FC2ブログ

御主人様と二匹の奴隷達の物語

レイが綴る牝奴隷ハルとレイの物語、、、、、。ほんの偶然が、私を、、、。

次は

これだから、主婦業は大変なのよね。
いっつも、食事の用意ばかりさせられて、、。
なんてつぶやいてみる。ほんとは嬉しいけれど、、。

ハル様を助手にして、本格「風」中華料理。
豚バラ肉、鶏むね肉、キュウリ、トマト、キャベツ。
人参、アスパラ、チンゲン菜。
冷凍のシーフードミックス、ハルサメ。
八宝菜の素、中華スープの素、、、。
材料を並べてみると、やる気が出てきた。

大皿に盛ったら、いかにも中華風よね。

でも、御主人様のキッチン、
食器は、和洋中、大皿から小皿まで、しっかりある。
鍋や、道具もいろいろあって、、、。
冷蔵庫を空っぽにして平気な人が、、、。なぜ?

ハル様、キャベツ切って。
「どの位の大きさ?」
あなたが、八宝菜のキャベツはこの位って思う大きさ。

段取りが悪い、手際が悪い、
ベテラン主婦には程遠いけど、
まぁ、それなりに、本格風中華料理の出来上がり。

八宝菜、春雨サラダ、バンバンジー。
それぞれ大皿でテーブルに並べると、
なんとかサマになるから不思議。
ご飯と、水餃子をよそう。
うーん、もう1、2品あったら中華ディナーだよね。

御主人様が、紹興酒を取り出す。
ちゃんと、お酒だけは、ご自分で用意するんですね。

御主人様にも、ハル様にも喜んでいただいて、
生まれて初めて、紹興酒もご馳走になって、
ちょっとにぎやかで、楽しい夕食でした。
デザートの杏仁豆腐も、美味しいって、、。
それ、私作ったんじゃないけど、、。


「ハル、テーブル片付けて、皿洗い。」
まるで、ハル様を追い払うように、、。

私は御主人様の膝の間で、背を向けて「正座」。
エプロンの脇から、手が入ってきて、両胸を揉む。
ドキドキしてくる。
「次は、あなたがエーエフ」
お風呂場でのハル様の言葉を思い出す。
「レイ、胸が変だぞ。心臓病か?」

怖さ半分、嬉しさ半分、なんて言ったけど、
やっぱり、不安。怖さが九割。

「四つん這いになってみるか?」
なってみるか、、、。「なれ!」とはおしゃらない。

おずおずと、膝を着いて四つん這い。
手が震える。ドキドキが聞こえてきそうだ、、。
片手で胸を揉み続けながら、
もう片方が、あそこを撫でる。指が入ってくる。
「怖いか、レイ。」
ハイ、とても怖いです。ドキドキしています。
でも、あそこが勝手に濡れだしてるみたい、、、。

アナルプラグがグリグリされる。
お尻の穴に力が入る。
「レイ、力を抜いて。」
お尻の穴を押し広げるように、プラグが抜けていく。
一番太い部分が、ポンと抜けた。
フー、、。ため息が出る。

沈黙、、、。
御主人様、そんなにご覧にならないで、、、。

御主人様の舌が、お尻の穴を舐める。
汚いです。御主人様。お尻の穴に力が入る。

「全てをゆだねてみなさい。怖くないから。」

すーっと、全身から力が抜けるのが分かる。
お任せしていいのですね、御主人様。
恐怖の目盛が下がっていく。怖さ五割。

御主人様がコンドームをつけている。
おチン様、おコン様、優しくしてください。
ローションが塗られている。
お尻の穴の周りをおチン様が突付いてる。

たぶんキッチンから、ハル様も見ている。
よーく見てださい。ハル様。
私の「初体験」を。

早く、早く来てください。恐怖2割。

「ゆっくり息を吐け。」
お尻の穴を押し分けるように、おチン様が入ってきた。
あぁ、あぁフー、、。
吐き出す息と一緒に声が出た。

御主人様の腰が動く。
なに?なんで気持ちいいの?
御主人様、こんな所で感じていいんですか、、。
あそことは違う快感?。うまく言えないけれど、、、。
ハル様、よく見て。私の「初体験」を。
おチン様が動くたびに、声が出てしまう。
お尻で感じても、笑わないでください御主人様。

