FC2ブログ

御主人様と二匹の奴隷達の物語

レイが綴る牝奴隷ハルとレイの物語、、、、、。ほんの偶然が、私を、、、。

冬枯れの森


公園の落ち葉を踏みしめながら、御主人様がおっしゃった。
「乾燥した落ち葉の音が気持ちいなぁ。」
「えぇ本当に。
 冬の静かな音楽を聴いてるみたいです。」
「これで、四つ足なら、もっといい音がすると思うぞ。
 なっ、そうだろ。」
今、ここでですか?
「それは、お前達が決める事だ。」

それほど多くはないけど、周りに散策の人たちがいる。
転びそうになったふりをしながら、
2、3歩、四つ足で歩いた私達、、、、、


 

  妄想イメージ 『冬枯れの森を歩く牝犬奴隷達』



            過日の公園散歩の事でした。
 

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 
御無沙汰してます

なかなかコメントできませんが、毎回かかさず読んでいますよ。
今日の画像、ハルさんの制作なのでしょうね。
冬枯れの森の牝犬たち、、なんか妙にリアルっぽい画像で思わずコメントです。
凄い凄い。
 

仮名 | URL | 2017年01月26日(Thu)14:35 [EDIT]

仮名さん、お久しぶりです

いつも読んでいただいてありがとうございます。

この記事は、下書きを書きながら、ボツにしようと思っていたら、
「よっしゃ、まかせとけ。」
って感じで、ハルが画像を作ってくれて、
それなりにまとまったよなぁ、ってアップしました。
記事よりも、画像がこのエントリーを支えておりますので、
画像の高評価、何よりであります。

ありがとうございました。
じゃぁ、又。       レイ
 

Ray | URL | 2017年01月26日(Thu)20:54 [EDIT]