FC2ブログ

御主人様と二匹の奴隷達の物語

レイが綴る牝奴隷ハルとレイの物語、、、、、。ほんの偶然が、私を、、、。

家呑み

「さぁ、生理もそれなりに落ち着いたし、
 充実した連休にするわよ。」
御主人様のマンションに伺う前から、リキの入るハルさん。
どんな連休になるのかは、皆目見当がつかないけれど、
少なくとも前半は、ハルさんメインの御調教にになるのかなぁ。
だって、28日はハルさんの誕生日だったから。



「ハルの誕生会? 去年は何やったかなぁ。」
「昨年はぁ、レイさんのお尻の蝋燭照明でステーキ。
 一昨年はぁ、お寿司屋さんでジェローム市場の話でした。
 その前年は、御主人様の体調が悪くて、、、、
 あぁそうだ、映画「私の奴隷になりなさい」の鑑賞会。
 その前の年はぁ、、、、
 『居酒屋賢兵衛』ごっこで、江戸料理もどき、
 レイさんの蝋燭照明でおトイレに行ったわ。」
よくまぁ覚えているもんだ。
「そりゃそうよ。
 御主人様に祝っていただく誕生日ですもの。」
「印象としては、蝋燭がらみが多いな。
 今年もそれで行くか。という事は、『家呑み』だな。
 ハルは、何が食いたい? 何が呑みたい?」
「先日、居酒屋で、ふくよかな辛口の純米酒呑んだんですけど、」
 ちょっと酒の肴の選び方間違えちゃって、
 あぁ、これは酸味のある料理だな、なんて思ったんです。
 ですから、そのお酒を調達してきて、
 レイさんには、酸味系の料理を作ってほしいです。
 もちろん、他のお洒落な肴も大歓迎よ。」

rousoku09.jpg
買い物から帰ると、
全裸にむかれたハルさんが、
後手縛りで蝋燭の御調教をいただいている。

私は、サワラの切り身に下味と片栗粉をまぶし、二度揚げ、
漬けだれに入れ、味をなじませ粗熱をとっている。
じっくり味がしみるほどの時間はなさそうだけれど、
まぁ、それなりに美味しそうなサワラの南蛮漬けの完成。
さぁ、次の料理にかかろうか、、、、、、
私なりにテキパキと料理を進めている。
ハルさんの奔放な叫びと喘ぎを聞きながら、、、、、



家呑みは楽しいけど、
料理中は、私はかまっていただけないのが寂しいなぁ、
まぁ、今日はハルさんの誕生会だから、仕方がないかぁ。



          2017年4月29日の事でした。
 

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する