FC2ブログ

御主人様と二匹の奴隷達の物語

レイが綴る牝奴隷ハルとレイの物語、、、、、。ほんの偶然が、私を、、、。

赤身

「忘年会も、新年会も、なんか鍋ばかりだったなぁ。
 うまい寿司が食いたくなった。
 晩飯は寿司にするぞ。」
例の馴染みのお寿司屋さんに電話する御主人様。
「けっこう混んでるみたいだな。座敷は予約でいっぱいだ。
 成人の日がらみで、家族での予約が多いそうだ。」
あぁ、明日は成人の日かぁ、、、

どんなに混雑していても、御主人様は御贔屓様だ。
カウンターの隅に、3席ちゃんと確保してあった。
「今日は大間の本マグロ、入荷してますよ。」
板前さんが、クロマグロを薦める。
「まさか、築地の初競りの400キロ、3600万円じゃないよな。」
「残念ながら100キロ程度の大きさですけど、最高級です。」
「ん~ん、じゃぁ、大トロ、中トロ、赤身のにぎりと、
 刺身盛り合わせ適当に。」

寿司下駄に載せられたにぎり寿司。
当然のように大トロに手が伸びる私達。
御主人様が最初に召しあがったのは赤身。
赤身、中トロ、赤身、大トロ、赤身と召し上がる。
お酒も、お刺身も、にぎりも最高においしかった。

帰り道、お尋ねしてみた。
御主人様、マグロ寿司を食べる順番って決まってるんですか?
なぜ赤身から召し上がったんですか?
「まぁ、しょせん素人だが、
 赤身が一番マグロの旨さが分かる気がしてな。
 もちろん大トロも旨いとは思うが、すぐ飽きちまう。
 大トロ1貫、中トロ2貫、赤身3貫って位がいいな。
 牝を縛った途端に、オマンコがトロトロだったら、
 興醒めしちまうだろ。
 羞恥と痛みに耐えて、やがて融けていくオマンコがいいな。
 まだ固い赤身オマンコを味わってから、
 中トロ、大トロオマンコと楽しんで、
 〆は赤身のアナルかな。」


マグロ寿司を食べるのも、牝を犯すのも、
何事にも、それなりの決まりとお好みがあるらしい、、、

 

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 
初めまして

だいぶ前から、時々拾い読みしていたのですが、
今回、お正月休暇を使って、全部読みました。
レイさんの人間としての成長も、
牝奴隷さんとしての成長も、しっかり記録されていると感じましたし、
文章もだんだんこなれてきて、硬さが少なくなって、
より読みやすくなってきているのも感じました。
もう一つ言えば、ハルさんの画像もすごく進歩してます。

私、某病院で看護師をしています。
本当の年末年始は、それなりに夜勤などの勤務があって、
この一週間が本当のお休みでした。
なんとなくレイさんにあこがれていながら、
仕事や生活に追われ、とてもじゃないけど、
牝奴隷の道には踏み出せませんが、
このブログで、癒されています。

これからもがんばってください。
応援しています、
 

カナ | URL | 2018年01月13日(Sat)20:12 [EDIT]

カナさん、はじめまして

看護師さんですかぁ、
年末年始のお仕事、お疲れ様でした。
貴重なお休みを、こんなブログでつぶしてしまったとしたら、
ごめんなさいであります。

まぁ拙いブログですが、
癒しになれば幸いであります。
これからもよろしくお願いたします。
じゃぁ、又。        レイ
 

Ray | URL | 2018年01月13日(Sat)21:27 [EDIT]