも、雨は雨なりの楽しみがあるよな。
 この時期を逃したら、冬までコートは着ないからなぁ。
 それに、気温だって20度は越えてるだろ?」

話の流れで察しがついた。
全裸にレインコートでも、、、、まぁ寒くはないだろう。
ただし、見えていたのは、そこまで、、、、

「よし、じゃぁ、あの中央公園で待ち合わせにしよう。」
「待ち合わせ、、ですか?」
じゃぁ、私達は、、、、、、
「もちろん電車だ。俺は車で行く。」
「電車ですかぁ、、、、」
まぁ、コートの下の全裸を気づかれることはないだろうけれど、
他人様の視線の恐怖、、、、、
全裸にレインコートで公園散歩、、、、?
「なんか不満でもあるのか?
 じゃぁ、歩いて行ける所にするか?
 その代わり、、、『雨に唄えば』だぞ。
 コートの前をはだけて、ステップを踏みながら。」

私は、すぐには思いつかなかったけれど、
ハルさんが、歌いだした、、、
「I'm singin' in the rain
 Just singin' in the rain
 What a glorious feelin'
 I'm happy again、、、、、
 ジーン・ケリーですよねぇ。」
「よく知ってるな、
 レイは理解してないみたいだから、、、、」
御主人様がYouTube映像をながす、、、

これを、、、全裸コートの前をはだけて、、、?
「御主人様、やっぱり、ヤバいですよぉ。
 映画にも警察官が登場するじゃないですか。
 それに、これは、お休みのキスをして、、、
 I'm happy again、、、ってシチュですもの。
 何でもできちゃいますよ。」
「ふ~ん、、何でもできちゃうのかぁ。
 じゃぁ、傘の取っ手をアナルフックにして踊る、、、
 ってのはどうだ?」
いきなり、私とハルさんにキッスする御主人様、、、

どんなに、キッスをいただいたとしても、、、
全裸のレインコートの前をはだけてのタップダンス、、、
ましてや傘の取っ手のアナルフック、、、、、
それだけはお許しいただいて、、、



駅前商店街の皆様、、、ご迷惑をおかけしたかもしれません。
けっこうな人通りの中、踊るように歩いていたのは、私達です。
一応、、、ジーン・ケリーの『雨に唄えば』のつもりでした。

   ジーンケリーのつもりで、、、、、



私達のコートの下が全裸であると気づいた人がいないのと同じくらいに、
あのステップがジーン・ケリーの真似だと気づいた人もいないと思う。
まぁ『雨に唄えば』をハミングしていましたけれど、、、、


 

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する