おチン様の動きが激しくなる。
もっと、もっと下さい。私も腰を動かしてしまう。

おチン様がグーッと深く入ってきた。
「レイ、イクぞ。」
その声で、腕が体を支えきれなくなった。
お尻の穴で、おチン様のドクドクを感じている。
涙が出てきた、、。


「ハル、レイのケツ洗ってやれ。」

お風呂で、今度は私が凹椅子に掛けている。
ハル様が私の股間を洗っている。
「レイ、凄く感じてたみたいね。イッた?」
まさかぁ。お尻でイッちゃうなんてあるのかなぁ。
気持ちよかったけど、なんか恥ずかしいよね。
「でも嬉しかった?」うん、涙が出た。
「私も嬉しかった。
 全てをゆだねる事ができたみたいで、、、。」

「レイ、立って。オシッコ飲ませて。」
そんな、どうしたの急に。汚いわよ。

「今、そんな気分なの。」
ハル様が、私のあそこに口を付ける。
私は、あそこを突き出すようにして、
ハル様に、オシッコを飲んでいただく。

ありがとうございますハル様。しっかり抱き合った。

変わりばんこに、凹椅子に腰掛けて、
頭と体を洗いっこして、、、、。
ハッと気がついた。私達だけで、はしゃぎすぎ。
御主人様、置いてけぼりだ。

御主人様の前で「伏せ」。
御主人様、ありがとうございました。
お風呂の用意ができました。
ハル様がお背中お流しいたします。

何をいまさら、なにがお風呂の用意だ、、、
なんておっしゃらないで下さいね、御主人様。

一人、紹興酒を飲んでいた御主人様。
「おー、そうか、じゃぁ風呂入るか。お前は?」
ハイ、おつまみでも用意しておきます。
「じゃぁ、風呂上りにビール。そして、紹興酒。
 さぁ、どんなつまみが出てくるかな、、。」

いきなり髪を鷲掴みにして、私の体を起こす。
びっくりした。なにかいけないことでもしたかしら。

長い長いキッス。ゆっくり胸を揉んでいただいて、
長い長いキッスだった。



ご褒美をいただいたのは嬉しかったけど、
「さぁどんなつまみが、、、」なんて、
それはプレッシャー、、。


私、お料理ちゃんと習おうかなぁ、、。
「キッチン奴隷」でもいいなぁ。
ちゃぶ台で食事しながら、
御主人様の「うまい」なんて声を聞いて、
時々、ご褒美をいただいて、、、、。

「レイ、ビール。」
ハッ、ハイ。いけない、妄想の世界に入るとこだった。

三人で、テーブルでビール。美味しい。
「おぉ、いいねぇ。」
おつまみにも箸を伸ばしていただいて。
次は、紹興酒。
「もっと飲め。」なんて言われて、、、、。
これ、アルコール度数高いよね、、、。


「もう一杯だけ、、」
「ハイ、ハイ、もうお休み下さい。御主人様。」
無理矢理、ベッドにお連れする。すぐにイビキ。


「御主人様、今日はごきげんで、、、、。
 喜んでいただけたみたいね。」

ハル様、私、御主人様といると、
一日が凄く長く感じるんだけど、、、。
「そうよね。なぜかしら。
 一瞬、一瞬が充実しているからかしら?」


泣いてもいいですか?

