FC2ブログ

御主人様と二匹の奴隷達の物語

レイが綴る牝奴隷ハルとレイの物語、、、、、。ほんの偶然が、私を、、、。

おいしい晩御飯

「レイさん、今日の晩御飯、とってもおいしかったわ。」
キッチンにいる私に、お湯割り焼酎を飲みながらのハルさんの声。
うん、私としても、今日はおいしくできたと思う。
そこをすかさず褒めるハルさんは、さすがの処世術?
おい、食器洗い手伝え! って言いかけて、言葉を飲み込んだ。


でも、、、

「レイ、洗い物終わったら、こっちに来なさい。」
レイさんが、レイ、に変わった、、、、
「おいしかった晩御飯のご褒美に、舐めさせてあげるわ。」


はい、もう少しお時間ください。すぐに終わりますから。
思わずそう答えてしまった私、、、、、、、、、、



 

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する