FC2ブログ

御主人様と二匹の奴隷達の物語

レイが綴る牝奴隷ハルとレイの物語、、、、、。ほんの偶然が、私を、、、。

5月連休前日の夕方。
ハルさんと大学からそのまま賢治様のマンションへ。

いつも、着替えの服を、なんて思いながら、
「濡れたら困る物」だけしか持って行かない。
まぁ、いいか、服はほとんど必要ないし、、、。

エントランスのインターフォン。
「春子です。」礼子です。

「ああ、いらっしゃい。」
顔を見合わせる。このままモード?

玄関のインターフォン。
「春子です。」礼子です。
返事がない。
もう一度。まだ返事がない。

ドアノブに手を掛けると、鍵が開いている。
なんかおかしい。あわてて中に入る。
「賢治様ぁ、賢治様ぁ。」

賢治様は、足を投げ出し、
リビングの壁に、寄りかかっている。顔が赤い
「凄い熱。」額に手をやったハルさんがつぶやく。

「レイ、賢治様をベッドに運ぶわよ。肩貸して。」
一気に、お姉さまモードに変換。
賢治様はよろよろと、ベッドルームに向かう。

「いやぁー。今日一日調子悪くてね。
 連休前なんで、我慢してたんだけど、、。、
 家に帰ったら、急にガクッときちゃった。」

ハル様が、ネクタイやワイシャツを脱がしだす。
「レイ、氷!」
ハイ。冷蔵庫の製氷機から氷を運ぶ。

ハル様は、賢治様の体を拭いている。
「レイ、そこの引き出しから、着替えの下着。
 パジャマは、その下。あっ、タオルも出して。」
こんな時のハル様は、テキパキとして頼りになる。

私が、熱を出して、お世話になった時も、そうだった。
あの時、宅配便を受け取ってくれて、、、。

「レイ、氷が足りないわ。コンビニで買ってきて。
 あと、解熱剤も。」


コンビニで、氷を買う。
あっ、そうそう、暖めるだけの雑炊も。
これなら、胃に負担がかからないよね。

「500メートル位行った右側に。」
と、教えてもらった薬屋さん。

風邪薬と解熱剤ください。
「お子さんですか?」
いえ、ごしゅ、、。主人が、、。
風邪薬と解熱剤、栄養ドリンクも薦められて、
急いでマンションにに戻る。
インターフォンを押して、、、。
こんな時は、この手続きがもどかしい。

「体温39度もあるわ。」
額のタオルを交換しながら、解熱剤の箱を開ける。
「座薬かぁ、、。
 賢治様、ちょっと横向いてください。
 お尻の力を抜いて、、、。」
薬を口に含んでから、座薬を差し込む。
「もう少し、力を抜いてください。
 痛くないから、大丈夫ですよ。」
確かめるように、お尻の穴に指で蓋をする。
「じゃぁ、このドリンクも飲んで、力つけてください。」
パンツとパジャマを上げながら、
ハル様、とっても甲斐甲斐しく、献身的。



「ハル。」
「ハイ、御主人様。」Mモードに変換。
「水。」
コップの水を口移し。

「ハル、レイ。すまんな。」
「早くよくなってくださいね。御主人様。
 御主人様が元気じゃないと、
 奴隷達、戸惑っちゃいますよ、、、。」
ちょっと、涙声。
私は、額のタオルを替える。凄い熱だ。
なんでもお申し付けください。御主人様。

ゆっくり時間が流れていく。
熱はなかなか下がらない。寝汗もかいている。
暖かいタオルで、体を拭いてさしあげる。

時計が明日になろうとする頃、
「ハル、レイ。」
ハイ。「ハイ、御主人様。」

長い長いキッス。

「ハル、レイ、命令だ。」
ハイ、何なりと。
「もう寝なさい。命令だ。」
ハイ、ありがとうございます。御主人様。

すぐに、御主人様の寝息。
「薬、効いてきたみたいね。37度8分。
 少し下がったわ。まだだいぶ高いけど、、。」

もちろん、「御命令」は、無視。
額のタオルを交換したり、
ずれた掛け布団をちゃんとしたり、
足の裏をマッサージしてみたり、、。

おトイレに行ったとき、
リビングの向こうが明るくなりだしたのに気づいて、
あぁもう朝かぁって思ったまでは覚えている。
ハル様は、ベッドに突っ伏す様に、寝始めた。
私も、隣に、、、。後は、わからない、、、。

           2008年5/2連休前日の事でした。
 

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 
はじめまして

レイさん。
はじめまして、のコメントです。
毎日楽しく読ませていただいています。
右角の「猫」が、「メス犬」に変わりましたね。
なんとなくそんなことも気になって、、。
明日も楽しみにしています。

匿名さん | URL | 2009年01月07日(Wed)08:57 [EDIT]

そのまま死んでてくれたらー

20歳だったんですね~未だ若いね~もう、一匹は何歳なのかな~

ちゃー | URL | 2009年01月07日(Wed)11:38 [EDIT]

初めまして

匿名さん、初めまして。

あの「四つん這いの牝犬」に気づいていただけるなんて、感激です。
自己満足でしたのに、、、。ありがとうございます。

そこまで読み込んでいただいているのなら、
今度は、匿名じゃなくコメントくださいね。

じゃぁ、又。
 

Ray | URL | 2009年01月07日(Wed)12:06 [EDIT]

不滅です

ちゃーさん。コメントありがとうございます。

主は不滅です。不滅じゃなくちゃ、困ります。


ハルは二十歳。来週成人式です。
私は一浪しているので、、、。
でも、ハルの方が、しっかり者です。
いつも、ハルに助けられているのですが、、。

じゃぁ、又。

Ray | URL | 2009年01月07日(Wed)12:15 [EDIT]

大変だったね(--;

でも、二人の献身的な看病で・・・・。

御主人様はよかったね。
大事にしてあげてくださいね。

そして貴方達もお大事に・・・・。

BARI | URL | 2009年01月07日(Wed)16:07 [EDIT]

ごめんなさい

レイさん。
今朝ほどコメントした者です。
あつこと申します。
名前書き忘れました。
これからも応援してます。

あつこ | URL | 2009年01月07日(Wed)17:22 [EDIT]

BARI様、ありがとうございます。

BARI様。
この連休は忘れられません。
沢山の嬉し涙、そして「初体験」。
主の優しさをしみじみ感じた日々でした。
まぁ、詳しい事は、明日からの「、、物語」で。


BARI様、日本にお戻りになったのかしら。
ターミさんのブログ。
予約投稿も終わって、復活したようですから。

又、遊びに来てください。
ありがとうございました。
 

Ray | URL | 2009年01月07日(Wed)20:14 [EDIT]

あつこさん、ありがとうございます

あつこさん。
再投稿していただいて、ありがとうございます。
あつこさんのような、鋭い観察眼で、
「、、物語」を読んでいただけると、とても励みになります。
ちょっと緊張しますけど、
楽しんでいただけるよう、がんばりますね。
 
じゃぁ、又。
 

Ray | URL | 2009年01月07日(Wed)20:19 [EDIT]