「だめ、私も泣きたくなるから。」


「もうちょっとだけ飲む?」
紹興酒じゃなくて、ビールじゃなくて、、。
二人でお酒の棚を眺めてみる。
日本酒、焼酎、ウィスキー、これはウォッカ?。
「御主人様、お酒だけはいろいろあるわね。
 冷蔵庫には、ビール、冷酒。ワインセラーもあるし、
 体、壊さない程度に飲んでくださいね。」
ハル様、ポツリと独り言。



お酒が、アルコールが、気持ちいい。
明日は、夕御飯まで居ようね、、、。
なんて話しながら、いい気持ちで、
御主人様のベッドの下。
畳の上で丸くなって、幸せになって、、、、。
おやすみなさい。

「初体験」の日、長い長い一日だった。


                   2008年5月4日夜の事でした。
 

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 
無事に初体験♪

無事に初体験が出来てよかったね(^-^)

私は、御主人様の段取りがわかっているので心配はしていませんでした。

きっとRayさんも新たな世界へ連れて行ってもらえると信じていました。

不思議なもので、女性が望まなければアナルには挿入できません。
M女性の心に・・「受け入れたい・。」と言う気持ちが少しでもあれば入ります。

私はターミの始めての調教の時に、アナルを観察しました。
見て・・指で押したり、軽く入れたりと弾力性などを観察しました。

「これはイケる・・。」と判断して、アナルをゆっくりとほぐしてから挿入しました。

ターミは受け入れる!と信じていました。
後ろから馬乗りになり、ターミを抱きしめながら・・「すべてを受け入れなさい。」

「私に任せなさい・・・いつまでも抱きしめているから・・・。」

挿入後も、私は動きません。
ターミが私を感じるまで、何時間でも動かずにそのままでいるつもりでした。

でも、ターミの心が受け入れてくれました。
後は、簡単です。
ピストン運動をしても、痛がることはありません。

今では、アナルでもイク事が出来るまでに成長しました。
本当に可愛いマゾ牝奴隷ターミです♪

ハルさんも、Rayさんも、これですべてを御主人様に征服された・・・。

そんな実感があるのではないですか?
これからは、御主人様の元へ伺う時は、必ずアナル洗浄をして、御主人様が
いつでも自由に使えるように、準備だけはして伺わないといけませんね(^-^)

マゾ牝奴隷の身だしなみ、マナーです。(^-^)

御二人の成長が本当に微笑ましいです(^-^)
あぁ。。。私もターミのアナルが使いたくなってきました(^-^)

BARI | URL | 2009年01月13日(Tue)10:26 [EDIT]

BARI様、ありがとうございます

BARI様、いつもありがとうございます。

長い時間をかけて、
ゆっくり開発していただいた主に、感謝しております。
だから、すぐに、アナルでイッちゃうほどでした。

全てを開放していただいたような、
全てをゆだねる事ができたような、
素敵な快感ですね。

ターミさんも、昨日のコメントでおっしゃっていましたが、
心から御主人様を受け入れる気持ちがあって初めて、
アナルを使っていただけるようになるのだとのだと思います。


>マゾ牝奴隷の身だしなみ、

ん~。あまり、実行していないなァ、、、。
お浣腸していただくのもいいなぁ、、なんて思って、、、。


ありがとうございました。
又、遊びに来てください。        レイ
 

Ray | URL | 2009年01月13日(Tue)12:42 [EDIT]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2009年01月14日(Wed)00:14 [EDIT]

まだまだ主さまと、メールでのコミュニケーションが主なわたしには、驚きのエントリーでした!

ご主人様への想いの強さを感じます。

わたしもいつかは自分から望んでアナルを差し出せるようになれたら…と、Rayさんに憧れを持って強く強く思いました^^

mine | URL | 2009年01月14日(Wed)10:34 [EDIT]

鍵コメさんへ

Nさん、
業務連絡、了解しました。
後刻、そちらで。
じゃぁ、又。
 

Ray | URL | 2009年01月14日(Wed)12:10 [EDIT]

mineさんへ

mineさん、コメントありがとうございました。

「そのうちここも鍛えてやる」
なんて、初めて主に言われてから、
何ヶ月もかけて、開発していただきました。
だから、その瞬間は怖かったけど、
すぐに、いろんな喜びを感じる事ができるようになりましたよ。

mineさんだって、短いメールで、
いつもいつも、御調教いただいているじゃぁありませんか。
だから、主さまにお会いした時は、
硬い殻なんて、すぐに脱ぎ捨てられると信じています。
早くお会いできるといいですね。

じゃぁ、又。
 

Ray | URL | 2009年01月14日(Wed)12:19 [EDIT]