FC2ブログ

御主人様と二匹の奴隷達の物語

レイが綴る牝奴隷ハルとレイの物語、、、、、。ほんの偶然が、私を、、、。

エーエフ

ワー、ずいぶん買っちゃったね、、。
冷蔵庫はお腹一杯になったようだ。
裸エプロンで、お湯を沸かす。お昼は、スパゲッティだ。

「ハル、来い。検査!」ハル様だけが呼ばれる。
キッチンカウンターの目の前。
ハル様は、お尻を御主人様に向けている。
キッチンの中から私はそれを見ています。

エプロンの紐が解かれ、おフンがはずされる。
御主人様の指が、あそこををいじりながら、
別な手で、プラグをグリグリしている。

プラグがニュルっていう感じで抜き取られた。
「あぁふっ。」ハル様の声。

「しっかり、広がってるな。」
御主人様がお尻の穴を撫でながら、
ローションを塗っている。

おチン様にコンドームがかぶせられる。

エッ、エーエフ、、、。
私は、目を皿にして、、、、、。

鍋がグラグラと沸騰している。

「ハル。大きく息を吸え。吐いて。」
おチン様が、ハル様のお尻を突付いている。

「ぐあぁ。」ハル様が大きな声を上げる。
その声で、御主人様とハル様が一つになった。

ゆっくり御主人様の腰が動く。
あわせるように、ハル様の腰も動く。


あぁこんなの見てちゃいけないのかな。
視線を下げる。でも体中が耳。
ハル様の激しい息遣いが聞こえる。
知らん振りをして、知らん振りを装って、
スパゲッティを茹でる事に専念しよう。
専念しようとしている、、、、。
スパゲッティ握ったまま、お湯に入れることができない。
ハル様の「初体験」、、、、。

「ハル。ウッ。」御主人様の声。
「あぁ」ハル様の声。

私は上の空で、鍋をかき回している、、、、。
ただ、お湯をかき回しているだけだ、、、。



「レイ、ハルのケツ洗ってやれ。
 ション便したけりゃしていいぞ。見せ合いながらな。」
ハッとする。ハイ、かしこまりました。
おフンをはずしていただく。



凹椅子に掛けたハル様の股間を洗っています。
ハル様は、泣いている。
思わず、乳首にキッスする。

「レイ、ありがとう。」

ハル様、痛かった?
「痛くはなかったわ。」
怖かった?
「少し怖かった。」
感じた?
「少し感じたわ。イクなんてもんじゃなかったけど、。」

「ハル。どうしてあなたが、
 私の体を洗わされているか、、、わかる?」
エッ、どうして?
「御主人様、お風呂での二人のこんな会話。
 たぶんご承知ね。
 次は、あなたがエーエフ、、、。って事。」

半分怖いような、半分嬉しいような、、、。

「レイ、このままオシッコしていい?」
股間を洗う私の手が暖かくなる。
私も、オシッコが出てしまう。


「御主人様、ありがとうございました。」
ハル様は、「伏せ」で感謝の言葉。
そうか、「初体験」だもんね、、、。

改めて、スパゲッティを茹でる。
パスタソースを絡めて、できあがり。

御主人様は「正座」したハル様の胸を揉んでいる。

お待たせしました。
静かな食事が始まった。

食後のコーヒーの時も、会話が少ない。
静かだ。小鳥の声が聞こえる。

又、御主人様がハル様の胸を揉んでいる。
なんか、いたわってあげてるみたいで、、、。
いいなぁ、ちょっとうらやましい。
私のときも、お願いします。
エーエフの後で、、、。


ゆっくり時間が流れていく。
テーブルの下で、膝を崩して、のんびりしています。
テレビの野球中継の音が聞こえる。
いい気持ちだな。

去年の連休は、私、何してたかなぁ。
アパートにいたかなぁ、実家だったかなぁ、、。
とっても遠い事のようで、記憶があいまいだ。
少なくとも、裸エプロンでプラグ、それだけはなかった。
こんな今を、想像もしていなかった、、、。

ハル様が、私の乳首をしゃぶりだした。

どうしたの?
ハル様も、なにか思い出す事でもあった?
いつもは、しっかりしたお姉さまなのに、
乳首をしゃぶる時のハル様は、弱い自分を曝け出す時。
どうしたのハル?

