FC2ブログ

御主人様と二匹の奴隷達の物語

レイが綴る牝奴隷ハルとレイの物語、、、、、。ほんの偶然が、私を、、、。

ペスカトーレ

「おい、桜の開花っていったいどこの話なんだぁ。
 この町内だけ圏外なのかぁ? やけに寒く感じるぞぉ。」
駐車場脇の桜の樹を見下ろしながら、御主人様がおっしゃった。
確かに、遠目には枝にしか見えない。
近づけば、ピンクのつぼみが膨らんでいるのだろうけれど。

「春の陽気に誘われて、股縄牝奴隷を連れて公園へ、
 なんて考えてたけど、こう寒くちゃ中止だな。
 スカートの下を覗くのは春風じゃなく北風だ。」
日々の寒暖差が激しいこの頃、
今日から4月だというのに、相当寒い。

「よし、昼飯食いに出かけるか。」
たとえ覗かれるのが北風であったとしても、
私達は、スカートに股縄姿。
ニーハイソックスとコートはお許しいただいたとしても、
やっぱり風が冷たい。
住宅地の中にある個人経営のパスタ店まで、
平気を装って、でもちょっと震えながら歩いていく。
おトイレしたくなりそうだ。ちょっとヤバイなぁ。

御主人様がお選びになったスパゲッティは、
イカとアサリのペスカトーレ大盛り。
「私は、、、、ボンゴレビアンコ。」
御主人様もハルさんもアサリかぁ、、
じゃぁ、、私も、春キャベツとアサリの和風スパ。
パスタはとてもおいしかった。
このお店、隠れた名店かもしれない。
案外お店の主人は某有名店でシェフをしていたとかさぁ。

食後、おトイレをお許しいただいて、ハルさんと連れション。
トイレから出てくると、御主人様が会計をしている。
そして、お店のご主人が平謝りふうに、頭を下げている。

「御主人様、どうなさったんですか?」
店を出て、そう尋ねてみると、
「テーブルの下からお前達の股縄を覗いたと謝っていた。」
えっ、本当ですか?
「嘘に決まってるだろ。
 アサリ関連メニューを全て値上げしたのを謝ってたんだ。」

あぁ、確かにアサリが不漁だ、なんてニュースを見たよなぁ。
私達、完全にアサリ攻撃で申し訳なかったかしら。
いやいや、最高の悪は、御主人様だ。
だって、イカも不漁なんだぜぇ。


大衆パスタ、ペスカトーレも超高級品になったって事かぁ?

 

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する