ゆっくり時間が流れていく。


                 2008年5月4日午後の事でした。
 

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 
A・F♪

そっかぁ~、(^-^)

お二人は、まだアナルファックは未体験だったんですね?

アナルはしっかりと観察し、根気良く開発する事が必要です。
アナルの括約筋によっては無理が出来ない場合も有ります。

アナルは無理すると危険ですからね。
普通は日常的にプラグで広げ、徐々にプラグを大きくしてゆきます。

私達の場合、ターミは非常に弾力のあるアナルをしていました。

A・Fは、アナルにペニスを入れる!と言うよりもマゾ牝の心に挿入する!
と言ったほうが正解です。

マゾ牝が、、「あぁ・・ペニス様をアナルで受け入れたい!」と
心から思い、願い、心で挿入を受ける。。。ことが大事なんです。

そうすれば最初から痛みは半減します。

御二人の御主人様は、それを十分にわかった上で、AFしていますね^^

良かったね♪
アナルの歓びも覚えてくださいね。(^-^)

BARI | URL | 2009年01月12日(Mon)12:59 [EDIT]

BARI様、ありがとうございます。

BARI様。
いつも、やさしいコメント感謝しております。

おっしゃるとおり、
A.Fって、肉体の快感よりも、
精神的な快感がはるかに大きいですよね。
あぁ、私、今、主に全てをゆだねている、、、。
そんな快感です。

>心で挿入を受けいれる。
素敵なお言葉ですね。忘れません。

ありがとうございました。      レイ
 

Ray | URL | 2009年01月12日(Mon)15:52 [EDIT]

コメントを・・・

私も少し・・・

言葉の描写が本当にお上手ですね。
その場にいる錯覚をするほど、こちらまで
どきどきして、読ませていただきました。

私は、昔からアナルを触られるのも嫌いでした。
ご主人様にはじめてお会いしたときに
そのことはお伝えしていたのにもかかわらず・・・
ご主人様はターミのアナルを犯したのです。

誰がどれだけ頑張っても、今まで気持ち悪くて
そして、入らなかった私のアナルに、初めてお会いしたご主人様の
ペニス様をしっかりとお受けしたターミのアナル・・・・
不思議でたまりませんでした。

しっかり抱きしめ、「私の心を受け入れろ!」と
ご主人様は、心からすべてを受け入れる大切さを教えてくださいました。
初めての経験、ご主人様が開発してくださったAF。幸せな暖かい気持ち。

今、そんなことを思い出したエントリーでした。
長いコメントで失礼します。
いろいろなことを3人で乗り越えて、感じる毎日ですね。
Reyさんの今後を見守っていますね。

ターミ | URL | 2009年01月12日(Mon)16:10 [EDIT]

ターミさん、ありがとうございます

ターミさん、コメントありがとうございます。

こうやって、御主人様、ターミさん、お二人から、
やさしい、素敵なコメントいただけるなんて、
私は、幸せ者です。

この所の自分のエントリーを読み返してみて、
今まで以上に、行数が多いなぁって感じています。
それだけ、A.Fに対する思い入れが強いのかなぁ、、、。
ゆっくり導いていただいた主に感謝です。

全てを受け入れる、全てをゆだねる、、、。
この精神的な快感、喜びは、
肉体的な快感を超えるものですよね。


ありがとうございました。
又、遊びに来てください。
私も、ターミさんのブログ、毎日読ませていただいています。

p.s
そういえば、
ターミさんは、奴隷屋敷では、ベッドの下に寝る事になったんだぁ。
 
じゃぁ、又。
 



Ray | URL | 2009年01月12日(Mon)18:17 [EDIT]

臨場感

レイさん。あつこです。
すごい臨場感です。
目を皿にして、体中を耳にして、パスタを握り締めるレイさんが見えます。
その向こうの、ご主人様とハルさんも見えてきます。
控えめな表現なのに、私ののお尻までムズムズするのはなぜ?
今晩、お風呂でお尻の穴をマッサージしなくちゃ。そんなことまで考えてしまいました。
アナルセックスなんてしたことないけど、、、。
 

あつこ | URL | 2009年01月12日(Mon)18:55 [EDIT]

あつこさん、ありがとうございます。

あつこさん、
いつも応援、そしてお褒めの言葉、ありがとうございます。

せっかくですから、きたるべき日のために、
今日から、マッサージ、というのはいかがでしょう?

じゃぁ、又。
 

Ray | URL | 2009年01月12日(Mon)20:04 [EDIT]